病気 川島なお美に関するニュース

介護や医療の現場で求められている、「人間らしい生活」って何?

マイナビ進学U17 / 2015年11月26日12時02分

「クオリティ・オブ・ライフ」という言葉を聞いたことはありますか? 病気になった人の尊厳を大切にするという考え方についてご紹介します。■患者にとって、病気との向き合い方は一つではない今年、女優の川島なお美さんが胆管がんのため、54歳という若さで亡くなりました。胆管(肝臓から十二指腸まで胆汁が通る管)のがんは発見するのが難しいといわれており、見つかったときには [全文を読む]

夫婦で闘病に臨む川島なお美「朝からシャンパン」復活なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年09月24日12時00分

9月24日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、川島なお美が2年前に患ってしまった「肝内胆管がん」という病気について、詳報している。 同誌によると、このがんは肝臓と十二指腸をつなぐ胆管にできるがんの一種で、症例数も胃がんや大腸がんの10分の1程度と少ないという。早期発見が難しく、治療も簡単ではないそうで、膵臓がんや食道がんと並んで手術が難しいがんでもあるとのこ [全文を読む]

「共演NGも多数……」マスコミに苦言の川島なお美の“お騒がせキャラ”ぶりを振り返る

おたぽる / 2015年09月18日09時00分

今回の激ヤセ騒動も、病気の影響を指摘する声も聞かれる。肝内胆管がんは、5年生存率が50%ともいわれており、予後に油断を許さない病気であることは確かだろう。 それでも病院の前で「お墓や遺書」について質問をするのは、さすがにぶしつけというものだ。失礼な記者に怒り心頭の川島であるが、しかし川島自身もお騒がせキャラであることには違いない。 「彼女は思ったことをつい [全文を読む]

川島なお美 がんを患い「弱さをさらけ出せるようになった」

NEWSポストセブン / 2015年05月27日07時00分

病気も天からの導き。お互い病気に勝てたことで、本物の夫婦になれたんですから。 川島:そうですね。結婚して割とすぐに主人が病気になってしまって。「彼のために強くいなくちゃ」って無理をしていたんですけど、私も病気になってそれができなくなって…。私が弱さをさらけ出せるようになったら、主人がすごく優しくなりました。婚約時代は毎日「愛してる」と言ってくれましたけど、 [全文を読む]

草刈正雄主演ミュージカル「クリスマス・キャロル」初演から一年。全国からの熱い要望に応え、日本縦断25公演が実現! ―川島なお美が、少女から老婆まで一人三役、そして最後には約5メートルに巨大化!?―

DreamNews / 2014年09月05日11時00分

そして、初演で好評を得た草刈の演技と、病気を乗り越えた川島の、華麗な三役の演じ分けだろう。 川島は今年で、芸能界デビューを果たし35年となる。7月にはその記念パーティーも開催された。家族やファンに支えられて病気を乗り越え、その絆を強く感じながら、舞台に復帰した川島。そんな彼女が出演する「クリスマス・キャロル」は、去年とはまた違った、深い感動を味わう事が出来 [全文を読む]

夫・鎧塚俊彦氏の失明危機に川島なお美、手料理でサポート

NEWSポストセブン / 2012年02月24日16時00分

この病気は一体どんなものなのだろうか。アイクリニック自由ヶ丘の久保田明子院長は、こう解説する。 「これは、眼球の内側の静脈の根元が詰まってしまう病気です。静脈が詰まることによって網膜全体に出血が起き、視力が急激に低下してしまいます。動脈硬化や高血圧、糖尿病など生活習慣病が原因によって発症することが多く、糖分や脂質アルコールなどの摂りすぎには気をつけてほしい [全文を読む]

邪気を除去?川島なお美さんが取り入れた民間療法は「ごしんじょう療法」という気功と判明!

秒刊SUNDAY / 2015年09月26日11時25分

つまり邪気を取り去るというスピリチュアルな力で病気を治療を行うということです。実際に改善したという実績もあるようです。彼女がこの療法を選択した理由というのは定かではないのですが、何らかの目的を持っての選択だと考えられます。https://youtu.be/R_C8BS8p9hgごしんじょうhttp://www.kihodo.com/goshinjo/08. [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

「結婚2年目の11年には鎧塚氏が目の病気で左目を失明してしまい、パティシエ引退も考えたそうですが、川島さんは『私があなたの目になる』と鎧塚さんを勇気づけました」(芸能記者) 13年7月、川島に胆管ガンが見つかると、鎧塚氏が支える側に回る。「その翌年に手術を受けた川島さんを元気づけようと、鎧塚さんは丸坊主にしたのです。川島さんはその頭を見て、ベッドの上で久し [全文を読む]

川島なお美さんの抗がん剤拒否や代替療法、間違っていたのかは「わからない」

Business Journal / 2015年10月13日22時00分

また、環境が同じであれば、結構同じ病気になります。当然に遺伝子が違う夫婦や、血のつながりがない子供が、同じような病気に罹患することも実はあるのです。つまり人はいろいろなのです。 サイエンスは20世紀以降ものすごく進歩しました。しかし、「人はいろいろ」ということに関するサイエンスはあまり進歩していません。ましてや医療分野では、やっとオーダーメード医療とか、テ [全文を読む]

川島なお美 過度のワインと減量が肝内胆管がん原因可能性も

NEWSポストセブン / 2014年03月27日11時00分

胆管がんはかなり進行するまで症状は表れないため、早期発見が難しいんです」 “肝臓のがん”ということは、やはりアルコールの摂取が病気に影響するのだろうか。 「お酒を常に飲んでいる人は、肝臓が慢性的に炎症を起こしています。胆管は肝臓の中にありますので、アルコールの多飲は胆管がんに大きな影響を与えるんです」(前出・杉町院長) やはり川島は“ワインの飲みすぎ”で肝 [全文を読む]

川島なお美、夫を「ストーカー」並み束縛? 愚痴こぼしサウナ泊の裏事情

メンズサイゾー / 2012年11月01日13時30分

「夫婦ともに、この病気についてブログで公表しましたが、そこでは『発症の原因は不明』としていたものの、一般的には、高血圧や動脈硬化、そして糖尿病などの生活習慣病が起因によって発症することの多い疾患です。であれば、全身疾患ですから、夫の飲酒や夜遊びといった生活習慣を川島さんが管理したがるのは当然。それを、ただの束縛のように印象付けるのはおかしい。いくら互いの [全文を読む]

がん治療は是か非か 専門医が語る「がん放置療法」の現状

NEWSポストセブン / 2016年12月11日16時00分

かなり前から「がんは治る病気になった」「手術も抗がん剤も目ざましく進歩」「とにかく早期発見・早期治療を」と、国も医療界も連呼している。しかし、がんで死ぬ人は1981年以来増え続けて、なんと35年以上も「日本人の死因のトップ」に君臨。「治る病気」には、全くなっていないのが現状だ。「早期発見・早期治療」が功を奏していないことも、前立腺がんのPSA検診や、乳がん [全文を読む]

川島なお美さん、今井雅之さん、竹田圭五さんら「早死」急増のなぜ? 『日本人はもう55歳まで生きられない 少食が健康長寿のコツ』 ガン、糖尿病、不妊の原因は飽食と冷えだった 日本人55歳寿命説!

DreamNews / 2016年04月12日10時00分

スイスの自然療法病院B・ベンナークリニックやモスクワの断食療法病院でガンをはじめとする種々の病気、自然療法を勉強。コーカサス地方の長寿村にも長寿食の研究に5回赴く(ジョージア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員)。現在イシハラクリニック院長の他、伊豆で健康増進を目的とする保養所を運営。(著者)石原結實〈価格〉1,200円+税 〈発売日〉2016年3月26 [全文を読む]

鎧塚氏が語った 川島なお美臨終間際の壮絶な闘病の日々

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

《抱きかかえると首がクタ~っと、骨のない生き物のように落ちました》《私の病気を娘が代わりに背負ったとしか思えません》 火葬の後、川島はシナモンの飾り毛、爪、喉仏を小さな香水瓶に入れて肌身離さず持ち歩いた。悲しみを乗り越えて新作ミュージカルの練習に没頭し、5月には主演ミュージカルが開演した。「この頃になると腫瘍熱といわれる高熱が毎日出て、解熱剤と点滴が欠かせ [全文を読む]

川島なお美による「迷医」の見分け方 患者の目を見ないなど

NEWSポストセブン / 2015年12月12日07時00分

【3】病気になっても病人にはなるな 病は気から。待合室を見て、病院特有の“負のオーラ”が蔓延しているところは避ける。 《清潔で明るい病院なら、例え入院しても気持ちで負けてしまうことはありません》 ※女性セブン2015年12月24日号 [全文を読む]

川島なお美さん逝去、ワイン大量摂取とがん罹患に関係はあるのか?医師が解説

Business Journal / 2015年10月10日06時00分

これらの事実からわかるのは、この病気は遺伝性ではなく、生活環境に原因があるということです。 これまでに指摘されているリスク因子としては、寄生虫、胆管のう胞、結石、胆管炎があります。ほかに肝炎、肝硬変、肥満、糖尿病、アルコール、たばこなども、発がんを後押ししているのではないかと考えられています」 ●胆管がん、以前に日本で多発していた 飲酒も一因の可能性がある [全文を読む]

【ウラ芸能】川島なお美さん、つきまとうあの話

NewsCafe / 2015年10月06日15時00分

1年ちょっと間を置いた09年2月に正式に結婚していますが、当時から川島さんが鎧塚さんを略奪したという言い方をされていて、その"呪い"だ…と」デスク「う~ん、そんなのって根拠のない話だよね」記者「12年2月には鎧塚氏が病気で左目の視力をほとんどなくしている、という話も川島が明かしていますが、夫婦の間に不幸が襲ったのもそうだ、なんていう話も」デスク「ないない、 [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

その病気が発覚したのは2013年7月。舞台出演を控えていた彼女は治療より仕事を優先させ、手術に踏み切ったのは発覚から半年後の2014年1月だった。「川島さんはがんが発覚した時点で“余命1年”と宣告されていたんです」 川島と家族ぐるみの親交があった山田邦子(55才)は川島の死後、テレビの生放送でこう明かした。弔問に訪れた山田に、夫・鎧塚俊彦氏(49才)は、「 [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

代替医療とは、近代医学の限界を指摘した上で、いまだ有効性が科学的に証明されていないものも含めた多種多様な方法によって、患者の心身の調和を取り戻し、病気の治癒を試みようとする医療である。がん患者について言えば、3大療法(抗がん剤・放射線・手術)を拒否し、食事療法・免疫療法・ホメオパシー療法・レイキ(霊気)療法・瞑想・ヨガ・音楽などの"ホリスティック"な方法 [全文を読む]

川島なお美 遺骨とともに仕事場へ…亡き“愛娘”にやまぬ涙

WEB女性自身 / 2015年01月22日06時00分

「シナモンが肝臓がんだということがわかったとき、川島さんの友人たちが『ペットは飼い主の病気を半分持っていってくれるから……』と話していました。確かにいま振り返ってみると、シナモンは川島さんを守ってくれたのかもしれません」 シナモンの年齢もあり、摘出手術を断念した川島が選んだのは、食事療法などだったという。さらに彼女は腫瘍が小さくなっていくイメージも、シナモ [全文を読む]

フォーカス