ハムレット 蜷川幸雄に関するニュース

梅雨の鬱々した気分がむしろ快感、「不条理な世界たち」少し笑えて、ちょっと不思議な、七つの物語。

PR TIMES / 2015年06月16日16時56分

藤原竜也主演の「ハムレット」では、清家氏はギルデンスターン役で出演。5月の「ハムレット」のロンドン公演では、ロンドンカードのRebecca Sykesという地元の記者から「サージェント・ペパーズを歌っていた時のジョン・レノンとポール・マッカートニーのようで、悲劇の中にそえられたコミカルな演技」という評価を受けた。http://www.ldncard.com [全文を読む]

静かに艶めかしく... 満島ひかり、初の蜷川舞台で魅せた“別格女優“の苦悩と妖艶演技

メンズサイゾー / 2015年02月27日10時00分

満島ひかり(29)が初めて挑んだシェークスピア演劇『ハムレット』(1月22日~2月15日上演)の稽古初日から公演までを密着したドキュメンタリー番組だ。この舞台の演出家は演劇界の巨匠・蜷川幸雄(79)。番組では、これまで蜷川が何度となく手がけ、日本演劇界の最高峰といわれている『ハムレット』に満島が立ち向かう姿が紹介された。 緊張感が漂う初日の顔合わせで「いま [全文を読む]

シェイクスピア没後400年という記念の年に、シェイクスピアのすべてがつまったオールカラーの大図鑑、ついに日本上陸!

PR TIMES / 2016年06月10日09時50分

ちょうど没後400年にあたる4月23日には、英国各地で様々な記念行事が行われ、チャールズ皇太子も「ハムレット」の登場人物に扮し、記念コントに登場するなど大きな盛り上がりをみせています。日本でも、故蜷川幸雄演出による『尺には尺を』(彩の国さいたま芸術劇場)、劇団シェイクスピアシアターの『夏の夜の夢』(六本木俳優座劇場)、野村萬斎演出の『マクベス』(世田谷パブ [全文を読む]

加賀まりこ 女優生活振り返って「人生は気負わないほうがうまくいく」

WEB女性自身 / 2015年09月28日06時00分

男性だったらハムレットくらい大変な役』と言われ、よし、やってやろうじゃないの!と」中山「プレッシャーはなかったんですか?」加賀「どう頑張ってものどからしか声が出なくて、ちゃんと基礎からやらないといけないと、劇団四季の研究生になりました」中山「そこから身につけていくんですね」加賀「チケット代をもらっているのに失礼ですけど、『オンディーヌ』の上演中だったから、 [全文を読む]

加賀まりこ 女優生活振り返って「人生は気負わないほうがうまくいく」

WEB女性自身 / 2015年09月28日06時00分

男性だったらハムレットくらい大変な役』と言われ、よし、やってやろうじゃないの!と」中山「プレッシャーはなかったんですか?」加賀「どう頑張ってものどからしか声が出なくて、ちゃんと基礎からやらないといけないと、劇団四季の研究生になりました」中山「そこから身につけていくんですね」加賀「チケット代をもらっているのに失礼ですけど、『オンディーヌ』の上演中だったから、 [全文を読む]

東山から嵐・大野に受け継がれた「伝統芸」とは

日刊大衆 / 2017年05月11日15時05分

『PLAYZONE’90 SHOW劇 MASK』は、構成・演出をジャニーさんが手がける一方、劇中劇の『ハムレット』は、ジャニーさんの親友でもあった演出家の故蜷川幸雄氏が担当するという豪華さだった。 そしてこの舞台では、後にジャニーズの後輩たちに引き継がれることになる「千年メドレー」も披露された。このメドレーは、バラードソング『千年の季節』から、『Ever [全文を読む]

成宮寛貴、役者としての功績 菅田将暉、松坂桃李の道を開拓したがむしゃらな20代

messy / 2016年12月11日00時00分

同年秋に蜷川幸雄演出の舞台『ハムレット』を経験し、快進撃を見せるのは02年4月、『ごくせん第1シリーズ』(同)で主要メンバーに抜擢されてからだ。イケメン俳優として女性人気に火が点き、03年1~3月期のドラマ『高校教師』(TBS系)でソニンを翻弄する非情なホスト役、7~9月期ドラマ『STAND UP!!』(同)でお調子者の童貞男子高校生、04年4~6月期ド [全文を読む]

蜷川幸雄さん 演出家時代前半は娘を育てる主夫だった

NEWSポストセブン / 2016年05月21日16時00分

小劇場から商業演劇に舞台を移し、1974年『ロミオとジュリエット』、1978年『ハムレット』と次々に大作を手がけると、観客は集まってきた。 1983年、初の海外公演となる『王女メディア』がイタリアとギリシャで喝采を受け、1987年の『NINAGAWAマクベス』ロンドン公演で世界的な評価を確立した。それでも、当時の日本の演劇界、特に劇評家から酷評を受け続け [全文を読む]

「出世しそうな女性有名人」ランキングに学ぶ!デキる女の特徴3つ

AppWoman / 2015年07月13日11時45分

蜷川幸雄演出の『ハムレット』や三谷幸喜のミュージカル、ディズニー映画『アナと雪の女王』の吹き替えまでこなせるのは、見えないところでコツコツと努力を積み重ねているからこそ。“デキる女”は、努力を人に見せびらかしたりしない謙虚さも持ち合わせているんですよ!女性管理職なんて聞くと、「どうせスゴイ人なんでしょ? 能力が違うわ……」なんて思ってしまいがちですが、そん [全文を読む]

周囲は「静養してほしい」のに……80歳を迎える大演出家・蜷川幸雄が貫く“現場主義”

日刊サイゾー / 2015年04月13日13時00分

「先日まで台湾で藤原竜也主演の『ハムレット』を上演してましたし、この秋には溝端淳平主演で『ヴェローナの二紳士』が上演されます。来年2月には、自分自身を題材にした舞台を自ら演出するそうですよ」(芸能事務所関係者) とはいうものの、現在は鼻に酸素吸入用チューブを付け、車椅子姿でマスコミの前にも登場している。実際、台湾公演についても直前まで医師に相談していたも [全文を読む]

平幹二朗 階段を駆け降りる荒っぽい演技にも美しさ求める

NEWSポストセブン / 2014年07月03日16時00分

僕としては、俳優座で新劇の芝居を、浅利さんからは言葉の伝え方を、と基礎を鍛えられた後で、一生懸命やれば何でも許してくれる蜷川さんといろんな作品をやれたことは、幸せだと思っています」 平と蜷川が組んだ舞台のほとんどは、『王女メディア』をはじめとするギリシャ悲劇、『ハムレット』などのシェイクスピア、そして近松、いずれも古典劇だ。 「演劇と政治が蜜月にあった時 [全文を読む]

藤木直人「原作が村上春樹さんで、演出が蜷川さん…。最初は状況がよくのみ込めませんでした(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月08日09時20分

初めて観た舞台は真田広之主演の『ハムレット』だった。 「スタイリッシュで、かっこよくって。以来、蜷川さんの舞台はよく観ています。歳を重ねても、今なお精力的に活動されていて。むしろ、昔よりもエネルギッシュな舞台を作っている(笑)。本当にすごい方だなと思います」 経験はあまりないが舞台はよく観ている藤木さんにとって、今回のオファーは夢にまで見たものだった。だが [全文を読む]

フォーカス