作品 湊かなえに関するニュース

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国各都市の規模の大きい空港の書店の人気書籍コーナーから、地方都市の学校の入り口近くにある小さな書店にいたるまで、この二人の日本人作家の作品が常に並んでおり、日本文学ひいてはフィクション文学作品のヒットメーカーとなっている。大河網が伝えた。 ヒットメーカーという共通の評判がある中で、村上春樹は反抗期の若者のように、ジャズのリズムの中で西洋現代文学に近いスタ [全文を読む]

~「映画・ドラマの原作」「人気マンガのノベライズ本」など充実の品揃え~

PR TIMES / 2014年02月24日14時11分

電子書籍サービス『yomel.jp』で、集英社の人気書籍1,500作品の配信を開始! (株)エムティーアイが運営する、スマートフォン・タブレット向け電子書籍配信サービス『yomel.jp』は、2月24日(月)より、集英社の人気小説など、約1,500作品の配信を開始します。 人気映画・ドラマの原作本や文化人のエッセイ、人気マンガのノベライズ本、少女向け小説と [全文を読む]

ド派手アクションの刑事もの?悪に立ち向かう所轄の正義?イケメン満載の兄妹愛?心に残った2017年春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年07月20日17時30分

2017年も夏ドラマが始まり、各作品がこれからどのような展開を魅せてくれるのかとても楽しみです。思えば今年の春ドラマも、今と同じように期待感満載でドキドキしながら視聴していたものです。すべての作品が最終話を迎え完結した今、皆さんの心に残った春ドラマ作品はどんなドラマだったのでしょうか? そこで今回は、2017年春ドラマを振り返り、特に心に残ったドラマ作品[全文を読む]

トーハン「湊かなえ Next Million Project」全国約1,500軒で展開~常設コーナーで新刊・既刊商品をアピール~

DreamNews / 2015年12月28日15時00分

2016年も新刊発売やメディア化で注目される湊作品の常設コーナーを設置します。式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)は、12月下旬より「湊かなえ Next Million Project」を全国約1,500書店で展開。2016年も新刊発売やメディア化で注目される湊作品の常設コーナーを設置します。「湊かなえ Next Million Projec [全文を読む]

「連続ドラマW 贖罪」 東京ドラマアウォード2012において優秀賞と演出賞を受賞!

PR TIMES / 2012年10月23日09時19分

2012年1月に放送した「連続ドラマW 贖罪」が、東京ドラマアウォード2012において高く評価され、作品賞<連続ドラマ部門>で優秀賞を受賞すると同時に、脚本・監督を務めた黒沢清氏が個人賞<スタッフ部門>で演出賞を受賞いたしました。 東京ドラマアウォードは、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”とい [全文を読む]

あの原作がドラマに?名作の続編がいよいよ!?お薦めしたい春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年04月03日13時40分

卒業シーズンが終わり、桜の花とともに新たな生活を始められる方も多いのではないでしょうか?ドラマ界も同じように、この春からまた新たな作品がたくさん始まります。前期の冬ドラマも存分に楽しませて頂きましたが、ここは気持ちを切り替えて新たな作品との出会いを楽しみたいと思います。 そこで今回は、2017年春ドラマの中から、個人的にお勧めしたいドラマ作品を5本選んで紹 [全文を読む]

石原さとみ「逃げ恥」脚本家とタッグでドラマ主演 井浦新・窪田正孝ら出演キャスト発表<アンナチュラル>

モデルプレス / 2017年09月12日05時00分

制作は、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』(いずれもTBS)のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子など、今ノリに乗っている女性スタッフたちを中心に1話完結の医療ミステリーを展開する。 ◆石原さとみ、TBS連ドラ初主演 これまで様々な役を演じ、幅広い層から支持を得ている石原が今回演じるの [全文を読む]

湊かなえ『リバース』が藤原竜也主演でドラマ化決定!

Entame Plex / 2017年02月13日06時00分

主人公・深瀬和久を演じるのは、圧巻の演技力と唯一無二の存在感でジャンル問わず多くの作品で主演をつとめてきた藤原竜也。TBSの連続ドラマは『おじいちゃんは25歳』(2010年)以来、実に7年ぶりの出演となる。ダークヒーローや個性的なキャラクター等、力強くカッコいい役柄のイメージが多い藤原が、つまらないほど普通で地味な冴えない男・深瀬を演じ、今までの自身のイメ [全文を読む]

貫地谷しほりさんと大東駿介さん「過去の自分に戻りたい」理由とは?

ananweb / 2017年09月15日19時30分

大東さん 僕はこの作品が湊さんの故郷で撮影できると聞いて、『望郷』のあるべき形で作ることができるんだなと思ったので、プレッシャーというよりも、そこに対する好奇心のほうが大きかったです。実際に映像を見たときには、すごくノスタルジックで、つねに自分に何か返ってくるものがある映画になっていると思いました。 それぞれのエピソードでは、母と娘、父と息子の関係が描か [全文を読む]

湊かなえ『望郷』が映画化決定!

Entame Plex / 2017年07月05日23時30分

日本推理作家協会賞受賞作品でもある原作「望郷」は、2013年に発売された、全六編で構成される連作短篇集。その中より、「夢の国」「光の航路」が、主演には貫地谷しほり、大東駿介を迎え、さらに木村多江、緒形直人などの実力派俳優が名を連ねこの度映画化。 監督は、第36回モントリオール世界映画祭にて正式出品された『ディアーディアー』で華々しいデビューを飾り、第29 [全文を読む]

連ドラ『リバース』は類いまれな傑作である…怪演の武田鉄矢と藤原竜也は新たな境地へ

Business Journal / 2017年05月12日20時00分

2010年に中島哲也監督で映画化された『告白』(東宝)の大ヒット以降、映画化、ドラマ化にひっぱりだこの湊かなえ作品だが、彼女の小説は映像化と相性がよく、傑作が多い。 現在、TBS系の金曜22時から放送されている『リバース』も、見応えのあるドラマに仕上がっている。 物語の主人公は、藤原竜也が演じる深瀬和久。事務機器メーカーの営業として働く冴えない青年だ。 [全文を読む]

トーハン 「湊かなえ Next Million Project」で176%の売上増~新刊発売にあわせて2nd STAGEスタート~

DreamNews / 2016年03月09日15時00分

リーフレットでは、各作品の冒頭やあらすじに加え、映像化・受賞情報などを付記し作品の世界観を網羅的に紹介しています。また、オンライン書店「e-hon」(http://www.e-hon.ne.jp)でも特設ページを開設し、増売をバックアップいたします。 ドラマや映画の原作としても人気が高い湊さんの作品は、今年も新刊発売や映像化で注目が高まることが期待され、ト [全文を読む]

救いすら感じる? 湊かなえが描く幼児誘拐ミステリーに魅せられる

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月06日06時30分

朝日放送の創立60周年を記念して2011年に書き下ろされ、松雪泰子、りょう主演でスペシャルドラマとして放送された作品だ。一気読み必至! ノンストップミステリーにあなたも魅せられるに違いない。 主人公は36歳のふたりの女性。デビュー作の絵本『青空リボン』がベストセラーとなった高倉陽子と、新聞記者として活躍する相田晴美は、ともに生後間もなく児童養護施設に預けら [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】湊かなえさんがバラエティ番組に出演。小説を書く時の“まさかのルール”を暴露。

TechinsightJapan / 2014年12月18日21時25分

12月13日に放送された『王様のブランチ』の企画“人気ミステリー作家サミット”では、『ツナグ』、『鍵のない夢を見る』などで知られる辻村深月さん、『カラスの親指』や『貘の檻』を書いた道尾秀介さん、『疫病神』シリーズや『カウント・プラン』の他にテレビ化された作品も多い黒川博行さん、そして映画やドラマになった『告白』、『白ゆき姫殺人事件』に『夜行観覧車』、『N [全文を読む]

大東駿介が主演映画「望郷」を通して語る“人生に必要なもの”

ザテレビジョン / 2017年09月15日15時35分

今作は湊かなえが自身の故郷である隠岐の島を舞台にした作品で、「夢の国」と「光の航路」の二篇を描いており、島で暮らす二つの家族の過去と未来をつなぐ物語となっている。 「光の航路」主演の大東駿介が演じるのは、中学教師・大崎航。わだかまりを抱きつつも、数年ぶりに故郷に戻ってくるが、勤務先の中学で起きたある事件をきっかけに、自身の中に長年抱いていた、亡き父への思い [全文を読む]

脚本賞は「リバース」 『原作にないラストを、と言われたときは気が重かった』

ザテレビジョン / 2017年08月10日13時30分

そんな奥寺氏にインタビューを敢行して、「二転三転する展開と、原作にないラスト」で湊かなえファンからも評価された作品作りについて聞いた。■ 試行錯誤を繰り返した“飽きられない”ための仕掛け――最優秀脚本賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせくださいとてもうれしいです。見て下さった皆さんと、スタッフ・キャストの皆さんに支えられての受賞だと思います。書くの [全文を読む]

インターネットを通じて、悪意が拡散されていく――。湊かなえの最新文庫、ベストセラー『告白』以来の学校ミステリ『高校入試』が話題沸騰中!

PR TIMES / 2016年03月16日12時46分

まさに湊ミステリの真骨頂ともいえる作品だ。 著者の湊かなえは、本作に対し、以下のようなコメントを残している。 「この作品を書けたことで、小説家として次のステージに一歩進むことができました」 3/10に文庫化されたことで本作をより身近に手にとってもらう機会が増え、湊かなえ特有のリアルな心理描写と、細かく張り巡らされた伏線に感情が揺さぶられていくと中毒者が続出 [全文を読む]

家入レオよりコメント到着! 10代最後のシングルがドラマ「Nのために」主題歌に決定

Entame Plex / 2014年09月26日12時31分

ベストセラー作家・湊かなえ原作の純愛ミステリー「Nのために」には、2013年1月クールに同局同枠にて放送され話題となった同氏の作品「夜行観覧車」の制作スタッフ陣が再び集結。タイトルにもなっている、作品の登場人物「N」たちがどのように出会い、誰を愛し、どんな罪を犯したのか──。現在と過去を交錯させながら事件の真実を明らかにしていく、そんな『シリアスな純愛ミ [全文を読む]

家入レオ、初のバラードシングル「Silly」がドラマ『Nのために』主題歌に

okmusic UP's / 2014年09月26日09時00分

人気ベストセラー作家・湊かなえ原作の純愛ミステリー『Nのために』には、2013年1月クールに同局同枠にて放送され話題となった、やはり同氏の作品『夜行観覧車』の制作スタッフが最集結。タイトルにもなっている、作品の登場人物「N」たちがどのように出会い、誰を愛し、どんな罪を犯したのか── 現在と過去を交錯させながら事件の真実を明らかにしていく。そんな「シリアスな [全文を読む]

連続ドラマW「贖罪」 トロント国際映画祭ほか主要国際映画祭での上映が続々決定!

PR TIMES / 2012年08月14日19時07分

テレビドラマとして制作された作品が映画祭で上映されることは、極めて異例です。 現在、本作の上映が決定している国際映画祭は以下の通りです。 ■第37回トロント国際映画祭(開催国:カナダ) 日程 9月6日~16日 ■第60回サン・セバスチャン国際映画祭(開催国:スペイン) 日程 9月21日~29日 ■第17回釜山国際映画祭(開催国:韓国) 日程 10月4日~ [全文を読む]

フォーカス