自民党 野田聖子に関するニュース

稲田朋美氏は『シン・ゴジラ』花森防衛大臣並みの凄みを身につけるか

プレジデントオンライン / 2017年04月24日15時15分

「パパとママ、そして夫や男性上司の言いつけをちゃんと守るいい子」っぽい、そんな保守女子政治家の代表格が小泉チルドレンから安倍総理秘蔵っ子の道を通り、「自民党純正品」として「育成」されている稲田朋美氏ではないかと思っている。 ■自民党の女性政治家は、チルドレンやガールズが多すぎる 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、民進党結党時に「自民党の女性議員はぶりっ子ば [全文を読む]

自民総裁選不戦勝を陰で操った裏ボス・二階総務会長の凄味とは…

週プレNEWS / 2015年09月17日06時00分

9月8日に告示された自民党総裁選は、「14年ぶりの無投票再選」により安倍首相の不戦勝で幕を閉じた。 実は、この無投票再選の陰で大きな存在感を示した政治家がいる。“自民党の裏番長”ともいわれる二階俊博自民党総務会長だ。ジャーナリストの須田慎一郎(すだしんいちろう)氏が言う。 「安倍首相の無投票再選の流れを決定づけた最大の功労者は間違いなく二階さんです。彼は8 [全文を読む]

自民党の大奥バトル(1)「女性議員が党三役にW登用」

アサ芸プラス / 2013年01月22日09時57分

公開中の映画よりも濃厚な自民党版「大奥」の覇権争いをノゾいてみると──。 自民党本部6階。古びたエレベーターを降り、突き当たりを右に曲がれば総務会長室、左に曲がれば政調会長室がある。この廊下を境に火花を散らすのは、総務会長の野田聖子氏(52)と政調会長の高市早苗氏(51)だ。1月6日放送の「新報道2001」(フジテレビ系)で、女性の社会進出の数値目標につい [全文を読む]

“ダメダメ”内閣改造のオフレコ事件を一挙暴露(4)激怒追放した野田議員に安倍総理から祝電?

アサ芸プラス / 2014年09月19日09時56分

昨年5月、中国の潜水艦が沖縄・久米島の接続水域に侵入した夜、銀座の和風キャバクラでホステスと飲んでいたことが発覚しました」(自民党担当記者) 覚醒剤逮捕されたASKAが愛人の栩内香澄美被告と出会った場所として知られる、人材派遣大手パソナグループ南部靖之代表主催のパーティ。ここに小野寺氏を含む現職閣僚5人が出席していたことが明るみに出たが、小野寺氏は常連だっ [全文を読む]

総裁任期延長がキナ臭い…ポスト安倍を巡る、“石破&進次郎”の「奇妙な同調」とは

週プレNEWS / 2016年09月23日06時00分

自民党総裁の任期延長を巡り、党内がにわかにザワつき始めている。現状の最長2期6年から3期9年への延長をもくろむ安倍首相に対し、党内からは「待った」の声も。ポスト安倍を巡るバトルのカギは、この4人が握っている。 ■総裁任期延長で在任日数歴代1位も 「永田町での関心はもっぱら、安倍首相の任期延長論、それに対抗するポスト安倍たちの動向に集まっています」(全国紙政 [全文を読む]

小池百合子と野田聖子 ライバルだった2人が接近した思惑

NEWSポストセブン / 2016年09月08日07時00分

これは処分の対象ではないか」 9月2日、都内のホテルで開かれた自民党の野田聖子議員(56才)のパーティーで小池氏がそう明かすと、会場からはどよめきが起きた。「自民党は“小池さんを応援した議員は処分する”と言っていました。その方針に逆らってまで野田さんは小池さんを陰で支援していた。野田さんの親族が小池さんの秘書のように動いて、サポートしたそうです。今まで疎遠 [全文を読む]

安倍首相の盟友・曽野綾子も野田聖子議員に障がい者ヘイト!「子どもの治療に税金を使っているのを申し訳なく思え」

リテラ / 2016年08月01日12時00分

さらに、自民党のネット応援部隊であるJ-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)会員にいたっては、「植松が言うように障害者はいなくなるべき」と全面的な賛同を示し、障害者の子どもがいる野田聖子衆議院議員にまで「自民党の改憲案との矛盾をなくすために障害者の子ども殺せ」と迫っていたことがわかった。 しかし、ネトウヨやネトサポ、そして植松容疑者にこうしたトンデモ [全文を読む]

<元TBS・社会部長が辛口批評>今のジャーナリズムはテレビ/新聞よりラジオが面白いのはなぜだ?

メディアゴン / 2015年10月23日07時30分

*青木理(TBS「デイ・キャッチ!」)安倍首相の掲げた一億総活躍社会、新・3本の矢について、自民党前総務会長の野田聖子と同席したとき、「私は何も聞いていない、前の3本の矢.の時はどうするか具体的に議論した、今回は何もない」とのこと。番組では、2020年GNP600兆円、合計特殊出生率1.8なんて、出きっこない、とメチャメチャに切られていたが、前の3本の矢、 [全文を読む]

[山田厚俊]【自民党、凋落か再生か】~総裁選無投票の後にくるもの~

Japan In-depth / 2015年09月10日18時00分

野田聖子前総務会長が推薦人20人を集められなかったことにより幻に終わった自民党総裁選は、かねてからウワサされていたとおり安倍晋三首相の無投票再選が決まった。 何しろ党内全7派閥が全て安倍首相支持を表明していた。そのなかで、果敢に挑んでいった野田氏。結果は残念なものになったが、その勇気に世論的には称賛の声が集まっている。 今回の騒動で、いくつかの疑問が改めて [全文を読む]

安倍首相の「ウーマノミクス」は矛盾だらけ? 減少する女性議員数を海外紙が指摘

NewSphere / 2014年12月14日11時00分

安倍政権は2020年までに女性管理職を30%にすると約束しているが、今回自民党が擁立する候補者352人のうち、女性はわずか42人と12%以下。今回の選挙で最も女性候補の割合が多いのは共産党で、315人中79人。次いで民主党で、189人中29人となっている。 ◆安倍政権が掲げる「ウーマノミクス」の矛盾 安倍首相が9月の内閣改造で過去最高タイの5人の女性を登 [全文を読む]

中西モナ 路チュー元恋人を戦慄させる”政界転身説”

WEB女性自身 / 2013年04月16日00時00分

「ここ最近、自民党の総務会長である野田聖子議員が党の関係者の集まりで『私が(モナを)立派な政治家に育てあげる!』と、話したそうです」(自民党関係者)婚姻届の証人でもある野田議員から、全面支援をうけているというモナ。出馬は次期衆院選が考えられているという。「ですが、解散がなければ次の衆院選は3年後の’16年。そのため『次の7月の参院選の候補としてぜひモナさん [全文を読む]

「総理大臣」に近いのは、小池百合子か小泉進次郎か?

日刊大衆 / 2017年05月15日06時05分

その会合とは、さる4月18日、小泉純一郎元首相と山崎拓元自民党副総裁、武部勤元幹事長、そして小池百合子東京都知事と、かつて小泉内閣を支えたメンバーが、東京・赤坂の割烹料亭で行った会食。「この“同窓会”に、同じく小泉内閣で経済産業大臣だった二階俊博氏(現自民党幹事長)が加わったんですが、そのとき、実は安倍晋三首相とニトリホールディングスの似鳥昭雄会長も、同 [全文を読む]

小池百合子「新党旗揚げ」5つの勝算

日刊大衆 / 2017年01月25日12時30分

7月の都議選(定数127)を見据え、新年早々から対立構図が明確になった小池百合子東京都知事VS自民党都連。1月9日、自民党の二階俊博幹事長が、日経新聞の取材に対し、「党を挙げて徹底的にやる」と対決姿勢を鮮明にすれば、宣戦布告された小池知事は翌日、不敵な笑みを浮かべて「(新党を作って)過半数を制する」と切り返したのだ。 「小池知事は就任直後から、自民党都議団 [全文を読む]

「1億総ゴマすり化」が企業・教育・政治を破壊し始めた!経営者と教師の劣化が深刻

Business Journal / 2016年02月03日06時00分

議員辞職してもおかしくないほどの不祥事だが、自民党や「御用メディア」からは甘利氏を擁護する声さえ出ており、自浄作用が機能していない。 自民党内にかつてのように「言論の自由」があるならば、「辞任やむなし」とか「辞任すべき」といった批判的な声が出るだろうが、ほとんどそれもなかったばかりか、「嵌められた説」まで出ていた。 自民党内で批判の声がほとんど出ない理由は [全文を読む]

安倍首相が伊勢志摩サミット花道に勇退と永田町で情報流れる

NEWSポストセブン / 2015年11月17日07時00分

首相は2か月前に自民党総裁選で無投票再選され、2018年まで3年間の総裁任期を得たばかり。安保法制の強行採決で落ち込んだ支持率も回復基調にある。そんな総理大臣になぜ、早期退陣論が浮上するのか。 穏やかではないのは、この情報が自民党の非主流派ではなく、政権中枢を発信源としていることだ。官邸に近い政界関係者の話である。 「総理の最側近の1人が、最近、『万が一、 [全文を読む]

安倍首相が無投票で再選…その裏で描かれる安倍退陣のシナリオ

まぐまぐニュース! / 2015年09月08日19時30分

無投票で自民党の総裁に再選した安倍首相。一見、党全体が一丸となって諸政策を推し進めていく意思表明のように思えますが、そうではないと断言するのがジャーナリストの高野孟さん。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、この再選には「安倍首相に辞意表明をさせるという企みが孕まれている」と記しています。 総裁無投票再選の裏側 安保国会の会期末が近づいたが、 (1 [全文を読む]

自民党総裁選 無投票にできぬと野田聖子氏が出馬意欲漏らす

NEWSポストセブン / 2015年07月28日07時00分

国会で自民党推薦を含む3人の憲法学者が「法案は違憲」と指摘しても、菅義偉・官房長官や谷垣禎一・自民党幹事長は自分たちが推薦した学者の意見に謙虚に耳を傾けようとせず、逆に「決めるのは最高裁だ」と無視を決め込んだ。 安倍支持派の若手議員たちも、勉強会で安保法案に批判的なメディアに対し、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番だ」などと制裁論をぶち [全文を読む]

当選45人から識者が分析!与野党“最強の女性代議士”は誰だ!?

WEB女性自身 / 2014年12月30日07時00分

自民党が1度も勝っていない選挙区で勝利した功績は大きい。有名人好き、怖いもの見たさの大阪の風土にうまくマッチした」(伊藤氏)。選挙区を転々とし、 政界渡り鳥 の異名を持つ佐藤氏。鳩山政権の官房長官だった民主党の平野博文氏に1万票以上の差をつける勝利だった。 一方、前頭筆頭から三枚目まで番付を二枚落としたのは小渕優子前経産相(群馬5区)。11万4千票も獲得 [全文を読む]

選挙戦で蠢く魑魅魍魎…「妖怪政界ウォッチ」で期日前“裏”投票を慣行!(2)松島みどりはおわび行脚

アサ芸プラス / 2014年12月09日09時55分

安倍総理があえて総選挙に踏み切ったのは、与党・自民党の勝利を確信したからに他ならないとはもっぱらの声だが、そうした中でも苦戦が予想されているのが、東京14区の松島みどり氏(58)だろう。何しろ、うちわを配布した行為が公職選挙法の禁止する寄付行為に該当するとして、法務大臣を辞任したにもかかわらず、その後も何事もなく本会議に臨むなど、厚顔ぶりは、やはり妖怪その [全文を読む]

自民党“女たちの戦い”最前線、女性登用ノルマ3割の「9月内閣改造」で笑うのは?

週プレNEWS / 2014年08月21日06時00分

安倍政権が9月第1週に行なう内閣改造・自民党役員人事を控え、自民党女性議員たちの熾烈(しれつ)なレースが繰り広げられている。 彼女たちが色めき立つのは、安倍政権の成長戦略の中に「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を3割にする」という数値目標があるからだ。 内閣に近い、某省のキャリア官僚・S氏がこうささやく。 「霞が関では国家公務員法が改正され、5 [全文を読む]

フォーカス