イチロー 福留孝介に関するニュース

“グラブ名人” イチローに6個手渡すも「違います」の過去

NEWSポストセブン / 2012年05月08日16時00分

ここではイチローのグラブを制作する“グラブマイスター” 岸本耕作(54)氏を紹介する。 * * * イチローを始めとするプロ選手200人のグラブ製作を担当する岸本氏は、ミズノインダストリー波賀入社以来36年、グラブ製作ひと筋。現在は社内最高位の『グラブマイスター』。16~17年前に、工場がプロ選手らのオーダーに特化するようになり、グラブ名人と呼ばれた坪田信 [全文を読む]

本田外しの決断、精神的支柱…侍ジャパンがサッカー日本代表に学ぶべきこと

デイリーニュースオンライン / 2016年11月19日14時03分

過去の侍ジャパンを見ると2009年の第2回WBCでイチロー(当時マリナーズ)は不振だった。第1ラウンドの韓国戦で3安打を放ったものの、決勝ラウンドに進むまでの成績は33打数7安打、打率.212。イチローとしては物足りない数字だ。 しかし、原辰徳監督(当時)はスタメンからイチローを外すことはなかった。同じく不振にあえいでいた福留孝介(当時カブス)はスタメン [全文を読む]

意外とイケる? WBC“選手会抜きジャパン”の可能性

週プレNEWS / 2012年08月06日19時00分

今期は不調でトレードされていますが……」(野球ライターS) ●野手(スタメン) 1.【ライト】イチロー(ヤンキース) 2.【レフト】青木宣親(ブリュワーズ) 3.【センター】シェーン・ビクトリーノ(ドジャース) 4.【指名打者】松井秀喜(フリー) 5.【キャッチャー】カート・スズキ(アスレチックス) 6.【ファースト】G.G.佐藤(イタリア・ボローニャ) [全文を読む]

ついにWBC決勝ラウンド! 新聞、テレビが報じていない「侍ジャパン」激闘物語

日刊大衆 / 2017年03月21日08時05分

日本は、「世界のホームラン王」である王貞治氏を監督に据え、イチロー、松井秀喜などのメジャーリーガーを中心に、日本のトッププレーヤーを集めた文字通りのドリームチームを作ろうと試みた。「しかし、松井秀喜は出場を辞退し、国内組も辞退者が相次ぎました。王監督の思い描いたベストメンバーが招集できず、嘆いていました」(スポーツ紙デスク) 結局、メンバー31人のうち8 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:4人 田中広輔(広島)/筒香嘉智(DeNA)/秋山翔吾(西武)/青木宣親(アストロズ)(※大谷翔平を含めれば5人) ■2013WBC:7人 阿部慎之助(巨人)/鳥谷敬(阪神)/松井稼頭央(楽天)/稲葉篤紀(日本ハム)/本多雄一(ソフトバンク)/糸井嘉男(オリックス)/角中勝也(ロッテ) ■2009WBC:9人 阿部慎之助(巨人)/岩村明 [全文を読む]

日本人野手がメジャーで活躍できないのは日米試合日程の差か

NEWSポストセブン / 2012年05月27日07時00分

2001年の新庄剛志、イチローを始め、松井秀喜、松井稼頭央、井口資仁、中村紀洋、城島健司など日本のトップ選手が海を渡ったが、日本と同じような成績を残したといえるのはイチローのみ。現在アメリカにいる青木宣親、川崎宗則、西岡剛、福留孝介はいずれも期待された数字を残せていない。 この要因の1つとして、メジャーの過密日程が挙げられる。先発投手であれば、登板がなけ [全文を読む]

日本人メジャー屈辱の「土下座交渉」現場(1)日本人市場はショック状態

アサ芸プラス / 2012年01月24日11時59分

イチロー(38)がポスティングでメジャー入りした当初、入札額は約1300万ドル(当時のレートで約14億円、以下同)。日本人選手の評価は高く、『イチローバブル』的な状態でした。しかし、その次の松井稼頭央(36)がひどかった」 メッツと3年総額2100万ドル(約22億7000万円)で契約したものの、松井稼は遊撃手として失格のレッテルを貼られたのだ。友成氏が [全文を読む]

メジャーから日本人野手“消滅”の可能性も……イチロー・青木の巻き返しに期待

ベースボールキング / 2017年05月27日23時55分

現地時間26日、イチロー(マーリンズ)と青木宣親(アストロズ)がそろってスタメンを外れた。イチローは代打で登場するも凡退。今季の打率を.150にまで下げた。青木は出場機会がなく、今季の打率は.265、出塁率は.313とやや不満の残る数字にとどまっている。 深刻な不調に陥っているイチローに関して現地メディアでは、下記のような“引退勧告”ともとれる論調も出始め [全文を読む]

【プロ野球】サブロー(ロッテ)が節目の40歳で引退……。“ロッテの顔”が残した功績を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年09月08日16時05分

ちょうど1994年は、オリックスの鈴木一朗が登録名を「イチロー」に変え、シーズン210安打を放ち、一気にスター選手の仲間入りを果たした年だった。そのイチローにあやかって登録名を「サブロー」に。さらに背番号も語呂合わせで「36」とするなど大きな期待を担って入団する。 新入団会見では当日不在だったバレンタイン新監督に対して、英語でスピーチしたことも話題を呼ん [全文を読む]

【プロ野球】第1回WBCからはや10年…当時の代表メンバーはいま何してる?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日16時00分

(★=メジャー現役、◎=NPB現役、△=独立リーグ・社会人野球などで現役、×=所属球団なしで現役志向) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【投手】 清水直行/藤田宗一/久保田智之/◎松坂大輔/★上原浩治/薮田安彦 /◎和田毅/◎藤川球児/△渡辺俊介/大塚晶文/久保田智之/小林宏之/◎杉内俊哉/石井弘寿 【捕手】 里崎智也/ [全文を読む]

フォーカス