出向 半沢直樹に関するニュース

半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(3)頭取に100万倍返しする日が本当の最終回

アサ芸プラス / 2013年10月09日10時00分

そもそも「半沢──」では出向は悪いものとして印象づけられていた。 ところが、これに反論するのが都市銀行OBで「銀行員のキミョーな世界」(中公新書ラクレ)や「老後のお金は40代から貯めなさい」(小社刊)の著者の津田倫男氏だ。 「半沢が出向になるという結末に、 多くの人が驚いたと思いますが、現実の銀行では頭取とヒラ以外は全員出向するのが当たり前なんです。赴任先 [全文を読む]

若手銀行員にアンチ『半沢直樹』が急増中

週プレNEWS / 2013年09月19日06時00分

「そもそも大手の銀行であれば、役員になる一部の人間を除くほとんどの社員がいずれは出向する運命。特別なことではないのに、ドラマの中では“出向=地獄行き”のように描かれてしまっているのに腹が立つんです。出向が決まった上司に声をかける際の気まずさが飛躍的にアップしましたよ! とぼけたふりをして『ご栄転おめでとうございます』などと言う作戦ももう通用しませんから… [全文を読む]

『踊る』MOVIE見ながら『半沢直樹』を想起した人多数 理由は「近藤さん!」

AOLニュース / 2013年10月07日12時20分

中国人やった」 「踊る大捜査線に近藤さんが出向してたw」 「踊る大捜査線に近藤が出てる! 今度は湾願署に出向されたか......」 いかに「近藤」、そして『半沢直樹』のイメージが書き込んだユーザーたちの頭に強く残っているかが分かるだろう。そして、 「半沢直樹の近藤って踊る大捜査線にも出てたな(中国人役)。演技幅広いな」 「踊るに出てた青島くんの部下の中国 [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

内容は出向先からのスタートとなるらしいです」(芸能プロ関係者) 大ヒットになったとはいえ、3年も経った『半沢直樹』。どれだけブランクを巻き返せるか。堺の「倍返し」に期待したい。 文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取 [全文を読む]

メガバンクの同期年収格差は2倍 50代は今後無職もありえる

NEWSポストセブン / 2015年12月31日07時00分

51歳で役員になれなければ、ほとんどの行員が出向する。出向後、数年は出身銀行の給与水準が保障されるが、その後は完全転籍になり出向先の給与体系が適用される。 さらに現在は出向先を見つけることすら難しくなってきている。メガバンクは合併して社員数が増えた一方、リストラで子会社を統合しており、出向ポストが減っている。しかも株の持ち合い解消が進み、企業側が「株主でも [全文を読む]

『半沢直樹』の理不尽な銀行の実態は現実?付き合いたくない銀行1位が三井住友なワケ

Business Journal / 2013年09月18日14時00分

しかしその内幕は「上司の失敗は部下の責任」「銀行員は人事がすべて」「失敗すれば片道切符の出向」という理不尽極まりない人間社会の縮図でもあるのだ。 実はダイヤモンド誌は現在、ドラマ『半沢直樹』の原作である半沢シリーズの第4弾『銀翼のイカロス』を連載中。そこで、『半沢直樹』人気に乗る形で、銀行業界の内幕に迫っている。巻頭インタビューには、原作者である池井戸潤 [全文を読む]

左遷をされたことがある人は1500人中54人。経緯や体験談を聞いてみました

しらべぇ / 2014年12月25日06時00分

40%を超す視聴率となった最終回のラストシーンで、半沢直樹が子会社への出向を命じられました。このシーンを鮮明に覚えている方も多いと思います。 ドラマを見た視聴者から「なんで、半沢直樹が左遷されなきゃいけないんだ!」といった声が溢れたことも思い出深いですよね。ということで今回のテーマは「左遷」。いったいどれくらいの方が、左遷を経験したことがあるのでしょうか? [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(1)「<2013年9月20日・半沢直樹>森田順平」

アサ芸プラス / 2016年03月07日01時57分

──中野渡頭取(北大路欣也)に、責任を取っての出向ではなく、平取締役への降格を言い渡される場面ですか?森田 精気のない表情になって、あそこで初めて彼は負けたんだと思います。──そして半沢が出向を言い渡されたことで、続編への期待も尽きません。森田 その後の原作には、出向になった岸川部長はひと言も出てこないけど(笑)、半沢がどうなっていくのか観てみたいですね。 [全文を読む]

これだけは抑えておきたい! 2013年電子書籍レビュー人気作品ベスト5 (小説・エッセイ編)

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月31日11時20分

関連情報を含む記事はこちら■1位 『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤/ダイヤモンド社)レビュータイトル=“今度は出向&1500億! ドラマでは描かれない「半沢直樹」のその後”「倍返しだ!」が流行語大賞に選ばれるなど、社会現象ともなった堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』の原作本。『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』に続くシリーズ3作目。舞台は、バブル世代 [全文を読む]

半沢直樹「根室差別で市民から怒りの声」(1)親友を裏切ってまで行きたくない街なのか

アサ芸プラス / 2013年10月10日10時00分

このドラマのキーワードとなったのが「出向」だ。銀行員にとっては、一度行ったら二度と戻れぬ「片道切符」、出向とは、まさに「左遷」のことである。そんな左遷先の中でも、劇中では最低の赴任地のように描かれた都市があった。その市民からは怒りの声が大噴出していたのだ。 〈半沢直樹って根室を馬鹿にしてるでしょ〉 〈根室の方って差別されてる?〉 9月下旬、ネットには冒頭の [全文を読む]

最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!

週プレNEWS / 2013年10月02日12時00分

だが、その内容は、半沢(堺雅人)が仇敵である大和田常務(香川照之)の不正を暴き切ったにもかかわらず、証券会社への出向を命じられて幕切れという少々意外なものだった。 「原作どおりらしいけど、あのエンディングには驚かされた。どう考えても続編ありきの終わり方ですもんねぇ。あざとい気はするけど、正直、早くも続きが見たくてたまらない(笑)」(30代・会社員)「関西 [全文を読む]

「半沢直樹」中国でも人気の理由 上司の責任転嫁が常だから

NEWSポストセブン / 2013年08月18日16時00分

どこで買える?」という悲痛な叫びや、「銀行員なのに、なんで工場に出向させられるの?」という素朴な質問、キャストの演技への論評などの幅広い意見が寄せられている。 演技についてはおおむね好評で、第5話で失脚して泣き崩れる浅野支店長や、半沢に「夫をよろしくお願いします」と頼み込む浅野夫人の演技への高い評価が目立つ。だが中には、悪徳社長の愛人役で登場する壇蜜を指し [全文を読む]

“優秀な”『半沢直樹』は銀行を辞めるべきか?経営者とサラリーマンの意外な感想

Business Journal / 2013年08月04日14時00分

普通の銀行員なら泣き寝入りし、関連会社に出向させられる(嫌なら辞めるしかない)ところを、半沢直樹は敢然と立ち向かい、焦げ付いた5億円を回収することで失地回復を狙うのである。 起業家の立場からすると、いかに巨大銀行とはいえ、上司の尻拭いでそこまで嫌な目に遭うのであれば、さっさと辞めてしまえばいいと思うし、設定上、非常に優秀な人であるから、起業するなり転職する [全文を読む]

メガバンク 50歳行員向けの「たそがれ研修」が45歳に下がる

NEWSポストセブン / 2015年09月03日16時00分

でも、多くの人が出向させられるわけですしね……」 B:「まず取引先に出向して、数年後に転籍する人が多いけど、今では、受け入れ先を探すのも大変。ただ『出向したら終わり』というわけでもなく、出向先のオーナーとそりが合わないと銀行に帰ってくるケースもある。聞いた話では、最大3回まで戻れるらしい。銀行がそこまで面倒を見るのは、出ていった後に悪口をいわれないようにす [全文を読む]

半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(1)「頭取、そりゃないぜ」と思ったら意外な出向理由が

アサ芸プラス / 2013年10月03日10時00分

「お望みどおり、本誌が代わりに弁明させていただきます」! 「半沢直樹次長に出向を命じる」 これぞ大どんでん返し!仰天の終幕を目の当たりにした視聴者からは戸惑い交じりの悲鳴が上がった。 本誌が最終回を見た男女200人を対象にネットで緊急アンケートした結果でもこんな声があった。 「毎回、半沢の倍返し口上にスッキリしていたのに、最終回だけはモヤモヤした気分になっ [全文を読む]

今度は1500億! ドラマでは描かれない「半沢直樹」のその後

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月01日07時20分

『ロスジェネの逆襲』のもっと詳しい内容はこちら 長いものに巻かれない言動から行内に敵を作りすぎてしまった半沢は、東京産業銀行傘下の東京セントラル証券に出向になりますが、本作では1500億円の企業買収を任されます。シリーズ第1作が5億、2作目で120億、今度は…ってことで案件のインフレ率さらに上昇。ハードルは上がる一方です。ここでも銀行からの出向組と普通入 [全文を読む]

『半沢直樹』で注目の銀行員妻 出世のためにママ友売ることも

NEWSポストセブン / 2013年08月25日16時00分

大人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)を見ていると、銀行員の妻って大変そうだけど、実際のところはどうなのだろう? 銀行員の異動には、転勤ではなく、グループ会社への出向もある。ドラマでは、支店長の他、近藤という半沢の同期が地方に飛ばされてしまった。夫が1年半前に系列会社に出向したA子さん(52才)はこう嘆く。 「出向後、夫は役員になって、本人は偉くなったって喜 [全文を読む]

あの名作ドラマからカットされた「封印シーン」(5)<消えた結末編>「半沢直樹」土下座シーンが長引いたせいで…

アサ芸プラス / 2017年09月14日12時57分

その最終回、香川照之(51)演じる大和田常務の土下座シーンはいまだに語り継がれる名場面だが、その後、大和田常務には軽い降格処分、反対に堺雅人(43)演じる半沢は子会社に出向というまさかの処分が下る。ラストシーンで眉間にシワを寄せた半沢以上に、視聴者にも納得のいかない幕切れだった。 週刊アサヒ芸能は放送直後「最終回には幻のラストがあった」とスクープしたが、 [全文を読む]

立ち上がれ、ロスジェネ! 半沢直樹からの熱いエール

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月05日06時30分

一大ブームを巻き起こしたドラマ『半沢直樹』は、主役の半沢が悪い上司をやり込めるという痛快な結末のあとで、ヒーローのはずの半沢が出世ではなくまさかの出向を命じられるというところで終わった。これは実は原作通りで、意外な結末に視聴者は「続きが知りたい」とばかりに、シリーズの続編を買いに走ったという。それが本書『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤/文藝春秋)だ。 【画像 [全文を読む]

ドラマを語るなら、このサイト!「みんなのドラマ(MINDRA)」が凄い

ITライフハック / 2014年12月29日17時00分

たとえば、ドラマ「半沢直樹」では、大和田常務を追い詰めた半沢直樹が子会社へ出向したことについて疑問を抱いた人もいただろう。そんな時にQ&Aを利用するとよいだろう。以上のように、「みんなのドラマ」は、文字通りにドラマに関連した情報を手軽に共有できるサイトだ。出演者やキーワードなどで、ドラマに関連した情報を調べたいときに便利に使える。現在、人名は1万9,000 [全文を読む]

フォーカス