天才 石原慎太郎に関するニュース

トーハン調べ「2016年 年間ベストセラー」発表

DreamNews / 2016年12月01日09時00分

総合は1位=石原慎太郎「天才」(幻冬舎)。文庫総合は1位=新海誠「小説 君の名は。」(KADOKAWA)。株式会社トーハンは、「2016年 年間ベストセラー」(集計期間=2015年11月27日 ~2016年11月25日)を発表しました。【概況】総合第1位は石原慎太郎「天才」。田中角栄元首相の生涯を書き、発売以降、34週連続でランクインしました。 他の関連書 [全文を読む]

豊洲問題の元凶はやっぱり"石原元都知事説"を追う|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年10月11日17時00分

石原氏が書いた「天才」という本の帯には《石原慎太郎が田中角栄に成り代わって書いた衝撃のモノローグ!》とあるが、なぜ今になって若い頃に徹底批判していた角栄を絶賛する本を書いたのか。しかも角栄のひとり語りを勝手にしちゃうのか。とても不思議。 実はSMAPの中居正広が「その当時から、そういうふうに感じられていたのか、それとも、長い間政治の世界で歩まれていた今の [全文を読む]

トーハン調べ7月期月間ベストセラー

DreamNews / 2016年08月03日09時00分

2位の石原慎太郎「天才」は6月の1位からランクを下げましたが引き続き好調です。 3位の原ゆたか「かいけつゾロリのおいしい金メダル」も初登場です。トーハン調べ7月期月間ベストセラーを発表いたします。第1位は初登場の池井戸潤「陸王」がランクイン。2位の石原慎太郎「天才」は6月の1位からランクを下げましたが引き続き好調です。3位の原ゆたか「かいけつゾロリのおいし [全文を読む]

トーハン調べ2016年6月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年07月05日18時00分

第1位は5月期に引き続き石原慎太郎が政敵田中角栄を描いた「天才」。2位は本屋大賞受賞作の宮下奈都「羊と鋼の森」。3位は前月に比べランクを上げた橘玲「言ってはいけない 残酷すぎる真実」。トーハン調べ6月期月間ベストセラーを発表いたします。第1位は5月期に引き続き石原慎太郎が政敵田中角栄を描いた「天才」。2位は本屋大賞受賞作の宮下奈都「羊と鋼の森」。3位は前月 [全文を読む]

トーハン調べ「2016年 上半期ベストセラー」発表

DreamNews / 2016年06月01日09時00分

総合ベストは1位=石原慎太郎「天才」(幻冬舎)、2位=カール=ヨハン・エリーン「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」(飛鳥新社)。文庫総合は1位=池井戸潤「七つの会議」(集英社)、2位=東野圭吾「夢幻花」(PHP研究所)。株式会社トーハンは、「2016年 上半期ベストセラー」(集計期間=2015年11月27日 ~2016年5月25日)を発表しました。【 [全文を読む]

トーハン調べ2016年2月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年03月08日16時00分

石原慎太郎が政敵田中角栄を描いた「天才」が第1位。2位はお母さん方に大人気の「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」カール=ヨハン・エリーン著。3位は前月に比べランクを大幅に上げた小保方晴子「あの日」。トーハン調べ2月期月間ベストセラーを発表いたします。石原慎太郎が政敵田中角栄を描いた「天才」が第1位。2位はお母さん方に大人気の「おやすみ、ロジャー 魔法 [全文を読む]

石原慎太郎 安倍首相は良くやっているが角栄とスケール違う

NEWSポストセブン / 2016年02月05日07時00分

田中角栄氏の金権政治を批判する急先鋒だった石原慎太郎氏が、『天才』というタイトルで上梓した新刊は、田中角栄の人生を一人称で書くというまさかの“霊言”だった。金権を批判したが、しかし政治家として田中角栄は天才で本当のインテリだと評価する石原氏に、現代の政治家について聞いた。 * * *〈石原慎太郎氏と田中角栄氏、2人のもう一つの共通点が、アメリカと対峙したこ [全文を読む]

日販 2016年年間ベストセラーを発表 総合第1位は石原慎太郎『天才』

DreamNews / 2016年12月01日09時00分

■日販ホームページ「2016年間ベストセラー」ページ http://www.nippan.co.jp/ranking/annual/ ○2016年年間ベストセラーの上位3冊は、石原慎太郎氏が故・田中角栄元首相の人生を一人称形式で振り返った『天才』、スウェーデンの行動科学者・カール=ヨハン・エリーン氏が心理学的仕掛けを盛り込んで作成した寝かしつけ用絵本『おや [全文を読む]

今年の父の日は「本」をプレゼント! 30代・40代・50代男性に人気の本は…?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月18日09時00分

あなたは誰に感情移入しますか? 2位:『天才』石原慎太郎 3位:『夢幻花』東野圭吾 4位:『京都ぎらい』井上章一 5位:『言ってはいけない 過酷すぎる真実』橘玲 <40代ランキング> 1位:『七つの会議』池井戸潤 2位:『幸せになる勇気(自己啓発の源流「アドラー」の教え)』岸見一郎、古賀史健 3位:『天才』石原慎太郎 4位:『夢幻花』東野圭吾 5位:『言っ [全文を読む]

日販 2016年上半期ベストセラーを発表 総合第1位は石原慎太郎『天才』

DreamNews / 2016年06月01日09時30分

■日販ホームページ「2016上半期ベストセラー」ページ http://www.nippan.co.jp/ranking/annual/ ○2016 年上半期ベストセラーの上位3位は、石原慎太郎氏が故・田中角栄元首相の人生を一人称形式で振り返った『天才』、スウェーデンの行動科学者・カール=ヨハン・エリーン氏が心理学的仕掛けを盛り込んで作成した寝かしつけ用絵 [全文を読む]

舛添都知事のお金にまつわる「セコい話」に唖然

メディアゴン / 2016年05月03日07時30分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *石原慎太郎氏が書いた『天才』がきっかけでしょうか、田中角栄元首相の再評価が進んでいるようです。田中角栄元首相は政治の『天才』だったのかもしれませんが、ありとあらゆる手法を駆使した裏金作りと税金逃れの『天才』だったことは立花隆氏の著作により明らかです。世の中には形ばかりの法人を作って節税をはかる方が少な [全文を読む]

中居正広 膨大な資料読み込んで石原慎太郎と対峙した

NEWSポストセブン / 2016年04月21日07時00分

同番組のこの日の特集は、石原氏が田中角栄の生涯を描いた小説『天才』(幻冬舎)について。 石原氏はスタジオに登場するなり、背後にズラリと並ぶ赤い服を着た女性陣たちを一瞥して、「これどういう人たち?」とのっけから不機嫌モード全開。中居から最近の体調を問われると、「鬱々としている」「死ぬことばかり考えている」とネガティブな発言を繰り返した。 さらに角栄について、 [全文を読む]

石原慎太郎が『金スマ』で中居正広の質問に激怒! でも「トンチンカン」なのは石原の霊言小説『天才』の方だ

リテラ / 2016年04月16日13時08分

今年1月に発売した、田中角栄を主人公にした小説『天才』(幻冬舎)がベストセラーとなっている石原慎太郎。先日は、BSのテレビ番組で「保育園落ちた」ブログについて「(日本が)嫌なら中国にでも韓国にでも行けばいい」と発言し、相も変わらぬ暴言を吐いたが、そんな慎太郎がいま、SMAPの中居正広に怒り心頭らしい。 慎太郎は12日、作詞を担当した五木ひろしの新曲発表会に [全文を読む]

石原慎太郎が中居正広に理不尽ブチ切れた「超緊迫現場」の裏事情とは!?

アサ芸プラス / 2016年04月15日17時59分

今年1月に角栄をテーマとした著書「天才」を刊行した石原氏をゲストに招きトークを展開した。 自著の宣伝にもなり、さぞ上機嫌かと思いきや、登場時から石原氏は超不機嫌。番組名物でもある「赤い服を着た女性陣」を指して、「これはどういう人たち? 気持ち悪いね」と言い放ち、司会の中居にも「どういう人たち?」と問い質した。 さらに「天才」を読んだという中居が、「(かつて [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年1月31日~2016年2月6日)

PR TIMES / 2016年02月09日09時49分

~石原慎太郎の新刊『天才』が、総合ストアランキング第1位!~株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型書店サービス「honto(http://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2016年1月31日~2016年2月6日)を本日発表いたしました。[画像: http://prtimes.jp/i/11577/128/resi [全文を読む]

石原慎太郎氏と“アメリカ陰謀説”を論じる~「田中角栄元首相は米に嵌められた?」~

Japan In-depth / 2016年02月02日19時00分

主役はもちろん石原氏で主要題材は同氏が最近、書き上げた小説「天才」だった。この書は故田中角栄氏の一生を一人称の「俺」で語っていくというユニークな内容だった。 「天才」は石原氏の文学作品であり、厳密にはフィクションである。だが中身は事実に沿う形で田中氏の立身出世や家族関係、政治活動、首相としての業績、そして田中氏を刑事被告人として裁判にかけ、有罪としたロッ [全文を読む]

過去には「死ね」発言も!? 東国原英夫氏が石原慎太郎氏の脳梗塞を「偽証罪では」とツイートし物議

ガジェット通信 / 2017年03月23日00時15分

字を忘れた人間が小説(昨年「天才」等を上梓)を書けるのか? キーボードを打てるのか? あんなに饒舌に喋れるのか? それこそ、偽証罪では? 診断書も産婦人科専門医が書いたらしいし。 石原氏が脳梗塞であるようなことを疑うようなツイートに対しては、主に自分や家族が脳梗塞を患うユーザーから反論が殺到。「脳障害者を舐めすぎ」「高次脳機能障害を知らないのか」「病人叩き [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

■ナベプロの落日と天才の死 さて、そんな次第で、NET(現・テレ朝)ではナベプロ制作の新番組が始まるが、視聴率は思いのほか低迷。わずか2クールで終了する。それを機に、ナベプロは徐々に芸能界における影響力を低下させていく。 一方、前述の金曜夜の枠は、和田アキ子にザ・デストロイヤー、せんだみつおらを起用して、73年10月『金曜10時!うわさのチャンネル!!』と [全文を読む]

次の敵は石原慎太郎。「小池劇場」第二シーズンの絶妙なシナリオ

まぐまぐニュース! / 2017年02月10日05時00分

正義という商品をマーケティングする天才か、それとも本当に都民のことを第一に考える政治家なのか。 安倍首相との仲を保ち、既得権の守護集団である自民党に党籍を置いたまま、東京大改革を唱える小池氏の二面性には不可解な点も多い。 都政の悪を暴き出した功績は認めよう。だが、まだ我々は小池都知事の行政手腕を見せてもらっていない。さしずめ豊洲に移転するのか、しないのか。 [全文を読む]

【G1有馬記念】今年の有馬は赤帽特注「井崎脩五郎 競馬新理論」

日刊大衆 / 2016年12月19日13時00分

始まりに還ったことを表わすかのように、今年、単行本でベストセラー1位となったのも、同じ石原慎太郎が書いた『天才』だった。 さて、還暦というとすぐ思い出すのは、還暦を迎えた人が身につける赤いちゃんちゃんこ。そして、赤い頭巾(ずきん)。なぜ、この風習があるのかについて、『日本人のしきたり』(飯倉晴武編著/青春出版社)にあたってみたら、<この年齢(=還暦)に達 [全文を読む]

フォーカス