著書 村上春樹に関するニュース

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?

リテラ / 2015年01月17日21時00分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 [全文を読む]

海外記者が断言。日本ほど「ランニング中毒」な国はない

まぐまぐニュース! / 2016年08月10日21時00分

ビジネス的かつ精神的な側面をもつ日本のランニング文化 またNewsweekの記事でも、フィンの著書をさらに掘り下げています。 同紙ではアフリカが勝つ為に走っているのであれば、日本人にとってスポーツは「ビジネス的」でありながら「精神的」であると筆者は印象を語っています。 ビジネス的な部分についていえば、2013年のトップ100ランナーの内、9割以上がアフリ [全文を読む]

世界的現象ゆえの宿命? こんまり「片づけ魔法」に海外でバッシングも…その主張とは?

NewSphere / 2016年01月30日10時45分

また今月、氏の著書の英訳第2弾『Spark Joy: An Illustrated Master Class on the Art of Organizing and Tidying Up』(以下Spark Joy)が出版されたことを受け、各紙がこぞって近藤氏の記事を掲載。1月最終週の時点で、第1弾の『The Life-Changing Magic of [全文を読む]

ノーベル文学賞はボブ・ディランで、村上春樹また落選! そもそもノーベル文学賞候補なのか!?

リテラ / 2016年10月13日21時30分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 [全文を読む]

今年もまた落選! 村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補じゃないとの説が!?

リテラ / 2015年10月09日08時00分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 そもそも村上春樹はノーベル賞の候補に本当に入っているのか。そこから小谷野は疑問を呈する。というのも、この時期報道でよく目にする「下馬評で1番人気」「最有力候補」などというのは予想屋が勝手に予想しているだけのもの。ノーベル賞 [全文を読む]

西加奈子絶賛!『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』翻訳者・都甲幸治、初の対談集発売! 10月22日には朝吹真理子との対談イベントも開催

PR TIMES / 2015年09月10日11時50分

著書に『狂喜の読み屋』(共和国)、『生き延びるための世界文学』、『21世紀の世界文学30冊を読む』(以上、新潮社)、『偽アメリカ文学の誕生』(水声社)、訳書にジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(共訳、新潮社)、スコット・フィッツジェラルド『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(イースト・プレス)などがある。 [全文を読む]

今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説が!?

リテラ / 2014年10月10日08時30分

小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。 そもそも村上春樹はノーベル賞の候補に本当に入っているのか。そこから小谷野は疑問を呈する。というのも、この時期報道でよく目にする「下馬評で1番人気」「最有力候補」などというのは予想屋が勝手に予想しているだけのもの。ノーベル賞 [全文を読む]

『さんぽで感じる村上春樹』-ダイヤモンド社より2014年4月24日配本-

PR TIMES / 2014年04月24日11時57分

著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』(阪急コミュニケーションズ)。 道前宏子(どうぜんひろこ)/1981年神奈川県生まれ。編集やライター業をしながら「6次元」を運営。趣味は、日本の聖地巡礼、文学さんぽ、ハルキ料理の再現。 (*)6次元(ろくじげん) 東京・荻窪にある知る人ぞ知るブックカフェ。40年前のジャズバーをリノベーションした空間で、村上春樹の読 [全文を読む]

「早くノーベル賞が欲しい」村上春樹が衝撃告白! 大川隆法の霊言本がますますアツい

日刊サイゾー / 2013年09月14日11時00分

この春樹の守護霊、実にカネに卑しく人間くさいキャラ設定で、たとえば、著書が売れる理由を教えてくれという身もフタもない質問には、「“秘伝のタレ”みたいなものでしょう? 絶対、教えちゃいけない」と、ちまたの酔いどれオヤジのように返し、発売前に内容を明かさないプロモーションについて問われると、「ビニ本とほとんど一緒の状態ではあるけども、そのへんの期待感を上手に [全文を読む]

“ミステリーな”村上春樹 大ヒット新作印税収入、次作の出版元、編集者も会えない…

Business Journal / 2013年05月19日07時00分

著書が1995年の阪神大震災の後、連作短編集『地震のあとで』(のちに『神の子どもたちはみな踊る』)を発表したように、本書には津波も放射能もなにも書かれてはいない。だが、大震災が行間に深く埋もれている。私はそのように読んだ。同時代の空気を吸ってきた同世代の者の勘である」(4月21日付東京新聞朝刊、文芸評論家・横尾和博氏) 一方で出版業界内からは「あれは小説で [全文を読む]

ダイエットなど美容健康にいいと話題の「たまねぎ氷」とは

NEWSポストセブン / 2013年01月27日07時00分

3か月前に発売した著書『病気にならない! たまねぎ氷健康法』(アスコム刊)は、10万部を超えるヒットを記録し、テレビや雑誌でも取り上げられて大ブームとなっている。 村上さんがたまねぎ氷を生みだしたのは、今から2年ほど前のこと。 JA(全国農業協同組合連合会)徳島に講演に出向いたとき、「糖尿病の予防や改善に効く野菜はないものだろうか」と相談された。 そこで、 [全文を読む]

『アメリカの消失 ハイウェイよ、再び』 発売のお知らせ

@Press / 2012年01月24日11時30分

http://www.bookdom.net/suiyosha/1300shakai/1345america.html ■著書内容 ソロー、フィッツジェラルド、サリンジャー、ホッパー、オキーフ、スプリングスティーン、イーグルス……小説の数行、絵の断片、一フレーズの曲。一見バラバラに存在しているかに見えるものがアメリカの過去、現在、未来を紡ぎ出す。 本書は [全文を読む]

「Amazonランキング大賞2017上半期」を発表

PR TIMES / 2017年06月01日11時00分

書籍総合ではテレビでも話題となった「やせるおかず 作りおき」が1位を獲得したほか、4年ぶりに長編が出版された村上春樹著書「騎士団長殺し」が2位に、乃木坂46のメンバーである白石麻衣による「白石麻衣写真集 パスポート」が3位にランクインしました。 [全文を読む]

「どこへ行くのか判らない船でも、乗っている方がよかった」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば148】

サライ.jp / 2017年05月28日06時00分

著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。 [全文を読む]

「映画を黒字化するために」是枝裕和監督インタビュー -Part1-

Forbes JAPAN / 2016年09月01日19時00分

6月刊行の著書『映画を撮りながら考えたこと』では、原作モノや続編モノでないと企画が非常に通りづらくなった映画界で、ほぼ全作オリジナルで20余年闘いつづけているその軌跡を振り返っている。数々の書評やインタビュー、TBSブックバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』にも取り上げられた本書について、また、普段はなかなか聞くことのできない”映画にまつわるお金の話”につ [全文を読む]

上野樹里と平野レミの嫁姑バトルが起きても「文春砲」は炸裂しない? 表紙を描く舅のおかげで上野樹里が文春のタブーに

リテラ / 2016年05月30日20時00分

和田誠といえば、星新一や村上春樹、最近なら小泉今日子の著書など数多くの書籍の装画・装丁で知られるイラストレーター・デザイナーで、自身もエッセイを手がけたり映画監督もするなど多才な人物。なかでも誰もが目にしたことがあるであろうもっとも有名な仕事が、そう「週刊文春」(文藝春秋)の表紙だ。 上野の舅となる誠氏は1977年以来、じつに40年近くにわたって「文春」の [全文を読む]

「イラストレーター 安西水丸展」が京都で開催。小山薫堂、嵐山光三郎によるギャラリートークも

FASHION HEADLINE / 2016年05月14日19時00分

小説やエッセイの著書、漫画や絵本の執筆まで幅広く活躍した。今回開催される展覧会では、「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」と語る安西水丸の幼少期から晩年に至るまでの足跡を、イラストレーション作品を軸に辿る。公私にわたり親しい嵐山光三郎や村上春樹、和田誠との仕事や愛用品なども展示される予定だ。 また、ギャラリートーク「水丸さんとのおもいで」も開催。6 [全文を読む]

レイチェル・マクアダムス、こんまりに大興奮「本、読んだわ!」

Movie Walker / 2016年04月16日16時23分

近藤の著書「人生がときめく片づけの魔法」は、累計200万部を売り上げ、世界30か国以上でも翻訳された。アメリカでは米Amazon総合1位を獲得し、2015年にアメリカの雑誌TIMEによる「世界で最も影響力のある100人」に、作家の村上春樹と共に選出された。 近藤も「私も映画を拝見させていただいたし、本も読んでいただいたということで、今日お会いできて本当に [全文を読む]

片づけはお祭り!? 世界中が夢中になった「こんまりメソッド」ご紹介!

anan NEWS / 2015年12月02日08時00分

◇近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片づけの魔法』シリーズは世界で300万部を突破。ニューヨーク・タイムズ紙のNo.1ベストセラーにも選出。「一度習えば二度と散らからない」独自のメソッドは世界中でブームとなっている ◇あんどう・みつぐ 2010年に近藤麻理恵さんのレッスンを受け、ときめき片づけに開眼。秘書兼片づけコンサルタントとして活動。日本ときめき片 [全文を読む]

会話に「笑い」が起こるとこんなにいいことが! 5つのメリット

anan NEWS / 2015年11月14日08時00分

『喝! 迷える女子の人生相談』(小学館)など著書多数。現在、『バラいろダンディ』(TOKYOMX)、『スッキリ!!』(日本テレビ)のコメンテーターとしても活躍中。 ◇いしはら・そういちろう コラムニスト。“大人力”たっぷりの執筆やコメントが好評。近著は同じテーマの悩みに村上春樹や蛭子能収など賢人が答えた『日本人の人生相談』(ワニブックス)。 ◇こだか・ちえ [全文を読む]

フォーカス