映画 常盤貴子に関するニュース

思わず見惚れる! 美容師を演じる池松壮亮がエロい…

anan NEWS / 2016年09月13日20時00分

一介の主婦に忍び寄る心の闇を描いた映画『だれかの木琴』。そのなかで美容師・海斗(かいと)を演じているのが池松壮亮さん。 「演じてみて、美容師って際どい職業だなと思いました。何がって、すごく相手と近いんです。髪に触れていると、いま心を閉ざしたなとか、話をしていくうちに心が解放されていく様とか、相手の気持ちの変化が手に取るようにわかるんです」 撮影の前に美容師 [全文を読む]

【Amazonプライム・ビデオ 日本製作オリジナル作品】 4Kドキュメンタリーシリーズ 『Prime Japan -日本のこころに出会うー』 Amazonプライム・ビデオにて 5月15日より独占配信

DreamNews / 2016年04月26日09時00分

ナレーターは、数々の映画やドラマ、舞台で活躍している女優の常盤貴子さんが務め、ナビゲート役として、日本文化への造詣が深く、俳優、翻訳家、ナレーターとして幅広く活動するジョナサン・シアーさんが出演します。『世界遺産』など高品質なドキュメンタリー番組を数多く手がけてきた、TBSビジョンの制作でお届けいたします。 現在、Amazonプライム・ビデオでは、第73回 [全文を読む]

2位菅野美穂!「ヌードになってたと知って衝撃な女性芸能人」1位は

VenusTap / 2016年04月13日18時40分

あるとき突然、映画や写真集でヌードを披露して世間をびっくりさせるのが女性芸能人ですよね。清純派だと思っていた女優が意外と知らないところで脱いでいたことが分かり、あなたも一度は「えっ!? あの女優さんってヌードになっていたの!?」なんて、ショックを受けたことがあるのではないでしょうか。そこで『VenusTap』では、男女500名に「映画や写真集などで“ヌード [全文を読む]

常盤貴子が自分の映画そっちのけで絶賛! 映画『野火』が突きつけた戦場のリアルと「忘れるな!」のメッセージ

リテラ / 2015年09月06日17時00分

戦後70年という節目である今年は、例年以上に様々な戦争映画が公開された。劇映画に限っても、反骨の映画人・岡本喜八が1967年に映画化した、半藤一利原作の『日本のいちばん長い日』の再映画化や、息子七人を兵隊にとられた母親を描いた『おかあさんの木』、また脚本家で、雑誌「映画芸術」編集長でもある荒井晴彦が18年ぶりにメガホンをとった、戦時下の若い女性の生き方を描 [全文を読む]

長澤まさみの妹分・山崎紘菜、圧巻美脚で魅了 映画界の巨匠から絶賛

モデルプレス / 2014年05月17日15時02分

2011年、長澤まさみを排出した第7回「東宝シンデレラ」審査員特別賞を受賞した女優の山崎紘菜が、日本映画界の巨匠・大林宣彦監督から絶賛を受けた。 山崎は17日、都内で行われた映画「野のなななのか」(5月17日公開)初日舞台挨拶に、常盤貴子、安達祐実、大林監督とともに登壇。 ◆山崎紘菜が絶賛 大林監督の前作「この空の花 長岡花火物語」の好演によって、本作では [全文を読む]

長澤まさみの妹分・山崎紘菜、フリルドレスで美脚披露

モデルプレス / 2014年01月31日15時21分

31日、都内にて行われた映画「野のなななのか」舞台挨拶に出席した山崎。パールで縁取られた鮮やかな黄色のフリルドレスから、美脚を披露した。 ◆監督から絶賛を受けての紹介に照れ笑い 大林宣彦監督は、以前の映画「この空の花で」の作品にも触れ「あの時のあなたが、あまりにも見事だったからね」と絶賛して紹介し始めると、山崎は照れ笑い。「あれから原発のことや戦争のこと [全文を読む]

生きていれば今年で還暦、俳優レスリー・チャンの80年代ヒット映画をリバイバル上映―中国

Record China / 2016年03月04日21時20分

2016年3月3日、03年に他界した香港の俳優レスリー・チャン(張国栄)の還暦を記念して、80年代にヒットした主演映画「縁分」が中国でリバイバル上映されることになった。時光網が伝えた。 「さらば、わが愛/覇王別姫」をはじめ、数々の名作で知られるレスリー・チャンは03年4月1日、香港の高級ホテルの高層階から身を投げて命を絶った。生きていれば今年9月に迎える還 [全文を読む]

セクシーな演技、肉体美で魅了!ヌードが美しい映画(ドラマ)作品ピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年03月02日09時55分

過去には「清純派女優」といわれる“アイドル系女優”と、セクシーな映画に出る女優さんとの棲み分けが、よりしっかりしていた時代もあり、まるで女優がヌードになる事が悪い事のように言われる時代もあったようですが、現在ではそういった偏見も少なくなりました。 今回は、名女優たちのセクシーな演技を楽しめる作品をいくつかピックアップしてみます。 素晴らしい映画のためなら [全文を読む]

「君の名は。」に続くか、中国のファン待望の「日本映画展」が16日からスタート―上海市

Record China / 2016年12月06日21時10分

上海の映画ファンが首を長くして待っている最新の日本映画を集めた「日本映画展」が今月16日から、上海でスタートする。上海芸術電影聯盟が主催で18日までの3日間、「秘密−THE TOP SECRET−」や「オーバー・フェンス」「ぼくのおじさん」「永い言い訳」「少女」「だれかの木琴」「殿、利息でござる!!」など、さまざまなバリエーションの7本が計14回上映される [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

出世作となった「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)は、映画初出演にして、神田正輝に「ガラス窓に乳房を押しつけられる」激しいカラミも披露。一気に知名度を上げ、テレビや映画で売れっ子になった。ところが‥‥、「最初は秋吉久美子に決まっていて、撮影もスタートしたんです。ところが、クランクイン直後に『降りる!』と言い出し、急きょ、高島が駆り出されることになりました [全文を読む]

フォーカス