手術 小林麻央に関するニュース

市川海老蔵、小林麻央夫妻の「旅行プラン」を乳がん患者が声高に応援するワケ

アサジョ / 2016年07月15日18時00分

手術では皮下乳腺全摘など、患部を大きく切除することになるはず。そう聞くと一般の人は『傷跡を見せたくないから手術前がいいのか』と考えがちですが、傷痕を隠したいだけなら家族風呂を貸切にするといった対策が可能です。それよりも手術の影響が大きいのは、寝具の問題なのです。多くの患者さんは手術後、寝返りを打つのも困難なほどの痛みに見舞われ、しかもそれは数ヵ月から年単 [全文を読む]

乳がんの小林麻央 全摘出しなかったのはなぜなのか?

NEWSポストセブン / 2016年07月14日16時00分

抗がん剤治療を続けているものの、手術にいたっていないと海老蔵が発言したことで、「乳房を全摘出していない、切っていないということは、見つかった時点でもう手術できないほど進行していたのではないか」という憶測の声もあがった。しかし、ある関係者はこう言う。「“切らない”と決めたのは麻央さんや海老蔵さん、家族で話し合ってのことだったという話も聞きました。乳がんが発覚 [全文を読む]

小林麻央さん死去 闘病中のブログに込めた思い 最後の更新は…

モデルプレス / 2017年06月23日15時33分

◆10月1日:手術を受けていた「奇跡はまだ先にある」 「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました」と局所コントロール、QOL(Quality Of Life=生活の質)のための手術を受けたと報告。「一時は、胸や脇の状況が深刻になってしまったため、手術さえも選択にありませんでした」と明かし、「先生方が大きな手術にチャレンジして下さったこ [全文を読む]

小林麻央「前入院先」病院の担当医が極秘退職したワケ

アサ芸プラス / 2016年12月10日09時57分

「10月に入り、自身のブログでは初めて『ステージ4』について言及し、その後、手術を受けたことを公表しました。この手術は根治のためではなく、QOL(=生活の質)を落とさないためのもの。手術は無事に成功し、以前はなかなか外出許可が下りませんでしたが、クリスマスとお正月は家族と一緒に過ごすことができそうです」 手術を受けたのは都内のA病院。今年の夏に転院して以降 [全文を読む]

小林麻央、手術前に「胸が締め付けられた」体験を語る

モデルプレス / 2016年10月12日18時20分

先月、局所コントロール、QOL(Quality Of Life=生活の質)のための手術を受けていたことを報告していたが、手術を受ける前に遭遇した「胸が締め付けられました」という出来事を振り返った。手術前、同じく手術に臨もうとしている4歳の女の子が泣いている姿を目撃したという小林。女の子へ「大丈夫」と声をかけて安心させようとしている両親の様子を目にし、「お父 [全文を読む]

日本で認知度が低い?小林麻央も訴えるセカンドオピニオンの重要性

しらべぇ / 2016年09月15日09時30分

僕自身も患者側として、過去に『近くの病院で手術したいから』とか『ここの病院で親族がナースをしているから』とかいって、セカンドオピニオンを受けたことがあります。その場合はカウントとしてはセカンドオピニオンとならないのですが、そういう人はかなり多いなぁという印象です」(厚生労働省勤務・20代男性)セカンドオピニオンという制度そのものを利用せず「飛び込み」で病院 [全文を読む]

市川海老蔵が涙 小林麻央さんの最期の様子を明かす<緊急会見>

モデルプレス / 2017年06月23日14時54分

10月頃に「局所コントロール、QOL(Quality Of Life=生活の質)」のための手術を受け一度退院したが、12月に体力回復のため再び入院。2017年1月29日、退院を報告した。 当初、自宅療養をしながら夫や母、フリーアナウンサーの姉・小林麻耶の助けを借り、麗禾ちゃんと勸玄くん2人の子育てに励んでいたが、4月以降、体調不良を訴えることが続き4月2 [全文を読む]

小林麻央、手術受けたことを報告「心に決めていました」

モデルプレス / 2017年05月11日15時02分

新たに受けた手術について明かした。◆点滴用ポートを埋め込み 「鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込む手術をしました」と報告。「腕の血管には限界を感じていましたし、ポートがあれば入れられる濃い栄養の点滴などあることを知り、タイミングを逃さないよう、ポートの手術を受けることを心に決めていました」と以前から受けるつもりであったという。 手術については「親知らずの [全文を読む]

最上もが、ビキニで魅せる抜群プロポーション 今週一番読まれたニュースは?【総合TOP10】

モデルプレス / 2016年10月22日19時00分

先日、根治ではなく「局所コントロール、QOL(Quality Of Life=生活の質)」のための手術を受け退院し、現在は通院している麻央は、「術後、抗がん剤をお休みしています」と報告。そして、抗がん剤の成分の影響で完全に抜けていたという眉毛やまつ毛が再び生え、形になったことを伝え、眉毛がはっきりと分かるショットを公開。ニッコリと微笑み、喜んでいる。 ◆7 [全文を読む]

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

腫瘍のある部分を切除する乳房温存手術を受けるも、二度の再発に見舞われ、結局、右胸の全摘手術を行った。その後、乳房の再建手術を受けた彼女は、9月に安倍晋三首相が主宰する「働き方改革実現会議」の有識者メンバーに起用されることが発表された。これは乳がん発覚後も治療しながら女優業を続けた経験から、がん患者が働きやすい環境整備に意見を反映させるため、といわれている。 [全文を読む]

フォーカス