現在 西田敏行に関するニュース

奥深い、ピアノの世界… なぜ「Pf」と略すのか?第4・第5のペダルとは?

しらべぇ / 2015年03月22日13時00分

現在のピアノは、「チェンバロ」という楽器が元となっています。チェンバロは、鍵盤を押すと弦をひっかいて音をだす構造になっており、いうならば演奏の仕組み自体はギターに近い構造です。しかし、その構造では音の強弱を付けるのが難しいということで、イタリアのクリストフォリという人が1700年頃に現在のピアノを発明しました。 その時に付けられた名前が、“弱い音も強い音 [全文を読む]

市川海老蔵では視聴率取れず?テレ東・新春ドラマから時代劇が消えたワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月02日11時31分

現在テレビ東京で展開している時代劇といえば、海老蔵が主演をつとめる『石川五右衛門』。海老蔵の13年ぶりの連ドラ主演ということで話題を集めたものの、10月放送の第1話は平均視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とふるわず、その後は第5話が3.0%を記録するなどゴールデン枠で大爆死。11月25日放送の第7話はついに、『所さんのそこんトコロ!&海老蔵 [全文を読む]

【続報】長谷川博己が舞台あいさつで、「ラブ&ピース」をもってこれからも生きていきたい

Woman Insight / 2015年06月28日21時18分

台本とかシナリオを書いていて疲れると行くところは、動物園で、動物を見て癒されています」 CGが多用される現在に、「日本の特撮文化を見せたかった」という本作。RCサクセションの「スローバラード」も流れる、ハートフルな作品です。是非、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?(平山正子) 『ラブ&ピース』公式サイト: http://love-peace.asmi [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。柴咲コウ演じる井伊直虎、三浦春馬扮する井伊直親、そして高橋一生が務める小野政次の幼なじみの微妙な関係が現在、物語の中心となっているが、そんな中、阿部サダヲ演じる松平元康(後の徳川家康)が大きな話題になっている。参考:コトリンゴ、野田洋次郎主演ドラマ『100万円の女たち』主題歌を担当 「試行錯誤しています」 [全文を読む]

西田敏行、初の自伝『役者人生、泣き笑い』発売! 芸能デビュー50周年・古希記念出版。生い立ちから現在まで、痛快無比な人生70年を赤裸々に明かす

PR TIMES / 2016年10月26日15時56分

そのダブルのお祝いの年にあたり、生い立ちから現在まで、“役者になるために生まれてきた”その痛快無比な人生70年を初めて綴ったのが本書です。西田さんは、1947年11月4日福島県郡山市に生まれました。映画好きな養父母のこと、美少年だった中学時代、俳優を目指して東京の高校を受験したこと……その役者としての原点から、青年座入団、大河ドラマ、映画『釣りバカ日誌』な [全文を読む]

絶対に失敗できない! 米倉涼子『ドクターX』第4弾はセクシー大増量

日刊サイゾー / 2016年06月29日11時00分

現在は代理人を立て協議を行っているが、条件面で折り合わず、いまだ離婚成立の見通しは立っていない。 「現在は独身時代にキャッシュで購入した高級マンションに戻り、再び“おひとり様生活”を満喫しています。当初、連ドラには離婚問題にケリをつけてイメージを回復させてから満を持して出演するプランを描いていましたが、夫が絶対に別れようとしないため、出演が早まった形です」 [全文を読む]

“ヘビースモーカー“西田敏行さんも頸椎亜脱臼!? 椎間板ヘルニアを悪化させる喫煙習慣

ヘルスプレス / 2016年03月22日18時51分

タバコと首の痛みの関係が初めて明らかに ちなみに西田敏行氏は、現在は節制しているものの、以前は1日に60〜70本もタバコを吸うヘビースモーカーとして有名だった。タバコは「健康に百害あって一利なし」がもはや常識。そして、頸椎のトラブルとは一見すると関係がなさそうに思えるが......。 実は、喫煙が首の椎間板を変性させ、強い痛みを引き起こす危険因子になる可能 [全文を読む]

<若いブサイクがいない?>イケメンばかりでは日本のドラマはダメになる

メディアゴン / 2017年06月07日07時30分

若いイケメン主演の場合は、芝居のうまい役者が脇を固めることも多いが、現在活躍しているこれらの役者はもう皆40を過ぎている。その結果、友達の醜男というキャスティングが出来ない。25歳以下で醜男で芝居がうまい。そういう役者を探そうと、つとめて劇団の芝居を見に行くが芝居がうまいなと思う役者はもう若くはない。【参考】<テレビはただのカタログ>リアルで稼げない芸能人 [全文を読む]

上戸彩の再来!?国民的美少女が魅せる初々しい演技

Movie Walker / 2015年12月26日10時39分

現在14歳の高橋は、第14回全日本国民的美少女コンテストで8万人以上の応募者の中からグランプリに選ばれた逸材。チャーミングな下がり眉と涼やかな目元が特徴的な正統派美少女で、現在代々木ゼミナールやチオビタ・ドリンクのCMに出演し、早くも「かわいい!」と評判となっている。 かつて同コンテストで第7回審査員特別賞した上戸彩も女優デビューした当時は、性同一性障害 [全文を読む]

西田敏行 釣りバカスーさん役オファーに最初は「ありえない」

NEWSポストセブン / 2015年10月09日16時00分

1979年から『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で始まり、現在も連載中の『釣りバカ日誌』(作/やまさき十三画/北見けんいち)は、1988年に西田敏行主演で映画化(シリーズ22作)された。『男はつらいよ』に並んで国民的映画として有名な同作品が、『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』(テレビ東京系)として、初めてテレビドラマ化される。 今作では主人公・ハマ [全文を読む]

【速報】松田龍平は蛾に襲われ、︎二階堂ふみはパンチラ、阿部サダヲは池に…松尾スズキ監督作「ジヌよさらば」がすごい!

Woman Insight / 2015年04月04日16時57分

本日4月4日に、ウーマンインサイトでも連載していただいている松尾スズキ監督の最新作『ジヌよさらば』が公開になり、初日の舞台挨拶が行われました! ★現在連載中の「松尾スズキ夜の人生相談室」はこちら→【松尾スズキ夜の相談室第3回】しても悩む、しなくても悩む…そのセックスは愛を超える? 松田龍平さん演じる“お金恐怖症”の主人公が、1円も使わずに生きていくためやっ [全文を読む]

園子温、今夏公開の新作は主演に長谷川博己を迎えた自身初の特撮映画に

Entame Plex / 2015年01月20日21時07分

なお、現在ティザーヴィジュアル及び、特報も解禁されている。 ©「ラブ&ピース」製作委員会 [全文を読む]

【謝罪語録・佐村河内守氏】「天地神明」「叱られると思って」流行語の兆しか!?

tocana / 2014年03月07日14時00分

また、会見中に発言した「闇に沈む人たちに光を当てたいという気持ちは、障害をおってから現在まで天地神明に誓って本物」というフレーズも、今後大きな注目を浴びることとなるだろう。 事実発覚以降、作曲家としてではなく"演出家"としての才能が認められつつある佐村河内氏。今回の会見をもって表舞台に出ることはないと宣言しているゆえ、"最後の演出"に賭ける思いは計り知れ [全文を読む]

北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』クランクイン "暴力団絶縁宣言"の中野英雄も出演へ

日刊サイゾー / 2012年04月26日08時00分

スターの中には、自分の一人の力で現在の地位になったと思い違いする連中が多い。周りが支えてくれるからこそ、今の自分があることを忘れてはならない。小林の騒動ではいろんな芸能人が発言しているが、たけしのコメントが一番、当を得ていた。 弟子や周りのスタッフを思いやるたけしの姿勢を再確認してうれしくなった。(文=本多圭)【関連記事】・「よもや該当者全部ナシ!?」今年 [全文を読む]

田中道子 生瀬勝久からの「まばたきNG令」に感激

NEWSポストセブン / 2017年06月09日16時00分

昨年、モデルから女優へ転身、西田敏行の愛人秘書役で注目を集めた昨秋の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)に続き、現在は2作品目となる『貴族探偵』(フジテレビ系)に“日本一美しい鑑識”として出演している。 1日1食でスレンダーな体形を維持してきたが、女優として食への意識も変わったと言う。 「自分は、清純派という雰囲気ではない。例えばホステスと [全文を読む]

田中道子、期待外れのドラマ『貴族探偵』で最大かつ唯一の収穫? 嫌味キャラでバラエティでの活躍にも期待

おたぽる / 2017年05月10日19時00分

現在27歳、菜々緒は28歳と年齢が近いこともあり、ネット上では、『菜々緒の強力なライバル出現』と指摘する声が多く飛び交っています。また、今年2月に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、自身の写真が紹介されると、『きれいですね』と自画自賛し、ピアノ、ハープ、ホルン、バレエ、油絵、デッサン、水彩画、2級建築士など多彩であると紹介された際にも、『才 [全文を読む]

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(11)脚線美編8位~15位…撮影スタッフが中村静香を絶賛

アサ芸プラス / 2017年05月09日05時59分

現在は女優活動がメインだが、ハイパーボディは今も健在。12位・田中道子(172センチ B80・W58・H83) ミス・ワールドの日本代表を経て芸能界に参戦すると、昨秋の「ドクターX」(テレビ朝日系)で“西田敏行のオンナ”役という肢体を生かした幸運デビュー。13位・原幹恵(163センチ B94・W61・H88) Gカップのバストも、重量感たっぷりのヒップも一 [全文を読む]

待望の新ドラマ版『釣りバカ日誌』 笑いとアドリブの舞台裏

NEWSポストセブン / 2017年04月21日11時00分

原作は、やまさき十三(作)・北見けんいち(画)コンビによる、国民的人気漫画で、単行本の累計発行部数は2600万部を突破し、現在まで約38年間、一度も休載することなく、『ビッグコミックオリジナル』で連載中である。 22年間で22作が製作され、2009年にファイナルを迎えた国民的な映画シリーズが、2015年にテレビドラマ『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』( [全文を読む]

日本の「芸能人組合」の理事 はっきしりない法制度に苦言

NEWSポストセブン / 2017年03月21日07時00分

現在、西田敏行(69才)が理事長を務め、約2500名の俳優が加入している。同団体専務理事で声優・俳優でもある池水通洋(73才)が言う。 「形としては協同組合なので労働組合ではありませんが、最低の出演料を決めたり、長時間労働は割増金が必要とか、撮影中にけがをした場合の交渉もやっていますから、芸能人を守るための活動をやっています。『御用組合』なんて報じられるこ [全文を読む]

“ご意見番”梅沢富美男が35年前にもみ消した、ワイドショーでも扱えない「爆弾スキャンダル」

日刊サイゾー / 2017年03月20日12時00分

すると、さっそく何社か取材に来たが、中でも熱心だったのがマガジンハウスから出版されていた「週刊平凡」(現在は休刊)の記者だった。 この記者に、脅されたきっかけになった“女性スキャンダル疑惑”について概要を話すと、「一緒にうちでやりませんか? デスクに了解を取ってあります」と言われたので、圧力に屈せず、取材を続行することになった。 その後、記者とともに、あ [全文を読む]

フォーカス