大リーグ 野茂英雄に関するニュース

ATSUSHI、日本人初のドジャースタジアムで『君が代』を熱唱

okmusic UP's / 2016年07月02日12時30分

EXILE ATSUSHIが現地時間7月26日、米ロサンゼルスで行われる大リーグ (MLB/メジャーリーグベースボール)、ロサンゼルス・ドジャース対タンパベイ・レイズの試合前のセレモニーで国歌斉唱することが決定した。ドジャースタジアムで『君が代』を斉唱するのは、日本人アーティストとして初めての快挙となる。 【その他の画像】EXILE ATSUSHIドジャー [全文を読む]

「少女への想いを胸に」日米球界で活躍した鉄腕クローザー、大塚晶文のラスト登板

AOLニュース / 2014年09月13日18時00分

2003年のオフ、かねてより夢として抱いていた米・大リーグへの切符を手にしたとき、その男は、1年間在籍したチームと、自分を師匠のように慕う若手選手たちへの想いから、夢を捨てるか否かで揺れに揺れた。しかし、そんな矢先に彼の背中を押してくれたのは、翌年から指揮をとることが決まり、誰よりも自分自身の活躍してくれているはずの新監督・落合博満。彼の想いをよく知る落合 [全文を読む]

【プロ野球】今年はジョンソン(広島)が受賞! 沢村賞にまつわるアレコレを調べてみた!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月27日16時05分

ベーブ・ルース、ルー・ゲーリックを擁する大リーグ選抜チームに敗れるも、0対1と好投を見せた。 その後、巨人のエースとして活躍。プロ野球発足初年度の1936年には、タイガース(現・阪神)との優勝決定戦で3連投し巨人の初優勝に貢献。翌1937年春のシーズンには24勝を挙げ、最高殊勲選手に選ばれた。 速球と「懸河のドロップ」と呼ばれた縦のカーブを武器にしていたが [全文を読む]

ガチョーン、バンザイ、ノールック 平成の変則投法5選

NEWSポストセブン / 2016年09月12日16時00分

大リーグで2度のノーヒットノーランを達成。 【ガチョーン投法】多田野数人(2008~14年 日本ハム)18勝20敗 4.43 大きく振り被ってコンパクトに投げる様が、谷啓のギャグに似ていることから命名。超スローボールの「ただのボール」も有名。 【バンザイ投法】浜田智博(2015年~ 中日)0勝0敗 40.50 テークバックが小さく、両手を上げた状態で投げる [全文を読む]

プロ野球広島カープ・黒田、日米通算200勝フィーバーのソロバン勘定

週プレNEWS / 2016年07月12日06時00分

すでに地元では長さ40cmの巨大ソーセージが2本も入った「W大リーグホットドッグ」(600円。カープロードの飲食店「弘法市スタジアム広島」で発売予定)など、200勝達成記念メニューが準備され、祝福の瞬間を待ちわびている。カープ優勝の前祝いとなるか!? (取材・文/ボールルーム) [全文を読む]

ピアザ氏が救世主に名乗り!パルマ買収に興味示す

ゲキサカ / 2015年06月05日17時05分

かつて米大リーグのドジャースやメッツで活躍したマイク・ピアザ氏が、破産宣告を受けたセリエAのパルマの買収に名乗りを上げていることが分かった。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 破産宣告を受けているパルマは、4月21日にクラブの売却開始を発表。売却最低額を2000万ユーロ(約28億円)に設定していたが、期日を過ぎても入札はなく、価格は減額されている [全文を読む]

桑田真澄 「MLB内野手成功例少ないのは日本的教育の影響」

NEWSポストセブン / 2015年05月24日07時00分

38歳で米大リーグに挑戦した桑田真澄氏は、選手としてプレーすることだけでなく、アメリカの野球を直接見て、その後の人生に役立てることを目的にしていた。パワーとスピードだけでなくトップ選手は細かい技術も日本以上だと実感したメジャーとの違いから、日本の野球の良さと弊害を知る桑田氏が、世界で通用する内野手を育てるために必要なことを分析した。 * * * メジャーで [全文を読む]

野茂、小泉、紳助 大物たちが残した「引退の言葉」を紹介

NEWSポストセブン / 2014年10月30日16時00分

1995年に渡米後、大リーグ7球団を渡り歩いた苦労人だった。2008年4月にロイヤルズから事実上の戦力外通告を受け、現役の道を模索したが、所属球団が決まらず引退を決意。共同通信のインタビューでは、未練を隠さなかった。会見やセレモニーがなかったことからも彼の悔しさが窺える。 ■小泉純一郎 「親バカぶりを容赦いただき、私に賜ったご厚情を進次郎にいただけるとあり [全文を読む]

初代日本人メジャー 村上雅則の後野茂まで30年かかった理由

NEWSポストセブン / 2014年03月14日16時00分

今季デビューする田中将大を始め、日本人選手が大リーグでプレーする光景もすっかり珍しくなくなった。しかしこれも先人たちの努力があってこそ。日本人メジャーリーガー第1号の“マッシー”こと村上雅則氏について、スポーツライターの永谷脩氏が綴る。 * * * ヤンキースの田中将大がフィリーズとのオープン戦で2回無失点、3奪三振のデビューを飾った。サバシア、黒田博樹に [全文を読む]

「ミスター」と「ゴジラ」がダブル受賞 「国民栄誉賞」の法的根拠は?

弁護士ドットコムニュース / 2013年04月17日19時10分

2人の功績については誰しも認めるところだが、今回の受賞については「野村克也や張本勲ら、長嶋以上の成績を残している選手もたくさんいる」「一足先に大リーグで成功した野茂英雄は対象にならないのか」などと、選考基準に対する疑問の声も上がっている。国民栄誉賞は以前から、しばしばこういった批判の対象となっている。国家行事なのだし、何らかの客観的な選定基準や法的根拠はな [全文を読む]

落合信彦氏 野茂英雄やイチローの生き方に感銘受けたと語る

NEWSポストセブン / 2012年11月28日16時00分

今でこそ米大リーグで多くの日本人プレーヤーが活躍しているが、パイオニアとしてその道を拓いた野茂英雄が私の頭にまず思い浮かぶ。日本での所属球団と対立した野茂は、「もう二度と日本で野球はできない」という状況の中で渡米した。 独特のトルネード投法から繰り出されるストレートと決め球のフォークボールでメジャーの打者たちを次々と仕留め、新人王と奪三振王を獲得。ポーカー [全文を読む]

フォーカス