現在 田代まさしに関するニュース

【朗報】「神」である「田代まさし」が公に復活!ネットでは歓喜に沸く

秒刊SUNDAY / 2015年02月21日00時59分

現在リハビリ中ということである。ー新しいギャグも取り入れるまた「あったかいんだから~あ」など新しいギャグも取り入れ、タレントとしての復活を約束。2度の逮捕の末、執行猶予中の2004年9月20日夜に再び覚醒剤及び刃渡り8cmのバタフライナイフを所持していたとして銃刀法違反と覚醒剤取締法違反の現行犯で逮捕。さすがに3回の逮捕は世間もドン引きではあったが、4度目 [全文を読む]

田代まさし出所会見で「しゃぶしゃぶの味が忘れられない」

Smartザテレビジョン / 2015年03月18日20時13分

現在、薬物依存症リハビリ施設・日本ダルクでリハビリを行う田代まさしが、自身の薬物体験や逮捕から刑務所内での生活、現在のリハビリの日々を赤裸々に綴った初のコミックエッセイを出版。出所報告会見と出版記念イベント「田代まさしのごめんねトークライブ」が開かれ、日本ダルク本部代表の近藤恒夫氏と共に出席した。 大勢の報道陣が待ちわびる中、以前よりもだいぶふっくらして健 [全文を読む]

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

デイリーニュースオンライン / 2016年07月03日08時07分

現在は歌手として活動を再開している。 ■田代まさし(59) タレントの田代まさしは、覚せい剤取締法違反で4度逮捕されている。1991年に初めて覚せい剤を使用したことを著書で告白している。なお、田代は薬物のほかに、銃刀法違反や男性宅の風呂を覗いた容疑でも逮捕歴がある。 ■美川憲一(70) 歌手の美川憲一は、1977年と1984年の2度、大麻取締法違反で逮捕さ [全文を読む]

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

矢田亜希子とも現在は離婚しています。 2014年に仮釈放となり出所。この時、芸能界に戻ることはないと述べていましたが、2016年の1月に渋谷で行われたライブにLIVのメンバーとして出演し、音楽界への復帰を果たしました。その後も大阪でトークイベントを開催したり、ブログを開設するなど、地道な活動は続けているようです。 田代まさし(覚せい剤取締法違反で2001年 [全文を読む]

【衝撃の結果】復活してほしいTV番組ベスト15を発表! 意外な番組がランクイン

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月03日06時00分

確かに昔は現在ほどメディアの規制がなかったため、自由でメチャクチャな番組が多かった気もしますよね。 復活してほしいテレビ番組を調査 では、もし今復活したらおもしろそうな番組といえば一体どの番組でしょうか。そこでトリビアニュース編集部では「復活してほしいテレビ番組」について独自のアンケートをおこない、その結果をランキングにしてみました。1位から15位まで発表 [全文を読む]

薬物依存症の田代まさしが提言「芸能人向けのダルクを作りたい」

デイリーニュースオンライン / 2015年07月05日15時50分

「ASKAはまだまだ甘い」 田代氏は昨年の出所後ダルクに入所、現在はスタッフをしている。かつてテレビで大活躍していた時代があっただけに、20分間という短い時間で見事なトーク力を発揮した。全盛期よりは滑舌がかなり悪く、聞き取りづらい箇所もあったものの、ここ最近、覚せい剤取締法違反に問われて日本を驚かせた国民的歌手、ASKAを引き合いに出しながら軽快に話を進 [全文を読む]

『マーシーの薬物リハビリ日記』発売記念ロングインタビュー「“薬物依存症の田代まさし”を、やっと受け入れることができた」

日刊サイゾー / 2015年03月18日18時00分

5回の逮捕と2回の懲役を経て、現在はダルク(薬物依存症者のリハビリ施設)で薬物依存からの回復プログラムを受ける田代。そんな彼がその壮絶な薬物体験、獄中での日々、そして現在のリハビリ生活から「本当のクスリの怖さ」を伝えるコミックエッセイ『マーシーの薬物リハビリ日記』(泰文堂)を発売する(マンガ・北村ヂン)。今度こそはと言いながら断ち切れなかった薬物。今、田代 [全文を読む]

<お色気と破壊のない「バカ殿」>志村けんのコントを見て誰が笑うのか?

メディアゴン / 2015年01月20日00時28分

こちらは現在も不定期に特番として放映されている。バカ殿も、現在の「だいじょうぶだぁ」と同じく、不定期で放映される志村が主役のコント番組であり、出演者(クワマンこと桑野信義やダチョウ倶楽部、そしてかつては田代まさし)や登場するコントキャラクターは大体のところで共通している。とはいえ、「バカ殿」に出てくる白塗りの殿さまというキャラクターは、元は「全員集合」にも [全文を読む]

禁断の「芸能人の犯罪」を一挙プレイバック!(3)“クスリ”篇

アサ芸プラス / 2014年08月19日09時58分

が、直後に同棲を再スタートさせ、現在は所属事務所の社長である。 再犯率が高い覚醒剤だが、“シャブ地獄”にハマり何度も逮捕されたのが前出の田代まさし(57)だ。00年9月24日に駅構内で盗撮し、東京都迷惑防止条例違反で書類送検されると、翌年12月9日にのぞきと覚せい剤取締法違反で逮捕され、テレビから姿を消す。さらに執行猶予中に人身事故、銃刀法違反、覚醒剤所持 [全文を読む]

田代まさし、出所間近! 業界筋が、薬物芸能人を復帰させる「うま味」と「問題点」

サイゾーウーマン / 2014年06月21日13時00分

CHAGE and ASKA・ASKA容疑者の覚せい剤事件が騒がれていることにより、現在東京・府中刑務所に服役中といわれる田代まさしがにわかにネット上で話題になっている。2011年7月に、3年6カ月の実刑判決を受け、年内にも出所するのではとみられているが、果たして田代に芸能界復帰の予定はあるのだろうか。 「死亡説も流れるほど話題に上がることもなくなっていた [全文を読む]

ホリエモン 吉田豪氏との面会で田代まさし一家の意外な近況

NEWSポストセブン / 2012年08月17日07時00分

ビートたけし、櫻井よしこ、勝谷誠彦など錚々たる論客が寄稿する『メルマガNEWSポストセブン』では、現在服役中のホリエモンこと堀江貴文氏の連載も収録。担当編集S氏が明かす獄中近況記は、堀江氏の意外な一面がわかると評判だ。8月10日配信の27号から、その一部を紹介しよう。 * * * こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。長野刑務所で [全文を読む]

清原和博被告、きょうにも保釈か?噂の“シャブ抜き病院”の現在

デイリーニュースオンライン / 2016年03月17日12時10分

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された清原和博被告(48)の弁護士が16日、保釈を申請。認められれば本日17日にも警視庁本部から近く保釈される見通しだ。 2014年には歌手のASKA、2010年には田代まさし、2009年には酒井法子、小向美奈子などの芸能人が連続して逮捕されている。容疑者は逮捕時には尿検査で覚せい剤を使用したかどうかをチェックされる。つまり、 [全文を読む]

清原容疑者 「中年の薬物依存は脱出が困難」と識者

NEWSポストセブン / 2016年02月11日16時00分

たとえば、現在はNPO法人DARC職員として薬物中毒者向けの講演会を行っている田代まさしが薬物事犯で初めて逮捕されたのは45歳のとき。以降3回にわたり逮捕され2度の懲役を経ている。歌手で俳優の清水健太郎は、30代のときから薬物関連だけで6回逮捕され、2度の懲役を体験している。 1967年生まれの清原容疑者は現在48歳。薬物治療が難しい年代だといえる。さらに [全文を読む]

「神」と崇められた男・田代まさしが語る、薬物と刑務所の怖~い話

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月02日06時30分

現在は「ダルク(DARC)」という薬物依存症の回復施設でスタッフをしているマーシー。同書では、違法薬物の恐ろしさや、薬物に依存してしまうしくみ等について、生々しく語っています。 「トリップするためじゃなくちゃんとするために覚醒剤を使っちゃう 真面目な人ほど覚醒剤にハマりやすいなんていわれるのはこういうことなんですよね」 「覚醒剤が切れると何にも出来なくなっ [全文を読む]

アサ芸が決定!ウラ流行語大賞2015「広瀬すずはお蔵入りしたCMで…」

アサ芸プラス / 2015年11月28日17時57分

まずテレンス・リーバンドの必然性から疑問だよね」 現在、薬物依存のリハビリ中の田代まさし(59)はイベントで「薬という字の中には楽が入っている」と放言。「さすがは志村けん一派だっただけはあります。塀の中に入っても懲りてないのがすばらしい。今年は誤認逮捕騒動もありましたが、もはや逮捕有名人として、ますますマーシー伝説は続きそうです」(尾谷氏) 芸能部門のラス [全文を読む]

田代まさし盗撮再び! 心理学者が語った「盗撮エクスタシー」の深い闇とは?

tocana / 2015年07月11日08時00分

紆余曲折を経て、現在は薬物依存者のリハビリ施設であるダルクにて、スタッフとして勤めていた、田代まさし。さまざまな媒体のインタビューでは、更生することを誓い、今後は同じような薬物依存者のケアや支援活動を行っていくことを明かしていた。 田代が、2度目の懲役から出所して、7月2日で丸1年。自分と向き合いつつ、未来に向けて歩いていたはずだったのだが、10日、東京都 [全文を読む]

田代まさしが極秘出所...メディア復帰の可能性を関係者に聞く by久田将義

東京ブレイキングニュース / 2014年07月25日13時20分

ただ、あえて苦言を呈せさせていただくと「覚せい剤が抜けた」と言っても脱法ドラッグ(現在は危険ドラッグに名称変更)に代替品として求める人間が僕の取材した範囲では多いという事も考慮にいれながら、今後の推移を見守りたい。 Written by 久田将義(東京ブレイキングニュース編集長) [全文を読む]

<キンコン西野が収録退席>不快発言ディレクターの低すぎるレベル

メディアゴン / 2017年05月08日07時30分

作り手の一方的な思い込みでコンテンツを壊したり、本来出せるはずのクオリティを出せないようにしてしまうことは、苦境にある現在のテレビにとっては最大のマイナスだ。 [全文を読む]

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(3)清水健太郎は病気だから治らない

アサ芸プラス / 2017年03月08日12時57分

- ところで、現在の「薬物に手を出したら芸能界追放」という、芸能マスコミの最近の風潮は行き過ぎだと須藤氏は言う。「美川憲一だってショーケンだって、復活して活躍してるわけでしょ? 田代まさしや清水健太郎の場合は、薬物の恐ろしさを伝えるという貢献もできるわけで。芸能界ってのは懐が深いからね。何度でもやり直しがきくんですよ」 名前が出た清水健太郎は過去に薬物での [全文を読む]

田代まさしさん「いつしか僕の心に鬼が棲みつき、大切な家族を失ってしまいました」節分の日のツイートが話題に

ガジェット通信 / 2017年02月04日12時44分

現在は薬物依存症の回復を支援するグループで活動するなどしている。 田代さんのツイートには、 ・田代さんが出てた頃のバカ殿様が一番好きだよ!毎回録画して、たくさん観てたよ! ・田代さん☆こんばんは。節分ですね。私も田代さんに鬼が近づきませんように願っています。そして、田代さんが大切に想っていらっしゃるご家族にも、福がたくさん来ますように。 ・田代さんの心の鬼 [全文を読む]

フォーカス