西武 涌井秀章に関するニュース

【プロ野球】岸孝之(楽天)を見ると思い出す。西武からパ・リーグ他球団に移籍して活躍したピッチャーたち

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日17時05分

この岸の姿を見て思い出すのは、西武からパ・リーグの球団に移籍し、活躍したピッチャーがいたことだ。そんなピッチャーたちを振り返りたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■優勝請負人・工藤公康 1980年代から1990年代にかけての西武で、渡辺久信とともに左右の両輪で活躍したのが工藤公康。1986年、1987年と2年連続で日 [全文を読む]

【プロ野球】「下克上」はロッテだけのものじゃない! 獅子軍団・西武が巻き起こすメークドラマ

デイリーニュースオンライン / 2016年09月01日16時05分

8月になって今季初めての月間勝ち越しを決めた西武。ようやく……ではあるが、チームが上げ潮ムードにあることは間違いない。 そんななか、「3位までならあるのではないか」などという声も聞こえてきた。 残り20試合強でゲーム差が約8。容易なはずがないが、過去には逆転でCSを勝ち取ってきた歴史もある。 そこで今回は、西武が起こしてきた下克上をプレイバック! ※野球の [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

■パ・リーグ:投手の裏タイトル獲得者 【最多登板】 福山博之(楽天):69登板 サファテ(ソフトバンク)/武隈祥太(西武):64登板 「サブちゃん」こと楽天の福山博之が初の戴冠。3年連続で60登板を達成しており、「プロ入りわずか2年で福山を戦力外にしたDeNAは一体……!?」という声が漏れるほどの大活躍だ。2位のサファテ(ソフトバンク)は3年連続、武隈は [全文を読む]

【プロ野球】《ソフトバンクV奪回への道! 2017年の傾向と対策》~楽天編~ 細川亨の脅威を防げるか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月19日17時05分

■岸孝之が楽天にFA移籍 今オフ、楽天はFAで西武の岸孝之を獲得した。過去3年間、ソフトバンクの対岸の戦成績は3勝4敗。岸への苦手意識が強いわけではない。しかし、西武からロッテにFA移籍した涌井秀章が、移籍2年目の2015年にソフトバンク戦でシーズン5勝を挙げたように、移籍することでソフトバンクキラーと化ける可能性もある。 その不安が的中するとなると、岸 [全文を読む]

楽天vs西武は背番号「16」左腕対決!“連勝街道”を突き進むのは…26日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月26日15時21分

◆ 交流戦前の最後のカード 首位を独走する楽天は、本拠地・Koboパークに4連勝中と好調の西武を迎える。 先発マウンドは、プロ入り5年目の左腕・森雄大が上がる。4月6日のソフトバンク戦で今季初登板初先発を果たしたが、4回無安打6四死球1失点で降板していた。4月9日に登録を抹消され、二軍で調整。5月2日の一軍復帰後は、中継ぎとして3試合に登板した。 5月5日 [全文を読む]

3連敗のオリックス、今季全勝の西武戦で連敗ストップなるか!? 12日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月12日16時02分

◆ 吉田正尚の昇格は見送りに… ソフトバンクに3連敗を喫したオリックスは、Aクラス死守をかけて西武との3連戦に臨む。 好調を維持していたオリックスは、4カード連続の負け越しと失速気味。しかし、きょうからの対戦相手は、今季ここまで5戦全勝と相性の良い西武だ。 オリックスの先発は西勇輝。今季はここまで5試合に登板し、2勝2敗の防御率2.84。登板した全試合で7 [全文を読む]

【プロ野球】毎年恒例の人気企画! 野球太郎が開催した「極私的ドラフト」で9球団重複指名の新記録が!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月14日17時05分

西武、阪神は田中正義を指名。 そして、ロッテが藤平尚真(横浜高)を指名。初めて高校生の名前が読み上げられた。ロッテは横浜高の先輩である涌井秀章がおり、生まれてから中学までを過ごしてきた千葉県ということで、藤平にとって馴染みやすい球団かもしれない。 続くDeNA、ソフトバンク、巨人、日本ハム、広島の5球団はなんとすべて田中を指名。田中の名前が読み上げられる [全文を読む]

【プロ野球】「投手王国」を越えて「左腕王国」に? 新時代を迎える西武の中継ぎサウスポーたち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月17日17時05分

何年も改善されないままだった西武の中継ぎ陣だったが、牧田和久を中心に、ようやくメドが立ってきた。 また不思議なことに左腕も芽を出してきており、昨年までの武隈祥太頼みから脱却できそうである。 そこで今回は、西武投手陣の伸び盛りサウスポーにスポットを当てよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■投げる場面を選ばない鉄の左腕 ま [全文を読む]

【プロ野球】今年は守備に注目!昨季のゴールデン・グラブ賞で次点だった男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年03月14日16時10分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【セ・リーグ】 投:前田健太(広島・205票) 捕:中村悠平(ヤクルト・227票) 一:畠山和洋(ヤクルト・88票) 二:菊池涼介(広島・156票) 三:川端慎吾(ヤクルト・162票) 遊:鳥谷敬(阪神・104票) 外:福留孝介(阪神・157票) 外:丸佳浩(広島・138票) 外:大島洋 [全文を読む]

中日・谷繁監督 史上初のFA移籍から監督就任は画期的なこと

NEWSポストセブン / 2013年10月23日16時00分

今年も、西武・涌井秀章(27)などの行使が予想され、すっかりオフシーズンの風物詩となった。 導入から20年も経ったため、球界に様々な影響を及ぼすようになっている。今年、初めてFA移籍した球団で監督になった選手がいる。中日の谷繁元信選手兼任監督(42)だ。谷繁は2001年オフに中日移籍後、12年にわたりレギュラー捕手の座に就き、優勝4回、日本一1回をもたらし [全文を読む]

ソフトB優勝なるか、オリ山岡は9勝目狙う 16日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年09月16日12時11分

本日の西武戦に勝つか引き分ければ、2年ぶりのリーグ優勝が決まる。 先発はここまで22試合に登板し、15勝4敗、防御率2.72の東浜。勝利数は西武・菊池と並びリーグトップ。防御率は同3位と、今季はエース級の活躍で投手陣をけん引してきた。西武戦も3勝1敗、対戦防御率2.12と好相性。勝ち頭で一気に優勝を決められるか注目だ。 オリックスの山岡は、今季9勝目をかけ [全文を読む]

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?

日刊サイゾー / 2017年09月11日22時00分

モデルの押切もえを妻に持つ右腕は、どのチームに移籍するのか? 涌井は横浜高校からドラフト1位で西武に入団し、2007年には最多勝を、09年には最多勝と沢村賞を受賞。13年にFA権を行使して千葉ロッテに移籍し、15年には3度目の最多勝に輝いたが、今季はここまで5勝10敗(9月10日時点)と、成績は伸び悩んでいる。約13年のプロ生活で123勝をあげた右腕は、来 [全文を読む]

西武・菊池の反則投球問題──二段モーションは「交通違反」みたいなもの?

週プレNEWS / 2017年09月07日06時00分

パ・リーグ2位の楽天を猛追する西武のエース・菊池雄星が8月17日の楽天戦、同24日のソフトバンク戦と2試合連続で反則投球を宣告された「二段モーション問題」。辻発彦監督が「じゃあ、ほかの投手はどうなんだ!」などと激高し、球団も審判部に抗議の意味合いを込めた「質問」を送るなど、一時は一触即発のムードが漂った。 29日には審判部から球団に回答書が届き、一応は“手 [全文を読む]

【8月26日プロ野球全試合結果】広島が田中広輔の満塁弾などで快勝、ロッテが千賀滉大を攻略し怒濤の4連勝、オリックス・山岡泰輔がプロ初完封

サイクルスタイル / 2017年08月27日00時03分

オリックス、ドラ1ルーキー・山岡泰輔がプロ初完封…西武は好機を生かせずオリックスは8月26日、メットライフドームで西武と対戦。先発のドラフト1位ルーキー・山岡泰輔投手がプロ入り初完封を飾り、9-0で大勝した。オリックスは初回、指名打者・吉田正尚が今季第8号の2点本塁打を放って幸先よく先制。さらにマレーロ内野手に今季第12号のソロ本塁打、T-岡田外野手に今季 [全文を読む]

【8月12日プロ野球全試合結果】阪神・福留孝介が決勝弾、広島・薮田和樹がプロ初完封、楽天・則本昴大が完封で11勝目

サイクルスタイル / 2017年08月13日11時20分

西武、多和田真三郎が完封、ロッテは粘投の涌井秀章を援護できず西武は8月13日、ZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦。先発の多和田真三郎投手が9回無失点の好投を見せ、3-0で勝利した。西武は0-0で迎えた3回表、金子侑司外野手のソロ本塁打で先制すると、8回表には秋山翔吾外野手が今季第21号となる2点本塁打を放ち、3-0とリードを広げた。投げては、多和田がロ [全文を読む]

オリックス・西が約半月ぶりの登板 2日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月01日18時05分

5月12日の西武戦では5回6失点でノックアウトされ、翌13日に登録を抹消された。 対する巨人は、マイコラスが先発。マイコラスも5月13日以降白星がない。 苦しむ両右腕、久しぶりの白星をつかむのはどちらか。 また、好調・広島は九里亜蓮が中5日でロッテ戦に挑む。九里はここまで9試合に登板し、4勝4敗の防御率3.74。前回登板の27日巨人戦では8回3安打無失点の [全文を読む]

ハム有原、チーム&自身の連敗止められるか!? 22日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月22日12時31分

◆ 前回の西武戦は6回途中6失点 チームと自身の連敗脱出をかけ、日本ハムの開幕投手・有原が今季4度目の先発マウンドに登る。 前夜は西武先発・菊池の前に打線が沈黙し、投げては先発の上沢が4回途中6失点でKO。現在の日本ハムに王者の面影はなく、早くも今季2度目の6連敗で借金は「10」まで膨れ上がった。 連敗阻止を目指し先発するのは、自身も開幕から3連敗中の有原 [全文を読む]

FA岸を補強した楽天、女房役細川の同時補強で期待大

NEWSポストセブン / 2017年01月11日07時00分

西武からFAで岸孝之(32)を獲得し、星野仙一球団副会長が「岸の加入だけで十二分に優勝争いができる」とブチ上げた。 「加えてソフトバンクを自由契約となった細川亨捕手(37)も獲得できた。細川は西武時代、岸とバッテリーを組んだキャリアがあり、あのノムさん(野村克也氏)も評価する円熟のリードで安楽智大(20)や小野郁(20)ら若い投手も成長するはずだ」(球団関 [全文を読む]

「千葉ロッテマリーンズ 涌井秀章&角中勝也FAN MEETING」アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉にて開催

PR TIMES / 2016年11月07日14時46分

その後2004年、ドラフト1位指名で西武ライオンズに入団、プロ入り1年目から開幕1軍入りを果たす。西武ライオンズ時代は、最多勝2回(2007年,2009年)と沢村賞(2009年)に輝き、2008年北京オリンピック野球日本代表、2009年第2回WBC日本代表、2013年第3回WBC日本代表に選出されている。2013年に千葉ロッテマリーンズに入団し、背番号は西 [全文を読む]

【プロ野球】初々しさよ、再び。シーズン終了間際の今だからこそ振り返る2016年の開幕カード《パ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年09月10日16時05分

■埼玉西武ライオンズ 本拠地での開幕カードで西武は3戦連続完売を記録した。これはチーム名に“埼玉”の冠をつけてから初めてのことだった。毎年、観客動員数で下位に低迷している西武にとっては快挙だ。 実は、これには裏がある。ロッテがユニフォームを配布したように、西武も開幕カードでフリースを無料配布した効果があったのだ。“球場を満員にする”という意気込みは評価し [全文を読む]

フォーカス