笠原将生 福田聡志に関するニュース

野球賭博・笠原将生容疑者が逮捕! 根深すぎる問題の深層と、ファン「疑心暗鬼」で巨人の存在意義はもはや皆無?

Business Journal / 2016年04月29日17時00分

警視庁は29日、プロ野球・巨人を解雇された元投手の笠原将生容疑者を賭博開帳図利幇助(ほうじょ)容疑で逮捕したと発表。笠原容疑者とともに賭博をしていたとして、斉藤聡容疑者も逮捕された。 「まだ逮捕されてなかったのか」という世間の声も多いように、昨年の賭博行為発覚からずいぶんと時間が経ってからの逮捕に「遅すぎる」という声や「警察としてはまだ何か隠してるとみての [全文を読む]

元巨人・笠原将生容疑者の“野球賭博”逮捕で現役トップ選手がビクビク!「もろに調子を落としている」

日刊サイゾー / 2016年05月06日21時00分

警視庁は4月29日、賭博開帳図利ほう助容疑で巨人の元投手・笠原将生容疑者を、賭博開帳図利容疑で自称無職の斉藤聡容疑者をそれぞれ逮捕し、その後、2容疑者は送検された。 笠原容疑者は2014年5月~15年3月、斉藤容疑者が開帳したプロ野球10試合を対象とした賭博で、客の元巨人選手に対し、ルール説明や申し込みの仲介、賭け金の集金などを行った疑い。 巨人をめぐる一 [全文を読む]

暴力団が狙うのは「1.5軍」選手……頻発する不祥事の裏側『黒い人脈と野球選手』

日刊サイゾー / 2016年03月29日18時00分

ジャイアンツでは、昨年10月に福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手が野球賭博に手を染めていたとして無期失格処分となったが、まだまだその膿は出し切れていないようだ。 昨年の野球賭博発覚、今年 2月の清原和博の覚せい剤取締法違反による逮捕と、球界と暴力団との関係を匂わせる不祥事が頻発している。いったい、どうして球界と暴力団がつながってしまうのだろうか……。マン [全文を読む]

球界賭博問題「元巨人・笠原を道連れ」逮捕された斉藤聡容疑者の素顔(1)借金した事業資金で賭博!

アサ芸プラス / 2016年05月14日17時56分

元巨人の笠原将生容疑者とともに、B氏として当初は報じられた斉藤聡容疑者が逮捕されたのだ。メディアで球団の暗部を暴露し続け、“平成の黒い霧事件”を演出したフィクサーの「黒素顔」を、闇博打に溺れた当事者たちと密接な筋から聞き出した。「2人は一緒にいることが多くて、笠原は斉藤の言うことに『そのとおりです』と何でも追従するほど慕っていた。お互いを『将生』『斉藤さん [全文を読む]

野球賭博の巨人・高木京介「正式復帰」決定に疑問殺到! 一部では「最初から決まっていた」の声も......

Business Journal / 2017年03月27日18時00分

2015年に発覚した笠原将生、福田聡志、松本竜也の野球賭博、その後新たに賭博関与が発覚したのが高木だった。3選手は巨人を解雇、無期の失格処分となり、事実上の「永久追放」のような形となったわけだが、期間が定められていた高木はこれで球界に復帰できる。 今月の「FLASH」(光文社)によれば、巨人と再契約した高木は、今後他球団に移籍という流れの可能性が示されお [全文を読む]

清水アキラ三男だけじゃない!? 違法賭博疑惑報道で“芋づる”候補の二世タレントN、紅白歌手T……

日刊サイゾー / 2017年02月11日09時00分

15年には元巨人の福田聡志・笠原将生両投手が野球賭博関与、非合法の賭博場へ出入りしていたことが発覚して、球界が大きく揺れた。16年にはバドミントン元日本代表の桃田賢斗、田児賢一が東京・墨田区にある違法のバカラ賭博場に通っていたことが明らかになった。 しかし、問題人物は、これだけではないという。 「紅白出場したことのある男性歌手のTや、お騒がせのお笑いタレ [全文を読む]

野球賭博、覚せい剤、女性問題……腐敗止まらぬ、巨人軍の「闇」

日刊サイゾー / 2016年10月11日19時00分

さらに、昨年野球賭博で解雇された笠原将生元投手、松本竜也元投手は練習中も「声出し」(試合前の円陣で声出しをした選手は、チームが試合に勝った場合にはほかの選手たちから祝儀として現金を受け取り、負けた場合には逆に全員に現金を支払うというもの)と呼ばれる賭けに興じる選手たちの姿を証言。その結果、桃井恒和球団会長、白石興二郎オーナー、そして、「ナベツネ」こと渡邉恒 [全文を読む]

暴力団幹部逮捕でつながった球界の最暗部「巨人と山口組」本当の関係!(1)「大使館カジノ」の金貸し屋

アサ芸プラス / 2016年10月08日17時56分

ゴールデンウイークに笠原将生被告(25)らが逮捕されて決着がついたと思っていたら、今回、その先の暴力団の逮捕。新たな証言がチームに影響を及ぼさないか戦々恐々としています」 9月24日、巨人を激震させた野球賭博事件に絡み、賭博開帳図利容疑で、六代目山口組三代目矢嶋組系幹部・三宅雅剛容疑者(42)と、その舎弟だった元暴力団員の酒井良昌容疑者(37)、福岡勝美容 [全文を読む]

GM復帰説が流れる中...巨人・原元監督の暴力団疑惑をすっぱ抜いた記者が読売の不祥事封じ込め工作を暴露

リテラ / 2016年09月07日12時00分

さらに、福田聡志、笠原将生、松本竜也、高木京介らの関与した野球賭博問題もまだ真相が解明できたとは言い難い状況にあるが、これらの選手が賭博に手を染めていった時期は、まさに原氏が巨人軍の監督を務めていた時であり、現在の野球界を覆う黒い問題に関して原氏自身がきちんと精算できていない状況で球界への本格復帰など許されていいのか。 しかし、読売ジャイアンツという組織 [全文を読む]

読売ジャイアンツの選手にまたもや暴力団との交際発覚! 坂本や長野まで...切っても切れないヤクザとの関係

リテラ / 2016年07月29日12時00分

巨人にまつわるスキャンダルといえば、福田聡志、笠原将生、松本竜也、高木京介らが関わった一連の野球賭博問題は記憶に新しい。この問題については現在、その背後にいると思われる暴力団の関与について捜査が進んでいるが、決定的な証拠はなかなか掴めずにいる。また、巨人OBの清原和博も薬物事件で有罪判決も受けたばかりだ。 そんななか、読売ジャイアンツの選手らに暴力団組長 [全文を読む]

シーズン真っ只中で再燃した野球賭博・裏社会問題はやはり「底なしの沼」なのか......『諸悪の根源』は巨人とNPBの「慣れ合い」か

Business Journal / 2016年07月28日13時00分

実際に昨年10月、巨人の福田聡志、笠原将生、松本竜也ら3投手が野球賭博に関与していたことが発覚した際、多くの野球ファンは主力選手の名が一人も上がらないことに違和感を覚えていたはずだ。「主力選手は“ガード”が固いから……」といった良からぬウワサも立った。 その時でさえ、球団は「今後は、野球ファンの皆様の信頼を取り戻せるよう、チームとフロントが一丸となって再 [全文を読む]

ダルビッシュ弟、翔被告に懲役2年6カ月求刑。2億以上の金額で賭博に身を落とした弟の「ワルすぎる」過去と取り巻き

Business Journal / 2016年07月19日14時00分

更生という言葉にも重みが感じられませんが……」(スポーツ記者) 野球がらみといえば、翔被告の逮捕と同時期に読売巨人軍の福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手が、野球賭博に関与していたことが明るみになり、その後高木京介、全球団での金銭のやり取りも明らかになるなど、プロ野球の「暗部」が穿り返された。タイミングの悪さというか、翔被告もまた野球イメージを悪化させるこ [全文を読む]

「ガサをかけたいのに…」野球賭博事件、警察捜査当局のヤル気がない!?

tocana / 2016年05月13日09時00分

警視庁組織犯罪対策4課に逮捕されたのは、元巨人投手の笠原将生容疑者と元飲食店経営の斉藤聡容疑者。笠原容疑者は顧客を集めた賭博開帳図利ほう助容疑、斉藤容疑者は胴元として賭場を開いた賭博開帳図利容疑で逮捕された。 このほか、当局は賭博への関与が判明している元巨人の松本竜也、高木京介、福田聡志の3選手と日本野球機構(NPB)の調査で野球賭博常習者の1人と認定され [全文を読む]

「ガサをかけたいのに…」野球賭博事件、警察捜査当局のヤル気がない!?

tocana / 2016年05月13日08時00分

警視庁組織犯罪対策4課に逮捕されたのは、元巨人投手の笠原将生容疑者と元飲食店経営の斉藤聡容疑者。笠原容疑者は顧客を集めた賭博開帳図利ほう助容疑、斉藤容疑者は胴元として賭場を開いた賭博開帳図利容疑で逮捕された。 このほか、当局は賭博への関与が判明している元巨人の松本竜也、高木京介、福田聡志の3選手と日本野球機構(NPB)の調査で野球賭博常習者の1人と認定され [全文を読む]

【野球賭博】あの首位打者が処分?汚染広がる球界の”次なる標的”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月12日09時01分

昨年11月、賭博に関わった福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(23)の3投手が球団を解雇されるという事態に発展した。 さらに、今年3月には新たに巨人の高木京介投手(26)の関与が明らかになり、翌4月には、警視庁が賭博開帳図利ほう助容疑で前出の笠原を逮捕するなど、波紋を広げ続けている。 球界にはびこる悪癖が露呈した最中に発覚したのが、バドミントン日 [全文を読む]

野球賭博事件で松本の父怒る「なぜ高木だけ処分が軽いのか」

NEWSポストセブン / 2016年05月10日07時00分

元巨人の笠原将生・容疑者(25)が賭博開帳図利幇助容疑で逮捕された2日後。同じく野球賭博問題で巨人を契約解除された松本竜也(23)の香川県にある3階建ての実家の前で、父・泰記氏を直撃した。 「いま、取材はすべてお断わりしています。本人がいくらマスコミを通じて野球を続けたい、メジャーでやりたいと言っても、現状ではマイナスの印象しか持たれないですから。父親とし [全文を読む]

【野球賭博】疑惑の選手を「ゆする」タチの悪い連中も…!? 終わらない賭博問題

tocana / 2016年05月05日09時00分

昨年10月、読売巨人軍所属だった笠原将生、松本竜也、福田聡志の3人の元選手が野球賭博に関与していたことが発覚。NPBは3人を無期失格処分とし、巨人も3人との契約を解除した。 だがそれで終わりとはならず、3月には「週刊文春」の取材がキッカケで、巨人の元投手・高木京介も野球賭博に関わっていたことがわかり、高木は会見を開いて認めた。巨人からは契約解除されたもの [全文を読む]

巨人チアガール「元暴力団の叔父」 賭博問題は墓場まで…

NEWSポストセブン / 2016年04月03日16時00分

また昨年秋、笠原将生、福田聡志、松本竜也以外にも野球賭博に関与した選手がいるのではないかという質問状を、自身の関係する団体を通じて巨人サイドに送っていたようだ」(捜査関係者) 本誌はこの人物を直撃した。 「私がかつて暴力団に身を置いていたことや、野球賭博関係者に人脈を持っているのは事実。質問状も確かに送らせた。これまで処分された以外にも、野球賭博に手を染め [全文を読む]

野球賭博汚染は球界だけじゃない、AKB運営・前社長も億をつぎ込む常連だった! 巨人とAKBのコラボの裏で何が...

リテラ / 2016年04月03日12時30分

昨年は福田聡志、笠原将生、松本竜也の3選手、そして今年になって新たに高木京介選手の関与も明るみとなりながらも、結局ペナント開幕までに全容解明まではいたらなかった野球賭博問題。 発覚当初は大問題となったが、開幕とともに話は一気に風化。賭博問題と同時に出てきた「声出し」や高校野球くじに関する話題とともに、今後は一気にうやむやとなりそうな気配が濃厚だ。 この状況 [全文を読む]

巨人軍“全主力選手がクロ”の賭博大疑獄(1)第4の男・高木京介と関係があったB氏の存在

アサ芸プラス / 2016年03月26日09時56分

昨年10月に発覚した、巨人の現役選手による「野球賭博事件」は、11月10日にNPB(日本プロ野球機構)が、笠原将生氏(25)、福田聡志氏(32)、松本竜也氏(22)の3人を無期限失格処分としている。以来、新たな関与者の発覚はなく、このまま幕引きなのかとも思われたが、事態は風雲急を告げた。 笠原氏の誘いで野球賭博に手を染めた高木は、14年4月下旬から5月下 [全文を読む]

フォーカス