子供 白鵬に関するニュース

未来の宝を守る…白鵬が難病少年の母と交わした“命の約束”

WEB女性自身 / 2014年01月26日10時00分

夫と離婚し、24時間営業のスーパーマーケットで働きながら、女手ひとつで4人の子供を育てている。末っ子の日向くんに異常が見つかったのは、小学校入学直後のことだった。 大学病院で検査をすると「拘束型心筋症」だと判断された。心筋症のひとつで、心室の壁が硬くなり、拡張不全になる原因不明の難病だ。突然死のリスクも高く、発症から5年以内に7割近くが死にいたるというデー [全文を読む]

白鵬告白「稀勢の里は横綱になるには早かったということ」

NEWSポストセブン / 2016年07月13日16時00分

13日目の稀勢の里戦での「同体、取り直し」を振り返り、「子供が見てもわかる相撲。もう少し、緊張感を持ってやってほしい」と発言したことが、「審判部批判」と取られた。 以来、白鵬は「貝」になり、自ら言葉を発することが激減した。また、勝負が決まった後のダメ押しのような動作や、下位力士に対しての猫だまし、さらには懸賞金の受け取り方に至るまで、白鵬の一挙手一投足が [全文を読む]

白鵬が相撲協会の人種差別匂わせる発言 単なる舌禍で済まず

NEWSポストセブン / 2015年02月03日07時00分

前日、初場所を全勝優勝した横綱・白鵬は自身の取組を振り返り、「疑惑の相撲が一つある」として、13日目の稀勢の里との取り直しになった一番について、 「子供の目でもわかるような相撲。もっと緊張感をもってやってもらいたい」 と、審判部を公然と批判したわけだが、続けて協会内の人種差別を匂わせる言い方をしたことで、単なる舌禍で済まなくなった。 「本当に肌の色は関係な [全文を読む]

白鵬の乱心 宮城野親方との関係が断絶してしまった事件とは

NEWSポストセブン / 2015年03月12日16時00分

子供でも分かる相撲。もう少し緊張感をもってやってもらいたい」 と、異例の審判部批判をブチ上げた。この発言は協会の大反発を招いた。北の湖理事長は「横綱なんだからもっと考えて発言しないと」と苦言を呈し、師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)を通じて注意することを明言。ファンからも批判の声が相次いだ。 何が横綱を変えたのか。発端は2012年4月に起きた、大島部屋との [全文を読む]

横綱・白鵬 父のアルツハイマーを語る

認知症ねっと / 2016年04月19日09時44分

彼自身、3人子供の父親であり、自らがジグジドゥ・ムンフバトさんのように、目標となるべく「立派な歴史を作りたい」と話している。(画像は日本相撲協会公式サイトより) ▼関連記事 アルツハイマー型認知症とは [全文を読む]

ネットでかわいいと話題の鶴竜 SNSは極力チェックしない

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

「もう30(才)を超えているし、結婚して子供もいるんですけど、『かわいい』なんて言ってもらっていいんですかね(笑い)。愛称(の、わんわん)はもちろん知ってますよ。気になってしまうので、SNSは極力チェックしないようにしてますけど(笑い)」 と、はにかむ鶴竜。モンゴル・ウランバートルに生まれた彼が、日本の大相撲に入門したのは、15才の時。モンゴル人力士の旭鷲 [全文を読む]

美元、海外でセレブ婚という報を受けて|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年02月17日14時15分

●すでに結婚して子供も出産、シンガポールに移住 さてそんな美元の近況が報じられた。再婚したという。『女性セブン』(2月19日号)は芸能関係者のコメントを載せている。 《「お相手は、シンガポールを拠点にする年下の投資家男性。2013年6月にデート報道がされましたが、実はその年末にはそのかたと再婚していて、お子さんも生まれていたんです。翌年8月には、美元さん [全文を読む]

怪物発掘の旭鷲山「第二の逸ノ城はモンゴルに幾らでもいる」

NEWSポストセブン / 2014年10月06日07時00分

逸ノ城だって、白鵬がそろそろかなというので送り込んだんだからね」 逸ノ城が遊牧民出身で子供時代から乗馬や水汲みで鍛えられたことが知られているが、強さの秘密はそうした環境だけにあるのではないと旭鷲山はいう。 「モンゴルの子供たちは小さい頃から相撲をしている。それもモンゴル相撲ではなく土俵のある日本の相撲だ。みんな日本の角界を目指している。将来の横綱を作るため [全文を読む]

横綱・白鵬が、FM<初>登場!鈴木おさむプロデュース「白鵬杯」の全貌を語る!?

PR TIMES / 2013年12月25日13時00分

来年2月2日に両国国技館で開催される子供相撲大会「白鵬杯」の総合企画プロデューサーを鈴木おさむがつとめることも決定しています。 「白鵬杯」は、子供たちへの相撲普及活動に尽力する白鵬関のライフワークともいえるプロジェクトで、2010年12月に大阪府堺市で初めて行われ、今年2月の第3回は東京・有明コロシアムで開催。白鵬は「相撲をする子供は日本の宝。いずれは両国 [全文を読む]

語っていいとも! 第39回ゲスト・元ちとせ「『ワダツミの木』だけじゃない、自分の存在をもっと残していきたい」

週プレNEWS / 2017年04月16日12時00分

子供育てるのにも、私がひとりで「うわ!」ってならなきゃいけないって思ったことないですし。そういう島で生まれ育ったからでしょうけど、みんなが育ててくれるっていうのはどこかしらにあるんで。 子育てで心配することは?って言われるんですけど、ひとつの命ですから。その子の運命、宿命は何が起きても受け入れるしかないので余計なことは考えないっていう。怪我するのも自分の責 [全文を読む]

フォーカス