子供 山口百恵に関するニュース

「名古屋の神様」 百恵超える名前を依頼され松田聖子と命名

NEWSポストセブン / 2015年08月15日07時00分

愛知県・知多半島で生まれた沖さんは、日本でも有数の霊場といわれる鞍馬山で修行中に倒れた祖父の霊能力を色濃く受け継いだようで、地元で有名な不思議な子供だった。「幼い頃から、神様の言葉が聞こえたり、他人の前世が見えたり、という、いわゆる霊能力がありました。おしゃべりを始めたくらいなので、5才くらいだったでしょうか。学校に通うようになってからは、例えば授業中に [全文を読む]

昭和のアイスは懐メロと同じ感覚で楽しめる!―『日本懐かしアイス大全』アイスマン福留さんインタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月02日06時30分

それは昭和のアイスが、子供向けに作られていたことが大きかったと思います。――たしかに最近は大人向けのリッチなアイスや、女性をターゲットにしたローカロリーのアイスが目立ちますが、昔のアイスは“子供の食べもの”というイメージが強かったんでしょうね。福留 ベビーブームがあって子供の数も多かったですし、子供の世界で完結した商品が多く作られたんでしょうね。それに昔は [全文を読む]

女性が答えた「愛妻家になりそうな男性の特徴」に納得!

Woman Insight / 2017年01月20日19時15分

3位 子供好きな人(46.7%) 子供の問いかけにきちんと答えたり、一緒に遊んでいる男性を見ると「いい旦那さん&パパになりそうだな~」なんて感じませんか? 子供好きな男性は優しそうにも見え、結婚してからも家族を大切にするイメージがわきますよね。 2位 実家の家族との関係が良好な人(52%) 約半数の回答を得た「実家の家族との関係」。これって結婚前の恋人同 [全文を読む]

記者が語った今だから言える「山口百恵とのカーチェイス」

WEB女性自身 / 2013年05月07日07時00分

子供が泣きだした。妻が大丈夫よとなだめても、怖い怖いと言い、泣き声はしだいに大きくなって》(三浦友和著『被写体』より) 大騒動になったのは、長男・祐太朗の入園式のとき。幼稚園に向かう三浦家の車が信号で停止すると、報道陣が取り囲み、車内の長男にまでストロボの光を浴びせかけたのだ。このとき、友和さんは窓の隙間から差し込まれたカメラを奪い取り、百恵さんは車を降 [全文を読む]

上戸彩「山口百恵さんになりたい」とHIROを支える妻が理想像

NEWSポストセブン / 2012年09月20日07時00分

結婚後は仕事を辞めて、夫と子供のために生きていきたい、と。子供は5人産むんだって決めていますしね」 上戸は10代のころから“妻たるもの、三歩下がって夫の影を踏まず”という夫婦観を持っていた。それは、過去のインタビューのこんな言葉にも表れている。 「女のひとは家の中で男より強くなっちゃいけない。男は男らしく、女は女らしくないとね」 「料理や掃除、洗濯とか、女 [全文を読む]

2017年 母の日に関する調査レポート “花より団子”傾向!?実はお母さんは、母の日に「プレゼント」よりも「外食」を期待

PR TIMES / 2017年05月10日15時12分

母の日の発祥であるアメリカでは、母の日は子供からお母さんへだけではなく、夫から妻へ感謝を伝える日でもあり、朝はベッドに朝食を運び、夜は外食だそう。今年の母の日は、日頃仕事も家事も頑張ってくれる奥様へ感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?2.実はお母さんが本当に望んでいる母の日ギフト1位は【外食】[画像2: https://prtimes.jp/i/ [全文を読む]

岡田奈々、アイドル時代は「ハワイ日帰り撮影もありました」

NEWSポストセブン / 2017年01月04日07時00分

子供だったんです」 1975~1976年の大ヒット青春ドラマ『俺たちの旅』で演じた、田中健の妹役も岡田の人気を後押しした。ツインテールと大きな瞳が生む無邪気で愛くるしい表情が若者を魅了し、劇中歌となった『青春の坂道』もヒット。順風満帆な芸能生活を歩んでいるように見えたが、20歳を迎えた1979年に「今後は女優一本で行きます」と宣言した。「歌は本当に大好きで [全文を読む]

ソロアイドル 今は少なくなったが70年代は多かった

NEWSポストセブン / 2016年07月18日16時00分

当時の子供たちは夢中になってピンク・レディーの『UFO』を歌い踊っていたものです。もちろん私もその1人で、今でも振り付けは完璧。 そして星の数ほど名曲が生まれた中で、私のいちばんのお気に入りは、桜田淳子さんの『気まぐれヴィーナス』です。トマトにたとえた、健康的で上品なお色気もほんのりの歌い出し。 桜田淳子さんがとびきりキュートなことはもちろんですが、何と言 [全文を読む]

松田聖子ら命名した「名古屋の神様」 三島の死予見の逸話も

NEWSポストセブン / 2015年10月06日11時00分

生年月日や、親が子供に「どうなってほしいか」などを考慮し、画数をみながら名前をつけるという。その代表例が松田聖子(53)を世に送り出したことだ。 当時は山口百恵が三浦友和と結婚、引退した直後。百恵という国民的アイドルを失い、日本中が沈んでいた。そんなところへ次代のスターとして現われたのが聖子だった。そのため、命名の際には“山口百恵を超えるように”という要望 [全文を読む]

つんく♂ 「あとしばらくはBerryz工房と共に夢の続きを見させてほしい」―ラストシングルに寄せた言葉

エンタメNEXT / 2014年10月04日06時00分

この12年の彼女達の歴史を思いながら、そして、あんなに小さい子供だったあの子達が大人社会の中で必死に成長しながらプライドを築いていった・・・そんな彼女達を心からリスペクトする気持ちを、曲に詰め込んで書きあげました。全てはメンバーとそしてファンの皆様と作り上げて来たBerryz工房。ダンスの振り付けの時もそう、唄っている表情もそう、その向こうにはいつも応援 [全文を読む]

蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(4)秋野暢子が感じた悪役の重圧

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時58分

街で子供に石を投げられたり、カミソリの入った手紙が送られてきたり‥‥。むしろ、私よりも大阪の母のほうが悩んでいました。市場に買い物に行っても、何も売ってもらえないということもあったんです」 百恵演じるヒロインの直子と、秋野演じるいづみは養護施設で育ったが、本来の父親と違う男に引き取られてしまう。回が進むにつれ真実が明らかになっていくのだが、電車で撮影に通う [全文を読む]

木村拓哉・工藤静香夫妻は嫌われヤンキー夫婦? 理想のカップルだったのに…

messy / 2013年11月22日15時55分

子供を金儲けに利用しているように見える」など散々な言われようで、ママタレとしてそこまでバッシングにさらされることなく、はのらりくらり上手に世間の荒波を渡ってきた理子も、「文春」読者にはかなり嫌われているようだ。2位はドーベルマン訴訟が効いたか、反町隆史・松嶋菜々子夫妻。結婚当初は理想的な美男美女カップルと言われたものだが、今では反町の低視聴率男ぶりと松嶋 [全文を読む]

小泉今日子「あまちゃんでの演技は日頃の酒席で培われた」

アサ芸プラス / 2013年08月09日10時00分

「脚本を書いた宮藤官九郎は、アキをヒロインにしつつ、離婚して子供を連れて北三陸の田舎に出戻った、元アイドル志望のヤンママの春子に、さりげなく話を集約させています。実生活では『なんてたってアイドル』でしたが、山口百恵や松田聖子のように子供には恵まれなったキョンキョン。だからこそ、春子の内面を演じられると、クドカンは小泉今日子のために脚本を書いたはずです」 [全文を読む]

木嶋佳苗 最終弁論は山口百恵引退シーンのような気配あった

NEWSポストセブン / 2012年05月03日16時00分

裁判で見せた彼女は、「女は早く結婚して子供を作るのが幸せだ」という価値観もあるし、「女はもっと性的に自由に生きるのも良いんだ」という価値観も一緒にあった。「手記」を読んでいて、あそこまで本当の自分がない人がいるのかと、恐怖すら感じました。 佳苗被告の中学の卒業文集のタイトルが「佳苗、15歳」というのですが、「手記」は「佳苗、拘置所」みたいな感じ。最終弁論 [全文を読む]

長男・祐太朗が秘話披露 山口百恵が白マイクに込めた意味

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月05日09時26分

番組では、百恵さんが夫で俳優の三浦友和(65)と撮影したという子供時代の祐太朗を囲む家族の秘蔵映像が流れ、祐太朗は「絶対見てますよ」とも。百恵さん一家を長らく取材するベテラン芸能記者、青山佳裕氏が言う。 「祐太朗さんは最近、弟で俳優の貴大さんと実家で顔を合わせると、『彼女いないの?』『結婚しないの?』という話をよくするそうです。どちらも30歳を越え、いつ結 [全文を読む]

<コラム>あのころ中国人は日本に憧れ手本としていた…、私の記憶の中の「日中関係史」

Record China / 2017年05月13日11時30分

そのテレビは子供だった私にとって、魔法のようなものだった。その時代、中国ではテレビはぜいたく品だったのだ。その後、さらに父は日立のステレオテープレコーダーを買った。日本のレコーダーで台湾のテレサテンの歌を聴くのは、当時最高のぜいたくであったと言える。もう1つ、当時の学校の地理の先生が授業中に世界地図の中の日本を指して冗談半分で「ここは小日本だ」と言っていた [全文を読む]

「家に帰ったら佐々木希 家に帰ったら堀北真希……」というツイートが話題に

ガジェット通信 / 2017年04月10日03時10分

また、ネット上では 「今死ねば佐々木希の子に生まれ変われる」 といった内容のツイートや書き込みなどが散見されたが、それに対して 「今死ねば佐々木希の子供として生まれてこれるかもしれない」とか言ってる人たくさんいるけど生まれてきたのがお前らだったときの佐々木希の気持ちも考えてほしい というツイートがあり、多くのリツイートを集めていた次第である。 ※画像は『 [全文を読む]

堀北真希「引退」の裏に親密すぎる「嫁姑関係」

NEWSポストセブン / 2017年03月01日07時00分

所属事務所は感知していなかったそうですよ」(前出・芸能関係者) ちょうどいま、子供は生後3か月。いちばんかわいい時期に離れたくないという気持ちは十分すぎるくらいわかるが、ママになった堀北を見たかったなぁ……。 [全文を読む]

三浦友和、“一家の大黒柱”役がハマる理由 『就活家族』と『葛城事件』の共通点を探る

リアルサウンド / 2017年02月24日06時00分

つまり、家族全員で食卓を囲み、子供は学校を出て就職をして、家族が増えていくという、かつてならば当たり前のことが出来にくくなった現代において、それをかたくなに守ろうとするばかりに、家が心安らぐ場所ではなくなってしまったのだ。 三浦は『就活家族』でも家を背負っている。しかし、なぜ今、三浦友和が、家を背負う役が当たり役になっているのだろうか。 そこには、三浦自身 [全文を読む]

大ヒット歌手・力士の増位山 紅白出演オファーあった

NEWSポストセブン / 2017年02月05日16時00分

* * * 子供の頃はコーラス部に入っていて、小学5年生の時にテレビ番組に出たこともあった。力士になる前は歌手になるのが夢だったね。 昔は福祉相撲やテレビ番組で力士が歌を披露する場面が結構あったし、地方巡業する際に「力士が歌ったり、野球をしたりするなら、興行を受けましょう」という契約条件もあったんだよね。取組以外の部分でも、お客さんを呼ぼうとする風習があ [全文を読む]

フォーカス