ドラマ 玉木宏に関するニュース

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

暮れにかけてはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットに、こちらも文春砲に見舞われた『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の大ピンチ。極め付けは大晦日の『NHK紅白歌合戦』の疑惑の紅組勝利――etc. 中でも、最もインパクトが大きかったのは、やっぱりSMAPの解散でしょうね。1月の解散報道スクープ直後に5人が生出演した『SMAP×SMAP』( [全文を読む]

スポーツの秋・・・は過ぎちゃったけど、やっぱり観ておきたいスポーツドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年11月29日11時15分

冬の寒さなどに負けず、体を動かして楽しんでいきましょうと、お薦めのスポーツドラマでもいくつか紹介してみたいと思います。決して、スポーツの秋をテーマに書くハズだった原稿が、秋の終わりに間に合わなかった・・・なんて事ではありません。そう、心まで冷えてしまいそうな今の季節だからこそ、スポーツドラマで熱くなるべきなのです。 スクールウォーズ高校ラグビーを題材にした [全文を読む]

フジテレビの新ドラマが軒並み低迷で高まる”往年の名作”再放送論

デイリーニュースオンライン / 2016年04月24日10時02分

4月も下旬に差しかかり、各局の4月期の最新ドラマがほぼ出揃った。そんな中、新ドラマが軒並み1ケタ台を記録している絶不調のフジテレビに対し、視聴者が過去の名作ドラマの再放送を期待する皮肉な状況が生まれている。 ■新ドラマは軒並み1ケタの大不調 汚名挽回を果たすべく、様々なキャストを起用したフジテレビ。21日に放送された松下奈緒(31)主演のドラマ「早子先生、 [全文を読む]

人気の高い日本ドラマの特徴は…―中国メディア

Record China / 2017年05月11日13時10分

日本の質の高いドラマを表彰する「第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の各賞がこのほど発表され、「カルテット」が作品賞、脚本賞、主演女優賞など最多5賞を獲得した。コンフィデンスアワードの審査員は、ドラマに関する有識者とマスコミのドラマ・テレビ担当者から構成されている。「カルテット」は、多くのドラマファンが「冬ドラマ」の中で最もおもしろかったとしており、今 [全文を読む]

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

夏を楽しむアウトドアレジャーはたくさんありますが、一方で、強い夏の日差しを横目に、涼しい部屋の中で冷たいドリンクと共に楽しむドラマや映画、これもまた夏ならではの至極の楽しみと言えるのではないでしょうか? 今回は、そんな夏に楽しむドラマとして、ぜひ若い人にも観て頂きたい夏にぴったりの懐かしドラマを5本ピックアップしてみました。 WATER BOYS2001年 [全文を読む]

今クールのドラマでNO.1人気俳優は、西島秀俊を抑えてあの女優に!

Woman Insight / 2015年01月23日15時40分

2015年1月スタートのドラマはその数なんと、30本以上。みなさんはどのドラマをチェックしていますか? 恋愛ドラマからミステリー、医療などジャンルもさまざま。 でも、ドラマを見るキッカケになるのは「好きな俳優さんが出ているから」という人も多いハズ。 そこで、全国の男女180万人が選んだ「2015年1月スタートドラマの主演者の中でいちばん好きな俳優」を発表し [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

今年は総じて連ドラにとって厳しい年になったが、その一方で、視聴率はさておき、SNSで盛り上がるドラマも少なくなかった。それは悪くない話。1月クールの連ドラ『ナオミとカナコ』もその1つだった。同ドラマ、大学時代からの親友同士のナオミ(広末涼子)とカナコ(内田有紀)が共謀して、佐藤隆太演ずるDV夫を殺して埋めるが、被害者の姉(吉田羊)から執拗に追い詰められ、や [全文を読む]

7月期TBS「日曜劇場」主演の“低視聴率男”長瀬智也に追い風? 裏のフジ「日9」ドラマが、まるで話題にならず……

日刊サイゾー / 2017年06月09日13時00分

近年、長瀬は主演したドラマで結果が出せておらず、“低視聴率男”とも呼ばれているだけに、同ドラマの視聴率も不安視されている。 だが、ライバルとなるはずの裏のフジテレビの「日9」ドラマがまるで話題になっていないため、“追い風”が吹いているようだ。 7月期、フジは「日9」枠で、渡部篤郎主演『警視庁いきもの係』を放送する。すでに同ドラマの情報は解禁されているが、注 [全文を読む]

「待たせたな!」久々に帰ってきた“ザ・王道”朝ドラ『あさが来た』

日刊サイゾー / 2015年10月19日19時00分

「待たせたな!」 山本耕史演じる新選組副長・土方歳三が、画面に向かって叫んだ時、「待ってました!」と多くのドラマファンが歓喜した。なにしろ、10年余りの時を経て蘇ったのだ。 2004年に放送された三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ『新選組!』で、山本は土方を演じた。この作品はドラマファンの記憶に深く刻み込まれており、放送終了から10年以上たった今でも語り草にな [全文を読む]

視聴率も残念だが、妻たちは“もっと残念な夫”話で熱く盛り上がっていた!

週プレNEWS / 2015年02月04日19時50分

子供が生まれる前まではイイ感じだった夫婦関係が、子育て開始とともに急激に悪化し、離婚寸前の危機を描くドラマ『残念な夫。』(フジテレビ系、水曜22:00~)。 本日の放送で第4回となるが、視聴率は初回の9.4%から徐々に落とし前回は7.4%(ビデオリサーチ社調べ。関東地区)。同じく現代の夫婦像を描き、妻に焦点を当て話題の『○○妻』(日テレ系)が平均14.5% [全文を読む]

これでは誰もフジのドラマに出たがらない! 松嶋菜々子主演ドラマも爆死で、3クール連続2ケタ視聴率“ゼロ”の惨劇……

日刊サイゾー / 2016年09月26日18時00分

10月期のドラマの中で、最も下馬評が高かったともいえる松嶋菜々子主演『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系/木曜午後10時~)の最終回(第10話)が9月22日に放送され、平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)に終わった。 松嶋の3年ぶりの連ドラ主演作とあって注目を集め、初回は10.2%とかろうじて2ケタ台を記録したが、第2話で7.7% [全文を読む]

【個別インタビュー】チュウォン、ネイル役のシム・ウンギョンを絶賛

Wow!Korea / 2015年07月01日23時00分

2006年に上野樹里、玉木宏主演でドラマされると高視聴率をマーク。原作、ドラマも大ヒットの作品を2014年「ネイルもカンタービレ」として韓国でドラマ化された。主演のチュウォンとシム・ウンギョンが揃って来日し、記者会見とドラマイベントを開催。タイトなスケジュールを縫って、インタビューに応じてくれた。膝丈のパンツスーツをキュートに着こなしたシム・ウンギョンとホ [全文を読む]

深田恭子 ドラマ共演男「楽屋連れ込み」の“肉食現場”をキャッチ!

アサ芸プラス / 2016年01月02日09時57分

「恋多き肉食女子」として知られる深キョンが、新ドラマの現場で共演男にメロメロに。気になる恋の相手をキャッチした! 1月スタートの新ドラマ「ダメな私に恋してください」(TBS系)で、主演に深田恭子(33)が起用されることがわかった。 原作は女性コミック誌「YOU」(集英社)で連載している、同名漫画のラブコメ作品。深田は30歳独身で彼氏なし、仕事なし、貯金なし [全文を読む]

「失敗すれば脱がされる」!? 沢尻エリカ、綾瀬はるかとの“水10対決“にどうしても勝ちたい理由

メンズサイゾー / 2014年10月21日20時20分

『ファーストクラス』は深夜枠で好評を博したドラマの続編であり、悪女たちがバトルを繰り広げるという内容も沢尻にピッタリ。一方の『きょう会社休みます。』は綾瀬が処女のままアラサーになった"こじらせ女子"を演じる筋書きだが、絶大な男性人気を誇る彼女がモテない女を演じるのは無理があると指摘されていた。 ところが、15日に放送された初回の視聴率は『きょうは会社休みま [全文を読む]

野島伸司の「世界で一番好きな曲」がドラマ主題歌に決定!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月01日08時15分

玉木宏&佐々木希が妻の性嗜好障害に苦悩する夫婦を演じる、Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」(9月16日配信スタート)の主題歌が、ボズ・スキャッグスの名曲「We're All Alone」に決定。本作の脚本を手掛ける野島伸司が、自身が「世界で一番好きな曲」と明言する本楽曲を選んだ理由を明かした。 これまでにも野島作品では「高校教師」(1993) [全文を読む]

坂口健太郎に、玉木宏…天才音楽家を演じたイケメンたちの努力カンタービレ

dmenu映画 / 2017年09月01日07時00分

現在放送中のドラマ「ごめん、愛してる」(TBS系)で、人気ピアニスト・日向サトルを演じている坂口健太郎。ドラマでは、坂口扮する日向がピアノを演奏するシーンがたびたび登場するが、これらのシーンはプロ奏者によって吹き替えられたものではなく、坂口が実際に演じたものだというエピソードに注目が集まっている。 難曲を次々と…。俳優・坂口健太郎の“天才っぷり”に隠された [全文を読む]

タラレバ娘・吉高、リアルは「恋多き娘」?

日刊大衆 / 2017年02月18日16時00分

ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)で主演を務める吉高由里子(28)。ドラマでは「キレイになっ“たら”、もっといい男が現れる!」「好きになれ“れば”結婚できる!」と言い訳ばかりで、いまだ幸せにたどり着けない、独身で彼氏なしのアラサー女性を演じている。ドラマの中では恋愛から縁遠い役柄だが、吉高自身はまるで真逆。恋多き人生を送っていた。 連続テレビ小説『花 [全文を読む]

織田裕二&玉木宏のドラマ 「名前対決」という見方ある

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

ドラマもいよいよ佳境に突入している。日曜夜9時のドラマでは、織田裕二主演の『IQ246~華麗なる事件簿』(TBS系)、玉木宏主演の『キャリア~掟破りの警察署長』(フジテレビ系)が放送され、両者の対決に注目が集まったが、視聴率的には『IQ246』のほうに軍配が上がっている。しかし、視聴率だけで面白いかどうかを判断するのは早計だ。コラムニストのペリー荻野さん [全文を読む]

土村芳、山崎紘菜、武田玲奈、川津明日香…秋ドラマで注目の次世代ブレイク女優たち

日本タレント名鑑 / 2016年11月04日11時55分

10月スタートの連続ドラマが放送中です。今期は、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演する芳根京子さんをはじめ、『IQ246 ~華麗なる事件簿~』(TBS系/日曜21時~)の土屋太鳳さん、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/金曜23時15分~)の清水富美加さん、『レディ・ダ・ビンチの診断』(フジ系/火曜21時~)の吉岡里帆さんといった“朝ドラブレイク組 [全文を読む]

広末涼子、伊藤淳史、濱田岳が湊かなえ作品で主演!

Smartザテレビジョン / 2016年07月26日07時00分

テレビ東京は、湊かなえの傑作ミステリー短編集「望郷」から三編をオムニバスドラマ化することを決定。それぞれの主演を広末涼子、伊藤淳史、濱田岳が務めることが分かった。 「望郷」は、瀬戸内海に浮かぶとある島で生まれ育った人々の切なくもいとおしい人間模様を描いた連作ミステリー短編集。中でも「海の星」は日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞するなど高い評価を得て、今回 [全文を読む]

フォーカス