続編 半沢直樹に関するニュース

『テレビ視聴に関するアンケート調査』 大ヒットのエンタメが日本のコミュニケーションを変える!?「あまちゃん」「半沢直樹」を見て、家族の会話が増えた人が4割に!

PR TIMES / 2013年09月04日12時37分

●TSUTAYA書籍ランキング、「半沢直樹」本がドラマ開始時の50位から4位に! シリーズ1作品目、『オレたちバブル入行組』購入者の56%が続編も購入。●「あまちゃん」は続編を期待、「半沢直樹」は映画化を期待●「あまちゃん」は時計がわり? リアルタイム視聴が60.7% <テレビ視聴に関するアンケート:調査結果(1)>Q:NHK連続テレビ小説「あまちゃん」、 [全文を読む]

『半沢直樹』が来年4月にもう帰ってくる!? TBSには「焦りすぎ」の声も

サイゾーウーマン / 2013年12月11日13時00分

歴史的大ヒットを記録した堺雅人主演『半沢直樹』(TBS系)が、驚異的なスピードで帰ってくる!? 一部関係者の間では、なんと来年4月から続編の放送が決定したとの情報が駆け巡っているという。最近は『みのもんたの朝ズバッ!』『はなまるマーケット』といったご長寿番組の終了、また川口春奈主演『夫のカノジョ』が超低視聴率で打ち切り決定など、ネガティブな話題ばかりが伝え [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

出演する映画やドラマは話題作となる、そんな順風満帆な堺雅人が自らの出世作となった『半沢直樹』の続編に出演することを決意したという。 ■今秋にも『半沢直樹』のクランクインか 堺雅人は早稲田大学に6年間通い中退の末、極貧生活を経験。貧乏のあまり「タンポポを食べた」経験もある苦労人だ。映画、ドラマと出演する作品は話題作となり、女優の菅野美穂(38)との結婚でイメ [全文を読む]

視聴率王・堺雅人、『Dr.倫太郎』13.9%は期待外れ!? TBSは「『半沢直樹』やっておけば」と嫌味

サイゾーウーマン / 2015年04月20日12時45分

その後、TBS周辺からは何度も続編放送の情報が駆けめぐったが、近頃では『半沢直樹』の名前すら聞かなくなって久しい。 「TBSは『半沢直樹』のドラマ終了後、すぐに映画やドラマ第2弾の企画を次々と検討しましたが、肝心の堺がどうしても首を縦に振らなかった。業を煮やした局関係者が、週刊誌に『制作決定』という情報を流したこともありましたが、このスタンドプレーが堺サイ [全文を読む]

注目の堺VS米倉も実現しない!? 内定報道から一転、『半沢直樹』続編が白紙に――

日刊サイゾー / 2014年03月24日11時00分

先日、堺雅人主演の大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の続編が10月クールに放送されると、一部で報じられた。 昨年放送された最初のシリーズは平均視聴率28.7%、最終話に至っては驚異の42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。いやが上にも、続編に期待がかかる。 これに対抗するのが好調を維持するテレビ朝日で、あえて10月クールに米倉涼子主演 [全文を読む]

最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!

週プレNEWS / 2013年10月02日12時00分

どう考えても続編ありきの終わり方ですもんねぇ。あざとい気はするけど、正直、早くも続きが見たくてたまらない(笑)」(30代・会社員)「関西の半分の人が『半沢直樹』を見たわけです(関西地区の瞬間最高視聴率は50・4%。ビデオリサーチ調べ)。続きやらないでどうするんですか!」(20代・女性) その続編のベースになるといわれているのは原作者である池井戸潤氏の半沢シ [全文を読む]

『Dr.倫太郎』不発で……堺雅人がTBS『半沢直樹』第2弾を承諾か「来秋から放送?」

日刊サイゾー / 2015年06月28日11時00分

2013年に放送され、最終回の視聴率が40%以上を記録したことで続編が期待された『半沢直樹』。だが、当の堺は、日テレのドラマへの初主演が決定。「来年の大河ドラマも決まっているし、堺は『半沢』への未練はない」と業界内ではささやかれ、『半沢』続編は立ち消えになったといわれていたが、筆者はTBS関係者や堺の所属事務所「田辺エージェンシー」関係者から「『あさチャ [全文を読む]

『HERO』『GTO』『金田一少年』続編・リメイク祭りの7月ドラマ「元凶はやっぱりフジ」!?

サイゾーウーマン / 2014年05月11日09時00分

『HERO』『GTO』『若者たち』(いずれもフジテレビ系)、『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)、『信長のシェフ』(テレビ朝日系)と、過去のヒット作の続編・リメイクが“これでもか”と顔をそろえているのだ。 続編モノは前作からのファンを引っ張ることができ、かつ話題性もそれなりにある“安全牌”。SMAP・木村拓哉主演の『HERO』は、全話の視聴率が30%(ビ [全文を読む]

能年玲奈×堺雅人「視聴率40%共演ドラマ」争奪戦

アサ芸プラス / 2013年09月10日10時00分

「8月1日の撮影終了時にも能年は何度も続編希望発言をしていたのですが、番組プロデューサーは『終わったばかりなので』とつれない返事でした」 そのわずか2週間後の冒頭の発言、よほどこのドラマに思い入れがあったのだろう。だが打ち上げに同席していた母親役の小泉今日子(47)はうんざりした様子でこういさめたのだった。 「あなた、もう『あまちゃん』のことは忘れなさい [全文を読む]

「半沢直樹」成功の舞台裏ではドラマ以上の陰湿な人間関係が!?【芸能記者座談会】

東京ブレイキングニュース / 2013年09月27日19時00分

続編への色気が出すぎてて」A「TBSはヒットしたドラマの続編には積極的だよな。『仁-JIN-』のときも、続編はやらないっていっておきながら、大方の予想通りに完結編をスタートした前科がある」B「『仁-JIN-』とは違うのは、半沢関係者のほとんどが続編を否定していないことだね。原作も続きがあるしね」C「ああ、福沢克雄監督も『個人的にはやりたい気持ちでいっぱいで [全文を読む]

堺雅人の新CMに「半沢の続編はまだか」の声続出

日刊大衆 / 2016年11月08日10時30分

また、久しぶりに堺の銀行員役を見たせいか、「半沢の続編はまだか!?」「ちょっとでいいから“倍返しだ”って言ってほしい!」「もうそろそろ新作を!」と、CMの影響でドラマの続編を希望する人まで現れた。 「堺は『スカパー!』のCMでも、半沢を思い起こさせる役を演じているんですよね。国会のような場所の壇上で“私は日本の野球と未来の話をしているんだ!”と熱弁するCM [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

【編集部注】今回のアンケートは、「21世紀のドラマ マイフェイバリット」企画でしたので、〇20世紀に始まった連ドラでも、連ドラとしての続編が21世紀まで続いてる場合は、入れる。〇20世紀にはじまり、続編がスペシャルのみ場合は除外する。 というルールでランキングを集計いたしました。20世紀ドラマ、および(21世紀に入っての続編が)スペシャルドラマに投票いただ [全文を読む]

菅野美穂「砂の塔」の男性キャストが地味すぎ!爆死なら「半沢直樹」続編が消滅!?

アサ芸プラス / 2016年09月05日09時59分

また、もしも「砂の塔」が失敗すれば、かつて高視聴率を記録した人気ドラマ「半沢直樹」の続編にも悪影響が出る場合があるという。「今回、TBSが菅野を主演として起用したのは、『半沢直樹』の続編出演になかなか首を縦に振らない彼女の夫、堺雅人サイドへのご機嫌伺いだと言われています。しかし、万が一『砂の塔』が視聴率的に大失敗し、菅野の経歴に傷を付けるようなことがあれ [全文を読む]

『半沢直樹』続編が、ついに決定!?「まずは、片岡愛之助のスピンオフで……」

日刊サイゾー / 2015年10月14日11時00分

そんな中、“ラブリン”ブームを巻き起こした『半沢直樹』(TBS系)の続編が、ついに決定したとの情報が飛び交っている。 「TBSの熱意に、ついに主演の堺雅人が根負けしたようです。スケジュールの調整がつかず、一向にやる気を見せない堺にTBSが三くだり半を突きつけ、一時は主演を西島秀俊に交代させるプランも出ていました。しかし、やはり堺でないとファンが納得しないだ [全文を読む]

半沢直樹、主演交替で復活の可能性

NewsCafe / 2014年12月18日17時00分

主演した堺雅人(41)との調整がつかず、続編製作がなかなか進まなかったが、先に一般女性との結婚を発表したばかりの西島秀俊(43)を主演に切り替え、続編の制作が始まるという…。その舞台裏は? 「TBSが堺を切る決断をしたのは堺の不誠実な態度にあります」というのは裏事情を知るテレビ制作会社のディレクター。 どういうこと? 「実は堺のスケジュールが、向こう2年 [全文を読む]

「この三連休にぜひ読んでみたい!」今、人気の本 ベスト5

IGNITE / 2014年11月22日09時30分

■ロスジェネの逆襲 池井戸潤 大ヒットドラマ、半沢直樹の続編小説「ロスジェネの逆襲」は上半期ベストセラーにも選ばれる作品です。ドラマの影響もあってか、原作も大変な人気となっています。「ロスジェネの逆襲」は、ドラマ版半沢直樹の続編的な物語です。 子会社に飛ばされてしまった主人公半沢直樹が、親会社から受けた圧力などを倍返しにしていくエンタテインメント企業小説 [全文を読む]

堺雅人 半沢続編を蹴って大河主演を選んだのは正解だった?

NEWSポストセブン / 2014年07月26日07時00分

堺さんといえば、『半沢直樹』(TBS系)で注目を集めたわけですが、大河ドラマ主演に決まったことで、少なくとも2017年までは『半沢直樹』の続編がなくなってしまったと言われています。竹田:2016年は堺さんの運気がものすごく上がっていく1年なんですよ。なので、大河ドラマで1年間主演するというのは、とても良い選択だったと思います。本人の運気とともに、ドラマの調 [全文を読む]

ドラマ「半沢直樹」を越える瞬間視聴率を記録した、香川照之の“顔芸”の秘密とは!?

アサ芸プラス / 2014年06月30日09時59分

10月から始まる『半沢直樹』の続編でも変顔を炸裂させてもらいたいものだ。 [全文を読む]

半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(2)鬼気迫るラストシーンにかたずを飲んだ

アサ芸プラス / 2013年10月08日10時00分

だから、あえて満足させないで、次を期待させるのはテレビドラマの常套手段でもあります」 前述の本誌アンケート調査では、「気分がモヤモヤした」という回答がトップだったが、僅差の2位(65人)には「続編を見たいと思った」がランクインした。 芸能デスクが解説する。 「この中途半端な終わり方はドラマ業界では『クリフハンガー』と呼ばれ、視聴者を『宙づりのまま』にするこ [全文を読む]

“人材難”キムタク主演ドラマを救った「禁じ手」

日刊大衆 / 2016年12月04日16時00分

「難航したわりには、豪華な共演陣が揃った印象を受けますが、実は、共演者を説得するべく、TBS側は“禁じ手”を使ったといわれているんです」(前同) “禁じ手”とは、TBSが来春放送予定のドラマ『半沢直樹』続編への出演を約束する“バーター取引”なんだとか。「TBSは、『A LIFE』出演のオファーを了承した芸能事務所に、『半沢直樹』の出演を優先してお願いすると [全文を読む]

フォーカス