最近 前田敦子に関するニュース

前田敦子×新井浩文×渡辺大知 ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』共演ウラ話続出!

PR TIMES / 2016年06月10日15時01分

お互いの近況を話す中で前田敦子は「ドラマの撮影中は、新井さんに遊んでもらってたけど、最近は仕事以外は…何もしてない。会う人がいない…わたし、友だちいないのかも…?」と、まさかの”ぼっち”な近況を告白しました。 ドラマも佳境ということで、撮影中の秘話から「ダメ出し」まで飛び出しました。さらに話は、前田敦子と新井浩文のラブシーンの撮影秘話へ…。新井浩文が「テン [全文を読む]

人気メンより地味メン強し!? 「AKB48」の看板なしでも活躍する“意外とすごい”卒業組

日刊サイゾー / 2014年07月28日11時00分

●大島麻衣 09年4月26日卒業 卒業前:45回 14年上半期:63回 最近の出演番組:『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)など多数 AKB時代は中心メンバーだったが、AKBがブレークする直前に卒業。“男性問題”が原因で事実上のクビに近い状態だったため、卒業後もAKBグループの全面バックアップを受けられず、ソロ転身当初は苦戦を強いられた。だが、そんな逆 [全文を読む]

前田敦子が挑んだ異例の「ミュージック・シネマ」――映画女優路線を進む彼女の野望とは?

リアルサウンド / 2014年01月17日18時29分

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』などのライトな層に向けた映画だけではなく、最近は、映画通から評価が高い山下敦弘の作品(『苦役列車』『もらとりあむタマ子』)に出演するなど、本格的に映画女優としての道を歩もうとしている。今回の黒沢清監督とのコラボは、前田敦子としても願ったりかなったりの企画だろう。黒沢清監督も、前田敦子 [全文を読む]

今度は女子アナ! 「前田敦子似」はブレイクの予兆?

メンズサイゾー / 2013年09月01日11時00分

最近の前田自体が『AKBを卒業してキレイになった』『いや、整形失敗でもしたの?』と言われるほど評価が分かれていますしね」(芸能ライター) 一躍注目を集めることとなった松原アナは現在23歳で前田のひとつ上にあたる。まだ2年目の若手アナで、2012年度の中京テレビの新卒入社は松原だけであることから、局の期待もうかがえるといったところだ。 「なんにせよ、“前田敦 [全文を読む]

前田敦子と大島優子「国民的ライバル」の激闘2250日(7)自分の立ち位置に対する苦悩

アサ芸プラス / 2012年06月20日11時00分

選抜総選挙の結果としてセンターポジションに立った「ヘビーローテーション」はAKB48を代表する曲となり、ファンが選ぶイベント「リクエストアワーセットリストベスト100」でも2年連続1位を獲得しているばかりでなく、 「カラオケで歌われた通算首位獲得週記録」が81週となり、つい最近、歴代1位となった。しかし、「ヘビロテ」以降のシングル曲のセンターはやはり前田に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】袴田吉彦“アパまだ君”の汚名返上 ドラマ『銭形警部』の見どころは鈴木亮平だけじゃなかった

TechinsightJapan / 2017年02月11日15時57分

最近は不倫報道を受けて自粛するケースもある中、キャラクターを見事に演じ切った彼の姿にツイッター上では「袴田さん鑑賞会終了~」「この2時間袴田吉彦を見ていたと言っても過言ではない」とつぶやかれた。なかには「袴田吉彦さんもご出演なのでアパホテルの件が頭に浮かび過ぎて困っている」「袴田さん出てるのね。そのうちルパンじゃなくてアパンて言うんじゃないかとワクワクして [全文を読む]

「私のことは嫌いでも……」日本代表監督ハリルホジッチが前田敦子化?

日刊サイゾー / 2016年03月27日19時00分

ここ最近の日本代表の戦いぶりに不満を示していた指揮官であるヴァヒド・ハリルホジッチだったが、試合後の記者会見に出席し、選手たちの出来に一定の評価を与えたようだ。実際、試合内容に気を良くし、“ハリルホジッチ劇場”と化した記者会見だったが、その一部がまるで元AKB48の前田敦子みたいだと、ファンの間で話題になっている。 「ハリルホジッチは選手一人ひとりの名前を [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子との身長差が発覚したHKT48・宮脇咲良、「成長痛」明かす。

TechinsightJapan / 2015年11月10日16時25分

現在、宮脇咲良は17歳の伸び盛りで成長痛があっても不思議ではないが、最近の変化はテレビで見ていても分かるほどだ。 プロフィール情報には、宮脇咲良の身長が「163cm」で、前田敦子は「161cm」とある。ところが、今回の投稿画像を見ると2人の身長差は数cmどころではなさそうだ。24歳の前田があまり身長も伸びないと考えれば、ここ数年で宮脇がそれだけ成長したこと [全文を読む]

キンタロー。らモノマネ芸人が売れるタイミングを芸人が分析

NEWSポストセブン / 2013年09月23日07時00分

ご本人が『最近、あまり見なくなったね』と思われているときのほうが、不思議と仕事が増えますね。 キンタロー。さんの大ブレイクは、前田敦子さんがAKB48を卒業して、女優へ転身したタイミングと大いに関係があると思います。女優になれば、テレビスターであるアイドルとはまた違う立ち位置となり、必然的にドラマ放送中以外はテレビにあまり出ませんからね」 たしかに、AKB [全文を読む]

AKB論客 キンタロー。は「あっちゃん好きこその芸当。推せる」

NEWSポストセブン / 2013年02月23日07時00分

手ブラ騒動、“丸刈り頭事件”など最近、何かとお騒がせが多いAKB48。そんななかで、昨年、卒業した“不動のセンター”前田敦子の存在感が余計に増してきている。最近では前田のモノマネをするキンタロー。も話題だ。AKBにとって前田敦子とはどのような存在だったのか?を改めて考えてみたい。ネット事情に詳しく、AKBを熱く語る論客としても知られ、昨年12月に『前田敦子 [全文を読む]

前田敦子の悪評…現場で「あからさまに態度に出す」、恋愛すると制御不能

Business Journal / 2017年01月09日17時00分

そして最近、前田は東京・渋谷のあるバーにその男性を連れてきているという。 「最近あっちゃんは、よく特定の男性を渋谷のバーに連れてきているのですが、その男性は店のスタッフからの評判があまり良くないのです。付き合っているのかわからない状態の男性を、自宅に呼んでしまうのもあっちゃんの悪い癖なのですが、前田の所属事務所としては、素性がよくわからない一般男性と交際さ [全文を読む]

指原莉乃と前田敦子の顔が衝撃の激変! 実際に会った人物も「違和感がある」

tocana / 2016年07月20日09時00分

「特に最近ネットでも話題になっているのが、指原の変化。指原はこれまで、『ノー整形でここまで来られたのは奇跡』と“ありのまま”であることをアピールしてきましたが、今年に入ると彼女の“目”に異変が……。4月2日に放送された『有吉反省会』では、司会の芸人・有吉弘行が『指原さん、目がパンパンですけどどうしたんですか?』とツッコミを入れたほど、明らかにいつもと違っ [全文を読む]

元AKB48前田敦子を女優として認める?世間からのマジな本音に驚き

しらべぇ / 2016年07月08日12時30分

最近、インスタグラムで披露した金髪が「田舎のヤンキーみたい」と話題になっている。ところが、この金髪はニューヨークへの旅行期間中のみだったようで、帰国後にアップロードしたインスタの写真では黒髪の「あっちゃん」が見られる。ファンも胸を撫で下ろしたはずだ。前田はAKB48を卒業して約4年になる。夢だった女優として、数多くの映画やドラマに出演しているわけだが、世間 [全文を読む]

「よく言われますが、恐れ多いです」 『ラブライブ! サンシャイン!!』逢田梨香子は元・AKB48前田敦子の上位互換だった!?

おたぽる / 2015年11月06日13時00分

欠点と言えば、「ちょっと画力がかわいそう」くらいなもので、今後に対し期待しかない逢田に、「ある人に顔が似ている」という指摘がここ最近多く見られるようになった。その“ある人”とは、“AKB48の絶対エース”と知られた“あっちゃん”こと前田敦子である。 AKB48発足時から中心メンバーとして活躍し、長らく“立ち位置0”を保ちながらも、2012年に惜しまれつつ卒 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子、AKB48ヒット曲名を「ド忘れ」 “大放送事故”に中居正広も騒然

TechinsightJapan / 2017年01月17日11時24分

中居から「あっちゃん、やっときた」と振られた前田だが「え? 主題歌? AKBの? 最近のやつですか?」と答えられない。スタジオがざわつくなか中居がスタッフに「一回止めます?」と声をかけ画面には“大事故発生”の文字が現れる。前田は「主題歌の名前?」と戸惑うばかりで、滝沢カレンの「北島三郎さんの“まつり”!」というピント外れな回答で救われた。結局、50代チーム [全文を読む]

「“汚肌”でボロボロ、どう撮影してもブス」AKB48の初期メンバーの容姿を関係者に聞いてみた

tocana / 2016年11月19日09時00分

大島はTOKIOとのトークの中で、最近のAKBメンバーのことを「かわいい」と評価し、逆に「私達がいた時(のメンバー)はかわいくなかった。みんなブスだった」と発言したのだ。 「大島は『デビュー当時の写真を見ても本当にみんなブスで、本当にすごい“笑えるブス”なんです』と、やたらとブスを連発。グループ在籍中は『AKB総選挙』で2度の1位を獲得した大島だが、今の [全文を読む]

前田敦子より坂口杏里?高橋みなみの“不純交友”にAKBファンが戦々恐々

アサ芸プラス / 2016年11月09日09時59分

AKB48初代総監督・高橋みなみの最近の交友関係にファンが心配を通り越して失望だ。 現在は「ANRI」名義で艶系女優として活動する坂口杏里が11月4日、ツイッターで高橋と食事に行ったことを報告。仲良さげな2人の写真まで投稿されていたが、決してイメージがいいとは言い難い坂口との“まるで親友”のような交流ということもあり、高橋ファンの心境は穏やかではないようだ [全文を読む]

アイドルが目指すセンターとは何なのか?

dwango.jp news / 2016年09月25日00時33分

最近でも、HKT48での松岡はなの大抜擢や、欅坂46での平手友梨奈の覚醒、SKE48でも松井珠理奈の存在感がより光り、AKB48が46枚目シングルでセンターを島崎遥香が久しぶりに務めることで一部スポーツ新聞にて「憶測」が飛び交い、NMB48ではセンターの座をかけて不動のセンターである山本彩が参加しないコンサートを実現させるなど、センターが話題の中心となって [全文を読む]

高島彩、ギャル時代の「勝負師」っぷりに驚愕! パチスロ・麻雀大好きな意外な女性芸能人が多すぎ

Business Journal / 2016年06月22日14時00分

夫の音楽界における活躍は言うまでもなく、高島もフリーアナとして、タレントとして、そして最近では『下町ロケット』(TBS系)で女優としても出演するなど、公私ともに絶好調といえる。 ルックスやフジテレビ「朝の顔」だったインパクトはやはり強く、未だにファンも多い高島。今では清楚な雰囲気を醸しだす美女だが、学生時代の格好は化粧も濃く、いわゆるイケイケな「ギャル」と [全文を読む]

昔から需要ある不倫ドラマ 最近は描かれ方に大幅変化

NEWSポストセブン / 2016年05月14日16時00分

最近になって不倫ドラマが増えたという印象はありません。常に需要があるテーマで、恋愛を盛り上げるガソリンみたいなもの。リアルな不倫とは別物として、安全地帯から無責任に感情移入できるがゆえに人々に受け入れられてきた」 唯一変わったのは、不倫する女性の心の描き方だ。 「昔のドラマは、“不倫がテーマですよ”と大々的に打ち出していません。登場人物が自然と不倫してい [全文を読む]

フォーカス