映画 松本人志に関するニュース

松本人志「『R100』は映画じゃない」発言の真意とは

メンズサイゾー / 2013年09月29日16時00分

松本は、今作について、「非常に卑怯な映画やと思ってます」「べつに映画を撮ってる気もないんですけど」と語っている。さらに、現在の自分について触れた彼は、「正直にいうと、それ(テレビでできないことを映画に託した)も別にないんです。どうしてもテレビをやらないといけないということはないし、だから映画に逃げ場を求めることもないんです」「映画もテレビも、別にこのままや [全文を読む]

『おしん』『R100』『ハダカの美奈子』……岡田准一『永遠の0』“V6”達成の裏で、大コケした話題作たちの行く末

日刊サイゾー / 2014年02月02日09時00分

興行通信社が27日に発表した全国映画動員ランキングで、映画『永遠の0』が6週連続で1位を獲得し、主演の岡田准一が所属するグループ名同様の“V6”を達成した。 「同作品は、興行収入も80億円が見えてきたようですし、観客動員も500万人突破は確実でしょう。早くも“来年の日本アカデミー賞は、この作品で間違いない”という声が上がっていますよ」(映画関係者) 先日、 [全文を読む]

松本人志『R100』大ゴケより深刻だった? 「吉本では新番組の低視聴率のほうがタブー」

東京ブレイキングニュース / 2013年10月31日12時00分

ダウンタウンの松本人志(50)が監督を務めた映画「R100」が前代未聞の興業不振に陥っている。5億円の製作費を投入し、大々的な宣伝を行ったにも関わらず、公開初日の5日と翌6日の2日間では興収5282万円を記録。松本作品では、過去最低の客入りだったことが分かった。所属事務所である吉本興業周辺では「(映画の)担当者が出社拒否をしている」だの「冬のボーナスは出な [全文を読む]

松本人志監督の「R100」も対象に・・・映倫の「R指定」って一体なに?

弁護士ドットコムニュース / 2013年10月22日12時05分

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志さんが監督した4作目の映画『R100』が公開され、全国各地で上映されている。これまで『大日本人』(2007年)、『さや侍』(2011年)など、既存の映画の枠組みにとらわれない作品を送り出してきた松本さんだが、ぶっ飛んだ作風は今作も健在。妻子持ちの中年サラリーマンがSMクラブに入会したことで平和な日常を脅かされるというスト [全文を読む]

テレビは諦めた!? 映画監督に群がる若手芸人たち

メンズサイゾー / 2014年04月11日14時30分

お笑い芸人・品川庄司の品川祐(41)が品川ヒロシ名義で監督をした映画『サンブンノイチ』(KADOKAWA / 吉本興業)が、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場8位につけるなどヒットを飛ばしている。 『ドロップ』『漫才ギャング』に続いて、映画監督・品川ヒロシの3作目となった『サンブンノイチ』。木下半太の同名小説を原作にした本作は、“芸人監督の” [全文を読む]

松本人志監督最新作『R100』 ネット上でファンとアンチで祭り状態に

AOLニュース / 2013年05月14日18時17分

ついに、あの松本人志が4作目となる新作映画を公開する。刀を捨てた侍の悲哀を描いた前作『さや侍』から約2年、その仕事の速さは現在の松本の充実ぶりを物語っているといえるだろう。 それに伴い昨日16時から行われた緊急記者会見では、記者たちから『R100』という意味深なタイトルや気になるストーリーについて質問が飛び交ったが、その内容は謎に包まれたまま。さらに、松本 [全文を読む]

吉本主催「第1回京都国際映画祭」盛り上がらず……内田裕也の登場に違和感

日刊サイゾー / 2014年10月27日09時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 10月16日から19日の4日間にわたり、“映画もアートもその他もぜんぶ”というコンセプトで、日本映画発祥の地である京都で「第1回京都国際映画祭」が、吉本興業の祇園花月がある祇園会館をメインに、京都市内15カ所の会場で開催された。 この映画祭は [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

例えば、80年代後半のバブル時代にスキーブームをもたらした映画『私をスキーに連れてって』もそう。かの作品は、20代の小牧次郎サンや石原隆サンが決裁権を持っていたのである。当時、馬場康夫監督は、まだ日立の宣伝部に所属する一介のサラリーマン。アマチュアで映画を作った経験はあるものの、映画界の実績は何もなかった。だが、小牧サンや石原サンは、馬場監督が話すスキー映 [全文を読む]

東映配給の実写映画が大コケ、アニメ以外は当たらない!?

アサ芸プラス / 2014年04月03日09時59分

万城目学の青春ファンタジーコメディー「偉大なる、しゅららぼん」を映画化した同名映画が大コケしている。3月8日に全国202スクリーンで公開され、8・9日の土日2日間の成績は動員4万3863人、興収5807万9000円だった。 「ものすごい大コケです。実写化する必要なしとアニメファンからそっぽを向かれた映画『魔女の宅急便』より一段と悪い。単純計算すると、1日1 [全文を読む]

又吉直樹「火花」の映像化でテレビの時代がついに終わる!?

アサ芸プラス / 2015年09月26日17時59分

今回、小説がヒットしたことで、当然、ドラマや映画など、どういう形で映像化するのかに、がぜん注目が集まっています」(芸能プロ関係者) そうした中、本命と目されていたのが映画化だった。「吉本は『沖縄国際映画祭』を主催するなど、映画事業に力を入れていますからね。これまでもダウンタウン・松本人志や品川庄司・品川祐、板尾創路など自社の人気芸人を監督に据えて映画を作ら [全文を読む]

映画監督・園子温が世にぶつける書き下ろしの詩とエッセイ『受け入れない』刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月22日18時00分

映画「ヒミズ」が世界的にも評価され、「新宿スワン」「リアル鬼ごっこ」「みんな!エスパーだよ!」と、怒涛のごとく映画を作り続ける鬼才・園子温(その しおん)。映画監督として知られる園だが、実は17歳で詩人デビューしており、『現代詩手帖』『ユリイカ』『螢雪時代』に数々の詩が掲載され、当時“ジーパンをはいた萩原朔太郎”と称された詩人としての顔を持つ。今回、園の想 [全文を読む]

松本「R100」 大コケ報道続出で「むしろ興味出てきた」の声

NEWSポストセブン / 2013年11月08日07時00分

ダウンタウンの松本人志が監督・脚本を担当した映画『R100』が現在、全国公開されているが、マスコミ各社が客入りの悪さを次々と記事化する一方、各種映画評サイトにも酷評レビューが殺到。それゆえ、“怖いもの見たさ”で客が増えるという謎の現象が発生している。 『R100』は、『大日本人』『しんぼる』『さや侍』に次いで、松本人志が監督・脚本を担当した4本目の映画作品 [全文を読む]

松本人志『R100』の挑戦 自信作は評価につながるか?

ハピズム / 2013年10月01日09時00分

人気お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が映画監督としてデビューする。そんな話が巷で囁かれるようになったのは、2006年も終わりに近づいた時期だった。 その後情報は小出しのような形で徐々に明らかにされ、とうとう2007年6月2日には、松本人志監督作品第1号として『大日本人』が公開される形となった。 そしてこれ以降、松本は芸能人としての活動も継続しながら、映 [全文を読む]

飯豊まりえ、清水富美加“出家騒動”の苦労を告白「泣きそう」

日刊大衆 / 2017年04月18日16時05分

映画でW主演した清水富美加(22)とのエピソードを語り、ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(53)を驚かせる場面があった。 今回は2つの人気番組の合体スペシャル第9弾で、前半に『秘密のケンミンSHOW』、後半に『ダウンタウンDX』が放送され、ゲストたちが自身にまつわる噂の真相を語ることに。番組が始まって70分ほどたった頃、初登場の飯豊に松本が、「いろ [全文を読む]

面白いのが計算外!? ロンハーで映画監督ドッキリにかかった狩野の作品が意外とイケると評判に

メンズサイゾー / 2014年07月17日15時05分

15日に放送された『ロンドンハーツSP』(テレビ朝日系)で披露された狩野英孝(32)の映画が話題になっている。注目を集めている理由は、「意外と面白い」「なかなかの力作」といった、狩野には珍しく作品への高評価のためだ。ネットの検索ワードでも、「狩野」と打ち込めば「映画」と出てくるほど、多くの視聴者が彼の作品を楽しんでいるようだ。 『ロンハー』では、これまでに [全文を読む]

「公式サイトには『大ヒット上映中』でも……」松本人志監督『R100』9週目で上映館“ゼロ”の現実

日刊サイゾー / 2013年11月22日16時00分

10月5日に公開されたダウンタウン松本人志監督による映画『R100』が、全国の劇場で、すでに打ち切りになっていることが分かった。 『R100』は、松本監督の4作目となる娯楽映画。SMをモチーフにした独特の世界観と、連発されるシュールなギャグが一部映画ファン・お笑いファンの間で話題となったが、公開9週目で上映館はゼロに。日本中、どこに行っても見られない状態と [全文を読む]

【ウラ芸能】松本人志、「引導」渡される?

NewsCafe / 2013年10月20日15時00分

デスク「客入りが極端に悪い、と評判のダウンタウン松本人志(50)監督の映画『R100』を見てきたよ」記者「やっぱり、ガラガラでしたか?」デスク「確かに客は少なかった。それでも10人くらいはいたかな…」記者「封切りから2週間、最終的な興行収入は前作の『さや侍』(2011年)の1億2000万円台を上回ったとしても、2億にまでいくかどうか。今回はこれまでの作品と [全文を読む]

【ウラ芸能】劇団ひとり、映画界に転身のワケ

NewsCafe / 2013年10月11日15時00分

記者「ダウンタウンの松本人志(50)監督の映画『R100』が公開中ですが、それに続くようにお笑い芸人、劇団ひとり(36)が初監督する映画『青天の霹靂(へきれき)』(来年5月公開)が早くもヒットの予感です」デスク「おいおい、松本の映画だってヒットとは言い難い滑り出しだぞ。公開前のひとりの映画がどうしてヒットしそうだ、なんて言えるんだよ」記者「先月映画はクラン [全文を読む]

オリラジ中田がダウンタウン松本人志を批判も最大のタブーは手つかず?

アサ芸プラス / 2017年06月13日17時30分

そのタブーとは何なのか?「映画の話ですよ。松本は『大日本人』や『さや侍』など4本の映画を撮りましたが、興業的にはことごとく失敗。映画サイトでは3作品が5点満点の2点台に留まるなど、評価も低いのが実情です。結局、13年の『R100』を最後に映画とは距離を置くことになりましたが、松本にとってはいまや黒歴史扱いで、吉本としても大赤字を残すだけの結果となりました」 [全文を読む]

木村拓哉に巨匠がブチギレ、映画祭でも失笑の嵐…! 関係者が暴露した“キムラとカンヌの因縁”とは?

tocana / 2017年04月26日09時00分

元SMAPの木村拓哉が5月のカンヌ国際映画祭のため、現地入りすることがこのほど発表された。キムタクのカンヌ入りは、これで“3度目”。自身が主演する映画『無限の住人』が、同映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことによるものだが、キムタクは今回の現地入りに並々ならぬ意欲を見せているという。「SMAPが解散したことで、今後キムタクは俳優として生 [全文を読む]

フォーカス