病気 松方弘樹に関するニュース

あの役まで!大名優・松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」3選

しらべぇ / 2017年01月27日10時00分

ところが渡さんが病気治療で降板し、その後釜として松方さんに役が回った。大河ドラマにおいて子役から成人の役者にバトンタッチすることはよくあるが、成人同士はあまりない。だが、ドラマの迷走はそれで終わらなかった。NHK社内の労使問題がドラマの制作現場にまで波及し、スタッフの間で温度差が生じてしまったのだ。以上、俳優松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」をいくつかご紹 [全文を読む]

地方は消滅しない――山口県萩市見島の場合「幻の牛と生きる」

文春オンライン / 2017年08月21日11時00分

逆子が生まれたり、病気になったりしても島には獣医がいません。母子で亡くなった例もあります」とうつむく。 生計のための経済動物なら「死んだら仕方がない」と割り切れるかもしれない。そうでないところに見島牛と農家の特殊な関係がある。 かわいいペットではいずれ滅んでしまう 元農協職員の山根和夫さん(68)には特別に愛情を注いできたメスがいた。2002年に生まれた「 [全文を読む]

梅宮辰夫「おまえが先に逝っちまった。寂しい…」 松方弘樹さんのお別れの会に825人が参列

エンタメOVO / 2017年06月06日20時00分

私もがんなど病気をしましたが、松方くんが先に逝くなんて許せない。でも仕方がないですね。人の命は自分では測れないから…」としみじみと語った。 近年は、共演がかなわなかったことを悔やみながらも「この笑顔だと、多分『姉貴、年は取ったけど頑張ってね』と言ってくださっているよう…」と遺影を見上げ、最後は「見守ってくださいね。陽気で仕事熱心なあなたにはもう会えないけど [全文を読む]

松方弘樹さん「お別れ会が開けない!」囁かれる内縁妻の難色

WEB女性自身 / 2017年04月14日17時00分

昨年2月、松方さんの病気を公表したのも『夢グループ』でしたが、じつは山本さんは事前にそれを聞かされていませんでした。それ以来、病床の松方さんのことはすべて山本さんが取り仕切り、『夢グループ』とは連絡を取らなくなってしまったんです」 松方の弟、目黒祐樹(69)の所属事務所もこう話した。 「お別れ会の話は聞いておりません。葬儀以来、奥さま(山本さん)からご連絡 [全文を読む]

松方弘樹「オレが経験したすべてを伝えて死ぬ」小栗旬との“師弟愛”

Smartザテレビジョン / 2017年03月30日09時00分

「松方さんがご病気になられる1カ月くらい前にお会いして、いっしょにお酒を飲んだんですけど」と切り出した小栗。 その席で松方から「今までオレが経験してきたすべてのことを、旬に全部伝えてオレは死ぬんだ」と言ってもらったことが、小栗は今も忘れられないという。 「だからこれから、ひと月に1回くらい会って話をしていこうって言われてたんですけど…」とその時の様子を振 [全文を読む]

松方弘樹が語った、アクの強い悪役俳優がなぜいなくなったか

NEWSポストセブン / 2017年03月11日07時00分

滑舌が良かろうが悪かろうが、体が健康だろうが病気だろうが、この歳になったら、もうキャスティングの候補ですらない」 松方が終始指摘していたのは、俳優そのものの資質ではなく、映画、芸能界のシステムのあり方についての問題だった。現在のやり方ではいい役者は育たないし、優れた映画も生まれない。松方の言葉は、激しかった。「主役の女優さんだって、そうです。大竹しのぶちゃ [全文を読む]

「この肉体はいつ何時どんな変に会わないとも限らない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば36】

サライ.jp / 2017年02月05日06時00分

ぴんぴんしていたはずが、いきなり思わぬ病気を発症し、冥界に入ることもある。寿命など、わかるはずもない。 先日、俳優の松方弘樹さんが他界していたことが報道された。死因は脳リンパ腫。テレビ画面や映画のスクリーンの中で躍動していた姿はいかにも元気一杯で、病気とは縁遠いようにも思われたが、昨年2月に脳の異常が見つかり療養生活を送っていた。享年74は、超高齢化社会を [全文を読む]

松方弘樹さん死去『遠山の金さん』『元気が出るテレビ』に出演 74歳

しらべぇ / 2017年01月23日18時30分

リンパ腫のタイプと進行度などにより予後は異なりますが、完治するケースも少なくない病気です。・合わせて読みたい→永六輔さんが死去 ネットでは哀しみの声が広がる(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋 取材協力/内科医・青木マダガスカル) [全文を読む]

松方弘樹さん、最近は「ほとんど言葉も出ない」状態だった

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

開頭して生体検査を行った結果、脳リンパ腫であることが判明したんです」(病院関係者) 「脳リンパ腫」とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫で、発症率は10万人に1人という非常に稀な病気だ。腫瘍の場所によって体の麻痺や失語症、視力・視野の障害や認知能力の低下といったさまざまな症状を引き起こす。また、腫瘍によって脳が圧迫され、激しい頭痛や嘔吐に襲われることもあるとい [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(1)松方弘樹という役者の特異性

アサ芸プラス / 2016年10月17日05時57分

これまで病気とは無縁の半生だったが、検査で10万人に1人という珍しい発症率の「脳リンパ腫」が判明する。 松方の病室は今も面会謝絶で、手術が困難な部位であることから、抗ガン剤や放射線による治療を続けているという。「面会謝絶というのは、オヤジなりの美学。リハビリに励んでいるようですが、自分が弱っている姿を見られたくないんでしょう」 松方の“一番弟子”として70 [全文を読む]

深刻病状の松方弘樹 パートナーは「誰にも会わせない」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

「脳リンパ腫とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫で、発症率は10万人に1人という非常に稀な病気です。腫瘍が脳内にあるため手術が難しいこともあり、抗がん剤の投薬や放射線治療が一般的ですが、治療法はまだ充分に確立されていません。 脳は体のさまざまな神経を司っています。腫瘍の場所によっては、体の麻痺や失語症、視力視野障害や認知能力の低下が起こることもあります。また [全文を読む]

松方弘樹に梅宮辰夫、昭和の大スターが直面する体調問題……本当の病状は?

日刊サイゾー / 2016年03月03日09時00分

病気もそうだが、心配なのは持病の腰痛だ。この日は歩行補助器を押さなければ前に進めない状態。梅宮と付き合いのあるスポーツ紙記者は「おととし11月に高倉健さんが亡くなった時、梅宮さんは自宅でマスコミ取材に応じたが、その時点で足をひきずっていた。階段は、手すりを使ってゆっくり時間をかけないと昇降できない状態。そこから、さらに悪化したのだと思う。自宅には車イスも [全文を読む]

ケータイ電波、脳腫瘍の原因との報告も…最悪なら致死率95%、レントゲン検査が原因か

Business Journal / 2016年03月01日06時00分

Rayは記者会見で「10万人に1人という病気に、なぜ私がならなければ、というのがあった」と心境を吐露しているが、がんの一種でもある脳腫瘍とは、どのような病気なのだろうか。新潟大学名誉教授の岡田正彦氏は、以下のような見解を示す。「脳腫瘍は、その名がよく知られているわりに発症頻度は低く、平成26年の統計によれば、割合はすべてのがん死亡の中で1.3%ほどです。 [全文を読む]

あの超大物俳優、長男と元妻の「深い確執」

Business Journal / 2017年03月31日20時00分

Aさんは2011年に事務所社長から退きましたが、15年に週刊誌のインタビューを受け、藤村さんが病気療養中であり、芸能界を引退したと報告した。寝耳に水だった藤村さんの長男側はこれを否定。長男は『なぜ勝手なことを言うんだ。全部の仕事を降りたけど引退はせず、復帰を目指していたのに』と憤慨したそうです」(芸能事務所関係者) 当時の藤村さんの所属事務所「オフィスオヒ [全文を読む]

松方弘樹、昭和スターの「意外な素顔」

日刊大衆 / 2017年02月05日15時00分

腫瘍が脳幹に近かったため、摘出手術も難しく、抗がん剤と放射線治療で病気と闘っていました。入院当初は仕事に復帰する気満々で、“退院したら、沖縄の与那国島でリハビリをしたい”と周囲の人たちに話していたそうです」(映画関係者) しかし、秋に3度目の脳梗塞を発症し、抗がん剤が投与できなくなると、次第に意識が混濁するようになってきたという。「先輩であり大親友である梅 [全文を読む]

今や絶滅?松方弘樹さん死去で消えゆく昭和の”豪快役者”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日12時05分

その多くが亡くなり、生きていても借金や病気に苦しむ昭和の豪傑たち。やはり彼らのような自由奔放で破天荒な生き方は、最後にイソップ童話のキリギリスのように萎れるのが宿命なのか──? 「私が本気で愛し、2人の子供どもを授かり、20年以上も共に歩んでまいりました方です。今は、安らかにおやすみくださいますよう、心よりお祈り申し上げます」(仁科亜希子) 「格好良く生 [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(2)弘樹のイメチェンを図れ!

アサ芸プラス / 2016年10月18日05時57分

渡哲也の病気降板を受け、NHK大河ドラマとして初の「途中で主演交代」の事態に見舞われた。74年の「勝海舟」である。メイン脚本家の倉本聰は、親友の中島貞夫に相談する。「誰かいない?」「弘樹ちゃんだったら都合つくかもしれないぜ」 中島は66年の「893愚連隊」(東映)から94年の「首領を殺った男」(東映)まで、最も多くの松方主演作を撮った監督である。時代劇スタ [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

同じ東映組でも、渡哲也が病気療養で途中降板したNHK大河ドラマ「勝海舟」(74年)を引き継いだ松方弘樹は違っていた。「NHKはモノを作るところじゃない」 最後まで不満タラタラだったが、ここで共演した仁科明子(現在は亜希子)と不倫から再婚へと発展している。 不祥事による交代は、現在の高畑裕太を見てもわかるが、中村獅童は飲酒運転事故で「ハゲタカ」(07年、N [全文を読む]

フォーカス