近鉄 野茂英雄に関するニュース

プロ野球記録を作っても…容易ではない“平成の奪三振王”への道

ベースボールキング / 2017年06月09日11時45分

【シーズン奪三振ランキング】1位 401個 江夏 豊(阪神/1968)2位 353個 稲尾和久(西鉄/1961)3位 350個 金田正一(国鉄/1955)4位 340個 江夏 豊(阪神/1970)5位 336個 杉浦 忠(南海/1959)▼ 以下、300奪三振以上334個 稲尾和久(西鉄/1958)327個 梶本隆夫(阪急/1956)321個 稲尾和久(西 [全文を読む]

元近鉄オグリビー「自分と一緒に風呂入ってくれた」と喜んだ

NEWSポストセブン / 2012年09月07日07時00分

今回は、近鉄バファローズが本拠地を構えていた藤井寺球場のエピソードを紹介する。長らく低迷期が続いた近鉄も、西本幸雄監督の熱き指導のもとで強豪チームへと変身。1985年には球場の大改装も行われ、風呂場には大浴場ができた。 * * * 近鉄・藤井寺駅から球場まで線路に沿って歩く約1キロの道沿いには屋台が並んでおり、近鉄が勝利すると値下げが行なわれた。 ところが [全文を読む]

【プロ野球】監督に牙を剥いた男たち。野茂英雄は任意引退の末に海を渡った……。プロ野球「確執」列伝!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日17時05分

■任意引退して海を渡った野茂英雄(元近鉄ほか) メジャーリーグへの道を切り拓き、パイオニアたる存在になった野茂英雄(元近鉄ほか)も監督との確執に左右された男のひとりだ。近鉄時代の1993年、就任した鈴木啓示監督とは、とことん反りが合わなかった。 当時の近鉄投手陣は立花龍司コーチとともにアメリカの最新トレーニングを取り入れていたが、鈴木監督は根っからの「走 [全文を読む]

【西武】衝撃的だった「1イニング6本塁打」の記憶

文春オンライン / 2017年05月21日11時00分

1986年8月6日に藤井寺球場で行われた近鉄対西武戦の8回の出来事で「8・6・8・6・8・6」と覚えやすい数字なのです。 西岡良洋から始まって清原和博、石毛宏典、ジョージ・ブコビッチ、秋山幸二と続き、最後は大田卓司で締めました。もうお祭り騒ぎどころか、自分も乗り遅れないようにという選手の目がギラギラ輝いていました。安打でなく、本塁打狙いの。 この試合、秋山 [全文を読む]

開幕戦名勝負 野茂「屈辱の降板」と伊東「史上初の劇的弾」

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

1994年のパ・リーグ開幕戦、西武対近鉄戦もそんな試合のひとつだ。 吉永小百合の始球式で幕を開けたゲーム。近鉄の先発はトルネード投法でデビューから前年まで4年連続最多勝に輝いた野茂英雄。この日も150kmの速球と切れ味鋭いフォークで三振の山を築く。西武打線から6回までに12奪三振。8回まで無安打に抑え、「三振記録とノーヒットノーランの両方を心配せなあかん」 [全文を読む]

【プロ野球】則本昂大(楽天)ら4投手でMBL打線をノーヒットノーラン! 日米野球の名場面をプレイバック

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日17時05分

イチローにはプロ2年目の1993年、新潟・悠久山球場で、当時近鉄にいた野茂からプロ初本塁打を放った過去があった。 イチローは野茂の投じた2球目、高めのストレートをセンター前へ弾き返した。その後、野茂は全日本打線を3回無失点に抑える好投を見せ、東京ドームに集まったファンを大いに喜ばせた。さらに野茂は甲子園球場で行われた第6戦でも先発。2回には近鉄時代に名勝負 [全文を読む]

昭和と平成の境目を過ごした工藤公康監督は「名選手ほど名監督になる」の申し子

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月16日14時01分

昭和や平成初期には、南海の杉浦忠氏やロッテの有藤通世氏、阪神の藤田平氏、近鉄の鈴木啓示氏といった名球会入りした名選手たちも、チームの低迷期と重なったとはいえ、結果を残せなかった。逆に、大毎、阪急、近鉄と3球団を優勝に導いた西本幸雄氏、阪急でパ・リーグ4連覇を達成した上田利治氏といった現役時代は目立たなかったものの、監督として大成した人物もいた。だが、その傾 [全文を読む]

【プロ野球】ダルビッシュ以来の250奪三振も!? 三大キーワードで紐解く則本昂大(楽天)の奪三振ショー

デイリーニュースオンライン / 2017年05月17日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■NPB史上4人目の快記録を目指す則本の今シーズン NPB史上、「4年連続の最多奪三振」を達成したのは鈴木啓示(1967~1972年=6年連続、元近鉄)、江夏豊(1967~1972年=6年連続、元阪神ほか)、野茂英雄(1990~1993年、元近鉄ほか)の3人しかいない。則本はこの大記録に向 [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

【1997年】川口知哉(平安高・投手) ○オリックス ×近鉄、ヤクルト、横浜 【2001年】寺原隼人(日南学園高・投手) ○ダイエー ×巨人、中日、横浜 【2006年・高】田中将大(駒大苫小牧高・投手) ○楽天 ×日本ハム、オリックス、横浜 【2007年・高】中田翔(大阪桐蔭高・外野手) ○日本ハム ×ソフトバンク、オリックス 【2010年】斎藤佑樹(早 [全文を読む]

2014ドラフト決定、豊作年とは無関係? 歴代“重複指名”ランキング

週プレNEWS / 2014年10月25日06時00分

【複数球団が競合した選手たち】 8球団 1989 野茂英雄(新日鉄堺) → 近鉄が引き当て入団 1990 小池秀郎(亜細亜大) → ロッテが引き当てるも入団拒否 7球団 1995 福留孝介(PL学園高) → 近鉄が引き当てるも入団拒否 6球団 1979 岡田彰布(早稲田大) → 阪神が引き当て入団 1985 清原和博(PL学園高)→ 西武が引き当て入団 [全文を読む]

フォーカス