離婚 菊池桃子に関するニュース

「離婚でイメージアップ!?」2児の母・菊池桃子に仕事オファー&デートのお誘いが殺到中

日刊サイゾー / 2012年02月15日08時00分

離婚を発表した菊池桃子(43)が"モテモテ"だ。 1月下旬、プロゴルファーの西川哲(43)との離婚を発表した菊池には仕事のオファーが急増中で、広告代理店の関係者も「むしろ離婚がイメージアップになっている」と絶賛している。 80年代に一世風靡した超人気アイドルだった菊池は、95年に結婚。2児の母親となったが、これまで夫の仕事不振に悩まされる姿が度々報じられて [全文を読む]

【ウラ芸能】決定! ママタレ、勝ち組と負け組

NewsCafe / 2015年02月15日15時00分

デスク「テレビをつければどこもかしこも、ご意見番もどきのセレブママタレから、離婚組のシングルママタレまで、必ず1人は出てる感じだね」記者「やはり主婦の共感を得やすく、使い勝手がいいというメリットがありますね」デスク「ウチは午前中はフジテレビなんだけど朝からキツイわ」記者「フジの午前中といえば『ノンストップ!』ですね。セレブ陣は神田うの(39)、バツイチ組で [全文を読む]

離婚報道の次は"完治困難な病"...... 菊池桃子に同情の声

サイゾーウーマン / 2012年03月03日12時00分

今年1月にプロゴルファー・西川哲氏との離婚を発表した女優・菊池桃子が「シェーグレン症候群」で闘病していると、28日発売の「週刊朝日」(朝日新聞出版)が報じている。結婚生活17年目での突然の離婚発表から日も経たずに、またもや菊池に関する衝撃的なニュースが舞い込んできた。 「シェーグレン症候群」とは原因不明の難病で、40~60歳の中年女性に多く発症する病。別名 [全文を読む]

子供の障害告白者を中傷のあの辛口女性タレント、ご意見番気取りに周囲は辟易

Business Journal / 2016年01月11日17時00分

かつては傲慢・高飛車キャラでブレイクするも、一昨年の離婚後は一転して“負け犬キャラ”に転向し、バラエティ番組で自虐ネタをばらまいている女医でタレント・西川史子。 その西川は昨年のクリスマス・イヴの12月24日、都内で競馬のテーマパーク「ARIMAEN」のPRイベントに出席。「今までで一番暗かったクリスマスは離婚を決めたときのイヴ。ずっとFAXに何を書こうか [全文を読む]

菊池桃子「元夫に愛人」のドロ沼証言

アサ芸プラス / 2012年02月21日11時00分

結婚17年目にして「予想外」の離婚に踏み切った、菊池桃子(43)とプロゴルファーの西川哲(43)。 1月28日に菊池は「桃子からのお便り」と題した自身のホームページで、「人生で予想もしなかったことが重なり、前向きな最善策を考えて離婚届を提出しました」と離婚を発表した。 「予想外」のことは結婚直後から、その連続だった。 95年5月、トップアイドルと期待の若き [全文を読む]

菊池桃子離婚は子供守るため 夫借金で自宅差し押さえ危機に

NEWSポストセブン / 2012年02月04日07時00分

1月28日、ホームページでプロゴルファーの夫・西川哲(43)との離婚を発表した菊池桃子(43)。夫婦の破綻は、夫のゴルフの不振から始まっていった。1995年以降、西川は優勝は一度もなく、2005年以降は予選突破すらできず、2007年に約90万円を賞金として手にした以外の6年間は、獲得賞金は0円だった。 そして2008年10月、西川は、サラブレッドの一口馬主 [全文を読む]

菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去

NEWSポストセブン / 2012年02月03日07時00分

1月28日、ホームページでプロゴルファーの夫・西川哲(43)との離婚を発表した菊池桃子(43)。結婚後、菊池は芸能活動をセーブし、プロアスリートである夫を“内助の功”で支えてきたが、結婚生活17年目にして終止符が打たれた。そもそも結婚する直前から、トラブルに見舞われていたのだ──。 ふたりの出会いは1993年5月、男子ゴルフトーナメント『フジサンケイクラシ [全文を読む]

菊池桃子 障がいの後遺症持つ長女の受験奮闘記を報告する

NEWSポストセブン / 2014年02月23日07時00分

そんな葛藤を繰り返すなか、2012年1月、菊池は夫・西川と離婚する。彼女は離婚の原因については一切明かさなかったものの、西川の多額の負債や女性問題が明らかとなった。しかし菊池は、慰謝料や養育費を西川から一切受け取らなかったという。「離婚の際に慰謝料や養育費を主張しようと思えばできたんですが、西川さんには多額の負債があったため断念して、菊池さんは女手ひとつで [全文を読む]

菊池桃子 離婚のウラに元夫・西川の周りにちらつく「女の影」

NEWSポストセブン / 2012年02月07日07時00分

女優の菊池桃子(43)とプロゴルファーの西川哲(43)の正式離婚が遅れたのは、芸能関係者によるとCM契約があったためだという。とはいえ、結婚直後から、西川のゴルフの成績は低迷し、家計は菊池頼りだった。さらに、西川の周りにちらつく「女の影」が菊池を悩ませていた。 * * * あるゴルフジャーナリストが明かす。 「結婚して2~3年後ぐらいからでしょうか、ツアー [全文を読む]

菊池桃子と離婚のプロゴルファー西川哲 7年間で賞金90万円

NEWSポストセブン / 2012年02月02日16時00分

※女性セブン2012年2月16日号 【関連ニュース】上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去菊池桃子離婚は子供守るため 夫借金で自宅差し押さえ危機に菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去「美人すぎるゴルファー」「巨乳プロ」ツアー出場権逃す女子ゴルフ界若手の「賞金は寄付しよう」にベテラン勢猛反発 [全文を読む]

証拠はすでに葬り去られた? 菊池桃子、謎にまみれる17年目の離婚

サイゾーウーマン / 2012年02月01日12時00分

1980年代に人気アイドルの地位を確立し、現在は女優として活躍している菊池桃子がプロゴルファー西川哲氏との離婚を発表した。1995年に結婚し、15歳と10歳という育ち盛りの子どもがいるにもかかわらず、結婚生活17年で離婚したことについて「なぜいま?」という疑問の声があがっている。 菊池は離婚に際し、自身のHPに「人生で予想もしていなかった事が重なり前向きな [全文を読む]

菊池桃子の離婚は『モモコクラブ』連鎖離婚の呼び水になるか?

メンズサイゾー / 2012年02月01日10時00分

1月28日に菊池桃子が公式サイトで発表した、プロゴルファーである夫・西川哲との離婚は、30代後半以上の男たちに衝撃を与えた。 菊池桃子が芸能界デビューしたのは1983年のこと。その後、映画『パンツの穴』に出演したり、歌手として『青春のいじわる』『もう逢えないかもしれない』『夏色片想い』などヒットを出したり......とトップアイドルとして活躍した。 まさに [全文を読む]

往年の囁きボイスを披露!菊池桃子が杉山清貴のデュエット相手に選ばれたワケ

アサジョ / 2016年09月03日17時59分

これは男性歌手にとって理想的な“デュエットボイス”なんです」(音楽関係者) 12年にプロゴルファーの西川哲と離婚し、20歳の息子と14歳の娘を育てている菊池。ドラマではノンママを演じているが、実生活ではワーキングマザーの鑑と言っても過言ではないだろう。 [全文を読む]

ゲイカウンセラー「申年女は賢くていい男をゲットしやすい」

NEWSポストセブン / 2016年01月09日16時00分

〈大地真央は’90年に松平健(62才)と結婚するものの、’04年に離婚。’07年に再婚した夫は、世界的インテリアデザイナーの森田恭通(48才)だ。ファッション誌やテレビで公開する自宅は、おしゃれでゴージャス! 猫部屋もあるという。 男性にモテモテだった飯島直子は、長く年下のホストに入れ込んでいたが、’12年にクリスマス入籍した夫は会社経営者だった。〉 T [全文を読む]

【ウラ芸能】新山千春vs.千秋、悪魔系に決着 ママタレ2016(下)

NewsCafe / 2016年01月03日15時00分

個人的に悪魔系では新山と双璧がタレントの千秋です」デスク「千秋はママタレとしては、元夫のお笑いコンビ・ココリコの 遠藤章造(44)と離婚したことをネタにしてるけど、賛否両論だね」記者「遠藤と結婚したのは、自分が目が小さいから目が大きい遠藤の遺伝子が欲しかっただけで用ナシにしたとネタにしつつ、実は遠藤の金銭問題が離婚の原因だったと告白して話題になりましたが、 [全文を読む]

初著書で自身の半生振り返る菊池桃子 お渡し会でファン交流

NEWSポストセブン / 2015年12月29日16時01分

結婚や離婚など、自身の半生をつづったこの1冊。死産を経験したことや、14才の長女が生後7か月で脳梗塞を患い、いまも後遺症が残っていることなども告白している。 2012年から、母校である戸板女子短期大学の客員教授として雇用問題を教えている菊池。女優と教授の二足のわらじについて、充実したものになっていると話した。さらに、こういった自らのスタイルが「菊池桃子モ [全文を読む]

菊池桃子さんも悩んだ!障がいのある子を「カミングアウトできない」理由って?

It Mama / 2015年12月27日22時20分

これに悩んで離婚に至った人もいます。■菊池桃子さんの場合菊池桃子さんは公表した理由をこう述べています。「“芸能人はイメージが大事なので、隠さなきゃ”とずっと考えていたけれども、娘が一生懸命生きている姿を見たら、隠していることが同じ人間として娘に失礼に思えてきました」世の中には様々な考えがあります。何が正しい、間違っているはありません。でも障がいを隠すことが [全文を読む]

【ウラ芸能】菊池桃子、告白本出版の狙いは…

NewsCafe / 2015年12月22日15時00分

記者「先日、タレント、菊池桃子(47)が出した初の著書『午後には陽のあたる場所』が物議を醸しています」デスク「2012年1月に離婚した元夫のプロゴルファー、西川哲(47)とのことや、長男出産後に死産をへて生んだ長女に障害がある…とか今まで大っぴらに言ってこなかったことを告白したってな」記者「アイドル上がりでありながら、法政大大学院で修士号を得て、今は母校の [全文を読む]

菊池桃子、娘の障害告白に「政治家転身」の臆測も……積極活動の裏に「超絶クズ」元夫の影

日刊サイゾー / 2015年12月16日17時00分

ついに菊池の稼ぎだけでも返済が追いつかなくなったという話もあり、12年に離婚となった。 ただ、この「東京サラブレッドクラブ」は、ディープインパクトなどを親に持つ非常に高価な競走馬を所有し、大元である東京ホースレーシングは昨年、過去最高の54勝という成績を残している。関連する西川の会社が儲かっていないとは考えづらく、少なくともゴルファーとして活動していたころ [全文を読む]

民間議員抜擢の菊池桃子 子育て・介護・仕事の「総活躍」

NEWSポストセブン / 2015年10月30日07時00分

結婚18年目の2012年1月に離婚。その直後、涙腺や唾液腺に障害が起きる難病「シェーグレン症候群」を患った。さらに、シングルマザーとなった彼女は大きな問題を抱えていた。 「菊池さんの長女は乳児期に脳梗塞になり、左手足に麻痺が残っていたんです」(前出・芸能関係者) そして、子育てとともに彼女の肩にのしかかったのが、高齢の母の介護だった。脚の具合が悪く、リハビ [全文を読む]

フォーカス