現在 西田敏行に関するニュース

奥深い、ピアノの世界… なぜ「Pf」と略すのか?第4・第5のペダルとは?

しらべぇ / 2015年03月22日13時00分

現在のピアノは、「チェンバロ」という楽器が元となっています。チェンバロは、鍵盤を押すと弦をひっかいて音をだす構造になっており、いうならば演奏の仕組み自体はギターに近い構造です。しかし、その構造では音の強弱を付けるのが難しいということで、イタリアのクリストフォリという人が1700年頃に現在のピアノを発明しました。 その時に付けられた名前が、“弱い音も強い音 [全文を読む]

市川海老蔵では視聴率取れず?テレ東・新春ドラマから時代劇が消えたワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月02日11時31分

現在テレビ東京で展開している時代劇といえば、海老蔵が主演をつとめる『石川五右衛門』。海老蔵の13年ぶりの連ドラ主演ということで話題を集めたものの、10月放送の第1話は平均視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とふるわず、その後は第5話が3.0%を記録するなどゴールデン枠で大爆死。11月25日放送の第7話はついに、『所さんのそこんトコロ!&海老蔵 [全文を読む]

【続報】長谷川博己が舞台あいさつで、「ラブ&ピース」をもってこれからも生きていきたい

Woman Insight / 2015年06月28日21時18分

台本とかシナリオを書いていて疲れると行くところは、動物園で、動物を見て癒されています」 CGが多用される現在に、「日本の特撮文化を見せたかった」という本作。RCサクセションの「スローバラード」も流れる、ハートフルな作品です。是非、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?(平山正子) 『ラブ&ピース』公式サイト: http://love-peace.asmi [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。柴咲コウ演じる井伊直虎、三浦春馬扮する井伊直親、そして高橋一生が務める小野政次の幼なじみの微妙な関係が現在、物語の中心となっているが、そんな中、阿部サダヲ演じる松平元康(後の徳川家康)が大きな話題になっている。参考:コトリンゴ、野田洋次郎主演ドラマ『100万円の女たち』主題歌を担当 「試行錯誤しています」 [全文を読む]

西田敏行、初の自伝『役者人生、泣き笑い』発売! 芸能デビュー50周年・古希記念出版。生い立ちから現在まで、痛快無比な人生70年を赤裸々に明かす

PR TIMES / 2016年10月26日15時56分

そのダブルのお祝いの年にあたり、生い立ちから現在まで、“役者になるために生まれてきた”その痛快無比な人生70年を初めて綴ったのが本書です。西田さんは、1947年11月4日福島県郡山市に生まれました。映画好きな養父母のこと、美少年だった中学時代、俳優を目指して東京の高校を受験したこと……その役者としての原点から、青年座入団、大河ドラマ、映画『釣りバカ日誌』な [全文を読む]

絶対に失敗できない! 米倉涼子『ドクターX』第4弾はセクシー大増量

日刊サイゾー / 2016年06月29日11時00分

現在は代理人を立て協議を行っているが、条件面で折り合わず、いまだ離婚成立の見通しは立っていない。 「現在は独身時代にキャッシュで購入した高級マンションに戻り、再び“おひとり様生活”を満喫しています。当初、連ドラには離婚問題にケリをつけてイメージを回復させてから満を持して出演するプランを描いていましたが、夫が絶対に別れようとしないため、出演が早まった形です」 [全文を読む]

“ヘビースモーカー“西田敏行さんも頸椎亜脱臼!? 椎間板ヘルニアを悪化させる喫煙習慣

ヘルスプレス / 2016年03月22日18時51分

タバコと首の痛みの関係が初めて明らかに ちなみに西田敏行氏は、現在は節制しているものの、以前は1日に60〜70本もタバコを吸うヘビースモーカーとして有名だった。タバコは「健康に百害あって一利なし」がもはや常識。そして、頸椎のトラブルとは一見すると関係がなさそうに思えるが......。 実は、喫煙が首の椎間板を変性させ、強い痛みを引き起こす危険因子になる可能 [全文を読む]

2016年秋ドラマの注目作は?あらすじ一挙紹介

モデルプレス / 2016年10月11日08時00分

世界中の恵まれない子どものためにボランティア活動を行い、現在はアフリカのとある国に在住し、取材のために帰国したのだという晴香。彼女の高い志を聞いた京極は、いたく感動し…。 ◆日曜日 『IQ246~華麗なる事件簿~』10月16日スタート(毎週日曜よる9時、TBS系)/織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、中谷美紀 今作は、織田裕二演じるIQ246の天才・法 [全文を読む]

4位小倉優子「実は頭いいでしょ」と思う女性お馬鹿タレントTOP3は

VenusTap / 2016年06月05日21時40分

現在では、また結婚前のようにバラエティ番組に出演するようになりました。一時期は野球選手の妻として夫をサポートし、現在はシングルマザーとして子育てしていることから、「意外にしっかりしているんだ」、「1人でもやっていけるんだ」などと思われてランクインしたようです。■同率5位:浅田美代子(29票)“女性お馬鹿タレント”の元祖と言えばこの人、浅田美代子。東京女学館 [全文を読む]

香取慎吾“幼馴染み”と共演「ありさ以外なかったよね」

モデルプレス / 2016年02月18日12時00分

観月は第1話に主人公・永里大介(香取)の元恋人・大野美佳役で登場し、現在は優しい夫と子宝に恵まれて幸せな結婚生活を送っているという役どころ。昨年11月にインドネシア・バリ島で挙式・披露宴を行い、実生活でも幸せな観月が、香取演じる“こじらせ男子”大介の背中を押すキーパーソンとなる。◆観月ありさの恋愛観 第1話では、大介が「自分が結婚に踏み切れなかったから、美 [全文を読む]

フォーカス