息子 竹内結子に関するニュース

男の影ゼロの清廉潔白 シングルマザー竹内結子の“聖母”ぶり

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月14日09時26分

息子さんに豊かな愛情を注ぐことを至上の楽しみとしているからこそ、今の美しさがあるといえるでしょう」 女優としての評価も上々。デビュー以来、これといったトラブルも聞いたことがない。 「これだけの女性を周りの男性が放っておくわけがありません。本人に興味がないからクリーンでいられるのです」(前出の川内氏) 自宅に間男を呼ぶダメ母とは対照的に息子ファースト。“聖母 [全文を読む]

竹内結子、ショートヘア姿を披露

モデルプレス / 2017年09月05日14時00分

また、息子が仕事を頑張る母親へ、ご褒美のラーメンをつくる「ママにもごほうび編」や、休日に父親が料理に腕を振るう「パパの焼きそば編」など、毎回家族3人の思いやりあふれるストーリーに、ほっこりさせられる内容となっている。(modelpress編集部)【Not Sponsored 記事】 [全文を読む]

竹内結子、CMでショートヘア披露! 美しすぎる理想の母親に

マイナビニュース / 2017年09月05日14時00分

ラーメンを作っている姿や、帰ってきた夫と息子を笑顔で迎える姿が見られ、最後には「食べずにいられる?」と視聴者に語り掛けている。 [全文を読む]

菜々緒が雑に退場?木村拓哉の「A LIFE」第8話は最高15.7%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月06日21時06分

「大切な人を救いたい」の一心で医師を志した息子の思いを成就させてやろうとするぶっきらぼうな父と、その思いをしっかりと受け止めた息子。心の奥底でつながっている父子の姿は、このドラマの中でも屈指の名場面と言えそうです。 一方で、またしてもよくわからない行動に出たのが壮大。天才的な腕を持つ沖田ですら父親の手術中に一瞬手が止まってしまったことを引き合いに、「いくら [全文を読む]

『A LIFE』浅野忠信への違和感 「敵役としては中途半端」評

NEWSポストセブン / 2017年01月25日07時00分

微妙な三角関係に、メガネをきらりと光らせる外科部長の羽村(及川光博)、医学界権力者の息子で心臓外科医の井川(松山ケンイチ)、沖田が気になる優秀なナース(木村文乃)などがからんでくる。 第二話では大動脈瘤の手術後、右手にしびれが出た和菓子職人(平泉征)の再手術を見事に成功させた沖田。「まだ終わりじゃない。絶対に救う!」「俺の大丈夫には根拠がある」「俺なら切れ [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

秀吉の息子として生まれ、20代になり利発に育ったという秀頼に、端正な顔立ちの中川さんはぴったりのイメージでした。 中川さんは、小学生の時にスカウトされて芸能界入り。一躍注目され始めたのは、高視聴率で話題になった2011年放送のドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)。物語の舞台となった「阿須田家」の長男役を演じました。その後、ドラマ『GTO』(関西テレビ・フ [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

後継者選びに悩む信之は2人の息子の初陣とすることを決定し、稲(吉田羊)の提案を受け入れ跡継ぎを決める。そして、大坂城に向かった幸村は、茶々(竹内結子)と運命の再会をする――といったストーリーが展開された。 新章突入とあって、新キャラクターが本格的に登場してきたのが目立った第41話。幸村の最初の子・すえ(恒松祐里)の夫として石合十蔵(加藤諒)、信之の2人の息 [全文を読む]

甘甘じゃ務まらない「有名人梨園妻」の掟と品格!(3)闘病中の小林麻央も当初は厳しい洗礼を受けた

アサ芸プラス / 2016年10月02日17時57分

息子3人を歌舞伎役者に育て上げ、一人前の梨園妻として認められるようになった三田だが、「週刊文春」(9月22日号)で橋之助が京都の花街・先斗町の人気芸妓と密会している様子が報じられてしまった。 10月に大名跡・中村芝翫の襲名披露興行を控えていた夫の裏切りに心中穏やかではないだろうが、歌舞伎界では「常識」と話すのは、芸能レポーターの石川敏男氏だ。「歌舞伎役者に [全文を読む]

大泉洋は神経質、竹内結子は…!? “当て書きの天才”三谷幸喜は『真田丸』で役者の本性を暴露していた!

tocana / 2016年08月14日08時00分

先月31日の放送回では、盛大な宴の最中、足腰の弱った秀吉に対し、息子の秀頼が、「久しぶりに花咲かじいさんが見たい」とお願い。秀頼を溺愛する秀吉はノリノリで木に登り始めたが、足元のおぼつかない秀吉は案の定落下し、さらに容態が悪化した。 だが、実は秀頼に花咲かじいさんをリクエストするよう仕向けたのは茶々。この時、豊臣家の後継者となる男児は秀頼しかいなかったもの [全文を読む]

真田丸 秀吉演じる小日向文世らの「名古屋弁」の面白さ解説

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

しかし、息子の言葉を聞いたなか本人は「藤吉郎が助かるんなら、私、喜んで行くぜーも」「なんだしゃん、私、楽しいような気がしてきた」「私、喜んで行かせてもらうでなも」とにこにこ。息子の願いをあっさり受け入れる。 「ぜーも」も「なんだしゃん」も「もらうでなも」などハイクラスの名古屋弁を三連発。すらすら出てくる山田昌。秀吉の言葉を借りれば「さすがはお袋さまだぎゃー [全文を読む]

「羽生結弦は殿様というより……」元祖・氷上の殿様、織田信成が後輩の演技に物申す!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年05月04日23時55分

印象的なシーンを聞かれると、「息子がいるので、兄弟や親子関係がぐっと響きました。十三郎(阿部サダヲ)の父は、今まで思いを語らず、黙々と頑張って、それでも最後には息子に伝わるっていうのが、一番感動したところでした。そういう父親になっていきたいというのは、すごく感じましたね」と、映画の中で登場する“つつしみの掟”を、心に刻んだ様子だった。■織田信成、羽生結弦に [全文を読む]

イタリアのコメディ映画『神様の思し召し』“障害者のフリ”シーンに見る日本の萎縮性

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月29日10時30分

ある日、医大に通う自分の息子が「神父になりたい」と言い出して……というコメディだ。エドアルド・ファルコーネ監督は「バチカン市国がお金を出してるんじゃないかと言われたりもしたよ」と笑うが、コメディとはいえ宗教観、職業差別意識なども絡んだ、なかなか扱うのが難しいテーマの作品だ。■障害者のフリをするシーン(c) 2015 WILDSIDEなかでも賛否が分かれそう [全文を読む]

又吉も危ない? 芥川賞獲っても食えない! 電話は止められ、息子の貯金箱から硬貨を拝借...厳しすぎる作家の金銭事情

リテラ / 2015年09月09日13時00分

又吉直樹による『火花』(文藝春秋)が、純文学としては異例の230万部を突破し、さらに、鳴り物入りで日本での運用をスタートするオンラインストリーミングサービス・Netflixで2016年に映像化することも発表されるなど、又吉の芥川賞受賞フィーバーは、受賞から一カ月以上経ったいまも留まるところを知らない。 世間からこれだけの注目を集める「芥川賞」。しかし、同賞 [全文を読む]

獅童の母 息子の不祥事でひいき筋に何度も頭下げ詫び手紙も

NEWSポストセブン / 2013年12月30日07時00分

「陽子さんは数か月前、小学生くらいの男の子たちとすれ違った時に、“孫に会いたい”と呟いて、目頭を押さえていたことがありました」(陽子さんの知人) ※女性セブン2014年1月9・16日号 [全文を読む]

宮迫博之、「オフホワイト」から「ダークグレー」に訂正も大批判!!

アサジョ / 2017年09月05日18時14分

これには視聴者からも「どんどん色が濃くなっていくな」「不貞をギャグにしないで」「妻や息子、両親や義父母はどんな思いで見ていたのだろうか」などと大批判だ。「宮迫は先月の18日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でも、同様に連続不貞疑惑をネタにして非難を浴びています。やはりこのネタでウケを狙うのは、自粛した方がいいのではないでしょうか」(女性誌記者) 宮迫の [全文を読む]

イカレポンチなマサオに泣かされる『A LIFE ~愛しき人~』14.7%で、いよいよ最終回へ

日刊サイゾー / 2017年03月13日21時00分

聞けば、母ひとり子ひとりなんだそうですが、この患者の息子の小学生が、実に厄介なことを言い出します。 失敗したばかりの沖田に「絶対失敗しないですよね」とプレッシャーをかけるのは、まだ序の口。どこで聞いてきたのか「この病院にはベルギーの王様の家族を切った医者がいるそうじゃないか」「偉い先生はお金持ちじゃないとやってくれないのか」と、やけに医療現場について精通し [全文を読む]

日テレ”水10枠”の好調は続くか?沢尻エリカの新主演ドラマに賛否

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日16時16分

本作は、息子を誘拐されて以来、夫と別れ一人で暮らしてきた主人公と、その周囲の女性たちが織りなす物語。撮影は先日からクラインクインを迎えているという。 沢尻といえば、未だに2007年に出演の映画『クローズド・ノート』の会見の場で、質問に対し「別に」と答え不機嫌な態度をとった姿が印象に残る人も多いだろう。あれから10年経とうとする中、現在ではコンスタントにドラ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】浅野忠信、『A LIFE』での“怪演”に反響「怖いです」「落ち着いてください」

TechinsightJapan / 2017年02月22日08時00分

一方、医師である壮大の父親は息子がテストで98点をとっても「医者にミスは許されない! 100点でなければ0点と同じだ」と厳しく諫める真逆の育て方をしてきた。 壮大に父親とのそうしたトラウマがあることが明らかとなるなか、自身の脳腫瘍に不安をつのらせた深冬は病院で執刀方法を模索する沖田のもとを訪れていた。取り乱す彼女を安心させようと沖田が抱きしめるところを、壮 [全文を読む]

福原愛&平愛梨だけじゃない? 結婚時に“幸せアピール”しすぎて、好感度大暴落のタレント

サイゾーウーマン / 2017年02月20日11時45分

そういった過去があるにもかかわらず、再婚で大はしゃぎしている中村には、ネット上で『竹内と息子が可哀想』といった批判の声が多数上がりました」(同) 結婚という“幸せの絶頂”に浮かれるのはよいが、芸能人としての好感度を考えると、ほどほどにしておく方がベターかもしれない。 [全文を読む]

視聴率ダウンも納得?木村拓哉の限界が見えてきた「A LIFE」の第4話

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日20時05分

だからこそ医療の知識があって誰よりも仕事ができ、そして医者の息子を毛嫌いしていたという種明かしもおもしろいと思います。これまで出番は少ないながらも強い印象を残していた木村文乃のいろんな表情が堪能できたという意味でもサービス回でした。 それだけに、主人公の一言で長年の悩みが解決したという脚本はちょっと浅すぎかと。主人公の一言も含め、同時期に経験したいろんな出 [全文を読む]

フォーカス