評価 斎藤佑樹に関するニュース

元日ハム宮本「努力で叶わぬものを斎藤佑樹“持ってる”」

NEWSポストセブン / 2012年11月22日07時00分

過去の実績は一切考慮されず、自らの一球、一振りだけが評価される。その舞台に臨んだ男たちがいる一方で、熟慮の末、挑まなかった男たちもいる。ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、潔く球界を去った者のドラマを追う。 * * * 北海道日本ハムファイターズが44年ぶりの日本一になった2006年に、当時のドラフトで採用されていた希望枠で入団したのが宮本賢(28)だ [全文を読む]

日ハム・栗山監督、斎藤佑樹を評価「点を取ってあげれば勝てた」

ベースボールキング / 2017年04月06日18時35分

栗山監督はこの日の斎藤の投球について「方向性というかやってきたことは間違っていないと思っていた」と評価し、「今日はこっちがポンポンと点を取ってあげれば勝てたゲームだった」と残念がっていた。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

迫りつつある「引退」の時? 日本ハム・斎藤佑樹投手が5回KOも栗山監督は「次回先発確約」で、広がり続ける両者の「温度差」

Business Journal / 2016年06月30日10時00分

しかし、その一方で栗山監督の評価は大きく異なる。「よく頑張ってくれた。ストレートの強さが出てきた。前に進んでいる」と斎藤のピッチングを絶賛。さらに「球の強い投手が多い中で、斎藤のようにコントロールで勝負出来る投手は貴重。次の先発は決まっている」と次回の先発まで確約する完璧な“合格点”だ。5回までに4四死球を与えた斎藤に対して「コントロールで勝負出来る投手」 [全文を読む]

「まだ興業的価値有り」斎藤佑樹、ネットでの“口だけ番長”人気で球界再評価?

サイゾーウーマン / 2014年03月03日13時00分

野球界ではまもなくメジャーリーグがキャンプイン。ヤンキースに移籍した田中将大が、1年目からどんな成績を残すかに注目が集まっているが、かつて田中よりも世間から期待されていた、北海道日本ハム・斎藤佑樹投手は、今や「口だけ番長」に成り下がっている。 昨年、故障でほとんど一軍での登板ができなかった斎藤。日本ハムの二軍本拠地兼練習施設である鎌ヶ谷では、「随分と寂しい [全文を読む]

斎藤佑樹「人命救助」でなぜか炎上 「野球以外で役に立つ」との声も

しらべぇ / 2016年11月23日11時30分

斎藤佑樹が人命救助しただけで叩かれてて笑う— まーちゃん (@ma3avvv) 2016年11月23日斎藤佑樹選手が横転したミニバンから人を救出したという記事に対して「プロ初白星が人命救助」とか「正直言って斎藤佑樹に助けられてまで生きたいとは思わない」とか辛辣すぎるコメントばっかりで笑った— 死体寝取りマン (@misokatsu2) 2016年11月23 [全文を読む]

お前は後片付けしろよ!日ハム優勝ビールかけで斎藤佑樹のコメントに罵声の連打

アサ芸プラス / 2016年10月03日17時58分

「栗山監督じゃなかったら、とっくにクビ切られてる」という評価が正しい今、大谷や中田翔に完全に水をあけられたかつてのスターは、はたしてどう転がっていくのだろうか?(本多ヒロシ) [全文を読む]

さんまにタモリも!才能がすでに枯れていると思う有名人は

しらべぇ / 2016年08月12日05時00分

TM NETWORKでの活動も評価が高い。「ちょうど世代で小室さんの曲をたくさん聴いていただけに、現在の姿が寂しく思える」(30代女性)■あの大物お笑い芸人たちの才能も枯れた?お笑いBIG3と呼ばれた、ビートたけし、明石家さんま、タモリの3人を挙げる人も多い。・ビートたけし(北野武)「まだまだ凄い人とは思うけど、全盛期のようなキレはなくなったと思う」(50 [全文を読む]

斎藤佑樹「ポルシェ授受」は氷山の一角!? ウワサされる他選手と「出版社」の関係とは

Business Journal / 2016年07月14日14時00分

もともと「持ってる」発言を中心に、そのコピーライティング力が評価されていた斎藤。それで営業上手となれば、広告代理店の社員などのほうが向いているようにも思える。いずれにせよ、結果を残せない中で注目だけはされ、その上でこのスキャンダルというのは、プロ野球選手としての今後のキャリアに大きな影響を及ぼすことは必至だ。 さらに、今回のスキャンダルは、単に斎藤の問題 [全文を読む]

今季ドラフト 大学、社会人から高校生育成狙う傾向に転換か

NEWSポストセブン / 2015年10月18日16時00分

こうして指名が競合する選手というのは、各球団が即戦力として評価している、その年のアマチュア最高レベルにある選手たちである。 1位指名はくじに外れての再競合もある。ちなみに今季打率3割以上、30本塁打以上、30盗塁以上のトリプルスリーを達成した山田哲人(ヤクルト)は、外れの外れ抽選でヤクルトが交渉権を獲得した“ドライチ”選手だった。 過去5年間における1位指 [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(4)斎藤佑樹←角盈男(野球解説者)

アサ芸プラス / 2012年03月09日10時54分

「斎藤は球威がない」という周囲の評価を彼自身も自覚しているからこその改造なのでしょう。しかし、ここに落とし穴がある。 一度伸ばした軸足を折ると、当然、頭の位置も下がります。頭が上下動すると、投球も高低にばらつきやすくなる。これが、このフォームのデメリット。実際にキャンプ中の練習試合では、高めに浮いた球をホームランされていますよね。 いくらスピードを増しても [全文を読む]

ドラフト競合を避けがちの巨人、早実・清宮の指名はあるか

NEWSポストセブン / 2017年06月15日16時00分

実際、6月12日のスカウト会議でも、指名候補として最上位の評価をしていることが明らかにされている。野球担当記者が話す。 「今の巨人は他球団と比べて清宮の獲得に消極的という話を聞きますが、ドラフトで競合にならない安全圏の選手ばかりを選んできたツケが、現状の低迷を招いたとも言える。松井秀喜を指名した時も長嶋茂雄監督が就任するまで、指名予定はなかった。長嶋監督の [全文を読む]

ドラフト「外れ外れ1位」のスターたち【二宮清純のスポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年06月12日06時35分

ちょっとでも高く評価してもらおうと思ってね。まさか本当に指名してくるとは思わなかった……」 俊足で好守。しかし非力。星野仙一監督(当時)が「なんで、あんな非力な選手をとったんだ」と怒鳴ったのは有名な話である。結局はスカウトの目が正しかったということだ。外れ外れ1位の成功例は荒木だけではない。2015年、16年と2年連続でトリプルスリー(打率3割以上、30盗 [全文を読む]

理想のパパになれない父親たち

NewSphere / 2017年06月03日11時00分

今まで以上に子育てに関われるよう父親をサポートしてきた変化は評価する。しかし、それでは不十分だ。家庭における父親の重要性、そして、職場において女性が果たす重要な役割を重んじる文化的政治的変化が必要なのだ。 This article was originally published on The Conversation. Read the origina [全文を読む]

球春捕れたて大放出!プロ野球「覆面スクープ座談会」(3)“自作自演”説が流れる斎藤佑樹

アサ芸プラス / 2017年04月30日09時56分

もともと森繁和監督(62)はヘッドコーチとして評価が高かったのですが、監督としての期待度は高くなかった。有力候補だった小笠原道大二軍監督(43)に難色を示されたこともあって、白井文吾オーナー(89)が「他に適任がいない」と、鶴の一声で前ヘッドコーチだった森監督の内部昇格案をゴリ押しして就任させた経緯もあります。予想どおりの低迷でチームの士気も上がらず、早く [全文を読む]

2月1日球春到来!海外挑戦確実の大谷翔平にファンは何を思う?

しらべぇ / 2017年02月01日06時30分

■ファンはどう思っている?大谷は長いプロ野球の歴史においても、史上最高の選手という評価がある。それだけにファンとしては海外ではなく、いつまでも国内にいてほしいと思うものではないだろうか?そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の野球ファン443名に、大谷翔平の今後について調査を実施。結果、「メジャーリーグに行くべきだと思う」と答えた人は、なんと6割以上 [全文を読む]

「期待はずれのドラ1選手」の言葉は仕事術にも通じる

NEWSポストセブン / 2016年10月30日16時00分

斎藤を腐すつもりはなく、高一から甲子園で取材していた西川があのハンカチ王子の次の評価を受けたことが感慨深く、またこうしてレギュラーで出場していることにスカウトの眼力の高さを思わされる。 ドラフト下位指名は素材採用というか、「将来モノになれば」という感じで指名される選手もいるが、上位指名はそうはいかない。契約金も高いし、確実に出てきて貰わないと困る。困るのだ [全文を読む]

2016年「プロ野球ドラフト会議」1位指名選手を完全予測!

日刊大衆 / 2016年10月17日11時00分

「昨年の段階からすでに高い評価を受け、一時は12球団すべてが1位指名するのではないかとまでいわれていた今年のドラフトの超目玉、創価大の田中正義を指名するかどうかで、各球団がギリギリまで迷っているようなんです」 186センチ90キロの恵まれた体格を持つ田中は、打者の手元でホップする最速156キロのストレートが最大の魅力。「江川以来の逸材」ともいわれているが、 [全文を読む]

プロ野球覆面座談会「裏ネタ」ラストスパート!(3)盤石ソフトバンクに介在するひとつの不安

アサ芸プラス / 2016年08月17日05時56分

4年前までの日ハム在籍時には、チーム内で唯一、斎藤を評価し、「球場の雰囲気を変えられる投手」と言い切っていた栗山英樹監督(55)に対し真っ向から反発していたのは有名な話。ところが、今季は真逆で、吉井コーチの口から「佑ちゃんは雰囲気を変えられる投手やからな」なんてセリフが出てくるんですから‥‥。A 首位のソフトバンクには、ちょっと気になる話がある。工藤公康監 [全文を読む]

広瀬すず“芸能界のイチロー”賛辞にネット民が「それは違う」と一斉に反発

日刊サイゾー / 2016年03月02日00時00分

かつての「スタッフ見下し発言」や事務所の「ゴリ押し」などでアンチの多い広瀬だけに、「才能や努力のイチローとコネのすずじゃ全然違うだろ」「清原の間違いじゃないのか」「比較の対象がおかしい」などと、メジャーの天才バッターと肩を並べる評価に納得がいかない様子だ。 一方、批判はその髪形にも集中。ボブカットがトレードマークだった広瀬は、役柄に合わせて髪を伸ばしており [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】マツコが女子アナを分析。水卜麻美は「完璧だが卑怯」、上田まりえは「思った通りの女!」

TechinsightJapan / 2015年04月14日20時25分

また、日テレを退職してフリーになった夏目三久アナも『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で共演するマツコから評価されて人気が上昇し、2013年には日本テレビ『真相報道バンキシャ!』のMCに就任している。そのように、マツコの影響で活躍するようになったアナウンサーは少なくない。中でも上田まりえアナウンサーはマツコが発掘したようなものだ。後輩の女子アナがレギ [全文を読む]

フォーカス