著書 村上春樹に関するニュース

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?

リテラ / 2015年01月17日21時00分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 [全文を読む]

海外記者が断言。日本ほど「ランニング中毒」な国はない

まぐまぐニュース! / 2016年08月10日21時00分

ビジネス的かつ精神的な側面をもつ日本のランニング文化 またNewsweekの記事でも、フィンの著書をさらに掘り下げています。 同紙ではアフリカが勝つ為に走っているのであれば、日本人にとってスポーツは「ビジネス的」でありながら「精神的」であると筆者は印象を語っています。 ビジネス的な部分についていえば、2013年のトップ100ランナーの内、9割以上がアフリ [全文を読む]

世界的現象ゆえの宿命? こんまり「片づけ魔法」に海外でバッシングも…その主張とは?

NewSphere / 2016年01月30日10時45分

また今月、氏の著書の英訳第2弾『Spark Joy: An Illustrated Master Class on the Art of Organizing and Tidying Up』(以下Spark Joy)が出版されたことを受け、各紙がこぞって近藤氏の記事を掲載。1月最終週の時点で、第1弾の『The Life-Changing Magic of [全文を読む]

【スピリチュアル・ビートルズ】 「ノルウェーの森」というタイトルの謎

OVO [オーヴォ] / 2017年05月22日17時43分

東芝EMI音楽出版でビートルズの日本デビューをもしかけた高嶋弘之氏は著書『「ビートルズ!」をつくった男』(DU BOOKS)で、自身の英語力のなさが原因だとしている。 でも世の中はおもしろいものだ。そんな高嶋氏は村上氏の神戸高校、早稲田大学第一文学演劇専攻の先輩だという。 「いつか会ったら、『少しは印税、こちらに寄こせ』と言ってやるつもりだけど、恐らく彼は [全文を読む]

ダリもハルキもパロディに。和田誠の名著復刊に心躍る

文春オンライン / 2017年03月19日17時00分

『ぼくが映画ファンだった頃』など著書多数。77年より現在に至るまで「週刊文春」表紙を担当する。 みなみしんぼう/1947年東京都生まれ。イラストレーター、エッセイスト。『ねこはいに』、夫妻での共著『本人遺産』等著書多数。 (南 伸坊) [全文を読む]

ハルキ世界の満漢全席『騎士団長殺し』を全世界が待ちわびた

文春オンライン / 2017年03月12日11時00分

著書に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『1Q84』など。フランツ・カフカ賞、エルサレム賞など受賞歴多数。 おおもりのぞみ/1961年生まれ。翻訳家、評論家。近著に『現代SF観光局』。訳書にハクスリー『すばらしい新世界[新訳版]』など。 (大森 望) [全文を読む]

ノーベル文学賞はボブ・ディランで、村上春樹また落選! そもそもノーベル文学賞候補なのか!?

リテラ / 2016年10月13日21時30分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 [全文を読む]

今年もまた落選! 村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補じゃないとの説が!?

リテラ / 2015年10月09日08時00分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 そもそも村上春樹はノーベル賞の候補に本当に入っているのか。そこから小谷野は疑問を呈する。というのも、この時期報道でよく目にする「下馬評で1番人気」「最有力候補」などというのは予想屋が勝手に予想しているだけのもの。ノーベル賞 [全文を読む]

西加奈子絶賛!『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』翻訳者・都甲幸治、初の対談集発売! 10月22日には朝吹真理子との対談イベントも開催

PR TIMES / 2015年09月10日11時50分

著書に『狂喜の読み屋』(共和国)、『生き延びるための世界文学』、『21世紀の世界文学30冊を読む』(以上、新潮社)、『偽アメリカ文学の誕生』(水声社)、訳書にジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(共訳、新潮社)、スコット・フィッツジェラルド『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(イースト・プレス)などがある。 [全文を読む]

今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説が!?

リテラ / 2014年10月10日08時30分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 そもそも村上春樹はノーベル賞の候補に本当に入っているのか。そこから小谷野は疑問を呈する。というのも、この時期報道でよく目にする「下馬評で1番人気」「最有力候補」などというのは予想屋が勝手に予想しているだけのもの。ノーベル賞 [全文を読む]

フォーカス