新曲 五木ひろしに関するニュース

第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲

okmusic UP's / 2016年12月29日18時00分

これはこれでファンとしては嬉しいのですが、五木さんほどのベテラン歌手が毎年新曲を歌うのも紅白ウォッチャーとしては楽しみな見どころです。“二度とない人生だから”に代表されるスケールの大きい歌詞、68歳と思えない声量。演歌に馴染みのない若い世代にもぜひ、「五木ひろしの凄さ」を味わって欲しいです。■3.「サイレントマジョリティー」/欅坂46●今年数少ない10代が [全文を読む]

【NHK紅白】出場曲発表で広がる波紋…和田アキ子「笑って許して」にも憶測が

デイリーニュースオンライン / 2015年12月26日17時00分

ネット上では披露される新曲の数や和田アキ子の歌う楽曲「笑って許して」が、視聴者から様々な意見が出ている。 今年は例年に勝るとも劣らぬ勢いで怒りの声が上がっている紅白。発表された曲目のうち、2015年にリリースされた楽曲は白組が10曲、紅組が10曲ずつとなっている。以下、発表された曲目を楽曲の発表年付きで紹介する(※先頭の数字は曲順。カッコ内数字は出場回数。 [全文を読む]

ピコ太郎、日本武道館で初ライブ 総勢13組46名の豪華ゲストが続々登場

モデルプレス / 2017年03月07日17時49分

◆PPAPでスタート新曲も初解禁 そして、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)Long ver.」を披露。また「I LIKE OJ」では、CMで共演している高須クリニックの高須克弥医院長が登場し、畳み掛けるようにピコ太郎のオリジナル楽曲を披露していく。 また、新曲「マンチャマンチャ・ポ・マンチャはロマンチスト」「I LOVE YOU?~?アフリカダ [全文を読む]

ピコ太郎が落下ハプニング?爆チュー問題大暴れ、武道館はカオスに

dwango.jp news / 2017年03月06日23時35分

新曲として『マンチャマンチャ・ポ・マンチャはロマンチスト』『I LOVE YOU―アフリカダンスに乗せて-』も披露。途中。高須クリニックの高須院長とのコラボを披露。そして、爆チュー問題が登場し大騒動に。危険度満点のネタをおおたぴかりが連発。書けないような際どいネタを連発で、途中、ピコ太郎も焦りだす始末。子供はほったらかしのブラックジョークで笑いを誘った。 [全文を読む]

若者人気に嫉妬? 「ラスボス」小林幸子の『紅白』復帰を妨害する勢力とは

日刊サイゾー / 2016年07月24日09時00分

7月に入ると、本業での新曲「百花繚乱!アッパレ!ジパング!」(夢レコード)をリリースしたが、一方で九瓏(くろう)幸子名義でイケメンユニットのアルスマグナとコラボした新曲「サンバDEわっしょい!」(ユニバーサルミュージック)も発表。今後は9月に氣志團主催の野外フェス「氣志團万博」や、11月に人気イベント「ニコニコ超パーティー」にも出演予定で、これには芸能関 [全文を読む]

X JAPAN、18年ぶり紅白で名曲&新曲を熱唱 激しいパフォーマンスを展開<紅白本番>

モデルプレス / 2015年12月31日23時09分

◆名曲&新曲のスペシャルメドレー 今回は「紅白スペシャルメドレー ~We are X~」と題し、名曲「Forever Love」と新曲「BORN TO BE FREE」の2曲を歌唱。「Forever Love」では過去の映像をバックにYOSHIKIのピアノに合わせ、Toshiが美声を響かせる。 「Forever Love」を終えるとToshiが「Xが紅白 [全文を読む]

NHK『紅白』人事の癒着構造、極まれり! “芸能界の大物”がプロデューサーを接待漬けに……

日刊サイゾー / 2012年11月05日09時00分

10月17日に、さだまさし作詞作曲の新曲「茨の木」を発売した。さらに、小林自身が知り合いのNHK理事2人に「紅白に出たい」と直訴したことで、出場に一縷の望みを託した。 ところが、大物の息がかかったスポーツ紙が、新曲「茨の木」が初週で1,890枚しか売れず、紅白出場は絶望的という記事を掲載。小林の足を引っ張った。 このご時世、自主レーベルで初週に約2,000 [全文を読む]

インディーズで再出発の小林幸子 恩師のイベントに呼ばれず

NEWSポストセブン / 2012年09月28日07時00分

お家騒動に揺れる小林幸子(58才)は、10月17日に「兄ぃ」と慕うさだまさし(60才)が作詞作曲した同タイトルの新曲をインディーズレーベルから発売する。 「正直、いまだにトラブルが解決していない小林さんに曲を提供したいという作詞家や作曲家はほとんどいませんでした。ですから、小林さんは来年のデビュー50周年に向けて、さださんに依頼していた曲を前倒しして発売 [全文を読む]

1位はやっぱ和田アキ子「なぜ毎年紅白に出ているの?」歌手ランキング

VenusTap / 2016年11月24日21時40分

出場歌手が発表されると、毎年「年末なんだなぁ」と実感してしまいますが、出場する歌手のラインナップを見て「なんでこの人が?」とモヤモヤしたことはありませんか?その年にまったく新曲を出していないのに必ず出場している歌手や、一部にしか認知されていないマイナーな歌手など、キャスティングの条件が謎ですよね。そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「“な [全文を読む]

テイチクエンタテインメントが“大人の音楽”を提供する新レーベル「Age Free Music」を発足

okmusic UP's / 2016年08月28日11時00分

また五木ひろしに提供した「暖簾」が「第22回日本作詞大賞・優秀作品賞」を受賞するなど、作家としても注目され多くのアーティストに楽曲を提供しており、同じテイチク所属の西崎緑の9月21日(水)発売の新曲「偽名」(作詞:田久保真見)の作曲も手がけた。シンガーの広瀬倫子は、富澤一誠氏が″大人の純情恋愛ソング″と称した「熟恋歌」(じゅくれんか)の担い手として、過去に [全文を読む]

フォーカス