最近 芦田愛菜に関するニュース

紗倉まなが芦田愛菜ちゃんの難関私立入学で衝撃を受けた「タラレバ物語」

週プレNEWS / 2017年03月05日11時00分

“学の話”でいえば、最近の私の「タラレバ」は、『AbemaPrime(アベマプライム)』というニュース番組に出演しているときに感じた。 『アベマプライム』は普通のニュースに加え、なかなか地上波のテレビでは切り込まないセンシティブな話題も細かく取り上げていくのが特徴で、今のところ月に2回、準レギュラーとして出演させていただいている。 ■政治・芸能に疎い 私 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「内山信二」(4)靴下が原因で女性にフラれるって?

アサ芸プラス / 2016年02月26日01時57分

内山 マジですか! それ、最近のホステスでもやらない心遣いですよね(笑)。テリー ホントに。あと、みんな頭もいいんだ。芦田愛菜ちゃんなんて、小1ぐらいの時にものすごく難しい漢字を読めてたからね。「何で読めるの?」って聞いたら、本が大好きで、1日1冊ぐらい読めちゃうんだって。内山 芦田愛菜ちゃんはスゴすぎて、「実は20歳なんじゃないか」って噂が流れたぐらいで [全文を読む]

芸能関係者がこっそり明かす、「奇行騒ぎを起こした芸能人」とは?

サイゾーウーマン / 2014年06月23日13時00分

映画『万能鑑定士Q ‐モナ・リザの瞳‐』のフランスロケでは、「ルーブル美術館の廊下で寝ていた」ことも話題になったものだが、実際の現場評はというと―― 「どうも最近、やしろ優などがバラエティで披露している『芦田愛菜のモノマネ』に凝っているようで、さまざまな現場で『芦田愛菜だよ~!』と叫ぶ綾瀬が目撃されています。先日、あるCMの撮影が行われたんですが、そこでも [全文を読む]

元人気子役 芦田愛菜・鈴木福に「TVにいくら映っても…」

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時00分

※週刊ポスト2012年9月21・28日号 【関連ニュース】大橋のぞみの引退 「芦田愛菜ら子役ブームも影響」と専門家芦田愛菜ちゃん 良い子だからこそ疲労感が目に見えてわかるますだおかだ岡田圭右の娘 天才てれびくんの人気子役だった上川隆也「最近実生活では缶コーヒーの文字が読みづらい…」『マルモのおきて』芦田愛菜ら子役2人が流す涙は「自前」 [全文を読む]

大橋のぞみの引退 「芦田愛菜ら子役ブームも影響」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年03月10日07時00分

最近では、女優としても映画やドラマなどに出演。今後の活躍が期待されるなかでの引退発表だった。 アイドル評論家の北川昌弘さんは「せっかくこれだけの知名度を得たのだから、それを捨てるのはもったいない気もします。学業優先で一時的に休業する子役はいますが、ここまでスパっと辞めるのは最近では珍しいのではないでしょうか」という。 これまで、活躍をしながら引退した子役の [全文を読む]

『直虎』新井美羽、 『日暮旅人』住田萌乃、『下克上受験』 山田美紅羽… 1月ドラマは美少女子役が大豊作!

日本タレント名鑑 / 2017年01月31日10時35分

住田さんは、『Woman』『明日、ママがいない』(ともに日本テレビ系)で事務所の先輩・芦田愛菜さんと共演したあと、NHK連続テレビ小説『マッサン』で、マッサン(玉山鉄二さん)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックスさん)の娘・エマの幼少期を演じ一躍注目され、最近では映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で主人公・双葉の少女時代役で出演しています。 今回紹介して [全文を読む]

イケメンに成長した加藤清史郎くん、濱田龍臣くんが話題に!気になる人気子役たちの「その後」

日本タレント名鑑 / 2016年05月26日12時55分

大手事務所のスターダストプロモーションに所属し、最近では『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日系)などに出演しています。 “まいんちゃん”こと福原遥さんは現役高校生 恋愛ドラマで主演するまでに 2009年から、NHK Eテレの子ども向け料理番組『クッキングアイドル アイ!マイ!まいん!』に主人公“まいんちゃん”として5年間出演した福原遥さん。10歳の時から始めた“ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】女帝・安達祐実に続くのは『伝説の子役 TOP10』第二位はやはりあの人!

TechinsightJapan / 2015年11月23日20時59分

彼の場合は現在もドラマ『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』(テレビ東京)で主演するなど最近の活躍が目覚ましく、“子役”というイメージがないからだろう。 その他に名前が挙がった芸能人は、11位マコーレ・カルキン、12位鈴木福、13位内山信二、14位寺田心、18位加藤清史郎、19位伊藤淳史、20位吉岡秀隆が20位以内。観月ありさ、三倉茉奈 三倉佳奈(マナカナ [全文を読む]

11歳で“劣化”って…芦田愛菜は演技力で「7歳ピーク説」を吹き飛ばせるか?

アサ芸プラス / 2015年10月18日09時58分

もちろん可愛いのは間違いないし、成長につれて名子役から実力派若手女優へと脱皮していくことでしょう」 最近は仕事をセーブしつつ、女優としての成長に重きを置いていると言われる芦田。5年後や10年後には、「芦田愛菜って昔、子役だったらしいよ」と言われる日が来るかもしれない。(白根麻子) [全文を読む]

礼儀正しすぎる子役は異常か? 伊集院光ラジオで「イラッとした」発言が孕む“子供かくあるべし”論の矛盾

messy / 2015年10月03日12時00分

こうして常に入れ替わり続ける新陳代謝良すぎな子役界だが、最近では寺田心(7)が目下ブレイク中だ。芦田愛菜に憧れて芸能界入りした芦田チルドレンの寺田は、TOTOのCMで“トイレに住む菌”を演じたことがきっかけで「かわいい」と注目を集め、10月期の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)の出演が決定済み。楽屋や収録現場での態度が異様に礼儀正 [全文を読む]

フォーカス