出向 半沢直樹に関するニュース

半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(3)頭取に100万倍返しする日が本当の最終回

アサ芸プラス / 2013年10月09日10時00分

そもそも「半沢──」では出向は悪いものとして印象づけられていた。 ところが、これに反論するのが都市銀行OBで「銀行員のキミョーな世界」(中公新書ラクレ)や「老後のお金は40代から貯めなさい」(小社刊)の著者の津田倫男氏だ。 「半沢が出向になるという結末に、 多くの人が驚いたと思いますが、現実の銀行では頭取とヒラ以外は全員出向するのが当たり前なんです。赴任先 [全文を読む]

若手銀行員にアンチ『半沢直樹』が急増中

週プレNEWS / 2013年09月19日06時00分

「そもそも大手の銀行であれば、役員になる一部の人間を除くほとんどの社員がいずれは出向する運命。特別なことではないのに、ドラマの中では“出向=地獄行き”のように描かれてしまっているのに腹が立つんです。出向が決まった上司に声をかける際の気まずさが飛躍的にアップしましたよ! とぼけたふりをして『ご栄転おめでとうございます』などと言う作戦ももう通用しませんから… [全文を読む]

『踊る』MOVIE見ながら『半沢直樹』を想起した人多数 理由は「近藤さん!」

AOLニュース / 2013年10月07日12時20分

中国人やった」 「踊る大捜査線に近藤さんが出向してたw」 「踊る大捜査線に近藤が出てる! 今度は湾願署に出向されたか......」 いかに「近藤」、そして『半沢直樹』のイメージが書き込んだユーザーたちの頭に強く残っているかが分かるだろう。そして、 「半沢直樹の近藤って踊る大捜査線にも出てたな(中国人役)。演技幅広いな」 「踊るに出てた青島くんの部下の中国 [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

内容は出向先からのスタートとなるらしいです」(芸能プロ関係者) 大ヒットになったとはいえ、3年も経った『半沢直樹』。どれだけブランクを巻き返せるか。堺の「倍返し」に期待したい。 文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取 [全文を読む]

メガバンクの同期年収格差は2倍 50代は今後無職もありえる

NEWSポストセブン / 2015年12月31日07時00分

51歳で役員になれなければ、ほとんどの行員が出向する。出向後、数年は出身銀行の給与水準が保障されるが、その後は完全転籍になり出向先の給与体系が適用される。 さらに現在は出向先を見つけることすら難しくなってきている。メガバンクは合併して社員数が増えた一方、リストラで子会社を統合しており、出向ポストが減っている。しかも株の持ち合い解消が進み、企業側が「株主でも [全文を読む]

「半沢直樹」最終回、視聴者たちの反応は?続編は?

モデルプレス / 2013年09月23日01時39分

― 最終回について ・結局、出向させられなきゃならんのか? ・後味悪かった・・・続編早めにやってー(涙) ・すっきりしませんでしたね。 ・大和田の処分軽すぎ(汗) ・頭取!お前もか! ・出る杭は打たれるのね。リアル(涙) ・銀行だけは絶対就職したくない。 ・サラリーマンが夢なくす。 ・頭取と近藤だけがおいしい思い? ・続編で頭取に1000倍返しして欲しい [全文を読む]

『半沢直樹』の理不尽な銀行の実態は現実?付き合いたくない銀行1位が三井住友なワケ

Business Journal / 2013年09月18日14時00分

しかしその内幕は「上司の失敗は部下の責任」「銀行員は人事がすべて」「失敗すれば片道切符の出向」という理不尽極まりない人間社会の縮図でもあるのだ。 実はダイヤモンド誌は現在、ドラマ『半沢直樹』の原作である半沢シリーズの第4弾『銀翼のイカロス』を連載中。そこで、『半沢直樹』人気に乗る形で、銀行業界の内幕に迫っている。巻頭インタビューには、原作者である池井戸潤 [全文を読む]

左遷をされたことがある人は1500人中54人。経緯や体験談を聞いてみました

しらべぇ / 2014年12月25日06時00分

40%を超す視聴率となった最終回のラストシーンで、半沢直樹が子会社への出向を命じられました。このシーンを鮮明に覚えている方も多いと思います。 ドラマを見た視聴者から「なんで、半沢直樹が左遷されなきゃいけないんだ!」といった声が溢れたことも思い出深いですよね。ということで今回のテーマは「左遷」。いったいどれくらいの方が、左遷を経験したことがあるのでしょうか? [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(1)「<2013年9月20日・半沢直樹>森田順平」

アサ芸プラス / 2016年03月07日01時57分

──中野渡頭取(北大路欣也)に、責任を取っての出向ではなく、平取締役への降格を言い渡される場面ですか?森田 精気のない表情になって、あそこで初めて彼は負けたんだと思います。──そして半沢が出向を言い渡されたことで、続編への期待も尽きません。森田 その後の原作には、出向になった岸川部長はひと言も出てこないけど(笑)、半沢がどうなっていくのか観てみたいですね。 [全文を読む]

これだけは抑えておきたい! 2013年電子書籍レビュー人気作品ベスト5 (小説・エッセイ編)

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月31日11時20分

関連情報を含む記事はこちら■1位 『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤/ダイヤモンド社)レビュータイトル=“今度は出向&1500億! ドラマでは描かれない「半沢直樹」のその後”「倍返しだ!」が流行語大賞に選ばれるなど、社会現象ともなった堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』の原作本。『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』に続くシリーズ3作目。舞台は、バブル世代 [全文を読む]

フォーカス