ドラマ 小泉今日子に関するニュース

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、『踊る大捜査線』(フジ系/1997年)もそうだったけど、お仕事ドラマといいつつ、やっぱり視聴者は青島俊作(織田裕二)と恩田すみれ(深津絵里)の恋の行方も気になるワケで。2人が心を通わせつつも、なかなか前に進めないもどかしさに、視聴者は感情移入するのである。■そのチームに阿部寛はいるか3つ目の世界は、主人公が所属する組織である。東京地検城西支部。検事も [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

恋ダンス――そう、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディングで、ガッキー(新垣結衣)をはじめ、出演者たちが星野源サンの曲『恋』に合わせて踊る、あのダンスだ。 かつてのポッキーダンスを彷彿させるガッキーの魅力全開である。TBSサン、ありがとう! ちなみに振り付けは、先のリオ五輪閉会式の東京プレゼンの振り付けも担当したMIKIKOサン。Per [全文を読む]

曲を聴けば自然とドラマの映像が浮かんでくる!印象的だった懐かしのドラマ主題歌5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月08日10時55分

今も昔も、ドラマとは切っても切り離せないもの、主題歌。名作と呼ばれるドラマは、どの作品も素敵な主題歌とセットで記憶に残っているのではないでしょうか?『東京ラブストーリー』の「ラブ・ストーリーは突然に/小田和正」や、『101回目のプロポーズ』の「SAY YES/CHAGE and ASKA」など、中高年なら知らぬ人はいない、言うに及ばぬ名作&名曲です。 今回 [全文を読む]

「マルモリダンス」や「恋ダンス」だけじゃない!?印象的なダンスエンディングドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年08月09日11時45分

ドラマ『警視庁いきもの係』で橋本環奈さんの可愛い演技に魅了されてる皆さまこんにちは。『警視庁いきもの係』とは、警視庁の中にある総務部動植物管理係に異動した元捜査一課の「須藤友三」、そして動物飼育の専門家「薄圭子」の凸凹コンビが、様々な動物絡みの事件を解決していく刑事ドラマです。 刑事ドラマとしてのストーリー展開や、渡部篤郎さん、橋本環奈さんの演技、そして [全文を読む]

WOWOWのオリジナルドラマ製作プロジェクト「ドラマW」の初期作品を5週に渡って放送!

PR TIMES / 2012年06月08日12時24分

作品のクオリティを極限まで追求してきたWOWOWオリジナルドラマ製作プロジェクト「ドラマW」。 2003年のスタートから10年目、従来のテレビドラマの概念を超えた新しいドラマへの挑戦は、「ドラマW」だけでなく、「連続ドラマW」「ドラマWスペシャル」へとつながってきた。 7月~8月、特別企画として、「ドラマW」初期作品の中から珠玉の5作品を5週にわたってオン [全文を読む]

キョンキョンに篠原涼子に浅野温子!センチな秋にしっとり楽しめる大人の恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年10月24日14時45分

そんな涼し気な季節に似合うのは、きっと落ち着いた大人の恋ではないでしょうか? そこで今回は、日本のドラマの中から秋の夜長にぴったりな、大人の恋愛を楽しめる名作ドラマをいくつかピックアップしてみました。若者向けの熱い恋愛も、胸がくすぐったくなるような初恋も良いですが、2016年の秋は、しっとりとした大人の恋愛ドラマを楽しむ、そんな過ごし方はいかがでしょうか? [全文を読む]

正月休みはスペシャルドラマで楽しもう!2017年始に観たいお薦めのスペシャルドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月28日11時40分

さて、12月で秋ドラマが続々と最終回を迎え、1月からは新たに冬ドラマが始まります。これまた楽しみで仕方ありませんが、今回は連続ドラマではなく、秋ドラマと冬ドラマの間に放送される、年始スペシャルドラマにフォーカスしてみたいと思います。お正月休みくらいしかゆっくりとテレビを観る事が出来ない・・・そんな方もたくさんいるのではないでしょうか?是非、この機会に20 [全文を読む]

「AKB48最大のライバルは今や『あまちゃん』」と中森明夫氏

NEWSポストセブン / 2013年09月13日07時00分

* * * 『あまちゃん』はNHK朝ドラ史上初のアイドルドラマだ。4月1日の初回から毎朝、生視聴してツイッターで批評している(まとめサイトは40万人超が読んでくれた!)。 主人公のアキの前で親友のユイ(橋本愛)が「アイドルになりたい!」と叫んだ序盤の回に〈このドラマはアイドルの世界を変革する! これを批評しないで、私がアイドル評論家である意味がない〉とツ [全文を読む]

芸能界ピンチヒッター裏・物語(1)

アサ芸プラス / 2012年03月27日11時00分

ドラマ編 上野樹里→井上真央「花より男子」 「『TBS版のだめ』頓挫のとばっちりで・・・」 石原さとみ→綾瀬はるか「世界の中心で、愛さけぶ」 「頭剃るのが嫌」で別スケジュールを優先!? 生き馬の目を抜く芸能界で、その役、その座を得られるかどうかはまさに死活問題。誰かの「代役」が回ってくるという運命のいたずらは、千載一遇のチャンスなのか、はたまた挫折のワナな [全文を読む]

小泉今日子が殺人未遂の妻役に!「逃げ恥」枠で宮藤官九郎と久々タッグ

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月26日06時00分

「逃げるは恥だが役に立つ」「あなたのことはそれほど」と好調が続いているTBSの火曜夜10時のドラマ枠の10月クールドラマが、小泉今日子主演の女子刑務所を舞台にしたドラマ「監獄のお姫さま」に決定。宮藤官九郎が脚本を担当する本作で、小泉は不貞を働いた夫を刺した殺人未遂の罪で投獄された女性を演じる。 小泉の役柄の設定からしてかなり重めの犯罪ドラマのように思われる [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

そんな、人の心の闇を描く“ドロドロ系ドラマ”は、どこか芝居がかってしまうものも多く、なかなかヒットには結び付きにくいジャンルかもしれません。しかし、一度火が付くととんでもなくヒットするのも特徴といえます。今回は、とにかく記憶に残るドロドロ系の名作ドラマを10作品選んでみました。 ドロドロといったらコレ!?大映ドラマはドロドロの宝庫『花嫁衣裳は誰が着る』『 [全文を読む]

2019年大河に向け、クドカンにリベンジの機会到来! TBS系・小泉今日子主演ドラマで脚本を担当

日刊サイゾー / 2017年07月31日23時30分

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で、脚本家に起用されたクドカンこと宮藤官九郎が、小泉今日子が主演する10月期のTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(火曜午後10時~)でも脚本を担当することになった。小泉が連ドラの主演を務めるのは、14年4月期の『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)以来となる。 随所にコミカルなネタを挿入す [全文を読む]

「キツすぎる」小泉今日子の鬼嫁役にドン引き?

日刊大衆 / 2017年01月26日12時00分

堤真一(52)主演のドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)の第2話が、1月21日に放送された。ギャグたっぷりな内容が好評な一方、小泉今日子(50)演じる鬼嫁が「キツすぎる」と視聴者に不評のようだ。 同作は、堤演じる中年男性の左江内英雄が、ある日謎の老人からスーツを受け取ったことで、スーパーヒーローとして世界平和を守ることになるというコメディ [全文を読む]

<青春に謝るTBS「ごめんね青春!」>宮藤官九郎が問いかける「青春」という恥ずかしい言葉の復権

メディアゴン / 2014年11月24日00時05分

十代の高校生の中に、金星人や火星人が混じって同じ授業を受けることになったら?TBSドラマ「ごめんね青春!」(日曜・21:00〜21 :54)はそんなドラマである。仏教系の男子校(通称・東高[とんこー])と、カトリック系の女子校(通称・三女[さんじょ])が、「三女」の経営難から、合併することになる。本作は、そのドタバタを描いた青春学園コメディだ。脚本のクドカ [全文を読む]

安室奈美恵、小泉今日子主演新ドラマの主題歌に決定<監獄のお姫さま>

モデルプレス / 2017年09月05日04時00分

【安室奈美恵/モデルプレス=9月5日】アーティストの安室奈美恵が、女優の小泉今日子が主演をつとめる10月スタートのTBS火曜ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜日よる10時~)の主題歌を担当することがわかった。同ドラマは連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)、『ごめんね青春!』(2014年・TBS)、『ゆとりですがなにか』(2016年・NTV)などを手掛 [全文を読む]

堤真一『佐江内氏』打ち上げで“鬼嫁”小泉今日子に熱烈ハグ

WEB女性自身 / 2017年03月22日17時00分

この日、都内のイタリアンレストランでドラマ『スーパーサラリーマン佐江内氏』(日本テレビ系)の打ち上げが行われたのだ。開始時刻の午後5時前に、徒歩でやって来た小泉。しばらくすると、主演の堤真一(52)をはじめ出演者たちが続々と会場入りした。 「小泉さんは撮影の際はよくひとりで現場入りし、終わるとそのまま帰っていました。スタッフが送り迎えできなくて慌てることも [全文を読む]

小泉今日子、デビュー35周年記念ベストアルバム発売決定

okmusic UP's / 2017年03月21日14時00分

【その他の画像】小泉今日子1982年のデビュー曲「私の16才」をはじめ、日本の歌謡史に金字塔を打ち立てた「ヤマトナデシコ七変化」「なんてったってアイドル」「木枯しに抱かれて」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々の大ヒット曲、そしてドラマ『あまちゃん』挿入歌としてのヒットも記憶に新しい「潮騒のメモリー」、最新シングル「T字路」に至るまでの全シング [全文を読む]

「左江内氏」クランクアップで横山歩「チューはやめて」

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日06時05分

毎週土曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」。3月18日(土)に最終回の放送を控える中、このほど主人公・左江内英雄を演じた堤真一ら「左江内ファミリー」がクランクアップした。藤子・F・不二雄の原作漫画を、福田雄一の脚本・演出でドラマ化した本作。ひょんなことからスーパーヒーローとなったサラリーマン・左江内(堤真一)が、家庭と職場の諸 [全文を読む]

主婦3人が冬ドラマ予言、話題呼ぶのは“おじさまコメディ”

WEB女性自身 / 2017年01月18日06時00分

恋ダンス も楽しかったですよね」 こう語るのは、ドラマウオッチャー・さっちゃんはねさん。あんなにブームになるとは、最初は予想だにされていなかった『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。 ロス を感じる人が続出するほどブームになった『逃げ恥』の次にくる冬ドラマは何か?そこで、さっちゃんはねさんに加え、ドラマウオッチャー・田幸和歌子さん、コラムニスト・ペリー [全文を読む]

能年玲奈 独立洗脳騒動から5カ月でもはやニート状態

アサ芸プラス / 2015年09月13日09時57分

ドラマ終了後には「あまロス」なる社会現象を引き起こしたほどの大フィーバーがまるでウソのよう。「あまちゃん」後の能年は、CM出演こそとぎれないものの、2本の映画に、単発ドラマは1本だけ出演という、お寒い時間を過ごした。「次の仕事をえり好みしているため、出演できないなどと噂されていたが、実際には所属事務所とトラブルを抱えていた。『給料を5万円しかもらっていな [全文を読む]

フォーカス