母親 芦田愛菜に関するニュース

フジテレビ日曜ドラマ枠復活 W主演発表

モデルプレス / 2016年02月09日11時17分

半年前に、優しかった母親が病気で他界してから、自分が家族を仕切らなければという責任感から、一家の家事全般を一手に引き受けている。桜子自身は、家族のために良かれと思ってやっているものの、“鬼軍曹”さながらに他の家族には有無を言わさぬほど非常に厳しい言動が多く、知らぬ間に家族を恐怖で震え上がらせていることも多々ある。 母親の喪失という傷が癒えない中で、人は良い [全文を読む]

”謎の美女・渡辺さん”は芝居にストイックな酒豪だった!

Smartザテレビジョン / 2016年05月10日13時08分

“謎の美女”として話題となった気鋭の女優・渡辺舞が連ドラ出演中ということでさっそく直撃! 野島伸司新作ドラマで亡き母親を熱演している。――3月に発売された写真集「きれいな渡辺さん」が名字以外は謎というコンセプトだったため、“謎の美女”として話題になった渡辺舞。しかし、発売記者会見でうっかり名前を言ってしまい…。渡辺:謎めいた女性という設定だったので名前やプ [全文を読む]

芦田愛菜「イエーイ!」セーラー服に大はしゃぎ

Smartザテレビジョン / 2016年03月21日10時55分

半年前に、母親・蓉子(渡辺舞)が病気で他界してから、桜子は自分が家族を仕切らなければ…という責任感から、一家の家事全般を一手に引き受けている。 桜子自身は、家族のために良かれと思ってやっているものの、“鬼軍曹”さながらに他の家族には有無を言わさぬほど非常に厳しい言動が多く、知らぬ間に家族を恐怖で震え上がらせていることも多々ある状態だ。 母親の喪失という大 [全文を読む]

『明日ママ』はやはりリアル? 施設出身マンガ家が描く児童養護施設の真実

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月24日11時50分

とくに、1歳から施設にいたさりは母親の顔もわからなかったし、物心ついたときからそこで暮らしているので、「自分を不幸だと思ったことも無い」し、「それどころか毎日楽しい」と思っていたそう。 そして、血の絆が見えにくい施設育ちだからか、この施設では「姉妹の絆」を大切にしていた。 何をするのも一緒で大の仲良しだった杏と桜という姉妹。姉の杏は、母親に優しくされた記憶 [全文を読む]

芦田愛菜“毒舌女子”は「楽しい」セーラー服姿でシャーロットと対立

モデルプレス / 2016年04月10日15時41分

母親が他界してから“鬼軍曹”さながらに家族を仕切っていた伴一家の4人兄弟の2番目の長女・桜子(芦田)と、父親の奏太(山本)がアメリカで知り合い交際0日にも関わらず結婚し、新しい母親として連れて帰ってきたアメリカ人女性のアリス・シェパード(シャーロット)が対立していく様を描く。◆「男の子に言い返したりするほう」 W主演を務める芦田は「毒舌でまくし立てるシーン [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第10話 “大女優”長澤まさみは「脱ぐ」のか!? 山田孝之、決死の説得で……

日刊サイゾー / 2017年03月13日23時30分

そして前回のラスト、打ち合わせ中に突然、長澤まさみが現れた……! それは、またしても勝手に決めた山田が、母親役として呼び寄せていたのだった。「第10話 長澤まさみ 悩む」を振り返りたい。 長澤は芦田の母親役ということしか聞いていないらしく、山田とも久々だし、芦田とも共演してみたいとの思いでやってきたらしい。まだ詳しくは何も知らぬ彼女に、簡単なあらすじと特 [全文を読む]

フジ『OUR HOUSE』最終回直前のヤケクソ脚本に唖然……芦田愛菜がセリフ激減でシャーロットを戦犯に!?

日刊サイゾー / 2016年06月07日00時00分

さて、前回は、死んだ母親にそっくりな女性が奏太(山本耕史)の前に現れましたが、一体、何者なのでしょうか……?■芦田愛菜のセリフが激減! 突然表れた桜子(芦田)の母親・蓉子に瓜二つの女性は、蓉子のいとこの葵(渡辺舞・2役)。葵は、「私がママになります」「私はママの生まれ変わりかも」などと言い、この日から桜子の家に居座ります。 最初は戸惑う一家ですが、激似の [全文を読む]

フジ芦田愛菜『OUR HOUSE』雑すぎる“引越しオチ”に視聴者ポカーン、打ち切り決定のシワ寄せか

日刊サイゾー / 2016年05月24日00時00分

コソコソしていると、省吾の母親・百合子(矢田亜希子)に見つかり、自宅に上がることに。 実は別居中ながら、体裁を気にして離婚をしていない省吾の両親ですが、百合子はアリスに「(夫は)とても忙しい人で、あちこち飛び回って、実質、私と省吾、母子家庭のように2人きりなんです」とウソをつきます。 このセリフを、矢田に言わせるとはなんとも生々しいですね。実際、矢田の息子 [全文を読む]

脚本も演出も配役も全部ダメ?フジ『OUR HOUSE』の危機的状況

デイリーニュースオンライン / 2016年05月04日12時05分

第3話は「誰にも言えない…!モテ長男の秘密の恋」と題し、加藤清史郎(14)演じる中学生のモテ男・伴光太郎にスポットを当て、母親と長男の近親愛(マザコン)をめぐるストーリーが展開された。 そんな光太郎は亡き母親への思いに悩まされる日々のなか、学校の音楽室でピアノ演奏。加藤を慕う女子生徒に囲まれながらショパンのエチュード「別れの曲」を弾き続けるうちに、悲しみが [全文を読む]

泣けない!? 『明日、ママがいない』主演・芦田愛菜に付きまとう、やしろ優の「あのねっ、芦田愛菜だよ!」のイメージ

日刊サイゾー / 2013年11月30日12時00分

母親が傷害事件を起こし、施設へ一時預けられることになった真希(鈴木梨央)。そこで出会ったのは、ポスト(芦田)、ピア美、ボンビと、奇妙なあだ名で呼び合う少女たち。その理由を、ポストは「親からもらったものは全部捨てるんだ、名前もね」とあっけらかんと話す――。 「21世紀で一番泣けるドラマ」をうたう同作。早くもヒットが期待されているが、制作サイドには懸念材料があ [全文を読む]

フォーカス