ハムレット 蜷川幸雄に関するニュース

梅雨の鬱々した気分がむしろ快感、「不条理な世界たち」少し笑えて、ちょっと不思議な、七つの物語。

PR TIMES / 2015年06月16日16時56分

藤原竜也主演の「ハムレット」では、清家氏はギルデンスターン役で出演。5月の「ハムレット」のロンドン公演では、ロンドンカードのRebecca Sykesという地元の記者から「サージェント・ペパーズを歌っていた時のジョン・レノンとポール・マッカートニーのようで、悲劇の中にそえられたコミカルな演技」という評価を受けた。http://www.ldncard.com [全文を読む]

溝端淳平、“イケメン俳優”の肩書に本音―ブームの裏で抱いた“覚悟”「それじゃダメだ」<モデルプレスインタビュー/後編>

モデルプレス / 2015年09月03日18時00分

◆「夢を叶える秘訣」とは?“運命”の出来事を語る ― 今回、「蜷川幸雄さん演出の『シェイクスピア』作品に出演する」というひとつの夢が現実になったかと思いますが、次の夢は何ですか? 溝端:30代前半のうちに「ハムレット」をやりたいです。鋼太郎さんが「ハムレット」の良さを語ってくださるんですけど、役者としての人生がすべて詰まっている気がするんです。自分とは何 [全文を読む]

<速報>藤原竜也、結婚会見 お相手は「小動物系」と大照れ

モデルプレス / 2013年05月31日15時41分

2003年上演のシェイクスピア劇「ハムレット」(演出・蜷川幸雄)では、日本演劇史上、最年少の21歳でハムレットを演じ、多くの賞を受賞した。近年の代表作としては、「ろくでなし啄木」(11年 演出・三谷幸喜)、「シレンとラギ」(12年 演出・いのうえひでのり)、「日の浦姫物語」(12年 演出・蜷川幸雄)など。出演した蜷川作品はロンドン、ニューヨークでの上演も多 [全文を読む]

溝端淳平、女性役に初挑戦「失うものはない」洗礼と成長…“念願”叶って「この上ない幸せ」<モデルプレスインタビュー/前編>

モデルプレス / 2015年09月02日18時00分

竜也くんの「ハムレット」も観に行ったんですが、ものすごかった。いざ自分がやるとなると大変だと思いますけど、今の蜷川さんとお仕事できるというのは、この上ない幸せだと思います。 ―後半に続く― インタビュー後編では、世間のイメージへの本音、挑み続ける理由、そして「夢」など、溝端の俳優人生にさらに深く迫っていく。(modelpress編集部) ■溝端淳平 プロフ [全文を読む]

藤原、小栗、キムタク…「世界のニナガワ」に育てられたイケメン俳優たち

日刊大衆 / 2016年08月13日17時00分

ハムレット』の稽古では恐ろしいほどの数のダメ出しを受けたこともあるのだとか。藤原さん曰く、蜷川さんの舞台は稽古の時からレベルが高く、人間としても成長することができたそうです。 小栗旬さん(33)も蜷川さんの指導を受けた一人です。『ハムレット』『お気に召すまま』『間違いの喜劇』『カリギュラ』『ムサシ』と多数の蜷川演出作品に出演しています。「不感症、下手、単 [全文を読む]

静かに艶めかしく... 満島ひかり、初の蜷川舞台で魅せた“別格女優“の苦悩と妖艶演技

メンズサイゾー / 2015年02月27日10時00分

満島ひかり(29)が初めて挑んだシェークスピア演劇『ハムレット』(1月22日~2月15日上演)の稽古初日から公演までを密着したドキュメンタリー番組だ。この舞台の演出家は演劇界の巨匠・蜷川幸雄(79)。番組では、これまで蜷川が何度となく手がけ、日本演劇界の最高峰といわれている『ハムレット』に満島が立ち向かう姿が紹介された。 緊張感が漂う初日の顔合わせで「いま [全文を読む]

シェイクスピア没後400年という記念の年に、シェイクスピアのすべてがつまったオールカラーの大図鑑、ついに日本上陸!

PR TIMES / 2016年06月10日09時50分

ちょうど没後400年にあたる4月23日には、英国各地で様々な記念行事が行われ、チャールズ皇太子も「ハムレット」の登場人物に扮し、記念コントに登場するなど大きな盛り上がりをみせています。日本でも、故蜷川幸雄演出による『尺には尺を』(彩の国さいたま芸術劇場)、劇団シェイクスピアシアターの『夏の夜の夢』(六本木俳優座劇場)、野村萬斎演出の『マクベス』(世田谷パブ [全文を読む]

小栗旬、蜷川幸雄さんの訃報に「辛いです」やり切れない思いを吐露

モデルプレス / 2016年05月13日12時01分

これまで「ハムレット」(2003年)、「間違いの喜劇」(2006年)、「カリギュラ」(2007年)などの蜷川さん演出の作品に出演してきた小栗。2009年上演の「ムサシ」が蜷川さん作品への出演は最後となったが「『ムサシ』以来、7年ぶりの公演を今年秋に予定しており、ついにまたご一緒出来る、叱っていただけると心の底から楽しみにしておりました」と明かした。 蜷川さ [全文を読む]

藤原竜也、蜷川幸雄さんを哀悼「僕を産んでくれたのは蜷川さん」

モデルプレス / 2016年05月13日10時29分

その後も蜷川さんが演出を手がけた「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「ムサシ」など多数の作品に出演。演劇界において欠かせない存在となった。 所属事務所によると、蜷川さんが亡くなる前日の11日、蜷川さんが入院していた病院を訪れていたという藤原。恩師といえる蜷川さんに向けて「沢山の演劇人生をありがとうございました」と感謝を伝え、今後も「真面目に突き進んでいき [全文を読む]

加賀まりこ 女優生活振り返って「人生は気負わないほうがうまくいく」

WEB女性自身 / 2015年09月28日06時00分

男性だったらハムレットくらい大変な役』と言われ、よし、やってやろうじゃないの!と」中山「プレッシャーはなかったんですか?」加賀「どう頑張ってものどからしか声が出なくて、ちゃんと基礎からやらないといけないと、劇団四季の研究生になりました」中山「そこから身につけていくんですね」加賀「チケット代をもらっているのに失礼ですけど、『オンディーヌ』の上演中だったから、 [全文を読む]

フォーカス