息子 竹内結子に関するニュース

椎名林檎に安室奈美恵も! 大活躍する「実はシングルマザー」芸能人

日刊大衆 / 2016年07月30日10時00分

今は一児の母として、息子と2人で生活している。まだ息子は6歳だが、台所で包丁を握り、母親の料理の手伝いをしたりと、母親思いのいい子に育っているようだ。鈴木のインスタグラムでは、その息子の写真がたびたび公開され、イケメンに育ちつつあると反響を呼んでいる。 歌手の安室奈美恵(38)もシングルマザーだ。安室は1998年にTRFのSAM(54)との間に子どもができ [全文を読む]

菜々緒が雑に退場?木村拓哉の「A LIFE」第8話は最高15.7%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月06日21時06分

「大切な人を救いたい」の一心で医師を志した息子の思いを成就させてやろうとするぶっきらぼうな父と、その思いをしっかりと受け止めた息子。心の奥底でつながっている父子の姿は、このドラマの中でも屈指の名場面と言えそうです。 一方で、またしてもよくわからない行動に出たのが壮大。天才的な腕を持つ沖田ですら父親の手術中に一瞬手が止まってしまったことを引き合いに、「いくら [全文を読む]

『A LIFE』浅野忠信への違和感 「敵役としては中途半端」評

NEWSポストセブン / 2017年01月25日07時00分

微妙な三角関係に、メガネをきらりと光らせる外科部長の羽村(及川光博)、医学界権力者の息子で心臓外科医の井川(松山ケンイチ)、沖田が気になる優秀なナース(木村文乃)などがからんでくる。 第二話では大動脈瘤の手術後、右手にしびれが出た和菓子職人(平泉征)の再手術を見事に成功させた沖田。「まだ終わりじゃない。絶対に救う!」「俺の大丈夫には根拠がある」「俺なら切れ [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

秀吉の息子として生まれ、20代になり利発に育ったという秀頼に、端正な顔立ちの中川さんはぴったりのイメージでした。 中川さんは、小学生の時にスカウトされて芸能界入り。一躍注目され始めたのは、高視聴率で話題になった2011年放送のドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)。物語の舞台となった「阿須田家」の長男役を演じました。その後、ドラマ『GTO』(関西テレビ・フ [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

後継者選びに悩む信之は2人の息子の初陣とすることを決定し、稲(吉田羊)の提案を受け入れ跡継ぎを決める。そして、大坂城に向かった幸村は、茶々(竹内結子)と運命の再会をする――といったストーリーが展開された。 新章突入とあって、新キャラクターが本格的に登場してきたのが目立った第41話。幸村の最初の子・すえ(恒松祐里)の夫として石合十蔵(加藤諒)、信之の2人の息 [全文を読む]

甘甘じゃ務まらない「有名人梨園妻」の掟と品格!(3)闘病中の小林麻央も当初は厳しい洗礼を受けた

アサ芸プラス / 2016年10月02日17時57分

息子3人を歌舞伎役者に育て上げ、一人前の梨園妻として認められるようになった三田だが、「週刊文春」(9月22日号)で橋之助が京都の花街・先斗町の人気芸妓と密会している様子が報じられてしまった。 10月に大名跡・中村芝翫の襲名披露興行を控えていた夫の裏切りに心中穏やかではないだろうが、歌舞伎界では「常識」と話すのは、芸能レポーターの石川敏男氏だ。「歌舞伎役者に [全文を読む]

大泉洋は神経質、竹内結子は…!? “当て書きの天才”三谷幸喜は『真田丸』で役者の本性を暴露していた!

tocana / 2016年08月14日08時00分

先月31日の放送回では、盛大な宴の最中、足腰の弱った秀吉に対し、息子の秀頼が、「久しぶりに花咲かじいさんが見たい」とお願い。秀頼を溺愛する秀吉はノリノリで木に登り始めたが、足元のおぼつかない秀吉は案の定落下し、さらに容態が悪化した。 だが、実は秀頼に花咲かじいさんをリクエストするよう仕向けたのは茶々。この時、豊臣家の後継者となる男児は秀頼しかいなかったもの [全文を読む]

真田丸 秀吉演じる小日向文世らの「名古屋弁」の面白さ解説

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

しかし、息子の言葉を聞いたなか本人は「藤吉郎が助かるんなら、私、喜んで行くぜーも」「なんだしゃん、私、楽しいような気がしてきた」「私、喜んで行かせてもらうでなも」とにこにこ。息子の願いをあっさり受け入れる。 「ぜーも」も「なんだしゃん」も「もらうでなも」などハイクラスの名古屋弁を三連発。すらすら出てくる山田昌。秀吉の言葉を借りれば「さすがはお袋さまだぎゃー [全文を読む]

「羽生結弦は殿様というより……」元祖・氷上の殿様、織田信成が後輩の演技に物申す!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年05月04日23時55分

印象的なシーンを聞かれると、「息子がいるので、兄弟や親子関係がぐっと響きました。十三郎(阿部サダヲ)の父は、今まで思いを語らず、黙々と頑張って、それでも最後には息子に伝わるっていうのが、一番感動したところでした。そういう父親になっていきたいというのは、すごく感じましたね」と、映画の中で登場する“つつしみの掟”を、心に刻んだ様子だった。■織田信成、羽生結弦に [全文を読む]

イタリアのコメディ映画『神様の思し召し』“障害者のフリ”シーンに見る日本の萎縮性

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月29日10時30分

ある日、医大に通う自分の息子が「神父になりたい」と言い出して……というコメディだ。エドアルド・ファルコーネ監督は「バチカン市国がお金を出してるんじゃないかと言われたりもしたよ」と笑うが、コメディとはいえ宗教観、職業差別意識なども絡んだ、なかなか扱うのが難しいテーマの作品だ。■障害者のフリをするシーン(c) 2015 WILDSIDEなかでも賛否が分かれそう [全文を読む]

フォーカス