息子 松方弘樹に関するニュース

三國連太郎、佐藤浩市のDNAを継承!寛一郎が直面する「3世の壁」

アサジョ / 2017年09月10日10時15分

彼は佐藤浩市の息子であり、三國連太郎の孫である。同作には山田や寛一郎の仲間として、俳優の村上淳と歌手UAの息子の村上虹郎も出演しており、昨今は2世俳優も珍しくなくなったが、祖父から3代の俳優となるとなかなかいない。 有名どころだと、剣豪スターとして活躍した近衛十四郎の息子が松方弘樹と目黒祐樹で、松方の息子の仁科克基と目黒大樹がやはり俳優。また二枚目スターだ [全文を読む]

追悼・松方弘樹「修羅の74年」烈しすぎる秘話!(3)後半生を愛する女に捧げた

アサ芸プラス / 2017年02月07日12時57分

「私が知ったのはしばらく経ってからですが、私の息子と仁美さんは、2日しか生まれた日が違わなかったんです‥‥。同時期にそういうことがあったということは、奥さんも信じられなかったでしょう」 松方は最初の妻との離婚の際に、当時の芸能界では破格の「3億円の慰謝料」を支払う。それから6年後の「隠し子誕生」であるが、松方は金銭面を含めて、きちんと向き合ってくれたと千葉 [全文を読む]

竹下景子、アラサー息子・関口アナムへの小遣い額に世間はドン引き

アサジョ / 2017年09月20日10時15分

過去には、女優の三田佳子が高校生だった息子に月50万円も渡していたし、俳優の故・松方弘樹が、女優の仁科亜季子と離婚協議中に高校生だった息子の仁科克基が楽屋に顔を出すと、10万単位の小遣いをポンと渡していたのも有名だ。 セレブ女医タレントの西川史子は「(テストで)100点取ったら1万円」「高校生の頃のお小遣いは2週間で15万円。それと(クレジット)カードが与 [全文を読む]

故・松方弘樹と“絶縁19年”息子・仁科克基の思いにAKB横山由依も涙

Smartザテレビジョン / 2017年04月24日07時55分

4月23日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、故・松方弘樹の息子である仁科克基が出演。父との絶縁について語った。 子どもの頃は父の金を使いまくって、気楽に遊び呆けていたという克基。 だが、高校時代に父母が離婚し、克基は母・仁科亜季子とともに暮らすことになった。 その当時16歳だったが、それからの19年もの間、克基は松方と絶縁状態 [全文を読む]

【書評】「遅れてきた最後のスター」松方弘樹の真の姿

NEWSポストセブン / 2017年03月17日07時00分

若き日、時代劇でコンビを組まされた北大路欣也が市川右太衛門の息子であるように松方も近衛十四郎の息子だった。つまり二世俳優だった。 しかし実は格が全然違った。市川右太衛門が戦前戦後を通して大スターだったのに対して、近衛十四郎は戦前に主演俳優でありながら、所属していたのは「下級労働者と小学生」しか見ない大都映画で、しかもこの会社が戦争中に消滅したのちは、ドサ廻 [全文を読む]

虫のいい息子?松方弘樹さん死去で仁科克基に”批判の声”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月29日09時00分

その典型的なドラ息子ぶりに、業界内でも“使いにくい二世俳優”という評判もあるようだ。ブログで綴った「頑張るからね」の言葉通り、今後は心機一転して好感度が上昇すると良いのだが……。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著 [全文を読む]

松方弘樹が脳リンパ腫で死亡!気になる遺産相続と「6人の子ども」

アサ芸プラス / 2017年01月24日17時59分

松方には最初の妻との間にできた娘2人と息子1人、2度目の妻・仁科亜季子との間には仁科克基と仁科仁美が、さらに元歌手でタレントの千葉マリアとの間には認知した息子が1人、合計6人の子どもがいます。15年12月26日放送の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ放送系)に出演した克基は、松方の最初の妻が出産した自身の姉と兄にあたる3人には何度も会ったことはあるけれど [全文を読む]

【訃報】俳優の松方弘樹さん、脳リンパ腫で死去。74歳

まぐまぐニュース! / 2017年01月23日18時55分

元妻は女優仁科亜希子(63)、2人の間に、息子でタレントの仁科克基(34)と、娘の仁科仁美(32)がいる。 image by: Wikimedia Commons 『MAG2NEWS』公式メールマガジン 各界の専門家や研究家、著名人らが発行する2万誌のメルマガから厳選した情報を毎日お届け。マスメディアには載らない裏情報から、為になる専門ネタまで、最新ニュ [全文を読む]

父親譲り!?大物2世俳優の「経験人数4ケタ」自慢に視聴者ドン引き

アサ芸プラス / 2015年12月17日17時58分

その中で、松方弘樹の息子である仁科克基は、仕掛け人の女性から彼女以外の女性への気移りについて尋ねられると、『上半身と下半身に分かれているから、気持ちは彼女にあっても下半身は他に旅立つ』と発言、さらに経験人数については『4ケタ』と告白し視聴者を驚かせました」(芸能記者) この発言にはスタジオでVTRを見ていた鈴木奈々も「そんな人いるんだ」と驚愕。またネット掲 [全文を読む]

「お小遣いはサラリーマンの年収ぐらい」芸能一家の実際

WEB女性自身 / 2015年10月15日06時00分

「香川さんは名跡・市川猿之助を息子に継がせたいのです。自分は歌舞伎の世界に入ったのが遅かったから、息子にその夢を託したんです」(芸能関係者) ヘリポートもあった京都の豪邸で育った松方弘樹(73)と仁科亜季子(62)の長男・仁科克基(33)は言う。 「生まれたときから家族のほかにお手伝い4人、運転手2人が住み込みでした。毎年夏に300人を呼んでおこなうBB [全文を読む]

浮気騒動の仁科克基は母の血を継いだ!? 元夫・松方弘樹をパイプカットさせた仁科亜季子の“悪癖”

日刊サイゾー / 2014年04月20日09時00分

「記憶にない」とか「僕はシロ!」という見苦しい弁明を繰り返している姿を見て、往年の東映の大スター・松方弘樹は、やりきれない気持ちでいるのではないだろうか? 離婚後、克基を引き取った母親で女優の仁科亜季子は、数年前、友人に息子の女癖の悪さについて「前の旦那(松方)の悪いところを受け継いでしまい、下半身がだらしなくて困る」とぼやいたらしいが、仁科を知る芸能関係 [全文を読む]

「どうせすぐ別れるだろ……」交際宣言した松方弘樹息子・仁科克基と矢吹春奈に業界から冷たい目線のワケ

日刊サイゾー / 2013年09月20日13時00分

女優の矢吹春奈と真剣交際中と報じられる、松方弘樹と仁科亜季子の長男で俳優の仁科克基が、周囲から白い目で見られているという。 2人の交際をスクープしたのは、先月21日のサンケイスポーツ。直後の25日には、克基が“タイミングよく”TBS系『サンデー・ジャポン』に生出演し「矢吹春奈さん、好きです」と生告白。今月8日には、矢吹と同じ所属事務所で2人のキューピッドに [全文を読む]

大和田伸也が65歳初監督 故郷・福井を舞台にしたヒューマンドラマ『恐竜を掘ろう』

日刊サイゾー / 2013年03月30日16時00分

マイケル役にピアース・ブロスナンの息子ショーン・ブロスナン、キャリー役にバン=ダムの娘ビアンカ・ブリーと、二世俳優の共演でも注目。特にビアンカ・ブリーは、端正な顔立ちとグラマラスな肢体に似合わずハードなアクションで「父娘対決」も熱演しており、今後の活躍に期待したいところ。おそらくは予算の都合上で、バン=ダムの出演シーンの多くを別撮りして編集でつないでいる [全文を読む]

黒幕は母・仁科亜季子!? 息子夫婦の不仲説を触れ回った、その魂胆とは

サイゾーウーマン / 2012年08月03日09時00分

真意こそ不明ですが、やはり彼女は、息子に自分の元へと帰ってきてほしかったのでは。亜季子は克基に愛想を尽かした多岐川家に対して『離婚しないでほしい』と頭を下げたという情報もありますが、本心では『報道に後押しされて、早期離婚につながれば』と考えていたようです。もはや結婚生活を続けたいと考えているのは、克基だけというのが現状でしょう」(同) 克基は「おかん」とい [全文を読む]

多岐川華子が「華子」に改名も「再婚して家庭に入ったほうがいい」の声

アサジョ / 2017年05月27日10時15分

華子は11年1月に俳優の故・松方弘樹の息子、仁科克基と結婚。しかし翌12年10月にスピード離婚。離婚をネタにされるバラエティ番組の出演を断り続けているうちに仕事が激減した。15年には芸能活動を辞めようと一度は決意するも、「母の名前を借りずにゼロからスタートする」との決意を込めて、16年4月より芸名を「華子」に変更したという。「いくら2世タレントといえども [全文を読む]

あの超大物俳優、長男と元妻の「深い確執」

Business Journal / 2017年03月31日20時00分

「サンズは『Sons』、つまり息子という意味です。自身が藤村さんのマネジメントをしていく意志を込め、さらにAさんとの決別を強調したといわれています」(テレビ局関係者) 藤村さんは1月に死去し、長男は2月1日に開いた会見で、報道陣から質問されていないにもかかわらず、藤村さんがAさんと13年頃に離婚していた事実を明らかにした。 「ご長男としては、離婚を発表し [全文を読む]

仁科克基「父の財布は僕のATM」あきれたドラ息子ぶり

日刊大衆 / 2017年02月10日18時00分

2月2日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に、1月21日に脳リンパ腫のため74歳で亡くなった俳優・松方弘樹氏の息子でタレントの仁科克基(34)が出演し、父親の豪快なエピソードや超セレブ生活を語った。 冒頭に“大物俳優のドラ息子”として紹介された仁科は、父が松方氏で母が女優の仁科亜季子(63)という芸能一家育ち。幼少期は何不 [全文を読む]

松方弘樹、昭和スターの「意外な素顔」

日刊大衆 / 2017年02月05日15時00分

そう考えると、やはり松方さんは偉大な役者さんだったと言わざるをえません」(同) 2年前の5月に、本誌のインタビューに登場した際は、名優・近衛十四郎の息子として、鳴り物入りで17歳で映画デビューした当時のことを、こう振り返ってくれた。「僕は親の七光り族だったから、東映ニューフェイスの出演料が8000円のところ、10万円もらって、いきなり主演でした(笑)。周囲 [全文を読む]

松方弘樹 1日10万円の特別個室も出て…「遺産ゼロ」の死

WEB女性自身 / 2017年02月03日06時00分

東京・町屋の斎場で行われた密葬に参列したのは、実弟の目黒祐樹夫妻と、最初の妻との間の息子と娘、梅宮辰夫(78)と山本さんの6人のみ。昭和の大スターらしからぬこんな形の葬儀を選んだのも、山本さんだった。 「正直なところ、松方さんと万里子さんは金銭的には苦しかったはず。当初入っていた1日10万円の特別個室も、昨年夏には出て、一般の個室に移っていた。簡素な葬儀 [全文を読む]

松本人志「100万円くれた」松方弘樹の豪快さに驚愕

日刊大衆 / 2017年02月02日20時00分

「松方氏はかつて、息子で俳優の仁科克基(34)が、松方氏の財布にはいつも300万円入っていたとテレビ番組で明かし、話題になっていましたね。松方氏は誰にでも気前よくおごることで有名でしたが、その相手はだいたい共演者や親しい人たち。共演経験のないダウンタウンに、ポンと100万円を出したというのは、それだけ彼らの実力を認めていたのかもしれませんね」(芸能誌記者 [全文を読む]

フォーカス