ドラマ 山崎豊子に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

こんなときは、温かい部屋でゆっくりと読書なんていかがでしょうか? 今回は、ぜひ原作を読んで欲しい日本のドラマ作品を5本ピックアップして紹介させて頂きます。既にドラマを観て内容や結末を知っていたとしても、より深く楽しめる原作を選んでみました。もちろん、ドラマを知らなくても十分に楽しめる名作ばかりです。 空飛ぶ広報室(有川浩)2013年にTBSでドラマ化された [全文を読む]

医者が守るのは命?金?名誉?絆!?記憶に残る“医療ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月22日09時55分

やはり、生死に関わる人々の姿には真剣さを感じ、ドラマで観ても迫力があります。患者さん側のドラマと医療従事者側のドラマが複雑に絡み合い見応えもあり、近年様々な医療ドラマが大ヒットしています。メディア研究の第一人者カナダのマーシャル・マクルーハン氏は、この現状を1964年に予測していたほどです。今回はそんな、多くの人の記憶に残った印象深い医療ドラマ作品を、ドク [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

企画第1弾は「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを実施。ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』(新潮文庫)は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、作家・山崎豊子氏の代表作です。本ドラマは、WOWOW開局25周年記念作品で、上川隆也、渡部篤郎など豪華キャストが出演します。またアフリカや中東ロケなどドラマ [全文を読む]

ハリー杉山「モデル時代は挫折のみ…」夢だったドラマデビューがかなう!

Smartザテレビジョン / 2017年04月06日19時05分

情報番組からバラエティー、さらには教養番組までジャンルを超えて大活躍中であり、幅広い層から人気を誇るハリー杉山がドラマデビューすることが決定した。 ハリーが出演するのは、松嶋菜々子主演で、4月15日(土)、16日(日)に2夜連続で放送される「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」(フジテレビ系)と、4月17日(月)スタートの相葉雅紀主演“月9”ドラマ「貴族探 [全文を読む]

WOWOW×『ダ・ヴィンチ』連動フェア&キャンペーンスタート!第1弾は「山崎豊子フェア」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! 企画第1弾は連続ドラマW「沈まぬ太陽」放送記念として、「山崎豊子フェア」を開催。ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、山崎の代表作だ。ドラマには、上川隆也、渡部篤郎など豪 [全文を読む]

半沢直樹に影響され「バンカーで倍返し」目指す就活生が増加

NEWSポストセブン / 2013年08月25日16時00分

大人気ドラマ「半沢直樹」でメガバンクの就活が人気!? ドラマ、漫画が就活に与える影響を作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。 * * * 今年はドラマの当たり年ですね。NHKの朝の連続ドラマ『あまちゃん』も大人気ですが、同様に人気を集めているのがTBS系の日曜劇場『半沢直樹』です。池井戸潤氏の企業エンターテインメント小説『オレたちバブル入行組』『オ [全文を読む]

『白い巨塔』の変遷にみる 日本の希薄化【前編】

文春オンライン / 2017年08月29日07時00分

先日、ニューヨークに出張に行った際、帰りの飛行機の中でテレビドラマ『白い巨塔』の唐沢寿明版というのがあったのを知り、原作の続編に当たる第2部の11回分を一気に観ることができた(財前が教授になるまでの第1部は残念ながらなかった)。ニューヨーク→東京は14時間のフライトなので、全部観るのにちょうどよかった。 山崎豊子の傑作長編社会派小説『白い巨塔』。ご存知の [全文を読む]

日本のテレビ初潜入! 松嶋菜々子がパリの新設ディオールに

Smartザテレビジョン / 2017年04月13日19時49分

4月15日(土)、16日(日)の二夜連続で放送される土曜プレミアム「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」(土曜夜9:00-11:25、日曜夜9:00-11:24、フジテレビ系)の放送を目前に控え、15日(土)朝10時45分から「山崎豊子原作ドラマ『女の勲章』今年一番の傑作すべて見せます直前SP」が放送される。 主演の松嶋菜々子は海外ロケでパリを訪問、原作に [全文を読む]

松嶋菜々子 スペシャルドラマ「女の勲章」の妖艶姿は娘たちのバレエ留学のため?

アサ芸プラス / 2017年04月01日09時57分

4月15・16日の二夜連続で放送されるスペシャルドラマ「女の勲章」(フジテレビ系)のポスタービジュアルが公開された。主演の松嶋菜々子(43)がまさにスペシャルにふさわしい装いを見せているが、そこにはワケがあるようで‥‥。 無数の白いバラに囲まれた松嶋は、クリスチャン・ディオールのシフォンドレスを身にまとい、挑発的に染めた真っ赤な唇と、どこか冷淡な目でこちら [全文を読む]

東京ドラマアウォード2016において2作品が優秀賞を受賞

PR TIMES / 2016年11月07日17時57分

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)が制作したオリジナルドラマ2 作品が、東京ドラマアウォード2016 でそれぞれ優秀賞を受賞しました。詳細は以下の通りです。[表: http://prtimes.jp/data/corp/1355/table/3410_1.jpg ] 東京ドラマアウォードは、作品の質の高さだ [全文を読む]

渡辺恒雄氏抗議のドラマ『運命の人』 主人公のモデルも激怒

NEWSポストセブン / 2012年02月10日07時00分

読売新聞グループ本社会長・渡辺恒雄氏(85才)が、現在放送中のドラマ『運命の人』(TBS系)に大激怒している。 このドラマでは、本木雅弘(46才)がその密約を曝く毎朝新聞のエース記者・弓成亮太を演じ、大森南朋(39才)がそのライバルである読日新聞の記者・山部一雄を演じている。この清潔な正義記者である弓成と、ゆすりたかりの悪徳記者の山部の対立が、複雑に絡み合 [全文を読む]

主人公は大泉洋で“あてがき”した作家・塩田武士の野心作『騙し絵の牙』「大泉さんも『これカッコイイね』って…」

週プレNEWS / 2017年09月02日11時00分

―映画やドラマのように一方的に与えられるものとは違いますよね。 塩田 そうなんです。なぜ小説が豊かかというと、時間をこっちがコントロールしているからなんですよ。情報を受け取るメディアは今すごく発達しているけど、それは能動的に時間を操って、ものを考えるメディアではない。時間をコントロールすることが、いかに豊かかということですよね。それにより書き手は深い物語 [全文を読む]

「ミタ」はハッタリ?松嶋菜々子「女の勲章」惨敗で視聴率女王株がダダ下がり

アサジョ / 2017年04月18日18時15分

4月15、16日の2夜にわたって放送された松嶋菜々子主演の2夜連続ドラマ「山崎豊子ドラマスペシャル女の勲章」(フジテレビ系)は、第1夜は8.1%、第2夜が6.2%と、期待を下回る結果に終わった。 同ドラマは、大阪の裕福な羅紗問屋の娘として生まれた大庭式子(松嶋)が、戦争で家族も家も失い、そこからファッションデザイナーとして成功し、その後の運命を描いている。 [全文を読む]

木村拓哉『ALIFE~愛しき人~』は『白い巨塔』『愛染かつら』を超えるか?

メディアゴン / 2017年02月03日07時40分

柴川淳一[著述業]* * *木村拓哉主演のTBSドラマ『ALIFE~愛しき人~』の第3回(1月27日)を見た。数有る医療ドラマの走りは、川口松太郎原作の『愛染かつら』(フジ1965・1968・1974、NHK1976)だろう。医師と看護婦のラブストーリーを縦糸に、彼らを取り巻く人間ドラマを横糸に織り成すメロドラマ的古典の名作だ。山崎豊子はそれを超えるべく『 [全文を読む]

キムタク初の医師役 過去の医療ドラマとの共通点と違いは

NEWSポストセブン / 2017年01月29日07時00分

木村拓哉が初めての医師役に挑んだドラマ『A LIFE~愛しき人~』(以下『A LIFE』)が初回の平均視聴率14.2%でスタートした。2回目は数字を伸ばし14.7%を記録。この数字が高いとみるか低いとみるかは今後の推移によって判断がわかれるが、妥当な数字ではなかっただろうか。 それは、過去の医療ドラマのヒットのキーワードをおさえていることによって、ある程度 [全文を読む]

上川隆也「沈まぬ太陽」の過酷な海外ロケに苦笑!

Smartザテレビジョン / 2016年08月16日20時07分

WOWOWプライムで放送中のWOWOW開局25周年記念「連続ドラマW 沈まぬ太陽」が佳境に突入している。 本ドラマは「沈まぬ太陽」は、山崎豊子の代表作をWOWOW最大のスケール・全20話でドラマ化した作品。 日本の航空会社・国民航空を舞台に、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き、巨大組織で生きる者たちの姿を描き、上川隆也は、同社の労働組合委員長 [全文を読む]

全20話だからこそ実現できた!ドラマ版「沈まぬ太陽」の魅力をチェック

Movie Walker / 2016年07月01日20時46分

「白い巨塔」「大地の子」などで知られる山崎豊子の長編小説を映像化した、WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW 沈まぬ太陽」。09年の映画『沈まぬ太陽』も、当時映画賞を軒並みに受賞するなど高評価を受けたが、本ドラマではより重厚に、より原作を忠実な作品になっている。そんなドラマ版のおもしろさを検証した。 本作は、高度経済成長期の大手航空会社“国民航空”が舞台 [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「あの山崎豊子は盗作の常習犯?」

アサ芸プラス / 2015年09月12日17時55分

これだけでも十分すぎるほどの“前科”だが、96年にNHKでドラマ化され、大ヒットした「大地の子」でも、筑波大名誉教授・遠藤誉氏の著書「〓子(チャーズ/〓は[上/ト])」からの数十カ所に及ぶ盗用疑惑が発覚。遠藤氏が提訴する事態となる。「山崎氏が『〓子』を参照していたのは間違いありません。ただし裁判は山崎側の勝訴。裁判所の判断は『2冊の本はおおまかな筋では共通 [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「田宮二郎」“死に至った理由を2人の男が分析”

アサ芸プラス / 2015年08月08日09時57分

「僕の友人の精神科医がドラマを見ていて、彼の異変に気がついた。僕に『ちゃんと薬を飲むように言ったほうがいいよ』と伝えてきたんだ」 語るのは名優・山本學である。日本のドラマ史の金字塔と呼ばれる「白い巨塔」(78~79年、フジテレビ系)で、主人公・財前五郎のライバル医師である里見脩二を演じた。 この撮影当時、すでに財前役の田宮は躁うつ病だった。また「M資金」な [全文を読む]

フォーカス