ランキング 村上春樹に関するニュース

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月05日13時10分

12月6日(金)に発売のダ・ヴィンチ1月号では、毎年恒例となる「BOOK OF THE YEAR 2013」特集にて「記憶に残った今年最良の1冊」のランキングを発表。小説ランキング部門では小野不由美の『丕緒(ひしょ)の鳥 十二国記』(新潮文庫)が1位を受賞した。『丕緒の鳥』は「十二国記」シリーズ12年ぶりとなる新作。長い間刊行を待ちわびたファンも多かったの [全文を読む]

今年最も売れた電子書籍は『ロスジェネの逆襲』!ブックリスタ年間ランキング2013発表

PR TIMES / 2013年12月06日14時49分

デジタルファースト部門は『旅者の歌 第一部』が首位獲得総合ランキング第1位 : ロスジェネの逆襲小説部門第1位 : ロスジェネの逆襲コミック部門第1位 : 進撃の巨人ライトノベル部門第1位 : はたらく魔王さま!新書・ビジネス書部門第1位 : つい他人(ひと)に自慢したくなる 無敵の雑学雑誌部門第1位 : 文藝春秋デジタルファースト部門第1位: 旅者の歌 [全文を読む]

みんなが選んだ、今年のブックランキング第1位は? 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2013、発表!

PR TIMES / 2013年12月05日10時26分

本とコミックの情報マガジン「ダ・ヴィンチ」2014年1月号(12月6日発売)では、ジャンル別ランキングの他、大森望×豊崎由美によるメッタ斬り対談、岡田准一インタビュー、壇蜜プレゼンツ「音感読書」など、読み応え満載の1冊になっている。その他、コミックエッセイ専門誌「別ダ コミックエッセイ感謝祭 in 2013冬」と、映画「ハンガー・ゲーム2」徹底攻略ガイド [全文を読む]

本の目利きが選んだダ・ヴィンチ「2013上半期 BOOK OF THE YEAR」発表

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月05日12時10分

2013年上半期を賑わした本を、全国の書店員と本読みのプロが選び、ランキング形式で発表。一般小説ランキング部門では横山秀夫の『64(ロクヨン)』(文藝春秋)が1位を受賞、2位の朝井リョウ『何者』(新潮社)を大きく引き離し圧倒的な強さを見せた。同作は著者7年ぶりとなる新作で、メディアや書評などにも大きく取り上げられ話題を呼んだ。 関連情報を含む記事はこちら [全文を読む]

【快挙】2017年楽天ブックス上半期ランキング → 3位「うんこ漢字ドリル」2位「うんこ漢字ドリル」1位「うんこ漢字ドリル」

ロケットニュース24 / 2017年07月07日12時16分

そんなネットショッピングの中でも利用者の多い楽天が、2017年上半期の売り上げランキングを発表した。 ファッション、家電、美容などなど様々な部門がある中で、衝撃のランキングとなっているのが楽天ブックスの「書籍」ランキングである。3位「うんこ漢字ドリル」2位「うんこ漢字ドリル」、気になる1位は……「うんこ漢字ドリル」!! ・売れすぎ 「うんこ漢字ドリル」売れ [全文を読む]

印刷しすぎて!? 村上春樹の『騎士団長殺し』バカ売れでも“大赤字”の怪現象

日刊サイゾー / 2017年07月30日19時00分

発売時には大きな話題となり、ベストセラーランキングでも上位に入っている同作だが、業界内での評価は違うようだ。 『騎士団長殺し』は、村上春樹にとって『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)以来4年ぶりの長編小説。発行元の新潮社は、初版で異例となる100万部を刷ると、発売前にさらに30万部の増刷をかけ、計130万部を用意した。これについて、書店 [全文を読む]

村上春樹氏の新作「騎士団長殺し」の中国語版が来春に発売、電子書籍版も―中国メディア

Record China / 2017年07月26日09時00分

2部に分かれていたものの、1週間で50万部を売り上げ、およそ半年が過ぎた今でも、オンライン書店のランキングでは3位以内に入る人気だという。最近、上海訳文出版社が「騎士団長殺し」の中国語簡体字の出版権を取得したと発表、翻訳作業が進められている。 中国では、村上春樹氏は非常に知名度の高い日本の作家の1人だ。上海訳文出版社は2001年に「ノルウェイの森」を中国で [全文を読む]

読書の夏!小説に関する3万人調査(マクロミル調べ)

PR TIMES / 2017年07月25日10時21分

そこで今回は、「小説」の好みや購買のきっかけなどについて、15~69歳の3万人を対象に調査しました![画像1: https://prtimes.jp/i/624/342/resize/d624-342-585803-1.jpg ]■Topics2人に1人が“普段から「小説」を読んでいる”、好みのジャンルは「推理」がトップ!“小説作家の認知度ランキング”、1 [全文を読む]

『2017年honto 2月月間ランキング』発表!~発売わずか5日ながら『騎士団長殺し 第一部・第二部』が堂々ワンツーフィニッシュ~

PR TIMES / 2017年03月06日12時26分

-ハイブリッド型総合書店「honto」-丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、honto本の通販ストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 ハイブリッド型総合書店「honto」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jpサ [全文を読む]

小澤征爾x村上春樹のベストセラー本から生まれた話題のCD“『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック”がクラシック・チャート1位など大反響!

PR TIMES / 2013年04月26日11時22分

オリコン・アルバム・デイリーランキングでは、店頭入荷日の4月23日、および発売日の4月24日の2日間連続で、クラシックのランキングで1位、また通販最大手のアマゾンのクラシックチャートでも発売以来1位をキープしています。「クラシック商品では珍しく、発売前から予約が殺到」、「このCDの需要で、併売している書籍も再び売れ始め、一部品切れ状態」、など、CDショップ [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング発表!!(2017年2月19日~2月25日)

PR TIMES / 2017年02月28日10時18分

-ハルキスト待望の村上春樹新作『騎士団長殺し』が総合ストアランキング第1位-株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2017年2月19日~2017年2月25日)を本日発表いたしました。[画像: https://prtimes.jp/i/11577 [全文を読む]

Amazon.co.jp、本ストア「コミック」「ビジネス・自己啓発」「絵本」他 2013年年間ランキングのご紹介

PR TIMES / 2013年12月09日18時48分

2013年は“ニッチなランキング”も発表~Amazon.co.jp は、2013年の年間ランキング(http://www.amazon.co.jp/best2013)より、本ストア「和書総合」、「コミック」、「ビジネス・自己啓発」などの2013年年間ランキングを以下の通りお知らせいたします。 【Amazon.co.jp 2013年「本ストア」年間ランキング [全文を読む]

Amazon.co.jp、「2013年 年間ランキング」を発表

PR TIMES / 2013年12月09日18時48分

Kindle本1位は話題の『進撃の巨人(11)』、最も学生に支持された商品は「クリスタルガイザー」~Amazon.co.jpは、2013年の年間ランキング(http://www.amazon.co.jp/best2013)を発表いたしました。本特集では、本、ミュージック、DVD、ゲームをはじめ、家電、ファッション、食品&飲料、日用品まで、2013年の年間 [全文を読む]

楽天ブックス、2017年上半期書籍ランキングを発表

PR TIMES / 2017年07月07日10時58分

「楽天ブックス」は本日、「『楽天ブックス』2017年上半期書籍ランキング」を発表しました。「楽天ブックス」は本日、「『楽天ブックス』2017年上半期書籍ランキング」を発表しました。漢字練習帳シリーズ『うんこ漢字ドリル』や、「乃木坂46」メンバーの写真集、村上春樹さんの『騎士団長殺し』などが、上位10位にランクインしました。<楽天ブックス 『2017年上半期 [全文を読む]

「Amazonランキング大賞2017上半期」を発表

PR TIMES / 2017年06月01日11時00分

~スタートアップの革新的な製品を取り揃えた「Amazon Launchpadストア」がランキングに初登場~総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、「Amazonランキング大賞2017上半期」(http://www.amazon.co.jp/ranking/2017/first)を発表しました。本ランキングは、2016年11月1 [全文を読む]

2013年No.1小説は村上春樹も超えたあの作品!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月14日18時20分

ダ・ヴィンチ読者、書店員、文筆家など、本好き4619名が選ぶランキングが発表された。 関連情報を含む記事はこちら 小説部門では、今年は、12年ぶりの「十二国記」の新作『丕緒の鳥』が堂々1位に! 長い間待ちわびたであろうファンの多さに、今更ながら驚きつつ、時間の経過を感じさせないみずみずしいその筆運びや世界観に圧倒された。同じ意味で村上春樹の『色彩を持たない [全文を読む]

佐藤愛子エッセイ、『騎士団長殺し』よりなぜよく売れた?

NEWSポストセブン / 2017年06月11日07時00分

出版流通大手のトーハンと日販は6月1日、それぞれ「2017年上半期ベストセラーランキング」を発表した。いずれのランキングでも、総合第1位となったのは、佐藤愛子さんのエッセイ集『九十歳。何がめでたい』だ。トーハンの2位は『伝道の法』(大川隆法・著)、3位は『騎士団長殺し(1・2)』(村上春樹・著)。日販は2位が『騎士団長殺し(1・2)』(村上春樹)、3位が『 [全文を読む]

サービス開始5周年 honto史上最も売れた書籍を発表! 「5年間総合売上書籍ランキング」

PR TIMES / 2017年04月17日17時34分

5周年を記念して、5年間分の売上データをもとに集計した「5年間総合売上書籍ランキング(集計ジャンル:全て、集計期間:2012年5月17日~2017年4月5日)」を発表します。 また、同日より特設サイト( https://honto.jp/5th )をオープンし、人気著者の方々からいただいたお祝いメッセージや合計100名様以上に当たる著者直筆サイン本プレゼン [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング発表!!(2017年2月26日~3月4日)

PR TIMES / 2017年03月07日10時09分

-有名だけどよく知らない日本史の大乱を解説した『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱(中公新書)』が総合ストアランキング第5位-株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2017年2月26日~2017年3月4日)を本日発表いたしました。[画像: http [全文を読む]

2015年に20歳が一番読んだエッセイTOP10

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月11日09時00分

ハイブリッド型書店サービス「honto」より、「2015年 二十歳(はたち)が一番読んだエッセイランキング」が発表された。早速トップ10を見ていこう! <2015年 二十歳が一番読んだエッセイランキング> 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 第1位『僕の隣で勝手に幸せになってください』 著:蒼井ブルー 価格:1,404円(税込) 発売日:2015年 [全文を読む]

フォーカス