著書 三島由紀夫に関するニュース

「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

サライ.jp / 2017年03月21日06時00分

91歳の折に『おこしやす』と題する著書を刊行し話題となった。 上に挙げたのは、その著書よりのことば。さらに、つづけて、八重さんはこう綴る。 「ですから、難しいことにぶつかればぶつかるほど、とことんやる……。私が柊家という学校で学んだ大切なことのひとつです」 少女時代、貧しい暮らしの中でも、母親の躾けは行き届いていた。 「この子には何も残せないけれど、せめて [全文を読む]

『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(芸術新聞社)刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」開催のお知らせ

DreamNews / 2015年02月06日10時00分

著書にベストセラーとなった『ブラバン』、『バレエ・メカニック』、『11』(Twitter文学賞)など。短編「五色の舟」を原作とする漫画版により、2014年、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。 澁川祐子(エッセイスト) 1974年神奈川県生まれ。東京都立大学卒業後、『民藝』などの編集に携わる。食や工芸・デザインを中心に執筆活動を行う。著書に『ニッポン定 [全文を読む]

三島由紀夫を介錯した関の孫六 衝撃で真中からS字に曲がる

NEWSポストセブン / 2016年04月20日16時00分

このとき三島を介錯した「関の孫六」こそ、剣道家で渋谷大盛堂(たいせいどう)書店の社長だった舩坂弘(ふなさかひろし)が著書の序文の礼として三島に贈ったものだった。三島はこれを軍刀拵えに直し、事件当日身につけていた。 三島の介錯は同行した森田必勝(まさかつ)が行ったが、一太刀で切ることはできず、二太刀、三太刀目を振るうもうまく介錯できなかった。そこで古賀浩靖 [全文を読む]

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

美輪明宏その著書は、出せばベストセラーとなるほど人気を博している。『紫の履歴書』を筆頭に、『人生ノート』『愛の話 幸福の話』『花言葉』……また、公式携帯サイト『麗人だより』は、携帯電話の待ち受け画面にすると良いことが起こるという都市伝説がきっかけで開かれた。まさに現代のオピニオン・リーダーとして、世代を超え、男女を超え、老若男女幅広い支持を得ている。その核 [全文を読む]

イベント「小説家による 美食文学講座」のご案内

DreamNews / 2015年04月21日09時00分

著書に『綺譚集』『ブラバン』『バレエ・メカニック』のほか、「幽明志怪」「ルピナス探偵団」シリーズなど多数。短編集『11』(Twitter文学賞)所収の「五色の舟」は近藤ようこによって漫画化され、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。文芸カドカワにて、料理小説「エスカルゴ兄弟」を連載中。太田忠司(おおた・ただし)1959年愛知生まれ。名古屋工業大学電気工 [全文を読む]

「誤配」という概念を鍵に近代文学の名作を解く。『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか』(集英社新書)、3月17日(火)発売!

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

『「こころ」で読みなおす漱石文学』(朝日文庫)『漱石と三人の読者』(講談社現代新書)『読者はどこにいるのか』(河出ブックス)『謎とき村上春樹』(光文社新書)『教養としての大学受験国語』(ちくま新書)など著書多数。【お問い合わせ】集英社 広報部 03-3230-6314 [全文を読む]

三島由紀夫が美智子皇后とお見合いしていた!? 仰天秘話の真相

リテラ / 2014年09月19日08時00分

「僕は××子さんとお見合いをしたことがあるんです」 これは徳岡の著書『五衰の人 三島由紀夫私記』(文藝春秋)に記された一節で、名前は伏せ字になっているが、「三島さんが口にした女性の名は、きわめてやんごとなきあたりに嫁がれた方」といった内容から推測するに、それが美智子さまのことを指すのは明らかだ。三島はこの際、「芝居を見て、食堂で一緒に食事をした」と快活に [全文を読む]

【11月25日】割腹自殺の三島由紀夫には英霊の魂が乗り移っていた!? 死後46年、今明かされる幻の「皇居突入計画」

tocana / 2016年11月23日13時00分

石原慎太郎の著書『わが人生の時の人々』(文藝春秋)のなかで、「ある新聞の一面には薄暗い室内の床に転がる血みどろの三島さんの首までが写っていた。」と記されていることから、現場の壮絶な様子が伝わってくる。 三島はなぜ、このような大事件を起こし、自らの命を断つ必要があったのだろうか? この事件を紐解くためには、まず、遠因となった二・二六事件を語らねばなるまい。【 [全文を読む]

【書評】猪木vsアリ戦を仕掛けた伝説の「怪人」が語る

NEWSポストセブン / 2016年11月02日07時00分

著書に『虚人のすすめ 無秩序を生き抜け』(集英社新書)、『虚人魁人康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝』(学習研究社)。 奇想天外な仕事ぶりに、謎めいた人物像や異形の風貌が相まって、「怪人」と呼ばれてきた康芳夫氏。〈すべてを超越した、「世を睥睨するスフィンクス」〉と自称する。 1960年代から70年代にかけて呼び屋、プロデューサーとして活躍し、「アラビア大 [全文を読む]

『東京ロンダリング』がさらに深化…“事故物件”をめぐる人々の生き様とは

週プレNEWS / 2016年09月09日15時00分

著書に『東京ロンダリング』『母親ウエスタン』『ミチルさん、今日も上機嫌』『三人屋』『復讐屋成海慶介の事件簿』『虫たちの家』等。 ●大島てる(おおしま・てる)/株式会社大島てる代表取締役会長 1978年生まれ。2005年、事故物件公示サイト「大島てる」を開設。関連書籍に『事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件』『大島てるが案内人 事故物件めぐり [全文を読む]

フォーカス