グラビア 倉科カナに関するニュース

おかもとまり「今までのNG解禁しました!」体当たりDVD

dwango.jp news / 2015年02月21日18時15分

おかもとまりは言わずと知れた”グラビアマニア”。日々グラビアアイドルのDVDを見ては研究を重ねている。今回自身のDVD『近距離彼女』(2月20日発売・ワニブックス)も、日頃の研究成果をふんだんに取り入れているという。6枚目のDVDにしてNGを解禁した項目があるとおかもと、その項目とは「第三者の”手”が映ること、Tバック、バナナ。(アイスはOK)」そのうち” [全文を読む]

映画「3月のライオン」出演の倉科カナにファンが“あの服”をラブコール

アサ芸プラス / 2016年07月08日17時59分

倉科カナの艶ボディだけでもこの映画を観る価値がある! そんな声がグラビア好きの間から沸き起こっている。7月7日に映画「3月のライオン」のキャスト第二弾が発表され、作中で重要な役割を果たす川本家三姉妹の長女・あかり役に倉科が起用された。グラビア誌の編集者が倉科について述懐する。「倉科は『ミスマガジン2006』のグランプリ出身で、美少女とFカップの取り合わせは [全文を読む]

仲村みうの艶系ビデオ出演に“ミスコン同期”の倉科カナもびっくり?

アサ芸プラス / 2017年04月21日09時58分

その仲村についてグラビア誌の編集者が語る。「グラビアでは決して笑顔を見せず、クールビューティーのイメージで通していましたが、本人は大のアイドル好き。撮影中には松浦亜弥のモノマネを披露してくれたものです。ミスマガジンのイベントではファンから『仲村さんって笑うんですね』とガッカリされたこともあると語っていました。ただアップダウンの激しいタイプらしく、他社の編集 [全文を読む]

新「オヤジ殺し女優」吉岡里帆VS相楽樹のひんむき対決!

アサ芸プラス / 2016年06月13日05時57分

グラビアアイドルに負けない出し惜しみない脱ぎっぷりは、ポスト綾瀬はるかの最右翼と見ています」 実際、吉岡は朝ドラ出演直後にはドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)に出演。清純そうでいて二股恋愛をする肉食教育実習生という役を好演している。 また、5月からはCMで加藤ローサ(30)、倉科カナ(28)、広瀬すず(17)などを輩出した結婚情報誌「ゼクシィ」の [全文を読む]

倉科カナ、主演ドラマでFカップ覚醒も視聴者からは「まだ覚悟が足りない!」

アサ芸プラス / 2017年01月25日17時59分

ついに倉科カナが覚醒か? デビュー時からそのFカップバストで注目されながら、水着グラビアの封印とともに艶っぽさまで封印してきた倉科が、主演ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)で急激に色香を発散し始めている。1月20日の初回放送ではいきなり、恋人役の三浦翔平とベッドを共にするシーンに挑戦。熱いキスまで交わすなど視聴者を興奮させているが、倉科のファンからは不満 [全文を読む]

橘希、元AKB48・永尾まりやとのグラビア対決を制し、実姉・倉科カナとの“巨乳共演”を望む声が殺到

おたぽる / 2016年07月09日09時00分

2日に放送された『夏休みにまだ間に合う!常夏楽園サイパンの旅』(テレビ東京系)で、グラビアモデルの橘希と元AKB48の永尾まりやが、“バカンス”をテーマに水着グラビア対決をしたのだが、橘が見事、この対決を制し、ファンからは「AKBざまーみろ!」「圧勝だったな」などと、歓喜の声が吹き荒れたようだ。 番組では、お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介と、タレ [全文を読む]

制服コスが話題の倉科カナ、社会派ドラマでファン待望のセーラー服披露!

メンズサイゾー / 2015年02月28日12時00分

「2006年のデビュー当初、倉科さんは漫画誌『週刊少年マガジン』『週刊ヤングマガジン』(講談社)などを中心にグラビア活動で人気を博しました。スリーサイズは上からB89・W59・H87で、公表はされていませんがFカップの巨乳と、少し太めの眉毛からくる素朴さとのギャップもあり、あっと言う間にトップグラドルになりました。しかし、2009年にNHK連続テレビ小説『 [全文を読む]

倉科カナ、キャバ嬢経験で竹野内豊を落とした!? 共演女優も呆れた“甘え上手”ぶり

サイゾーウーマン / 2014年10月19日16時00分

その頃よりグラビア仕事からは離れていったが、グラビア活動開始時、世間には知られていないこんな“副業”を経験していたという。 「市川海老蔵の暴行事件で一躍有名になった『バルビゾン・ビル』内のキャバクラに勤務していたんですよ。当時の同僚いわく、『見た目がすごく地味で、とてもタレントとは思えなかった』そうですが、持ち前の人懐っこさで、みるみる人気のキャバ嬢に成長 [全文を読む]

黒木メイサ、倉科カナ…オヤジ世代がグッとくる「魔性女優」とは?

アサ芸プラス / 2017年06月15日05時58分

「かつてグラビア活動がメインだった頃はB89・W58・H87の堂々たるサイズ。当時はDVDで『ポロリした?』と騒がれた艶映像も残しています。朝ドラヒロイン以降は出し惜しみが続きましたが、今年1月スタートの主演ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)での妖艶な演技で再浮上。せっかく秘めた魔性が評価されたのだから、20代が終わる前に完脱ぎに挑んでもらいたいですね」 [全文を読む]

倉科カナVS吉本実憂 清純派女優が深夜ドラマで魅せた絶頂色香対決を公開!

アサ芸プラス / 2017年02月11日17時57分

また、もともとグラビア出身なので、肌の露出には抵抗が少ないのかも」(テレビ局関係者) 初回の視聴率は6.6%。1月27日放送の第2回は5.1%(いずれもビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。「テレビをつける世帯が圧倒的に少ない深夜の時間帯では、大健闘と言えます」(前出・テレビ局関係者) ドラマ解説者の木村隆志氏が本作の魅力を語る。「この放送枠は、視聴者 [全文を読む]

平愛梨に倉科カナ「姉妹も有名人」の美女たち

日刊大衆 / 2017年01月05日15時00分

俳優の竹野内豊(46)との交際が発覚し、最近では既に極秘結婚しているのでは、などと噂になっている女優の倉科カナ(29)は、実は妹がグラビアアイドルで女優の橘希(26)だ。2016年4月に発売されたDVD『シトラス気分』(エスデジタル)では大胆な水着姿を披露している。取材などで姉について質問されると、表情を硬くしてしまうそうだが、姉妹が不仲だったりするのか [全文を読む]

ドラマ「刑事7人」の紅一点・倉科カナ、色気だけじゃない安定した演技力が話題に

AOLニュース / 2016年09月07日18時00分

愛らしい顔立ちにバスト89のグラマラスな肢体で「少年マガジン」や「ヤングマガジン」で水着グラビアを披露。イメージDVDも4本リリースして人気を呼んだ。 ただ女優業ではデビュー3年で目立った活躍がなく、事務所がグラビア系でなかったことから水着仕事も抑えていくと中途半端な立ち位置になり、忘れられた存在になりかけた。だが、朝ドラオーディション5回目の挑戦で、『ウ [全文を読む]

吉岡里帆の“パオ~ン姿”にファン萌えまくり! “べっぴんさん”との神々しい百合姿にも絶賛の声

おたぽる / 2016年07月07日12時00分

CMのディレクターを務める箭内道彦からも『歴代CMガール同様、これから日本を牽引して行く女優さんのひとりになることは間違いありません』と太鼓判を押されるなど、業界内でも俄然、注目度が高まり、ますますの活躍を期待されています」(芸能関係者) グラビアモデルとしても活躍する吉岡だが、14年7月に発売された「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアデビューを飾った [全文を読む]

吉岡里帆、脇に続いてDカップ“おっぱい強調”にマスコミの目線も釘付け!『あさが来た』ブレークで苦労が報われる!?

おたぽる / 2016年05月28日19時00分

先日、「週刊プレイボーイ」(集英社)が運営するグラビアPCサイト「週プレnet」できれいな脇をさらけ出したグラビア画像をアップし、脇フェチな殿方たちのハートをガッチリ掴んだことで話題となった吉岡里帆。 NHK朝ドラ『あさが来た』で読書好きで真面目な女生徒・田村宜役、現在放送中のクドカンこと宮藤官九郎が脚本を務めるドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系) [全文を読む]

「倉科カナの妹」認めたグラドル・橘希、両刃の剣『姉妹カミングアウト』でブレイクなるか

メンズサイゾー / 2015年07月21日21時35分

その話題の妹とは、グラビアアイドルの橘希(24)。ミサミサ率いるアイドルユニット「イチゴBERRY」のメンバー・北野マコとして同作に出演しており、かねてから倉科の妹ではないかとウワサがあったが正式には公表されていなかった。 その彼女が今月20日、都内で開かれたファーストDVDの発売記念イベントに登場。スポーツ紙の記者が「倉科カナの妹なのは本当か」と問うと [全文を読む]

デスノート出演中の倉科カナの妹はいますぐ会えるアイドルだった!?

アサ芸プラス / 2015年07月08日17時58分

しかも、その橘に直接会えるチャンスがあるというのだから、ドラマファンもグラビアファンも気になるところだろう。 現在24歳の橘はデスノートでは、佐野ひなこ演じるヒロイン弥海砂がセンターを務める3人組アイドルグループ「イチゴBERRY」の緑担当・マコ役を演じている。劇中で歌う「ありゃりゃ」はフルバージョンのPVも用意されており、きっちり1曲を踊りきることができ [全文を読む]

“つい最近までバージンだった”発言のおかもとまりが今度は「トップとアンダーは絶対に出さない」と永遠のNG宣言 【動画付き】

週プレNEWS / 2015年03月10日15時00分

昨年の本誌グラビア&インタビュー記事(こちらを参照→http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/21/39389/)もネットで大反響となり、一躍その存在が注目の元となったが、先月21日には東京・福屋書店新宿サブナード店でイメージDVD「近距離彼女」(ワニブックス)の発売記念イベントを開催。 さすが時の人なだけに大勢のマスコミがつめ [全文を読む]

倉科カナの“暴れん坊おっぱい“が話題に! 『ファーストクラス』の見どころは美悪女たちの胸元にあり!?

メンズサイゾー / 2014年10月16日19時30分

グラビア時代から、あふれんばかりのおっぱいで有名だった倉科だが、女優業にシフトしてからは、おっぱいを満喫できるようなグラビアはほとんど披露していない。女優としてすでに確固たる地位を築いた彼女が、今になってビキニになる必要性はないのだろうが、当時からのファンにとっては少々物足りない気分に違いない。だからこそ、ドラマの中で彼女のおっぱいが揺れるたびに、「暴れ [全文を読む]

グッとくる「魔性の妖艶女優」総選挙!(1)<20代の萌芽編>黒木メイサは第二子出産でも断トツ人気

アサ芸プラス / 2017年06月20日05時57分

あどけない顔だちだが、かつてグラビア活動がメインだった頃はB89・W58・H87の堂々たるサイズ。「当時はDVDで『おっぱいがポロリした?』と騒がれたほどの迫力。朝ドラヒロイン以降は出し惜しみが続きましたが、今年1月スタートの主演ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)での妖艶な演技で再浮上。せっかく秘めた魔性が評価されたのだから、20代が終わる前にフルヌード [全文を読む]

倉科カナの寝起きスッピン披露に「見せ所が違う!」とガックリ続出

アサ芸プラス / 2017年05月19日17時59分

その有村に比べると倉科は、もっと“艶技力”を向上させたほうがいいですよ」(前出・芸能ライター) 倉科はミスマガジンで活躍した10代のころから水着グラビアでもニカッとした笑顔が多く、艶要素が少なかった。しかし12月には30歳を迎えるアラサーとなった今となっては、さらに自分の艶気を気にするほうがいいのかもしれない。(金田麻有) [全文を読む]

フォーカス