映画 常盤貴子に関するニュース

思わず見惚れる! 美容師を演じる池松壮亮がエロい…

anan NEWS / 2016年09月13日20時00分

一介の主婦に忍び寄る心の闇を描いた映画『だれかの木琴』。そのなかで美容師・海斗(かいと)を演じているのが池松壮亮さん。 「演じてみて、美容師って際どい職業だなと思いました。何がって、すごく相手と近いんです。髪に触れていると、いま心を閉ざしたなとか、話をしていくうちに心が解放されていく様とか、相手の気持ちの変化が手に取るようにわかるんです」 撮影の前に美容師 [全文を読む]

【Amazonプライム・ビデオ 日本製作オリジナル作品】 4Kドキュメンタリーシリーズ 『Prime Japan -日本のこころに出会うー』 Amazonプライム・ビデオにて 5月15日より独占配信

DreamNews / 2016年04月26日09時00分

ナレーターは、数々の映画やドラマ、舞台で活躍している女優の常盤貴子さんが務め、ナビゲート役として、日本文化への造詣が深く、俳優、翻訳家、ナレーターとして幅広く活動するジョナサン・シアーさんが出演します。『世界遺産』など高品質なドキュメンタリー番組を数多く手がけてきた、TBSビジョンの制作でお届けいたします。 現在、Amazonプライム・ビデオでは、第73回 [全文を読む]

常盤貴子が自分の映画そっちのけで絶賛! 映画『野火』が突きつけた戦場のリアルと「忘れるな!」のメッセージ

リテラ / 2015年09月06日17時00分

戦後70年という節目である今年は、例年以上に様々な戦争映画が公開された。劇映画に限っても、反骨の映画人・岡本喜八が1967年に映画化した、半藤一利原作の『日本のいちばん長い日』の再映画化や、息子七人を兵隊にとられた母親を描いた『おかあさんの木』、また脚本家で、雑誌「映画芸術」編集長でもある荒井晴彦が18年ぶりにメガホンをとった、戦時下の若い女性の生き方を描 [全文を読む]

生きていれば今年で還暦、俳優レスリー・チャンの80年代ヒット映画をリバイバル上映―中国

Record China / 2016年03月04日21時20分

2016年3月3日、03年に他界した香港の俳優レスリー・チャン(張国栄)の還暦を記念して、80年代にヒットした主演映画「縁分」が中国でリバイバル上映されることになった。時光網が伝えた。 「さらば、わが愛/覇王別姫」をはじめ、数々の名作で知られるレスリー・チャンは03年4月1日、香港の高級ホテルの高層階から身を投げて命を絶った。生きていれば今年9月に迎える還 [全文を読む]

セクシーな演技、肉体美で魅了!ヌードが美しい映画(ドラマ)作品ピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年03月02日09時55分

過去には「清純派女優」といわれる“アイドル系女優”と、セクシーな映画に出る女優さんとの棲み分けが、よりしっかりしていた時代もあり、まるで女優がヌードになる事が悪い事のように言われる時代もあったようですが、現在ではそういった偏見も少なくなりました。 今回は、名女優たちのセクシーな演技を楽しめる作品をいくつかピックアップしてみます。 素晴らしい映画のためなら [全文を読む]

大林宣彦監督が幻の脚本を映画化した「花筐」12月16日公開!予告編&ポスターも入手

映画.com / 2017年08月18日06時00分

映画.com ニュース] 大林宣彦監督が作家・檀一雄の純文学作品を映画化する「花筐 HANAGATAMI」が、12月16日に公開されることが決定。あわせて、大林監督の娘婿でもある漫画家・森泉岳土がイラストを手がけたポスタービジュアルと予告編を、映画.comが入手した。 本作は、大林監督の商業映画デビュー作「HOUSE ハウス」(1977)より以前に書き上 [全文を読む]

「君の名は。」に続くか、中国のファン待望の「日本映画展」が16日からスタート―上海市

Record China / 2016年12月06日21時10分

上海の映画ファンが首を長くして待っている最新の日本映画を集めた「日本映画展」が今月16日から、上海でスタートする。上海芸術電影聯盟が主催で18日までの3日間、「秘密−THE TOP SECRET−」や「オーバー・フェンス」「ぼくのおじさん」「永い言い訳」「少女」「だれかの木琴」「殿、利息でござる!!」など、さまざまなバリエーションの7本が計14回上映される [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

出世作となった「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)は、映画初出演にして、神田正輝に「ガラス窓に乳房を押しつけられる」激しいカラミも披露。一気に知名度を上げ、テレビや映画で売れっ子になった。ところが‥‥、「最初は秋吉久美子に決まっていて、撮影もスタートしたんです。ところが、クランクイン直後に『降りる!』と言い出し、急きょ、高島が駆り出されることになりました [全文を読む]

本田翼、女優業絶好調も止まらぬ悪評!? 「実績ないのにワガママ」なワケとは?

サイゾーウーマン / 2016年05月23日09時00分

10月に公開される湊かなえ原作の映画『少女』で主演を務める本田翼。昨年は、月9『恋仲』(フジテレビ系)でヒロインを務め、映画『起終点駅 ターミナル』では佐藤浩一とともにW主演を果たすなど、モデル業だけでなく女優としても年々ステップアップしている。 「所属事務所のスターダストも、ドラマよりは映画路線に徐々にシフトしようとしているようですね。来年公開予定のHe [全文を読む]

アメリカ演劇の金字塔がケラ演出で上演…『8月の家族たち』を中村靖日が語る

anan NEWS / 2016年05月03日20時00分

ドラマや映画で、眼光鋭く主人公を見つめたり、画面に登場するだけでほっこりさせたり、脇役ながらも気になる存在感を放つ中村靖日さん。 「普段の僕は、どちらかというと周りから半歩か1/3歩くらい下がっているのが居心地いいっていう性質なんです。この仕事に関しても、自分ではずっと小石を積み上げている感覚。でも、気づいたら小さな山ができていたってところなのかなと」 そ [全文を読む]

美しいバストを持つ美人女優の“ボディ解禁”生報告!(2)世の中の男を骨抜きにする「真木よう子」の美バスト

アサ芸プラス / 2015年04月20日09時56分

根はガテン系の肉体派なので、脱ぎのオファーがあれば、いつでも脱ぐでしょう」(スポーツ紙デスク) さて、そんな真木のG乳を堪能できるのが、5月9日公開の最新映画「脳内ポイズンベリー」だ。「オープニングから真木のオッパイが暴れまくる。階段でペンダントを落とし、それを拾おうとして真木が走るのですが、服装が地味な薄手のセーターで、コレがピタッと胸に張りついて、その [全文を読む]

全盛期の輝きをもう一度…常盤貴子、復活をかけてヘアヌードの仰天プラン!?

メンズサイゾー / 2014年02月28日12時00分

5月に公開される映画『野のなななのか』(大林宣彦監督)に出演している女優の常盤貴子。北海道が舞台の同作では、亡くなった老人の戦時中の壮絶な過去をひもとく謎の女性を演じる。また、先月都内で行われた完成披露試写会に出席した際には「大林監督の映画に憧れ、大林監督そのものにも憧れ、ずっと日々頑張ってきました。その夢がかなって幸せ絶頂期です」と充実感を口にした。 し [全文を読む]

常盤貴子、大林宣彦映画祭に参戦!大林組での経験が「やすらぎの郷」で役立った

映画.com / 2017年09月18日10時10分

映画.com ニュース] 特集上映「ワンダーランドの映画作家 大林宣彦映画祭2017」が9月17日、東京・池袋の名画座「新文芸坐」で最終日を迎え、「野のなななのか」(2013)と最新作「花筐 HANAGAMATAMI」でヒロインを務めた女優の常盤貴子がトークショーを行った。 この特集上映は、映画監督で映画評論家の樋口尚文氏が末期がんで闘病中の大林監督にエ [全文を読む]

女優、アイドルグループメンバー…ブレイク期待の若手タレントが多数出演で目が離せない“NHK Eテレ”

日本タレント名鑑 / 2017年09月12日10時30分

現在では、学園ものを中心に数多くの映画に出演する平祐奈さん、アイドルグループ 私立恵比寿中学の安本彩花さん、マジカル・パンチラインの佐藤麗奈さん、舞台版『海街diary』に出演する女優の木下愛華さんらが出演しています。 同じく若手タレントが多数出演するのが“科学(?)エンターテインメント番組”の『すイエんサー』。2009年の開始以来多数の若手タレントが出演 [全文を読む]

余命宣告を受けた大林宣彦監督の戦争映画が12・16公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月18日17時35分

『時をかける少女』(1982)、『異人たちとの夏』(1988)などの巨匠・大林宣彦が約40年前に脚本を書き上げていたという映画『花筐/HANAGATAMI』が、12月16日より公開されることが決定した。大林監督は今年6月、昨年肺がん第4ステージで余命宣告を受けたことを明かしており、本作を「映画人生76年の集大成的作品」としていた。 本作は、檀一雄の小説「花 [全文を読む]

芸能界「結婚しない女たち」のオフレコ“オトコ事情”(2)吉田羊はあのスキャンダル後も株は急上昇

アサ芸プラス / 2016年09月18日09時57分

映画配給会社関係者がその理由を明かす。「映画やドラマの演出家陣からは、イケメンの年下男を夢中にさせた、あの艶っぽさに賛辞の嵐です。この秋も映画で福山雅治(47)や中井貴一(54)、織田裕二(48)と共演する売れっ子ぶりですが、来年はヒロインとして、それも濡れ場シーンの期待も膨らみますよ」 ツーショットを撮らせないということでは、深津絵里(43)は徹底してい [全文を読む]

常盤貴子「この映画には、81歳の東陽一監督が見つめている“今”がある」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月06日17時30分

今回登場してくれたのは、井上荒野原作、映画『だれかの木琴』で、池松壮亮演じる若き美容師に執着する主婦・小夜子を演じた常盤貴子さん。監督・東陽一からのオファーに「幸せすぎて死にそうでした」と語る、その作品、そしておすすめの一冊から感じ取った“今”とは――。 「初めてオペラを観たときの衝撃はいまだに忘れられません。まず視覚的に驚いたのは、ひとつの舞台のうえに、 [全文を読む]

シースルードレスで観客を魅了、常盤貴子の柔肌にマスコミも酔いしれた!

アサ芸プラス / 2016年08月18日17時58分

女優の常盤貴子が8月16日、主演を務める映画「誰かの木琴」の完成披露試写会に出席した。 常盤が演じるのは若いイケメン美容師に惹かれ、思いを募らせるあまりストーカーとなってしまう主婦の役。その危険な雰囲気を表そうとしたのか、この日の彼女は漆黒のロングドレス姿。胸元や両腕の部分がシースルーになっていて、絹のような柔肌がチラチラと目に飛び込んでくる。「あえて丸出 [全文を読む]

瑛太に長塚圭史…「格差離婚」した真木よう子の男遍歴

デイリーニュースオンライン / 2015年10月01日12時00分

11月7日公開の映画『劇場版 MOZU』にも出演している女優・真木よう子(32)が9月25日、2008年に結婚した元俳優・片山怜雄(33)と離婚したことが明らかになった。以前からすれ違いが報じられていた夫婦だったが、関係者の間では片山の“ヒモっぷり”が真木よう子に離婚を決断させたという話が広まっている。 2人が出会った頃、真木は既に多くのドラマや映画に出演 [全文を読む]

芳根京子は大女優の器か? 隠れた名作『表参道高校合唱部!』に見る可能性

リアルサウンド / 2015年09月16日18時05分

極端な話、彼女が自由に歩いている姿を二時間映し続けていても、それだけで一本の映画が完成する予感がする。例えて言うなら、歴代の大林宣彦の映画のヒロインや、相米慎二の『東京上空いらっしゃいませ』の牧瀬里穂を彷彿とさせるような、動きのバランスの良さと驚異的な存在感に、とてもドラマ初主演とは思えない堂々たる演技を見せつけられたのである。 是が非でも彼女をじっくりと [全文を読む]

フォーカス