作品 湊かなえに関するニュース

藤原竜也&戸田恵梨香、湊かなえ原作ミステリーで11年ぶり共演 キスマイ玉森裕太ら豪華キャスト一挙発表<コメント到着>

モデルプレス / 2017年02月13日06時00分

従来、女性主人公の多い湊作品では新鮮な男性が主人公で、ミステリーとともにそれぞれの人間ドラマが描かれている今作。プロデューサー、監督など製作陣は「夜行観覧車」(2013)「Nのために」(2014)と同じで、湊作品は3部作目となる。 ◆藤原竜也、湊かなえ作品に初出演 主人公・深瀬和久を演じるのは、圧巻の演技力と唯一無二の存在感でジャンル問わず多くの作品で主 [全文を読む]

藤原竜也&戸田恵梨香「デスノート」以来11年ぶり共演に反響「最強コンビ」「期待しかない」

モデルプレス / 2017年02月13日10時41分

従来、女性主人公の多い湊作品では新鮮な男性が主人公で、ミステリーとともにそれぞれの人間ドラマが描かれている今作。プロデューサー、監督など製作陣は「夜行観覧車」(2013)「Nのために」(2014)と同じで、湊作品は3部作目となる。 ◆藤原竜也&戸田恵梨香「デスノート」以来11年ぶりの共演 主人公・深瀬和久を演じる藤原が同局の連続ドラマに出演するのは「おじい [全文を読む]

土屋太鳳&門脇麦「まれ」コンビ、“大人が震えるミステリー”で再共演

モデルプレス / 2015年11月25日11時39分

3作品全てが、これまで映像化されていない短編小説を題材にしている。 ◆「まれ」コンビが共演 土屋と門脇が出演する第2話は、三浦氏の「炎」(新潮文庫刊『天国旅行』所収)が原作。映画「ストロボ・エッジ」(2015年)などを手がけた廣木隆一氏が監督を担当を務め、土屋演じる主人公・亜利沙が、憧れの先輩・立木尚吾(村上虹郎)が焼身自殺した原因を、門脇演じる立木の元彼 [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国各都市の規模の大きい空港の書店の人気書籍コーナーから、地方都市の学校の入り口近くにある小さな書店にいたるまで、この二人の日本人作家の作品が常に並んでおり、日本文学ひいてはフィクション文学作品のヒットメーカーとなっている。大河網が伝えた。 ヒットメーカーという共通の評判がある中で、村上春樹は反抗期の若者のように、ジャズのリズムの中で西洋現代文学に近いスタ [全文を読む]

~「映画・ドラマの原作」「人気マンガのノベライズ本」など充実の品揃え~

PR TIMES / 2014年02月24日14時11分

電子書籍サービス『yomel.jp』で、集英社の人気書籍1,500作品の配信を開始! (株)エムティーアイが運営する、スマートフォン・タブレット向け電子書籍配信サービス『yomel.jp』は、2月24日(月)より、集英社の人気小説など、約1,500作品の配信を開始します。 人気映画・ドラマの原作本や文化人のエッセイ、人気マンガのノベライズ本、少女向け小説と [全文を読む]

トーハン「湊かなえ Next Million Project」全国約1,500軒で展開~常設コーナーで新刊・既刊商品をアピール~

DreamNews / 2015年12月28日15時00分

2016年も新刊発売やメディア化で注目される湊作品の常設コーナーを設置します。式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)は、12月下旬より「湊かなえ Next Million Project」を全国約1,500書店で展開。2016年も新刊発売やメディア化で注目される湊作品の常設コーナーを設置します。「湊かなえ Next Million Projec [全文を読む]

「連続ドラマW 贖罪」 東京ドラマアウォード2012において優秀賞と演出賞を受賞!

PR TIMES / 2012年10月23日09時19分

2012年1月に放送した「連続ドラマW 贖罪」が、東京ドラマアウォード2012において高く評価され、作品賞<連続ドラマ部門>で優秀賞を受賞すると同時に、脚本・監督を務めた黒沢清氏が個人賞<スタッフ部門>で演出賞を受賞いたしました。 東京ドラマアウォードは、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”とい [全文を読む]

あの原作がドラマに?名作の続編がいよいよ!?お薦めしたい春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年04月03日13時40分

卒業シーズンが終わり、桜の花とともに新たな生活を始められる方も多いのではないでしょうか?ドラマ界も同じように、この春からまた新たな作品がたくさん始まります。前期の冬ドラマも存分に楽しませて頂きましたが、ここは気持ちを切り替えて新たな作品との出会いを楽しみたいと思います。 そこで今回は、2017年春ドラマの中から、個人的にお勧めしたいドラマ作品を5本選んで紹 [全文を読む]

“作家”押切もえに期待の声 山本周五郎賞で湊かなえと接戦「僅差だった」

モデルプレス / 2016年05月16日19時20分

候補作に選出されていたモデルの押切もえの「永遠とは違う一日」は僅差で受賞を逃したが、選考委員の佐々木譲氏は押切の作品を絶賛するとともに次作への期待を語った。惜しくも受賞を逃した押切の作品だが、佐々木氏は「僅差だった。最終的に湊さんと押切さんとで絞られた」と説明。これら2作に加え、相場英雄氏の「ガラパゴス」も高い評価を受けた。 ◆接戦でダブル受賞の話も持ち上 [全文を読む]

稲垣吾郎“湊かなえワールド”初参戦 本田翼×山本美月と共演

モデルプレス / 2016年04月28日12時44分

稲垣が「すごく尊敬する作家のおひとり」と語る原作の著者・湊かなえ氏の作品に出演するのは、今作が初。さらに、本田・山本と共演するのも初めてである。◆稲垣吾郎が“キーパーソン” 同作は、「死」にまつわるある願望にとらわれた少女2人の衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。稲垣は、山本演じる敦子がボランティア活動をする老人ホームのスタッフ・高雄孝夫(たかお・たかお) [全文を読む]

フォーカス