手術 小林麻央に関するニュース

乳がん 麻央さんのように切らない選択する人の治療法

NEWSポストセブン / 2017年07月10日07時00分

しこりを中心に周囲の組織を取る部分的な手術を受けるも2012年と2013年に再発し、3度目の手術で右乳房を全摘出した。 北斗晶(49才)は2015年9月、48才で右胸が乳がんに侵されていることを告白。全摘出手術を受け、その後抗がん剤の投与やホルモン治療を続け、現在は仕事復帰している。南果歩(53才)は2016年2月、52才でステージIの乳がんと診断された。 [全文を読む]

市川海老蔵、小林麻央夫妻の「旅行プラン」を乳がん患者が声高に応援するワケ

アサジョ / 2016年07月15日18時00分

手術では皮下乳腺全摘など、患部を大きく切除することになるはず。そう聞くと一般の人は『傷跡を見せたくないから手術前がいいのか』と考えがちですが、傷痕を隠したいだけなら家族風呂を貸切にするといった対策が可能です。それよりも手術の影響が大きいのは、寝具の問題なのです。多くの患者さんは手術後、寝返りを打つのも困難なほどの痛みに見舞われ、しかもそれは数ヵ月から年単 [全文を読む]

乳がんの小林麻央 全摘出しなかったのはなぜなのか?

NEWSポストセブン / 2016年07月14日16時00分

抗がん剤治療を続けているものの、手術にいたっていないと海老蔵が発言したことで、「乳房を全摘出していない、切っていないということは、見つかった時点でもう手術できないほど進行していたのではないか」という憶測の声もあがった。しかし、ある関係者はこう言う。「“切らない”と決めたのは麻央さんや海老蔵さん、家族で話し合ってのことだったという話も聞きました。乳がんが発覚 [全文を読む]

小林麻央「前入院先」病院の担当医が極秘退職したワケ

アサ芸プラス / 2016年12月10日09時57分

「10月に入り、自身のブログでは初めて『ステージ4』について言及し、その後、手術を受けたことを公表しました。この手術は根治のためではなく、QOL(=生活の質)を落とさないためのもの。手術は無事に成功し、以前はなかなか外出許可が下りませんでしたが、クリスマスとお正月は家族と一緒に過ごすことができそうです」 手術を受けたのは都内のA病院。今年の夏に転院して以降 [全文を読む]

日本で認知度が低い?小林麻央も訴えるセカンドオピニオンの重要性

しらべぇ / 2016年09月15日09時30分

僕自身も患者側として、過去に『近くの病院で手術したいから』とか『ここの病院で親族がナースをしているから』とかいって、セカンドオピニオンを受けたことがあります。その場合はカウントとしてはセカンドオピニオンとならないのですが、そういう人はかなり多いなぁという印象です」(厚生労働省勤務・20代男性)セカンドオピニオンという制度そのものを利用せず「飛び込み」で病院 [全文を読む]

女社長、再び入院する「まさか私がおっぱいおっぱい言うようになるなんて…」

ウートピ / 2017年09月15日14時30分

女社長、形成手術を受ける 2017年6月6日(火)今回は誰にも隠す必要が無いので、スケジュール調整もさくさくっと、過分なストレスなく入院日を迎えられた。ただ、入院を伝えると「すわ!再発なのか!」とあちこちで一瞬、心配をかけることとなってしまった。「今回は形成手術」というと皆安心してくれたのだが、小林麻央ちゃんのブログの影響で、今では多分全国民が、乳がんの転 [全文を読む]

【6月連載企画】 第1回「乳がん」の現実を受け入れる【前編】

ZUU online / 2017年07月27日17時00分

手術により「乳房を失う」ことも少なくないのです。「乳房の摘出」=「女性の象徴」を失うということです。最近では、フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんであることを告白し、ブログを通じて闘病生活などをつづっていました。当初は入院して手術や放射線治療をし、今年4月からは在宅医療に切り替え治療を行っていましたが、34歳という若さで亡くなりました。がんは、「終わり [全文を読む]

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

腫瘍のある部分を切除する乳房温存手術を受けるも、二度の再発に見舞われ、結局、右胸の全摘手術を行った。その後、乳房の再建手術を受けた彼女は、9月に安倍晋三首相が主宰する「働き方改革実現会議」の有識者メンバーに起用されることが発表された。これは乳がん発覚後も治療しながら女優業を続けた経験から、がん患者が働きやすい環境整備に意見を反映させるため、といわれている。 [全文を読む]

現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

タレントの北斗晶(48才)は、2cmと大きな腫瘍が見つかり、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。女優の南果歩(52才)は早期の乳がんで手術を受け、フリーアナウンサーの小林麻央(33才)は、1年8か月前から乳がんの治療を受けていることがわかった。 これまで乳がんの治療は「切る」ことを前提に「どのタイミングで」「どこまで」「いつ切るか」と議論されてきた。 し [全文を読む]

小林麻央さん報道で注目 がんの「標準治療」本当の意味を知っていますか?

文春オンライン / 2017年07月26日07時00分

たとえば、「AとBどちらの手術のほうが、合併症が少ないか」「たくさんある抗がん剤のうち、どの組み合わせが一番優れているか」と言った内容です。 次に、その課題の答えとなる医学論文を世界的なデータベースから検索して、どんな検査や治療が最も有効性が高いのかを検証します。さらに、それらの論文で示されたエビデンス(科学的証拠)に基づいて専門家が議論を積み重ね、どんな [全文を読む]

小林麻央 退院に向け新たな手術受ける「家の空気が恋しい」

WEB女性自身 / 2017年05月11日20時00分

鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込む手術を受けたと明かした。麻央は「よろしくお願いしますの新しい気持ちです」と心境を綴っている。 『ポート埋め込み』というタイトルで2回に分けて記事を更新した麻央。「腕の血管には限界を感じていましたし、ポートがあれば入れられる濃い栄養の点滴などがあることを知り、タイミングを逃さないよう、ポートの手術を受けることを心に決めて [全文を読む]

乳がん 増殖の活発さを示す4つのタイプで治療法も異なる

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

見つかった腫瘍は2cmと大きく、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。一方で女優の南果歩(52才)は人間ドックを受診して異常が見つかり、2016年3月に早期の乳がんで手術を受けた。女優の生稲晃子(48才)は43才で乳がんにかかり、その後計5回の手術を受けて乳房を再建している。 そんななか歌舞伎俳優・市川海老蔵(38才)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(3 [全文を読む]

乳がん治療は日々進歩、樹木希林の元気ぶりがその証明

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

見つかった腫瘍は2cmと大きく、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。 一方で女優の南果歩(52才)は人間ドックを受診して異常が見つかり、2016年3月に早期の乳がんで手術を受けた。女優の生稲晃子(48才)は43才で乳がんにかかり、その後計5回の手術を受けて乳房を再建している。このように女性にとって「乳がん」は、決して他人事ではない。 そんななか歌舞伎俳優 [全文を読む]

小林麻央が乳がんに 若者にも増えるがんの原因と治療法とは

しらべぇ / 2016年06月14日05時30分

■小林麻央の容体についての見解Q.小林麻央さんの乳がんは、ステージでいうとどのあたりだと推測されますか?「あくまで私の推測ですが、手術に至らなかったという点を踏まえると、ステージ3もしくは4の可能性があるのではと思います」Q.手術に至らないとはどのような状態なんでしょうか?「通常は高度な遠隔転移がありますね。根治は難しい場合が多いです。しかし、現在は抗癌剤 [全文を読む]

小林麻央さんが罹った乳がん、原因・治療法・生存率は?乳房切除手術が不可能の場合も

Business Journal / 2016年06月11日17時00分

海老蔵によれば小林さんのがんは進行性で、ステージについては「深刻」という表現を使い、現在は手術に向けて抗がん剤治療中だという。 乳がんといえば、女性が罹るがんのなかで最も多いことは知られているが、具体的にはどのような病気なのだろうか。医師で新潟大学名誉教授の岡田正彦氏に解説してもらった。 ●生活習慣の改善でリスクを減らす 乳がんは、年齢別でみると30歳代以 [全文を読む]

市川海老蔵が妻・小林麻央の「乳がん」を公表 記者会見で涙こらえる

しらべぇ / 2016年06月09日15時20分

現在の状況は「比較的深刻」なそうで、自分に合う抗がん剤を探しながら、手術をする方向性で治療中とのこと。息子である勸玄くんのお目見えの時にはすでに闘病中だったが、話し合いの末、覚悟を決めた上で向かったそうだ。病名を公表しなかったのも、家族のことを考えての判断。子供たちには、彼女が病院から帰ってこない状況をごまかしながら説明していたが、本日の会見は、子供たちも [全文を読む]

摘出手術をしない「乳がん新薬」! 小林麻央さんが通った代替医療クリニックは業務停止に

ヘルスプレス / 2017年07月27日08時00分

初期の乳がんは、手術後の再発や転移を防ぐためにホルモン剤が投与されるが、現行のホルモン剤は投与期間がおよそ5~10年と長いため、がん細胞が薬剤耐性を獲得し、副作用が生じるケースが少なくない。 片桐氏は、薬剤耐性を得た乳がんへの効果が実証されたので、術前の一次療法段階から新薬「ERAP」を投与すれば、がん細胞を抑制することも十分に可能だと期待を込める。予防 [全文を読む]

音無美紀子×樋野興夫「小林麻央さんは勇気を遺してくれた」

WEB女性自身 / 2017年07月22日06時00分

音無さんは'88年に乳がんが見つかり、当時標準治療だった全摘手術を受けた。 音無「子育てが一段落したら女優として もうひと花 と思っていた私にとって、それは大きな挫折で、誰にも知られたくなくてコソコソ がんの陰に隠れて ました。まだ乳房の温存手術も確立されてなくて、メスで切り取られるのも想像がつかない。でも主人(俳優の村井國夫さん)が『(片胸を摘出し)そ [全文を読む]

小林麻央が海老蔵の密着特番に出演 夫婦愛&親子愛に感動の声

しらべぇ / 2017年01月10日07時00分

でもなんとか、綱渡りみたいに、綱もないようなところを渡ってきて、まさか手術できるとも思わなかった。(中略)今だから言えるけど、今年の夏は絶対に無理だった」「奇跡はまだ先にあると信じています」とブログに力強く綴っている小林。綱渡りで渡ってきて新年を迎えることができた彼女なら、きっとこの先、奇跡の回復を遂げてくれるはずだ。・合わせて読みたい⇒小林麻央、がんの転 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】市川海老蔵 妻・小林麻央と愛娘の2ショット公開「最近の中で一番幸せな日」

TechinsightJapan / 2016年10月09日18時08分

その妻・小林麻央は進行性乳がんを公表し、先日「局所コントロール、QOLのための手術を受けた」とブログで告白したが、今は退院して自宅に戻っているようだ。だが海老蔵は現在、熊本県山鹿市で公演中のため家族のそばにいることができない。 そんななか小林は、自宅で野菜たっぷりの朝食を作ったようだ。8日、彼女は自身のブログで「肌寒くなってきたので、あたたかいスープが美味 [全文を読む]

フォーカス