母親 芦田愛菜に関するニュース

”謎の美女・渡辺さん”は芝居にストイックな酒豪だった!

Smartザテレビジョン / 2016年05月10日13時08分

“謎の美女”として話題となった気鋭の女優・渡辺舞が連ドラ出演中ということでさっそく直撃! 野島伸司新作ドラマで亡き母親を熱演している。――3月に発売された写真集「きれいな渡辺さん」が名字以外は謎というコンセプトだったため、“謎の美女”として話題になった渡辺舞。しかし、発売記者会見でうっかり名前を言ってしまい…。渡辺:謎めいた女性という設定だったので名前やプ [全文を読む]

芦田愛菜「イエーイ!」セーラー服に大はしゃぎ

Smartザテレビジョン / 2016年03月21日10時55分

半年前に、母親・蓉子(渡辺舞)が病気で他界してから、桜子は自分が家族を仕切らなければ…という責任感から、一家の家事全般を一手に引き受けている。 桜子自身は、家族のために良かれと思ってやっているものの、“鬼軍曹”さながらに他の家族には有無を言わさぬほど非常に厳しい言動が多く、知らぬ間に家族を恐怖で震え上がらせていることも多々ある状態だ。 母親の喪失という大 [全文を読む]

『明日ママ』はやはりリアル? 施設出身マンガ家が描く児童養護施設の真実

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月24日11時50分

とくに、1歳から施設にいたさりは母親の顔もわからなかったし、物心ついたときからそこで暮らしているので、「自分を不幸だと思ったことも無い」し、「それどころか毎日楽しい」と思っていたそう。 そして、血の絆が見えにくい施設育ちだからか、この施設では「姉妹の絆」を大切にしていた。 何をするのも一緒で大の仲良しだった杏と桜という姉妹。姉の杏は、母親に優しくされた記憶 [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第10話 “大女優”長澤まさみは「脱ぐ」のか!? 山田孝之、決死の説得で……

日刊サイゾー / 2017年03月13日23時30分

そして前回のラスト、打ち合わせ中に突然、長澤まさみが現れた……! それは、またしても勝手に決めた山田が、母親役として呼び寄せていたのだった。「第10話 長澤まさみ 悩む」を振り返りたい。 長澤は芦田の母親役ということしか聞いていないらしく、山田とも久々だし、芦田とも共演してみたいとの思いでやってきたらしい。まだ詳しくは何も知らぬ彼女に、簡単なあらすじと特 [全文を読む]

フジ『OUR HOUSE』最終回直前のヤケクソ脚本に唖然……芦田愛菜がセリフ激減でシャーロットを戦犯に!?

日刊サイゾー / 2016年06月07日00時00分

さて、前回は、死んだ母親にそっくりな女性が奏太(山本耕史)の前に現れましたが、一体、何者なのでしょうか……?■芦田愛菜のセリフが激減! 突然表れた桜子(芦田)の母親・蓉子に瓜二つの女性は、蓉子のいとこの葵(渡辺舞・2役)。葵は、「私がママになります」「私はママの生まれ変わりかも」などと言い、この日から桜子の家に居座ります。 最初は戸惑う一家ですが、激似の [全文を読む]

フジ芦田愛菜『OUR HOUSE』雑すぎる“引越しオチ”に視聴者ポカーン、打ち切り決定のシワ寄せか

日刊サイゾー / 2016年05月24日00時00分

コソコソしていると、省吾の母親・百合子(矢田亜希子)に見つかり、自宅に上がることに。 実は別居中ながら、体裁を気にして離婚をしていない省吾の両親ですが、百合子はアリスに「(夫は)とても忙しい人で、あちこち飛び回って、実質、私と省吾、母子家庭のように2人きりなんです」とウソをつきます。 このセリフを、矢田に言わせるとはなんとも生々しいですね。実際、矢田の息子 [全文を読む]

脚本も演出も配役も全部ダメ?フジ『OUR HOUSE』の危機的状況

デイリーニュースオンライン / 2016年05月04日12時05分

第3話は「誰にも言えない…!モテ長男の秘密の恋」と題し、加藤清史郎(14)演じる中学生のモテ男・伴光太郎にスポットを当て、母親と長男の近親愛(マザコン)をめぐるストーリーが展開された。 そんな光太郎は亡き母親への思いに悩まされる日々のなか、学校の音楽室でピアノ演奏。加藤を慕う女子生徒に囲まれながらショパンのエチュード「別れの曲」を弾き続けるうちに、悲しみが [全文を読む]

泣けない!? 『明日、ママがいない』主演・芦田愛菜に付きまとう、やしろ優の「あのねっ、芦田愛菜だよ!」のイメージ

日刊サイゾー / 2013年11月30日12時00分

母親が傷害事件を起こし、施設へ一時預けられることになった真希(鈴木梨央)。そこで出会ったのは、ポスト(芦田)、ピア美、ボンビと、奇妙なあだ名で呼び合う少女たち。その理由を、ポストは「親からもらったものは全部捨てるんだ、名前もね」とあっけらかんと話す――。 「21世紀で一番泣けるドラマ」をうたう同作。早くもヒットが期待されているが、制作サイドには懸念材料があ [全文を読む]

芦田愛菜、ユニコーンに大興奮!“ママ”中島美嘉は…大暴走!?『怪盗グルーのミニオン大脱走』本編映像

CinemaCafe.net / 2017年07月23日10時00分

グルーも知らなかった家族の秘密が明かされ、ミニオンたちはボスであるグルーと決別し、新たな最強・最悪のボス探しの旅に出ることに!? 今回届いた映像では、グルーが職を失ってしまったことを心配し、大切にしていたユニコーンのぬいぐるみを自ら売り払おうとするなど、心優しいお姉さんへと成長しているアグネスが、「本物のユニコーンが森にいる」と聞きつけ、これまでないほどに [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第11話 もう見てられない! 正論vs正論の正面衝突が痛すぎて……

日刊サイゾー / 2017年03月20日20時00分

親殺しの殺人者・らいせ役には芦田愛菜、母親の愛人役には演技素人のエロマンガ家が据えられた。そして、フルヌードが必要な母親役には長澤まさみをブッキングしてみたものの、あえなく「脱げない」と断られてしまったところが前回まで。今回は、そんなこんなで迎えた『穢の森』クランクイン初日の様子が描かれた。 ヌードを断り、番組のナレーションを引き受けた長澤によれば、この [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第8話 山田孝之の「前科のある人間」求めすぎ問題と、山下敦弘への異常な愛情

日刊サイゾー / 2017年02月27日23時30分

自分を殺しかけた母親と、その愛人に復讐する少女というあらすじの紹介で「そして母親は狂い死ぬのであった」とナレーションする長澤まさみが怖い。 しかも、その際の絵は「全裸で水に浮かぶ水死体の両乳首から、噴水のごとく液体が噴出している」というもの。見事すぎる絵を画コンテとするのは黒澤明が有名だが、山田は、そのままは撮影しないと言った。果たしてどう撮影するのか。 [全文を読む]

脚本は野島伸司…フジテレビ「日9ドラマ枠」復活の思惑

デイリーニュースオンライン / 2016年02月22日07時00分

ドラマの内容は、新しく母親となったケイトに反発する芦田が、「新しい母親」を追い出すべくバトルを仕掛ける、ハートフルホームコメディー。 「芦田愛菜人気はまだ健在ですし、なんといっても脚本が野島伸司とあって『フジは嫌いだがこれだけは観る予定』と好意的な意見が寄せられ、前評判も高い。ただし、大きな不安要素が顔をのぞかせている」 とはフジテレビ関係者だ。 それは [全文を読む]

芦田愛菜が復活フジ日9枠でシャーロットとW主演

Smartザテレビジョン / 2016年02月09日13時23分

半年前に母親が病気で他界してから、一家の家事全般を一手に引き受けている。桜子自身は、家族のために良かれと思ってやっているものの、“鬼軍曹”さながらに他の家族には有無を言わさぬほど非常に厳しい言動が多く、知らぬ間に家族を恐怖で震え上がらせていることも多々ある。そんな中、父親・奏太が、交際0日にも関わらず結婚したアメリカ人女性のアリス・シェパード(フォックス) [全文を読む]

『明日ママ』に安達祐実登場で「新旧“家なき子”共演」も……アピールできない日テレの苦悩

日刊サイゾー / 2014年02月24日20時30分

これにネット上では「ついにポストの母親が登場か?」「ポストの母親役は安達だったか!」「娘を亡くした瞳が、ポストと娘の面影を重ねている場面では?」などの臆測が見受けられる。 安達といえば、ちょうど20年前に、同局の連ドラ『家なき子』で、不遇な境遇を懸命に生きる少女を演じ、ブレーク。同作は、脚本家・野島伸司が携わっている点など、『明日、ママがいない』と共通点も [全文を読む]

鈴木福君の偽ツイッター続出 下ネタ連発の極悪なりすましも

NEWSポストセブン / 2012年12月02日07時00分

そして一時期30000人のフォロワーがいた@suzukihuku_raidというIDでは、子役のはるかぜちゃんや、ベッキーまでもがフォローしたが、つるの剛士がニセモノであることを福くんの母親に確認したことにより発覚。 結局このニセモノは「大変申し訳ありませんでした。 このアカウントは偽者です」と説明することとなった。剛力彩芽のニセモノも下品なことばかり言 [全文を読む]

実はプライドの高い芦田愛菜ちゃん、"いい子"キャラを演じるのはもう限界?

サイゾーウーマン / 2012年01月31日09時00分

現在の彼女はおそらく親、特に母親の強い影響下にあると思われます。多分「言いなり状態」なのでしょう。ただし「邪悪な母親に支配されている哀れな少女」とは言い切れません。愛菜ちゃんの自我が未発達なので、一番信頼できる人の言うことを聞いているという意味です。 しかし、潜在的にはいくつかの性格的傾向が見られます。まずひとつは、「実はかなり気が強い」ということ。本質 [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第9話 通底する山田孝之の“強靭な覚悟”と、芦田愛菜の“奇妙なひと夏”

日刊サイゾー / 2017年03月06日23時30分

■『バイプレイヤーズ』の名前が3人も「殺されかけ、森で目を覚ました芦田演じる少女らいせに、殺そうとした犯人が母親であると教える森の木々。」の「木」の役を誰にするかのキャスティング(配役)会議。 ホワイトボードには、候補の名前がずらりと並ぶ。市村正親、木下ほうか、田中泯などのリアルな「木」感あるチョイスに混じり、内田裕也や樹木希林(たまたま夫妻)や美輪明宏ら [全文を読む]

読書家の芦田愛菜 小学校低学年で年300冊読んでいた

NEWSポストセブン / 2017年02月17日16時00分

「愛菜ちゃんの母親は“芸能活動をずっと続けるのは簡単ではない。たまたま今は父親が東京に赴任しているから、芸能の活動をしているだけ”という考え方です。愛菜ちゃんが活躍するのは、純粋に本人がやりたいから、それだけなんです」(芦田家の知人) そんな両親が一人娘の教育方法として最も力を注いだのは「読書」だった。 「父親が読書家で、幼い頃から愛菜ちゃんに本を与えて [全文を読む]

実在した連続殺人鬼役に!ランドセル姿の芦田愛菜が見せた「女優の顔」

アサジョ / 2017年01月12日10時14分

エドモンドは母親を含め合計10人を次々に殺害した大男です。山田からこのドキュメンタリー撮影を依頼された山下敦弘監督は、映画の題材と芦田のキャスティングに戸惑いを見せましたが、この戸惑いは視聴者と同じ。しかし、ランドセルを背負って顔合わせ現場に登場した芦田の顔はすでに女優の顔でした。芦田のキャスティングにネット上では『愛菜ちゃんなら連続殺人鬼もできる』『芦田 [全文を読む]

大谷翔平の妻に高梨沙羅、伊調馨、シャラポワなどを推す声

NEWSポストセブン / 2016年11月11日07時00分

バレーボールや陸上といった瞬発力や跳躍力が重要なスポーツで、活躍する一流の女性アスリートを選べば、すごい二世が誕生するはずです」 実際、プロ野球のスカウトマンは「アスリートの体格は母親に大きな影響を受けるため、私たちスカウトは父親よりも母親に注目する」(某パ球団スカウト)という。近年は世界トップレベルの実力と美貌を兼ね備える女性アスリートも珍しくない。アン [全文を読む]

フォーカス