子供 山口百恵に関するニュース

「名古屋の神様」 百恵超える名前を依頼され松田聖子と命名

NEWSポストセブン / 2015年08月15日07時00分

愛知県・知多半島で生まれた沖さんは、日本でも有数の霊場といわれる鞍馬山で修行中に倒れた祖父の霊能力を色濃く受け継いだようで、地元で有名な不思議な子供だった。「幼い頃から、神様の言葉が聞こえたり、他人の前世が見えたり、という、いわゆる霊能力がありました。おしゃべりを始めたくらいなので、5才くらいだったでしょうか。学校に通うようになってからは、例えば授業中に [全文を読む]

昭和のアイスは懐メロと同じ感覚で楽しめる!―『日本懐かしアイス大全』アイスマン福留さんインタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月02日06時30分

それは昭和のアイスが、子供向けに作られていたことが大きかったと思います。――たしかに最近は大人向けのリッチなアイスや、女性をターゲットにしたローカロリーのアイスが目立ちますが、昔のアイスは“子供の食べもの”というイメージが強かったんでしょうね。福留 ベビーブームがあって子供の数も多かったですし、子供の世界で完結した商品が多く作られたんでしょうね。それに昔は [全文を読む]

女性が答えた「愛妻家になりそうな男性の特徴」に納得!

Woman Insight / 2017年01月20日19時15分

3位 子供好きな人(46.7%) 子供の問いかけにきちんと答えたり、一緒に遊んでいる男性を見ると「いい旦那さん&パパになりそうだな~」なんて感じませんか? 子供好きな男性は優しそうにも見え、結婚してからも家族を大切にするイメージがわきますよね。 2位 実家の家族との関係が良好な人(52%) 約半数の回答を得た「実家の家族との関係」。これって結婚前の恋人同 [全文を読む]

記者が語った今だから言える「山口百恵とのカーチェイス」

WEB女性自身 / 2013年05月07日07時00分

子供が泣きだした。妻が大丈夫よとなだめても、怖い怖いと言い、泣き声はしだいに大きくなって》(三浦友和著『被写体』より) 大騒動になったのは、長男・祐太朗の入園式のとき。幼稚園に向かう三浦家の車が信号で停止すると、報道陣が取り囲み、車内の長男にまでストロボの光を浴びせかけたのだ。このとき、友和さんは窓の隙間から差し込まれたカメラを奪い取り、百恵さんは車を降 [全文を読む]

上戸彩「山口百恵さんになりたい」とHIROを支える妻が理想像

NEWSポストセブン / 2012年09月20日07時00分

結婚後は仕事を辞めて、夫と子供のために生きていきたい、と。子供は5人産むんだって決めていますしね」 上戸は10代のころから“妻たるもの、三歩下がって夫の影を踏まず”という夫婦観を持っていた。それは、過去のインタビューのこんな言葉にも表れている。 「女のひとは家の中で男より強くなっちゃいけない。男は男らしく、女は女らしくないとね」 「料理や掃除、洗濯とか、女 [全文を読む]

2017年 母の日に関する調査レポート “花より団子”傾向!?実はお母さんは、母の日に「プレゼント」よりも「外食」を期待

PR TIMES / 2017年05月10日15時12分

母の日の発祥であるアメリカでは、母の日は子供からお母さんへだけではなく、夫から妻へ感謝を伝える日でもあり、朝はベッドに朝食を運び、夜は外食だそう。今年の母の日は、日頃仕事も家事も頑張ってくれる奥様へ感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?2.実はお母さんが本当に望んでいる母の日ギフト1位は【外食】[画像2: https://prtimes.jp/i/ [全文を読む]

加藤ミリヤ、オーディションで勝ち取ったディズニー作品 “色気”が増した最新の美容事情も語る モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2017年03月02日20時16分

※大人のみ、子供のみでのグループでの購入はできません。大人(中学生以上) / 子供(3歳~小学6年生以下) ※小学生以下のお客様は、小学生以下であることがわかる名札やテストをご持参ください。 ※大人の方は着席でのご観覧になります。 チケット先行受付スケジュール MILIYAH LOVEHEAERT CLUB 一次先行受付 3月1日(水)18:00~3月5 [全文を読む]

岡田奈々、アイドル時代は「ハワイ日帰り撮影もありました」

NEWSポストセブン / 2017年01月04日07時00分

子供だったんです」 1975~1976年の大ヒット青春ドラマ『俺たちの旅』で演じた、田中健の妹役も岡田の人気を後押しした。ツインテールと大きな瞳が生む無邪気で愛くるしい表情が若者を魅了し、劇中歌となった『青春の坂道』もヒット。順風満帆な芸能生活を歩んでいるように見えたが、20歳を迎えた1979年に「今後は女優一本で行きます」と宣言した。「歌は本当に大好きで [全文を読む]

ソロアイドル 今は少なくなったが70年代は多かった

NEWSポストセブン / 2016年07月18日16時00分

当時の子供たちは夢中になってピンク・レディーの『UFO』を歌い踊っていたものです。もちろん私もその1人で、今でも振り付けは完璧。 そして星の数ほど名曲が生まれた中で、私のいちばんのお気に入りは、桜田淳子さんの『気まぐれヴィーナス』です。トマトにたとえた、健康的で上品なお色気もほんのりの歌い出し。 桜田淳子さんがとびきりキュートなことはもちろんですが、何と言 [全文を読む]

松田聖子ら命名した「名古屋の神様」 三島の死予見の逸話も

NEWSポストセブン / 2015年10月06日11時00分

生年月日や、親が子供に「どうなってほしいか」などを考慮し、画数をみながら名前をつけるという。その代表例が松田聖子(53)を世に送り出したことだ。 当時は山口百恵が三浦友和と結婚、引退した直後。百恵という国民的アイドルを失い、日本中が沈んでいた。そんなところへ次代のスターとして現われたのが聖子だった。そのため、命名の際には“山口百恵を超えるように”という要望 [全文を読む]

フォーカス