病気 松方弘樹に関するニュース

あの役まで!大名優・松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」3選

しらべぇ / 2017年01月27日10時00分

ところが渡さんが病気治療で降板し、その後釜として松方さんに役が回った。大河ドラマにおいて子役から成人の役者にバトンタッチすることはよくあるが、成人同士はあまりない。だが、ドラマの迷走はそれで終わらなかった。NHK社内の労使問題がドラマの制作現場にまで波及し、スタッフの間で温度差が生じてしまったのだ。以上、俳優松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」をいくつかご紹 [全文を読む]

松方弘樹さん「お別れ会が開けない!」囁かれる内縁妻の難色

WEB女性自身 / 2017年04月14日17時00分

昨年2月、松方さんの病気を公表したのも『夢グループ』でしたが、じつは山本さんは事前にそれを聞かされていませんでした。それ以来、病床の松方さんのことはすべて山本さんが取り仕切り、『夢グループ』とは連絡を取らなくなってしまったんです」 松方の弟、目黒祐樹(69)の所属事務所もこう話した。 「お別れ会の話は聞いておりません。葬儀以来、奥さま(山本さん)からご連絡 [全文を読む]

松方弘樹「オレが経験したすべてを伝えて死ぬ」小栗旬との“師弟愛”

Smartザテレビジョン / 2017年03月30日09時00分

「松方さんがご病気になられる1カ月くらい前にお会いして、いっしょにお酒を飲んだんですけど」と切り出した小栗。 その席で松方から「今までオレが経験してきたすべてのことを、旬に全部伝えてオレは死ぬんだ」と言ってもらったことが、小栗は今も忘れられないという。 「だからこれから、ひと月に1回くらい会って話をしていこうって言われてたんですけど…」とその時の様子を振 [全文を読む]

松方弘樹が語った、アクの強い悪役俳優がなぜいなくなったか

NEWSポストセブン / 2017年03月11日07時00分

滑舌が良かろうが悪かろうが、体が健康だろうが病気だろうが、この歳になったら、もうキャスティングの候補ですらない」 松方が終始指摘していたのは、俳優そのものの資質ではなく、映画、芸能界のシステムのあり方についての問題だった。現在のやり方ではいい役者は育たないし、優れた映画も生まれない。松方の言葉は、激しかった。「主役の女優さんだって、そうです。大竹しのぶちゃ [全文を読む]

「この肉体はいつ何時どんな変に会わないとも限らない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば36】

サライ.jp / 2017年02月05日06時00分

ぴんぴんしていたはずが、いきなり思わぬ病気を発症し、冥界に入ることもある。寿命など、わかるはずもない。 先日、俳優の松方弘樹さんが他界していたことが報道された。死因は脳リンパ腫。テレビ画面や映画のスクリーンの中で躍動していた姿はいかにも元気一杯で、病気とは縁遠いようにも思われたが、昨年2月に脳の異常が見つかり療養生活を送っていた。享年74は、超高齢化社会を [全文を読む]

松方弘樹さん死去『遠山の金さん』『元気が出るテレビ』に出演 74歳

しらべぇ / 2017年01月23日18時30分

リンパ腫のタイプと進行度などにより予後は異なりますが、完治するケースも少なくない病気です。・合わせて読みたい→永六輔さんが死去 ネットでは哀しみの声が広がる(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋 取材協力/内科医・青木マダガスカル) [全文を読む]

松方弘樹さん、最近は「ほとんど言葉も出ない」状態だった

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

開頭して生体検査を行った結果、脳リンパ腫であることが判明したんです」(病院関係者) 「脳リンパ腫」とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫で、発症率は10万人に1人という非常に稀な病気だ。腫瘍の場所によって体の麻痺や失語症、視力・視野の障害や認知能力の低下といったさまざまな症状を引き起こす。また、腫瘍によって脳が圧迫され、激しい頭痛や嘔吐に襲われることもあるとい [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(1)松方弘樹という役者の特異性

アサ芸プラス / 2016年10月17日05時57分

これまで病気とは無縁の半生だったが、検査で10万人に1人という珍しい発症率の「脳リンパ腫」が判明する。 松方の病室は今も面会謝絶で、手術が困難な部位であることから、抗ガン剤や放射線による治療を続けているという。「面会謝絶というのは、オヤジなりの美学。リハビリに励んでいるようですが、自分が弱っている姿を見られたくないんでしょう」 松方の“一番弟子”として70 [全文を読む]

深刻病状の松方弘樹 パートナーは「誰にも会わせない」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

「脳リンパ腫とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫で、発症率は10万人に1人という非常に稀な病気です。腫瘍が脳内にあるため手術が難しいこともあり、抗がん剤の投薬や放射線治療が一般的ですが、治療法はまだ充分に確立されていません。 脳は体のさまざまな神経を司っています。腫瘍の場所によっては、体の麻痺や失語症、視力視野障害や認知能力の低下が起こることもあります。また [全文を読む]

松方弘樹に梅宮辰夫、昭和の大スターが直面する体調問題……本当の病状は?

日刊サイゾー / 2016年03月03日09時00分

病気もそうだが、心配なのは持病の腰痛だ。この日は歩行補助器を押さなければ前に進めない状態。梅宮と付き合いのあるスポーツ紙記者は「おととし11月に高倉健さんが亡くなった時、梅宮さんは自宅でマスコミ取材に応じたが、その時点で足をひきずっていた。階段は、手すりを使ってゆっくり時間をかけないと昇降できない状態。そこから、さらに悪化したのだと思う。自宅には車イスも [全文を読む]

フォーカス