現在 山口百恵に関するニュース

【カラオケ】若い女がアラフォーに気を遣って歌いがちな選曲トップ8

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年07月13日06時00分

調査対象:社内の人間とよくカラオケに行くという20代女性50名 若い女がアラフォーに気を遣って歌いがちな選曲トップ8 1位 「Diamonds」プリンセスプリンセス 発売年:1989年(現在40歳の人が発売当時13歳) 気遣い選曲ポイント 「とりあえず、どんなに年上の人でもこれ歌っておけば大丈夫な気がする」(23歳) 「誰でも盛り上がってくれるから…」( [全文を読む]

山口百恵の次男・三浦貴大の“ハロヲタ発覚”で、モー娘。に「新時代」が来る!?

日刊サイゾー / 2017年04月13日09時00分

現在、さほど高視聴率というわけでもない『「ぷっ」すま』だが、この話題は瞬く間にネット上で拡散され、Twitterには「小田さくら」「三浦貴大」「ぷっすま」などが長時間トレンド入りする盛り上がりぶりを見せた。 しかも、面白いのは、三浦をもともと知らなかった人たちまでもが、「ハロヲタ」という共通点を得たことで、「なかなか見る目のある青年だな」などと、急に彼に [全文を読む]

宇崎竜童「百恵さんが僕にくれた“作曲家としての誇り”」

WEB女性自身 / 2013年07月27日07時00分

現在は、2人の息子さん(祐太朗=29、貴大=27)も家を出て、たぶん夫婦水入らずの日々を送っていらっしゃるんじゃないでしょうかね……」 [全文を読む]

「アイドルブーム」はこれから先も続いていくのか カギを握るのは30代以上の単身者

日本タレント名鑑 / 2017年01月16日13時55分

これはAKB48が始めた握手会参加券付のCDの効果が大きく、それにほかのグループも追随して現在のような状況が生まれ、今ではCDの売上を伸ばすには、アイドルのジャンルに限らず、特典会イベントの実施は不可欠とすら言えます。 新曲の音源を聴いたり映像を観たりするだけなら、リリース前にミュージックビデオが公式YouYubeに公開されることも多いので、それで十分事が [全文を読む]

名プロデューサーが語る70年代のアイドル「原点は近所にいる知り合いの女のコ」

週プレNEWS / 2016年11月07日06時00分

今年50周年を迎えた『週刊プレイボーイ』45号では、70年代から現在まで、彼女たちを間近で見てきた人物とともに“正統派アイドル”の歴史をふり返っている。 今回は、山口百恵、ピンク・レディーなどに曲を提供した作曲家/プロデューサーの都倉俊一氏にアイドルの原点について聞いた。 * * * “アイドル”という言葉が使われだしたのは、1970年頃からでしょう。そ [全文を読む]

「気に入らないヤツは干す!」上田まりえが語った日テレの闇が深すぎる! 夏目三久、泉ピン子、和田アキ子……

日刊サイゾー / 2016年04月17日12時00分

今年1月に日テレを電撃退社し、現在はタレントとして活躍する上田まりえは13日、レギュラー出演中の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、日テレの旧本社ビルであり、現在も多数の番組を収録している麹町スタジオに行くと「霊感が騒ぐ」と語ったのだ。続けて「ここ(『5時に夢中!』のスタジオ)はあったかい」と言うと、共演者のおおたわ史絵に「よっぽど(日テレが)嫌だった [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

【その他の画像】土方隆行土方隆行と言えば、現在でも根強いファンの多い80年デビューの超絶プログレッシブ・ロック・バンド“マライア"のメンバーとして活躍。同時にセッションミュージシャンもしくはアレンジャーとして、浅川マキ、吉田美奈子、松田聖子、浜田省吾、井上陽水、吉田拓郎、角松敏生、玉置浩二、徳永英明、河村隆一等、プロデューサーとしてもエレファントカシマシの [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、オールタイムの“神7”は誰になるのか?

アサ芸プラス / 2015年09月07日09時58分

50年以上も第一線にいる吉永小百合の偉大さは、現在の「モノノフ」のルーツと呼べる「サユリスト」という総称が生まれたこと。スターとファンの“信頼関係”が生まれた貴重な瞬間だ。 そして70年代には「アイドル」という言葉が日本に定着し、きらびやかな逸材が続々とデビューする。第1号となった南沙織、歌だけでなくドラマや映画でも支持を得た山口百恵、そして解散を国民的 [全文を読む]

『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』 2月21日発売!

PR TIMES / 2014年02月21日13時10分

現在も「角川映画」は、かつての「大映」を継承する映画会社として存在するが、本書が描くのは、現「角川映画」とは別のものだ。角川書店社長であった角川春樹氏が設立した角川春樹事務所が製作あるいは他社と提携した作品群をいう。現在も「角川春樹事務所」という角川春樹氏が設立した出版社があるが、この本に登場する「角川春樹事務所」とは別の会社である。そして、角川春樹氏は [全文を読む]

4年ぶりにグラビアに降臨した女優・松本若菜が美しすぎる

週プレNEWS / 2013年01月08日18時00分

現在公開中の映画『たとえば檸檬』で鮮烈な演技を見せている、女優の松本若菜。彼女が現在発売中の「週刊プレイボーイ」で約4年ぶりとなるグラビアを披露し、話題となっている。 『仮面ライダー電王』(2007)で女優デビューを果たし、現在は映画やドラマを中心に活動している彼女だが、デビューまもない頃は水着姿で、グラビアの分野でも活躍。写真集を2冊リリースし「週刊プレ [全文を読む]

ボートレースを支える“女性初”の競技長

プレジデントオンライン / 2017年05月29日15時15分

ところが、就職活動をしていた1990年、分厚い就職案内をめくっていたとき、「東京都競走会」(現在の日本モーターボート競走会)の求人に気づいたという。彼女は夢だった競艇の世界で働ける道があることを知り、さっそく応募した。 それは競走会にとっても、実務者としてほぼ初となる女性職員の採用だった。女性選手が増えてきたことに合わせて、女性の職員を徐々に採用し始めた時 [全文を読む]

元祖料理マンガ「包丁人味平」は“カレー対決”から始まった

プレジデントオンライン / 2017年04月15日11時15分

1950(昭和25)年には、エスビー食品から現在でもおなじみの赤い缶に詰めたカレー粉がお目見えし、同年には、ベル食品も固形の「ベルカレールウ」を発売した。粉だけでなく、家庭に使い勝手のいい固形のカレーが普及していく。 そうした家庭用カレーがブームとして爆発したのは1960年代だ。1960(昭和35)年から固形のルウタイプのカレーが各社から次々に発売される。 [全文を読む]

ミュージックプランツ、作曲家の穂口雄右が名誉会長に就任

PR TIMES / 2017年03月29日12時32分

現在、日本作詞作曲家協会理事、株式会社アムバックス・エデュケイト代表取締役会長、株式会社アムバックス音楽出版代表取締役社長、株式会社ミュージックゲート代表取締役社長。元・一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)正会員及び評議員。なお、3月31日にマガジンランドより自著『小説 春一番 キャンディーズに恋した作曲家』が出版される。 [画像1: https [全文を読む]

伝説的アイドル誌『BOMB!』 今では驚きのアイドルへの質問

NEWSポストセブン / 2016年04月15日16時00分

両誌ともアイドルの水着グラビアやポスターが巻頭から盛り沢山で、青少年たちは夢中になって読んでいたものです」 1979年に創刊した『BOMB!』は現在も続く長寿アイドル誌だ(現在は『BOMB』)。創刊当初は読者による投稿誌だったが、1980年10月号で、芸能界引退を発表していた山口百恵を特集した「惜別大特集・山口百恵」が転機となった。 この号が大ヒットしたこ [全文を読む]

高畑充希、月9でセクシーキャラ熱演中! 朝ドラヒロイン控えブレイク街道まっしぐら

メンズサイゾー / 2016年02月01日10時00分

現在放送中の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)では、主演を務める高良健吾(28)の恋人役で、東京の広告代理店に勤める華やかな女性に扮している。 高畑が演じているのは、「お色気担当」ともいえる役どころで、初回の冒頭から、寝ている高良の奥からキャミソール姿で顔をのぞかせ、そっとキスをして妖しげな魅力を発揮した。試写会イベ [全文を読む]

タモリとサザンも参加!初期の「24時間テレビ」はこんな内容だった

しらべぇ / 2015年08月22日06時00分

■22:00「ギャグマシーン タモリ博士の宇宙的な愛情」現在はドラマ枠となっているこの時間だが、第1回放送では、タモリ、小松政夫、団しん也、ピンク・レディー、石野真子らが出演し、人類の将来を風刺的に描いた爆笑パロディーショーを放送。「笑っているうちに弱肉強食の現代を振り返って考えさられるという内容」だったという。ちなみに、タモリの伝説的番組「今夜は最高!」 [全文を読む]

吉永小百合、松田聖子、AKB48‥‥戦後70年「日本のアイドル」を振り返る!

アサ芸プラス / 2015年08月06日09時58分

そして現在のアイドルシーンの原型を作ったのが70年代だ。アイドル第1号と呼ばれた南沙織、天地真理、小柳ルミ子の「新・三人娘」、森昌子、桜田淳子、山口百恵の「中3トリオ」らが続々とデビュー。70年代半ばにはキャンディーズ、ピンク・レディーが登場し、数多くのアイドルが火花を散らした。 山口百恵がマイクを置いた80年、彗星のごとく現れ、ファンの喪失感を拭い去っ [全文を読む]

1970年代初頭からのアイドル黎明期をアイドル研究家が解説

NEWSポストセブン / 2015年02月16日11時00分

ただ、現在ではアイドルの厳密な定義はレコードを売ることがメインの「歌謡曲アイドル」と認識され、1971年の小柳ルミ子、南沙織、天地真理のレコードデビューをもってアイドルが誕生したと考えるのが普通だ。 小柳ルミ子は宝塚音楽学校出身で抜群の歌唱力を持ち、『わたしの城下町』はかなり演歌調である。そういう意味では南沙織が正統派アイドルの原型といえるのではないだろ [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

こんな夢のような夫婦対決が見られれば、ファンも大喜びですよ」 現在、活動を休止している宇多田ヒカル、サザンオールスターズが会場を盛り上げ、後半戦もいよいよ大詰めとなった。 総合 紅組からは今年、世界中で称賛を浴びた由紀さおり&ピンク・マルティーニさんで、「夜明けのスキャット1969」。対する白組も世界的な大物ミュージシャンが駆けつけてくれました。カモン! [全文を読む]

元お天気お姉さんの現役女子大生タレント、麻倉みなは第2の“癒しの女王”!?

週プレNEWS / 2012年09月10日19時00分

現在は、連続ドラマ『VISION 殺しが見える女』(日本テレビ系)に女優として出演中。その活動の幅を広げている。 今回のグラビアでは、淡い色調の水着や背中の開いたセクシーなドレスなどを身に着けた、大人っぽい姿を披露。今回の担当編集者が彼女の魅力を語る。 「お天気お姉さんの爽やかなイメージが強い彼女ですが、現在は女優としての活動が中心。そこで今回はちょっぴり [全文を読む]

フォーカス