映画 竹内結子に関するニュース

“本当に良い映画は観客に追体験させてくれる” 第28回TIFFの受賞者記者会見レポート

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月04日15時59分

10月31日(土)に東京国際映画祭が閉幕。受賞者記者会見では審査員たちがシャンパンを片手に登場するなど、終始和やかな雰囲気で行われた。 審査委員長のブライアン・シンガー監督は「イベントや自作のPRもあったので9日間(10月22日-31日)で16本見るのが大変でした。無事に終わってホッとしています。審査員にフィルムメーカーが多かったので、やりがいもあって、楽 [全文を読む]

東京国際映画祭で尾野真千子、おノロケ?広瀬すずは「初めてなので、少し恥ずかしい」

Woman Insight / 2015年11月01日20時13分

(C)2015 TIFF 10月22日より東京・六本木ヒルズにて開催されてきた「第28回東京国際映画祭」が、10月31日最終日を迎え、クロージングセレモニーに同映画祭クロージング作品『起終点駅 ターミナル』のメガフォンを執った篠原哲雄監督、出演者の佐藤浩市さん、本田翼さん、尾野真千子さんらが登壇しました。 完成報告会見の模様はこちらから→ 佐藤浩市、太鼓判 [全文を読む]

「市川さんの作品を読めば、世界が平和になるのに! 」作家・市川拓司×女優・樋口柚子対談

Woman Insight / 2017年09月18日10時30分

2011年日韓アートフェスティバルで上演された映画『愛のしるし』(2011年)で映画初出演、初主演を務め、女優としての活動を開始。ドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ/2016年)、『咲-Saki- 特別編』(TBS/2016年)、映画『咲-Saki-』(2017年)に出演。明治『チョコレート効果』、パーソルキャリア、アルバイトニュース『an [全文を読む]

北海道に住む人も、北海道観光に行く人も。観ておきたい北海道映画3選

TABIZINE / 2015年12月20日13時00分

また、そうした憧れは映画やドラマに描かれている世界から来ている場合も多いですよね。 そこで今回は学生時代に映画を学んだ筆者が、北海道旅行に出掛ける前に観ておきたい、旅の予習の映画を紹介したいと思います。 1:「幸福の黄色いハンカチ」山田洋次監督 北海道の映画と言えば、やはり外せない一作が「幸福の黄色いハンカチ」。舞台は釧路、網走、帯広、夕張など大自然が目白 [全文を読む]

ゆるめるモ!に加入した理由は「演技がしたかったから」――映画初主演・櫻木百に聞く“アイドル”と“女優”

おたぽる / 2016年10月28日21時00分

10月29日から東京・渋谷のユーロスペースで公開される映画『うつろいの標本箱』は、シンガーソングライターの黒木渚が2014年にリリースしたアルバム『標本箱』をモチーフにした男女15人の恋愛をめぐる群像劇。脚本と監督は長編第一作『くじらのまち』がベルリン国際映画祭など世界10カ国以上で公開され、続く『過ぐる日のやまねこ』がマラケシュ映画祭で審査員賞を受賞する [全文を読む]

竹内結子が公式インスタを開設 37歳とは思えぬ美貌に驚くネット民

しらべぇ / 2017年07月06日15時00分

(画像はInstagramのスクリーンショット)映画『いま、会いにゆきます』やドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)などで知られる女優の竹内結子が、5日に自身の公式Instagramアカウントを開設。そこで見せた美しい姿に、ファンが熱狂している。■イモトアヤコの勧めで開始 ・ #最初なのできちんとおめかし #みんながちゃんとやれって #いいイメージ欲 [全文を読む]

映画『殿、利息でござる!』の主題歌があの“日本の最も有名なロックンロール”に決定!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月08日20時00分

■日本人の応援歌が注目の映画主題歌につらいことがあった時、それでも立ち上がり歩き出す時。私たち日本人は、いつもこのフレーズを口ずさんで生きてきたのではないだろうか。「上を向いて歩こう~」フレーズの通り、1961年に発表された坂本九の楽曲である『上を向いて歩こう』である。この曲は、ビルボードで全米一位を取った唯一の日本語楽曲だ。今回、そんな日本が誇る名曲で、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木蔵之介の恐怖体験に『残穢』共演者も耳を塞ぐ

TechinsightJapan / 2016年01月24日12時12分

映画『残穢』の監督とキャストがバラエティ番組『王様のブランチ』からインタビューを受けた。竹内結子や中村義洋監督が明かす映画制作にまつわる裏話も怖かったが、佐々木蔵之介の学生時代の体験談には他のキャストやインタビュアーも耳を塞いでしまうほどであった。 テレビで放送中の予告編を見るだけで、これまでのホラーとは違う怖さを予感する映画『残穢【ざんえ】―住んではいけ [全文を読む]

なぜ僕たちは世界の映画を見るのか【第28回東京国際映画祭総括】

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月06日12時13分

■日本映画を公開前に見られる場所という役割その女は言った。「もっとマシな映画見なよ……」10年前の2005年、東京国際映画祭に行ったときのことだった。僕は『仮面ライダー THE FIRST』が公開前に見られるチャンスということで、東京国際映画祭に足を運んだ。すると、シネフィルを自称していた高校時代の同級生の女子が、大学生ボランティアとして会場内にいて、僕の [全文を読む]

TIFFに横浜聡子監督が登壇! 残念で不器用な人を肯定する映画『俳優 亀岡拓次』

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月28日18時33分

第28回東京国際映画祭にて「アジアの未来」部門に出品された映画『俳優 亀岡拓次』の上映が行われ、横浜聡子監督が登壇。観客との質疑応答が行われた。■あらすじ本作の主人公は亀岡拓次37歳独身。職業は脇役メインの俳優だ。「残念で地味な人間」を演じさせたら右に出る者がいない“最強の脇役”ぶりで仕事が途切れることはないが、プライベートは安い居酒屋をひとり飲み歩く地味 [全文を読む]

前田敦子、関ジャニ∞との共演が物議を醸すも女優としてはチャンス到来!?

メンズサイゾー / 2014年02月05日10時00分

今夏に公開される関ジャニ∞の主演映画『エイトレンジャー2』のヒロインを前田敦子(22)が演じることが明らかになった。2012年に公開された関ジャニ∞の初主演映画『エイトレンジャー』の続編となる今作は、前作に続いて堤幸彦氏が監督を担当する。前田はストーリーの鍵を握るヒロインで、週刊誌記者の西郷純役を演じるという。 製作サイドは今作に前田を起用した理由について [全文を読む]

カン・ドンウォン&ハン・ヒョジュ、「ゴールデンスランバー」韓国版映画で初共演が決定!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年12月22日17時47分

俳優カン・ドンウォンと女優ハン・ヒョジュが、映画「ゴールデンスランバー(仮)」(監督:ノ・ドンソク、制作:映画社・家)で初共演することが決定した。同映画の配給会社であるCJ E&Mは22日、「カン・ドンウォンをはじめ、ハン・ヒョジュ、キム・ウィソン、キム・ソンギュン、キム・デミョンのキャスティングが確定した」と伝えた。「ゴールデンスランバー(仮)」は、巨大 [全文を読む]

「羽生結弦は殿様というより……」元祖・氷上の殿様、織田信成が後輩の演技に物申す!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年05月04日23時55分

阿部サダヲが主演を務め、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、草笛光子、山﨑努ら、超豪華キャストが出演する映画『殿、利息でござる!』が、5月14日(土)に全国公開となる。フィギュアスケート選手の羽生結弦が、映画のタイトルにも入っている“殿”役で映画初出演することでも大きな話題を呼んでいる本作。しかし“フィギュアスケート”“殿”と聞けば、真っ先に思い浮かぶ人物 [全文を読む]

【画像あり】え!羽生結弦くんがちょんまげって!?

Woman Insight / 2016年02月04日04時00分

2010年に映画化されたベストセラー「武士の家計簿」などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の著書「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、「ゴールデンスランバー」「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」等、今最も注目を集める中村義洋監督が映画化した注目の作品『殿、利息でござる!』が2016年5月14日から公開決定。 しかも、その中の「殿」役 [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

日ごろ見ない時間帯にテレビを見たり、深夜に放送される懐かしのドラマや昔の映画を見ると“意外と知らなかった”新たな発見があってなかなか楽しいものです。 筆者自身も、1987年の映画『湘南爆走族』を深夜に視聴し、織田裕二さんや江口洋介さん、清水美沙さんなど、今もドラマ界を賑わす大人気俳優さんたちが出演されているのを知り、その姿に衝撃を受けたのを覚えています。 [全文を読む]

Perfume映画監督が語る3人の素顔「まるで一歩一歩進んできた木彫り職人」

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月23日18時20分

現在開催中の第28回東京国際映画祭にて、10月24日(土)に公式上映される『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』。人気テクノポップユニット・Perfumeの初となるドキュメンタリー映画だ。今年はPerfumeにとって結成15周年、メジャーデビュー10周年を迎えるアニバーサリーイヤー。本作は、そんなタイミングである [全文を読む]

映画祭開幕/紀里谷和明がハリウッド映画で日本凱旋・北川景子は優しすぎるサイン対応

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月22日21時25分

第28回東京国際映画祭が開幕。開幕初日となった22日、オープニングセレモニーを前に、六本木ヒルズアリーナにて、レッドカーペットを豪華ゲストたちが歩いた。といっても、最初に登場したのが、高性能ロボットのPepperであったところから、若干会場は微妙な空気に。さらに、映画とは無縁の、ニコニコ生放送の人気者「ニコニコオールスターズ」(しゃけとりくまごろう、茸(た [全文を読む]

小泉今日子、深津絵里、竹内結子……黒沢清が描く“女”たちはどう変化した?

リアルサウンド / 2016年06月29日06時00分

それはまた、近年における黒沢清映画の変貌を考察すると同義になるはずだから…。参考:黒沢清監督が仕掛ける“違和感”の意味ーー『クリーピー 偽りの隣人』の演出を読む 『クリーピー』前半は犯罪心理学者の西島秀俊が過去の未解決事件を趣味で(!)捜査していく犯罪映画の流れである。その裏面で彼より一足先に異界への門を叩くのが、妻を演じる竹内結子だ。引越し先の近隣住民に [全文を読む]

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

現在ドラマや映画で活躍する人気女優の中には、以前歌手としてデビューした経験のある人も多いものです。内田有紀さん、広末涼子さん、上戸彩さん、沢尻エリカさんといったヒットチャートを賑わせた人もいますが、「えっ!?この人も?」という意外な女優もいます。 デビュー当時、音楽活動にも積極的だった仲間由紀恵女優業と並行し、音楽番組『MUSIC FAIR』の司会も務める [全文を読む]

「ちゃんとホラーだった」『貞子vs伽椰子』がある意味期待を裏切る怖さで大絶賛!! “腐女子ホイホイ”の『MARS』は残念な結果に!!【週末映画興行成績】

おたぽる / 2016年06月21日18時00分

6月18日~6月19日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。 今週の1位は有川浩原作で、EXILE、三代目J Soul Brothersの岩田剛典と、高畑充希のW主演映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』。先週は1位から3位に転落したが、公開3週目にして再び1位に返り咲くなど根強い人気。2位は佐藤浩一主演の『64 [全文を読む]

フォーカス