小林麻央 抗がん剤に関するニュース

乳がんステージ4でも合コン♪ 治療で逆にキレイになってモテた!【闘病体験】

女子SPA! / 2017年08月12日15時47分

女子SPA!ライターのミフルです、 先日の記事にて、今の私が小林麻央さんと同じステージ4の乳がんを治療中であることを書きました。 がんの治療法は様々ですが、私は抗がん剤・摘出手術・放射線治療・ホルモン治療の順番で、保険が効くいわゆる標準治療を受けました。 がんの治療は副作用が強く、辛いというイメージがあると思います。でも、がんの治療で得したコトもあるんです [全文を読む]

小林麻央さんが金髪ウィッグをブログで披露〜がん患者を悩ます副作用と<外見ケア>

ヘルスプレス / 2016年09月14日21時07分

乳がんを患い闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さん。先日開設したブログでは、日々の報告や病気が判明したときの様子などのほかに、「抗がん剤で髪が抜けるので」、試した金髪のウィッグを被った写真を公開した。 2009年、国立がん研究センター中央病院が行った「抗がん剤治療による副作用の苦痛度ランキング」では、治療に伴う痛みや体調不良とともに、脱毛や爪の障害などの [全文を読む]

市川海老蔵が妻・小林麻央の「乳がん」を公表 記者会見で涙こらえる

しらべぇ / 2016年06月09日15時20分

(写真はYouTubeのスクリーンショット)9日15時、歌舞伎役者の市川海老蔵が都内ホテルにて会見を開き、妻でタレントの小林麻央が「乳がん」であることを発表した。■体調不良の噂 まさかの「がん」海老蔵によると、がんは1年8ヶ月前の人間ドックで判明。現在の状況は「比較的深刻」なそうで、自分に合う抗がん剤を探しながら、手術をする方向性で治療中とのこと。息子であ [全文を読む]

乳がんがきっかけで夢が叶った!治療しながら仕事も婚活もBBQも

女子SPA! / 2017年08月27日08時47分

これまで2回に渡って、小林麻央さんと同じステージ4の乳がんを、治療中である私のエピソードを紹介してきました。 今の私は、辛い治療(と言われる抗がん剤・摘出手術・放射線治療等)を乗り越え、半年毎の注射と毎日の飲み薬で、いわゆる再発防止のためのホルモン治療をしています。 前回は抗がん剤の副作用について紹介しましたので、今回はがんをきっかけにした考え方の変化と [全文を読む]

在宅医療・みとりが本当にベスト? 子育て中のがん末期看病を経て思うこと

OVO [オーヴォ] / 2017年08月04日16時01分

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻で、今年6月に乳がんのため亡くなった小林麻央さんのケースでも注目された。少子高齢化を背景に国も在宅医療を推進し、住まい・医療・介護・予防・生活支援が連携した「地域包括ケアシステム」の構築に取り組んでいる。一方で、行政の支援がカバーできない問題もある。子育て中に夫(享年46歳)のスキルス胃がんが発覚し、1年2カ月の闘病、そして病 [全文を読む]

小林麻央さん、切除手術遅れの背景に「3人目」への強い意志か

デイリーニュースオンライン / 2017年06月30日07時50分

小林麻央さん(享年34)の乳がんによる早逝を巡り、この間の治療が適切だったのかを検証する報道が続いている。特に、がん告知の2014年10月から、夫の市川海老蔵(39)ががんを公表した16年6月までの間の経緯を小林麻央さん側が明らかにしておらず、どのような治療を受けてきたのか謎に包まれている。この「空白の1年8か月」に何があったのか。 「麻央さんは、オカルト [全文を読む]

小林麻央の壮絶闘病で知りたい「乳がん治療最前線」(3)乳房再建という道

アサジョ / 2017年03月12日06時00分

小林のように、薬物療法による処置となる場合、その闘病生活は過酷の一言であるという。「ホルモン療法の場合、副作用として、更年期のような症状が出ます。体温が上がり、汗が大量に出る。常にイライラしてしまい、お見舞いに来た家族に対して当り散らしてしまったりするなど、患者として過ごすうえで非常に厳しい精神状態に陥る場合があります。もちろんすべての人に出るわけではない [全文を読む]

現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

女優の南果歩(52才)は早期の乳がんで手術を受け、フリーアナウンサーの小林麻央(33才)は、1年8か月前から乳がんの治療を受けていることがわかった。 これまで乳がんの治療は「切る」ことを前提に「どのタイミングで」「どこまで」「いつ切るか」と議論されてきた。 しかし、神戸海星病院乳腺外科の河野範男先生は「乳房以外にがんが転移している場合、手術をしないことが多 [全文を読む]

摘出手術をしない「乳がん新薬」! 小林麻央さんが通った代替医療クリニックは業務停止に

ヘルスプレス / 2017年07月27日08時00分

徳島大学の片桐豊雅教授(ゲノム制御学)らの研究グループは、「乳がん患者」の乳房摘出を回避する治療に道を開く新薬「ERAP」を開発し、7月13日から福岡市で開催の日本乳癌学会学術総会で発表した(「産経新聞」2017年7月12日)。乳房を摘出せず新薬で乳がん治療!3年後の実用化をめざす 今回の研究対象は、女性ホルモンのエストロゲンの刺激によって増殖する「エスト [全文を読む]

乳がん 麻央さんのように切らない選択する人の治療法

NEWSポストセブン / 2017年07月10日07時00分

歌舞伎俳優・市川海老蔵(39才)の妻・小林麻央さん(享年34)が6月22日に亡くなった。その病名は、乳がん。生涯のうち12人に1人がかかるといわれている乳がん。芸能界でも乳がんを患った女性は少なくない。 生稲晃子(49才)は2011年、42才のときに右胸に8mmほどのがんが見つかった。しこりを中心に周囲の組織を取る部分的な手術を受けるも2012年と2013 [全文を読む]

小林麻央さんの死去で、再び“民間療法”話題に……セレブ芸能人につけ込む悪徳業者も

日刊サイゾー / 2017年07月06日13時00分

市川海老蔵の妻・小林麻央さんの死去をめぐり、物議を醸しているのが「民間療法」だ。 「週刊新潮」(新潮社)は先ごろ「『海老蔵』は三度過ちを犯した!『小林麻央』の命を奪った忌わしき『民間療法』」なる記事を掲載。麻央さんが医師から抗がん剤などを用いた標準治療を提示されるも、これを断って気功などの民間治療を行っていたというもの。ネット上でも「現代医療で、北斗晶はち [全文を読む]

市川海老蔵・小林麻央夫妻への「なぜ標準治療を受けなかったか」という視線

messy / 2017年07月05日00時15分

歌舞伎役者・市川海老蔵(39)の妻・小林麻央(享年34)さんが2017年6月22日に亡くなった。昨日7月3日に初日を迎えた東京・歌舞伎座公演の「七月大歌舞伎」では、夫妻の長男である勸玄くん(4)が、史上最年少の宙乗りを成功させた。今朝の情報番組やネットニュースはその話題でもちきりであった。海老蔵が妻の病を公にしたその約3カ月後の16年9月から、麻央さんは新 [全文を読む]

小林麻央のQOL改善手術「気持ち変わればいい結果生むことも」

WEB女性自身 / 2016年10月11日00時00分

10月1日、乳がん闘病中の小林麻央(34)はブログである手術をしたと告白した。 ≪病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました。(略)私の場合、根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術です。手術をしたからといって、肺や骨に癌は残っており、痛みもあるので、これからが闘いです≫ 麻央の受けた QOL(生活の質)のための手術 とは、 [全文を読む]

乳がん 増殖の活発さを示す4つのタイプで治療法も異なる

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

そんななか歌舞伎俳優・市川海老蔵(38才)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33才)が、1年8か月前から乳がんの治療を受けていたことがわかった。現在再入院して治療中の彼女と家族の闘いから、私たちは多くのことを気づかされる──。 一般的に、35才未満での乳がんは乳がん患者の3%に満たないといわれている。かまくら乳がんセンター長・土井卓子先生がその特徴を説 [全文を読む]

小林麻央は要注意!有名人「がん患者」を狙う“怪しい業者”とは?

アサジョ / 2016年06月13日15時15分

乳がん闘病が明らかになった小林麻央。ステージなどの詳細は不明ながら「進行性のがん」との説明に衝撃を受けた人は少なくない。病状については様々な推測がなされているが、乳がん患者との交流を持つ医療系ライターはこんな見方を示す。「小林さんは『トリプルネガティブ』と呼ばれるタイプに該当する可能性があると思います。これは『二つのホルモン受容体陰性、かつHER2陰性』と [全文を読む]

小林麻央さんと同じ“乳がんステージ4”のライター「乳房を取るしかないと言われて…」

女子SPA! / 2017年07月30日08時48分

先日、乳がんで小林麻央さんが亡くなられてしまいましたが、そのニュースをみて、私はすごく辛く、胸が苦しく、悲しい気持ちになりました。 実は私も、小林麻央さんと同じステージ4の乳がんで治療中です。 4年前の、会社の健康診断で受けた乳房の超音波で再検査となり、発覚。「ヤバイ……私死ぬ!?」 悪性腫瘍の大きさは5cmほど、他リンパ節と骨に転移がありました。リンパ [全文を読む]

小林麻央さん報道で注目 がんの「標準治療」本当の意味を知っていますか?

文春オンライン / 2017年07月26日07時00分

乳がんで亡くなった小林麻央さんが、標準治療を拒否して民間療法に頼っていたと報道されたことで、ネットではさまざまな議論が起こりました。 早く標準治療を受けていれば、高い確率で命が助かったという「週刊新潮」の記事に対し、私は前回の記事で、こうした書き方は誤解を招く恐れがあると指摘しました。なぜなら、麻央さんの乳がんは非常に進行が早く、見つかった段階でどんなに早 [全文を読む]

2度転院していた小林麻央さん、がん治療法選択の難しさ

NEWSポストセブン / 2017年06月29日16時00分

2年8か月にわたる闘病生活のすえ、旅立った小林麻央さん(享年34)。麻央さんの命を奪った根本である乳がんが発覚したのは2014年10月のこと。そのときすでにリンパ節への転移も確認された。当時、麻央さんが通っていた都内のA総合病院では、「早めに切るべき」という治療方針が示されたというが、麻央さんと夫・市川海老蔵(39才)は切らずに治す方法を模索していた。 昨 [全文を読む]

小林麻央 驚きの変化も…再入院前日にあった病院はしご6時間

WEB女性自身 / 2017年04月25日00時00分

降りてきたのは、小林麻央(34)だ。白いマスクで顔を覆い、身体が冷えないよう黒い厚手のコートを羽織っている。痛みがあるのか、重い足取りでビルの中へ消えていった――。 がん告知から2年半。今も闘病を続ける麻央だが、最近はブログが途絶えがちに。周囲から心配の声が上がっていた。そして翌4月22日、更新した内容は衝撃的なものだった。 《短期間入院をすることにしまし [全文を読む]

小林麻央の壮絶闘病で知りたい「乳がん治療最前線」(2)早期発見のための最新検査

アサジョ / 2017年03月11日17時00分

冒頭の小林麻央の場合、ステージIVだ。この段階では手術による治療は見込めず、抗がん剤やホルモン剤の投与が主となる。 さらに全身への転移が認められれば、治療の目的は完治ではなく、痛みの緩和を目指す薬物療法へと切り替えられる場合が多くなる。 [全文を読む]

フォーカス