現在 島田紳助に関するニュース

(前編)「テレビマンが起業家に伝えたい3つのこと」ダウンタウンDXの西田P (@jironishida) から企画のいろはを聴いてきた 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2013年04月13日12時00分

それから十数年の月日が流れてお互いの世界で勝負してましたが、その先輩は、出世し、僕の上司として現在一緒に仕事をしています。ものすごいやりやすいです(笑)。お互いギリギリを経験している間柄ですし、僕のアカンところも何もかも知り尽くされていますから。 先輩には凄い感謝しています。対外的に評価が出ることが大切なんではなく、一緒につきあっている先輩、チームとの固 [全文を読む]

電撃引退から1年の激流 島田紳助の「爪痕」(中) 「もうテレビ界にオレの居場所はないわ」(4)

アサ芸プラス / 2012年10月16日10時55分

その影響は、現在の収入源の一つでもある飲食店の経営でも顕著だ。「引退直後は客足も遠のいたが、最近は客足も戻ったようだ」(吉本関係者)という紳助の店だが、東京のお好み焼き店にしても、以前は3店舗あったうち、五反田の店輔は4月に閉鎖。広尾の店にしても、記者が訪れると近所の競合店に押される形で、平日はほぼガラガラに近い状況が続いているという。 「一方、沖縄ではと [全文を読む]

電撃引退から1年の激流 島田神助の「爪痕」(上) 経営する飲食店から芸能人の姿が消えたッ(3)35年来の恩人が倒れて

アサ芸プラス / 2012年10月10日11時00分

恐らく、リゾート地を舞台に新たなビジネスの構想があるのではないですかね」 では、現在の紳助にとって、“主戦場”とも言える飲食ビジネスはどうなっているのか。引退直後には、閑古鳥が鳴いていると言われていた大阪・心斎橋の繁華街にある寿司店、「寿司 はせ川」を訪ねてみた。しかし、店内は活気に満ちており、かつてのようなガラガラの時期とは、まるで別の店のようである。そ [全文を読む]

ダウンタウン冠番組が2本も! フジテレビのリストラ候補番組に吉本は?

サイゾーウーマン / 2012年08月31日13時00分

現在ダウンタウンがMCを務める『爆笑 大日本アカン警察 』『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の両番組に関して、今期限りでどちらかを終了させる動きがあるという。 『アカン警察』は、かつては深夜の単発番組だったが、昨年4月から日曜夜8時台で放送されているバラエティ番組。『リンカーン』(TBS系)以来、実に6年ぶりのダウンタウンの冠番組となった [全文を読む]

「資産はすでに300億......?」島田紳助 関西を拠点に巨大グループ企業設立を計画中!?

日刊サイゾー / 2012年05月26日08時00分

彼らによると現在、紳助のサイドビジネス方面への力の入れようが相当なものだという。「島田さんの事業で有名だったのは石垣島の民宿などでしたが、それ以外にも不動産や店舗経営など、多岐にわたってビジネスをやっていました。芸能界を引退後、これからどうするのだろうと思っていたのですが......」(関西の某企業経営者) ところが昨年の引退の後、しばらくしてから、関西を [全文を読む]

<多様性なきバラエティ?>80年代のMANZAIブームと現在の芸人ブームの明らかな違い

メディアゴン / 2016年05月07日07時30分

【参考】明石家さんま「たけし、さんま、所の3人が一斉にやめないと後が出てこない」現在に視点をおいて、当時のコンビを俯瞰してみると、コンビの片方が強烈な個性を持っていることで成り立っていることがよく分かる。ビートたけし、島田洋七、島田紳助、ぼんちおさむ、横山やすし。後にはここに西川のりおが加わってくる。ビートたけしはビートがテンサイ(天才)の意味であるように [全文を読む]

<「開運!なんでも鑑定団」でパワハラ?>テレビ東京が石坂浩二に尊敬の念を払わない非礼

メディアゴン / 2016年01月30日07時40分

現在の番組で言えば「ニュースキャスター」(TBS)。安住紳一郎アナとビートたけしの組み合わせである。ただし、この番組での安住アナはビートたけしを自由に暴れ回らせるのではなく、危ない発言を未然に打ち切るトークテクニックを使っている。島田紳助を司会に起用するにあたって、逸見政孝になぞらえられたのが石坂浩二である。石坂浩二は博覧強記で、プロ級の画家でもあり、うっ [全文を読む]

電撃引退から1年の激流 島田神助の「爪痕」(上) 経営する飲食店から芸能人の姿が消えたッ(1)

アサ芸プラス / 2012年10月05日11時00分

10月20日に87歳という年齢で亡くなったため、現在は高齢の母親が一人で実家を守っているという。 近所の商店主も話す。 「あそこの家はお父さんがしっかりした人でねえ。そのお父さんが去年亡くなられはったでしょ。そんなだから、紳助さんもやっぱり心配だろねえ。この前、車に乗っているところを見たよ」 紳助が、ここまで実家を頻繁に訪れるようになったのは、民雄さんが京 [全文を読む]

「文春」で心境告白の島田紳助さん、著書出版も確約か!?

日刊サイゾー / 2012年05月09日02時30分

昨年8月に暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さんが先日、「週刊文春」(文藝春秋)のインタビュー取材に応じ、現在の心境を激白した。「もうやり尽くした。死ぬまで質素に暮らしていける。芸能界は恋しくならへん。もう戻らないから東京のマンションも引き払った」「芸能界への未練はない。もう仕事はしない」と、復帰の意思がないことを明言する一方で、司会を務 [全文を読む]

宮根誠司"隠し子騒動"で番組降板の危機!?

メンズサイゾー / 2012年01月05日17時00分

ところが一方、現在32才の飲食店経営者A子さんとの間に、今年2月には4才になる女の子がいて、すでに認知はしているという。またA子さんと宮根が知り合ったときは現在の妻と交際している時期だったが、同時に2人と付き合っていたというのである。 「子供はどちらも宝ですから、両方ともかわいいですよ」と宮根は語っているが、すでにネット上では大きな騒ぎとなっており「その両 [全文を読む]

恵俊彰 『ひるおび!』開始時に島田紳助から受けた助言

NEWSポストセブン / 2016年02月11日07時00分

7年前にスタートした当初、2%そこそこだった『ひるおび!』(TBS系)の視聴率も、現在は同時間帯トップを維持している。だが、そもそもは石塚英彦との漫才コンビ「ホンジャマカ」で知られる芸人である。 2人の曲がり角となったのは、レギュラー番組『大石恵三』(フジテレビ系)が1993年に2クールで終了したときのこと。恵は当時、「コンビこそ解散しないけど、個人にくる [全文を読む]

山田邦子“月収1億円”発言の衝撃……「東の横綱」太田プロダクション絶頂期の凄まじさ

おたぽる / 2015年11月27日09時00分

現在、太田プロといえば関東のお笑い事務所の一つという扱いですが、当時は絶大な影響力を持っていました。なにしろ、ビートたけしが1988年にオフィス北野を設立し独立するまで在籍していましたし、爆笑問題や、大川興業(総裁)も新人時代は在籍していました。さらに、山田邦子をはじめ、片岡鶴太郎、ダチョウ倶楽部、松村邦洋など安定度抜群のタレントも多く抱えることで知ら [全文を読む]

鬼束ちひろが“後輩”の花岡なつみに「私みたいになるな」と自虐エール

デイリーニュースオンライン / 2015年08月13日16時00分

12日に発売したデビュー曲『夏の罪』も鬼束が作詞作曲を担当しており、同局は現在放送中のドラマ『エイジハラスメント』(テレビ朝日系)の主題歌に起用されている。 鬼束は花岡について「エモーショナルで個性的。うまい」と評価し、「自分のデビューライブを思い出し、一緒に裏で歌っていた」とコメント。司会者から花岡への期待を問われると、鬼束は「そんな責任重大なことできま [全文を読む]

日本一やる気のないアシスタント「吉田真由子」が「歴代最長記録」を更新するぞ!

しらべぇ / 2015年06月16日08時00分

<日本のテレビ番組女性アシスタント最長記録ランキングベスト3> 1位:岡部まり(探偵!ナイトスクープ)20年9ヶ月→降板済 2位:吉田真由子(開運!なんでも鑑定団)20年8ヶ月→継続中 3位:山瀬まみ(新婚さんいらっしゃい!)17年11ヶ月→継続中 ※2015年6月時点 ■影となって番組を支える存在「女性アシスタント」 画像はスクリーンショット http [全文を読む]

ヨンアの再婚相手はAKB48創設・芝幸太郎! ドス黒いウワサに秋元康もタジタジ?

日刊サイゾー / 2014年08月27日17時00分

現在は国内5社、海外6社のグループ企業を有する持株会社として、「日本文化の輸出」をキーワードに展開しているという。 芝氏といえば、“ドス黒い過去”が週刊誌にたびたび報じられてきた。AKB48全盛期の11年には、「週刊文春」(文藝春秋)が芝氏の生い立ちを報道。高校卒業後、後に“臓器を売ってカネ返せ”と脅して話題となった“商工ファンド”に勤務し、その後、ヤミ金 [全文を読む]

島田紳助氏「復帰まだキツイ…」引退突きつけた吉本社長が語る、吉本の裏歴史と真実

Business Journal / 2013年07月11日06時00分

現在、芸能関係者の間で一冊の新刊本が話題となっている。吉本興業・大崎洋社長の『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』(幻冬舎/常松裕明)だ。 大崎社長は関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社。1980年に上司であった“ミスター吉本”木村政雄氏と共に東京支社に異動。80年代の漫才ブームを支え、その後、ダウンタウンと出会い一時代をつくる。新人タレント養 [全文を読む]

芸能界復帰をテレビ局に拒否された島田紳助 最近は島巡りへ

NEWSポストセブン / 2012年09月27日07時00分

京都で暮らす紳助の母親が彼の現在の生活について語ってくれた。 「今はあちこち海外へ旅行に行っているようです。台湾とか、グアムとかサイパンとか、島巡りをね。嫁と一緒に行って、のんびりしているみたいです。“結婚して32年、今までは仕事で忙しかったから”って、あちこち嫁を連れて行ってますよ。さんざん迷惑かけた嫁への罪滅ぼしなんやろうね」 現在、大阪の高級マンショ [全文を読む]

エド・はるみが営業に必死! イメージ回復を狙うも厳しすぎる現状

サイゾーウーマン / 2012年07月21日12時00分

テレビの仕事が減ってしまった理由をマネジャーの仕事ぶりのせいだと告白していたが、やはり現在でもなかなかオファーが掛からない状態が続いているようだ。 エドが問題のブログを更新したのは昨年12月のこと。自身の露出が激減した理由は、紳助との確執ではなく、自身のマネジャーによる問題行動が原因だったという。「連絡がつかない、携帯もメールも出ない」「『エドはスケジュー [全文を読む]

鬼束ちひろ「紳助・アッコも殺してえ」のTwitter発言にネット震撼

秒刊SUNDAY / 2012年06月22日22時29分

・ http://www.onitsuka-chihiro.jp」と、やはり鬼束ちひろ本人のアカウントを謳っているが、問題の発言は現在消されている。有名人であるがゆえ、本人は遊び感覚でやったTwitterの発言が思わぬ形で反感を買いそうだ。「有吉の家発見した!」有吉弘行のTwitterの対処法が的確過ぎると話題に [全文を読む]

移籍と解雇の繰り返し……渡辺典子、引く手あまたなのに開店休業状態

サイゾーウーマン / 2012年05月06日08時00分

現在でも主演級のキャスティングが相次ぐ薬師丸や原田だが、対して渡辺は表舞台からほぼ姿を消してしまっている。一説では体調不良による休業期間に入っているとも言われるが、実情は少々違ったようだ。 渡辺は1982年、「角川映画大型新人女優募集」でグランプリを獲得。大分在住で当時16歳だった渡辺は、同年公開の映画『伊賀忍法帖』でデビュー。翌年の映画『積木くずし』では [全文を読む]

フォーカス