宮沢りえ 野田秀樹に関するニュース

【エンタがビタミン♪】豊川悦司の“漱石”に女将姿の宮沢りえ 「キュートな大人で素敵!」

TechinsightJapan / 2016年12月13日13時20分

宮沢りえがドラマで共演した豊川悦司と役柄の着物姿でピースサインするところをInstagramに公開してファンを喜ばせた。「かっこいいツーショット」「粋なお二人。素敵です」と反響があり、ドラマを見た人からは感銘を受けたというコメントが寄せられている。 12月10日にNHK BSプレミアムで放送されたスペシャルドラマ『漱石悶々(もんもん)夏目漱石最後の恋 京都 [全文を読む]

天海祐希代役の宮沢りえを巡る野田秀樹と三谷幸喜のやり取り

NEWSポストセブン / 2013年05月16日07時00分

わずか2日半の稽古で、軽度の心筋梗塞と診断された天海祐希(45才)の代役を務めた宮沢りえ(40才)。その裏側には、こんなエピソードがあった。 5月6日午後4時20分。野田秀樹(57才)と三谷幸喜(51才)の初共作となった舞台『おのれナポレオン』の公演が終わると、いつも明るい天海の姿が誰の目にもおかしく映った。これまで経験したことのないだるさを感じ、公演中か [全文を読む]

“ヨルタモリ”で人気再燃中!宮沢りえの魅力とは?「試練を乗り越えつかんだ女優力」

アサ芸プラス / 2015年06月21日09時57分

人気絶頂の19歳の時には、あの伝説の写真集「Santa Fe」を出版し、大きな話題を呼んだ。しかし、この直後、婚約破棄から、激やせをする。醜聞にまつわる報道が相次ぎ、96年、宮沢は米国サンディエゴに移住するなど、メディアから姿を消した。 転機が訪れたのは30歳の時だった。03年に野田秀樹氏(59)演出の舞台「透明人間の蒸気」への出演をきっかけに、再び芸能活 [全文を読む]

黒木華 初のKERA作品で「『ヤバい!』ってなってます」

ananweb / 2017年08月28日22時00分

宮沢りえさん、段田安則さんらとともにチェーホフ劇に挑む黒木華さん。豪華なメンバーとの共演や、舞台の裏側についてインタビューで聞きました。 登場するのは愚痴っぽい人々ばかり。そこで大きな事件も起きないまま、淡々と会話で綴られていく。そんな表面だけをなぞると退屈にも思えるチェーホフ劇を、丹念に戯曲を読み解き、その演出により、セリフに潜む人間の滑稽さや愛嬌、そし [全文を読む]

宮沢りえとV6森田の温泉旅行から「結婚秒読み」が推測されるワケ

アサジョ / 2017年03月02日10時15分

女優の宮沢りえとV6森田剛がバレンタインに箱根へ温泉旅行に行ったことが報じられ、その話題は今なお収束しない。 2月13日から14日。まさにバレンタインデーの一泊二日温泉旅行は特別な熱愛を感じさせるが、“熱愛のポイント”はそれだけではないという。「注目すべきは、そのタイミングです。現在、宮沢りえは1月18日から野田秀樹演出のNODA・MAP第21回公演『足跡 [全文を読む]

4Kシアター・ビューイングの実施について

PR TIMES / 2017年02月18日12時23分

そして、宮沢りえ×妻夫木聡×古田新太という、ゴールデンキャストがぶつかりあい、旋風を巻き起こす。野田秀樹が亡き中村勘三郎へのオマージュとして書き上げた傑作「足跡姫」。出演は、話題の演劇作品に次々と出演し、舞台女優として多くの演出家から絶大な信頼を受ける稀代の女優、宮沢りえ。映画、テレビ、CM から引く手数多の人気俳優として躍進する妻夫木聡。さらに、妻夫木と [全文を読む]

野田秀樹氏が監修する「東京キャラバン」が京都に!松たか子など多彩なアーティストが集結

IGNITE / 2017年08月17日22時00分

2016年はリオデジャネイロ、東北(仙台・相馬)、六本木にて、東京スカパラダイスオーケストラや女優の宮沢りえさんなど芸術文化界で活躍する様々な著名人が参加し、それぞれの圧倒的なパフォーマンスで延べ25,000人以上の観覧者を魅了した。始動から3年目を迎える今年は、さらに全国各地に出没。京都での開催後は、東京・八王子と熊本で、“文化サーカス”を繰り広げていく [全文を読む]

宮沢りえ「奇跡の43歳」円熟の色香

日刊大衆 / 2017年02月20日12時00分

宮沢りえが芸能界を席巻中だ。昨年公開された映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で主演した宮沢は、2016年の映画賞を総なめにしているのだ。「昨年11月の報知映画賞から、主演女優賞を次々と受賞。2月5日に、米国のアカデミー賞より歴史の古いキネマ旬報ベスト・テンで4つ目の主演女優賞を獲得しました」(映画誌編集者) 都内で行われた“キネ旬”の授賞式当日、会場には多くの [全文を読む]

「芸能界ピンチヒッター秘話」舞台「おのれナポレオン」天海祐希⇒宮沢りえに難色

アサ芸プラス / 2015年08月26日05時59分

はたして中止か? それとも代役か? 演出の野田秀樹が出した結論は「宮沢りえを代役にする」であった。「ただし、この決断に本来の主演だった天海は難色を示した。何と言っても宝塚のトップスターだったわけですから、こんな短い期間でアイドル上がりの宮沢りえに務まると思えなかったようです」(舞台関係者) 実は宮沢のセリフ暗記には定評があり、初日こそ順延したが、ほんの2、 [全文を読む]

宮沢りえ「8月に告知…」母・光子さんとの”最期の2カ月”

WEB女性自身 / 2014年10月01日07時00分

9月23日に亡くなった宮沢りえ(41)の母・光子さん(享年65)。肝腫瘍を患っていたという彼女は、自らの意思で自宅療養を続けていたという。亡くなった翌日行われた葬儀には小説家の伊集院静氏(64)や劇作家の野田秀樹氏(57)、演出家の蜷川幸雄氏(78)など親しかった約20人が集まり、その死を悼んだ。「棺の中のママは亡くなったとは思えないほど、きれいな顔をして [全文を読む]

急遽の代役で、評価うなぎ登りの「宮沢りえ」…女優魂どう思う?

NewsCafe / 2013年05月20日12時00分

青天の霹靂に周囲の耳目が集まるなか、代役に抜擢されたのが宮沢りえだ。主演を務める野田の強い説得で代役を引き受けたという宮沢は、睡眠時間を削って稽古に励み、なんと10日には初日の舞台を踏むのである。決定から2日間の練習で代役を演じきった宮沢に対し、満員の観客は5分以上ものスタンディングオベーションを贈ったという。"代役"千秋楽当日券には長蛇の列ができたほどで [全文を読む]

急遽の代役で、評価うなぎ登りの「宮沢りえ」…女優魂どう思う?

NewsCafe / 2013年05月20日12時00分

青天の霹靂に周囲の耳目が集まるなか、代役に抜擢されたのが宮沢りえだ。主演を務める野田の強い説得で代役を引き受けたという宮沢は、睡眠時間を削って稽古に励み、なんと10日には初日の舞台を踏むのである。決定から2日間の練習で代役を演じきった宮沢に対し、満員の観客は5分以上ものスタンディングオベーションを贈ったという。"代役"千秋楽当日券には長蛇の列ができたほどで [全文を読む]

宮沢りえ“代役大成功”美談の裏で「最後まで反対していた」降板女優・天海祐希の情念とプライド

日刊サイゾー / 2013年05月19日12時00分

天海祐希の降板で舞台『おのれナポレオン』の代役を宮沢りえが見事に務め、大ピンチを救った英断が大いに株を上げた。だが、関係者からは当の天海が宮沢の代役案に反対していたという、裏話も聞かれる。 天海が入院した6日、その日のうちに主演の野田秀樹が独断で宮沢に出演オファー、翌日の深夜には宮沢から受諾の返事をもらい、8日に天海の降板とともに発表されたが「7日の深夜ま [全文を読む]

還暦迎えた段田安則 「役者の守備範囲、舞台の醍醐味」語る

NEWSポストセブン / 2017年08月27日07時00分

宮沢りえ、黒木華ら共演者とともに稽古の真っ最中だった。主役を演じる段田安則(60)のよく通る明快な声が響き渡る。 が、稽古を終えた段田に、芝居の見所と意気込みを訊くと、なんとも頼りない答えが返ってきた。「いまはまだ、この芝居はいったい何がウリなんだ? とよくわからない状態で(笑い)。稽古を始めて10日過ぎてもまだわからない。なんとか初日までには、『これ、ち [全文を読む]

宮沢りえ、“初”の密着ドキュメンタリー!その演技の“流儀”とは「プロフェッショナル 仕事の流儀」

CinemaCafe.net / 2017年07月24日17時30分

7月24日(月)今夜放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」は女優の宮沢りえにフォーカス。舞台「クヒオ大佐の妻」での宮沢さんにカメラが密着。10代の頃から一線で活躍、いまや日本を代表する女優となった宮沢さんの知られざる素顔と仕事ぶりを明らかにする。 本番組はさまざまな分野の第一線で活躍するプロを取り上げ、普段はカメラが入れない仕事の現場に徹底密着。その仕事 [全文を読む]

宮沢りえ「中村勘三郎オマージュ舞台」演技でにじみ出るある思い

アサ芸プラス / 2017年02月11日17時57分

現在はV6・森田剛(37)とのロマンスが騒がれる、恋多き女優・宮沢りえ(43)が主演舞台で、全てを脱ぎ捨て、艷やかなかぶき踊りを披露している。まるで、ありし日のあの方にささげているようである。 今年1月18日から東京芸術劇場で始まった舞台「足跡姫~時代錯誤冬幽霊~」(NODA・MAP)には、当日券を求める客が連日あとを絶たない。 実際に舞台を目の当たりにし [全文を読む]

“男前ナンバーワン女優”松たか子の人魚姿にファン歓喜! 井上真央には、「花燃ゆショック」を心配する声

おたぽる / 2016年02月08日12時00分

また、09年に出演した野田の舞台『パイパー』に関しては、共演者だった宮沢りえが当時、妊娠していて、台詞を言うのがキツクなってきたと野田に直訴した際、松が『じゃあ、言いますよ! アタシ言いますよ!』と助けてくれたというエピソードを、14年に放送された『ヨルタモリ』(フジテレビ系)に松がゲストとして登場した際に宮沢が語り、『私がもう、(お腹が)どんどん膨らんで [全文を読む]

「タモリ本」の真打ちで明かされた、知られざる“空白の7年間”。その生き方こそ、今後の日本社会の参考になる

週プレNEWS / 2015年10月20日06時00分

一方で、近年の『いいとも!』では進行を中居正広や鶴瓶に任せていたように、この番組でもママ役の宮沢りえに番組を回させつつ、鉄道企画などの趣味的なコーナーもやっていた。昔のタモリと今のタモリを交ぜたような番組だったと思います。 個人的には、タモリと文化人のからみをもっと見てみたかったですけどね。かつて『いいとも!』で野田秀樹から「無駄な学歴」というフレーズを [全文を読む]

若い男子好き大竹しのぶ 三浦春馬に入れ込み「夢のよう…」

NEWSポストセブン / 2015年09月14日07時00分

ご飯を誘うこともあって、どんどん仲良くなっていくんですよ」(音楽関係者) そうして大竹が親しくなったのが嵐の松本潤(32才)や二宮和也(32才)、吉高由里子(27才)の元カレで宮沢りえ(42才)とも恋バナが取り沙汰されたRADWIMPSの野田洋次郎(30才)らだ。鬼龍院翔(31才)とはCDで共演し、鬼龍院とback numberの清水依与吏(31才)が親し [全文を読む]

宮沢りえ・松たか子同盟に りえの天敵・大竹しのぶ「ギョッ」

NEWSポストセブン / 2014年11月21日07時00分

宮沢りえ(41才)「たかちゃんは、私の中で男前ナンバーワン女優なの!」 松「マジですか?(笑い)やった!」 実はふたりは、2009年に野田秀樹氏が手がけた舞台『パイパー』で、姉妹役で共演して以来の仲だった。 「舞台が始まった当初りえさんは妊娠5か月。まだ結婚も妊娠も発表していないなか、りえさんのお腹はどんどん大きくなっていきました。野田さんの舞台は台詞が [全文を読む]

フォーカス