ドラマ いしだ壱成に関するニュース

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

夏を楽しむアウトドアレジャーはたくさんありますが、一方で、強い夏の日差しを横目に、涼しい部屋の中で冷たいドリンクと共に楽しむドラマや映画、これもまた夏ならではの至極の楽しみと言えるのではないでしょうか? 今回は、そんな夏に楽しむドラマとして、ぜひ若い人にも観て頂きたい夏にぴったりの懐かしドラマを5本ピックアップしてみました。 WATER BOYS2001年 [全文を読む]

「集まるなら、みんなが落ち目の今しかない!?」名作ドラマ『未成年』キャストが再集結か

日刊サイゾー / 2012年06月03日08時00分

ドラマ界で、ある俳優たちの"復帰計画"が話題になっているという。「1990年代に一世を風靡した『未成年』(TBS系)の出演者たちでもう一度ドラマを作る、という話があるんです。うわさレベルではありますが、複数のところから聞きましたし、水面下で進んでいる話かもしれません」(テレビ局関係者) 『未成年』といえば、主演はいしだ壱成で、共演に香取慎吾、浜崎あゆみ、反 [全文を読む]

超高校級のいしだ壱成!? 『ダンガンロンパ』で高校生役を演じるいしだ壱成(40)、意外と好評?

おたぽる / 2015年09月25日20時00分

いしだが演じた高校生で印象深いのは、1995年のドラマ『未成年』(TBS系)。当時20歳のいしだは高校3年生の戸川博人を熱演し、その年の「第7回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞」主演男優賞を受賞した。……それから20年が経ち、いしだもいつの間にか40歳に。だが、12月に幕が上がる舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』で [全文を読む]

【ウラ芸能】フジテレビを苦しめるあの呪い

NewsCafe / 2015年08月02日15時00分

記者「先月から始まった堤真一(51)主演のドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系)が、初回視聴率7.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)から低空飛行が続いています」デスク「2話が6.8%、3話も5.7%と大苦戦だな。29日は放送がなく8月5日の4話の数字によっては完全に赤信号って感じだね」記者「フジには3%台を記録している『HEAT』もありますから、あちこち [全文を読む]

主演ドラマ爆死中の堤真一、代表作「やまとなでしこ」が再放送できない理由

アサ芸プラス / 2015年07月16日17時59分

今月から放送が開始された堤真一主演のテレビドラマ「リスクの神様」(フジテレビ系)が、初回視聴率7.0%と苦戦している。堤といえば2000年に放送されたドラマ「やまとなでしこ」(フジテレビ系)で、主演・松嶋菜々子の恋人役を演じ大ブレイクを果たした。しかし同ドラマは現在、“放送禁止”となっているという。「『リスクの神様』が始まるということで、フジは堤の代表作『 [全文を読む]

芸能界の危機を救った「代役」たちの活躍

日刊大衆 / 2016年09月25日08時00分

事件を受け、高畑が出演していたドラマや映画の撮り直しや、キャストの差し替えなどが行われており、作品を楽しみにしていたファンはお蔵入りになるかどうか心配する毎日を送っている。 そんな中、ドラマ『侠飯~おとこめし~』(テレビ東京)は、最終回の放送を迎える前から高畑の出演するシーンをカットしてDVDとブルーレイを発売することを発表。「諸般の事情により、放送時の内 [全文を読む]

いしだ壱成、いとうあさこらが「死」をテーマにしたコメディ舞台に挑戦

Entame Plex / 2016年05月12日11時53分

そう聞くとシリアスドラマのようだが、実はこれ、コメディなのだ。 厳粛な場なのに「ババア」という言葉に思わず反応してしまういとうあさこや、暗いシーンでなぜか普通の内容を決めゼリフとして使い、ツッコミを受けるいしだ壱成など、“笑ってはいけない”のに吹き出してしまう場面が満載。この物語は、脚本・演出を務めた「山田ジャパン」山田能龍の実体験を元にしており、それだけ [全文を読む]

永井大&いしだ壱成が梅村結衣の天然発言にニッコリ!

Smartザテレビジョン / 2016年02月27日05時00分

BSジャパンは、4月5日(火)より新ドラマ「男と女のミステリー時代劇」を放送する。 本ドラマは江戸川乱歩賞、直木賞受賞作家・多岐川恭による出色のミステリー時代小説を12本厳選し、1話完結スタイルで映像化したもの。欲に動かされて事件を起こす侍、恋人への愛ゆえに人殺しも辞さない若い娘、暮らしのために内職でも女の働きに頼る情けない侍、岡っ引きなど、ユニークなキャ [全文を読む]

いしだ壱成と石田純一の親子共演で「封印ドラマ」がクローズアップ!

アサジョ / 2017年05月24日10時15分

本人役で登場した石田は時の番人役を演じる壱成に対し「1995年はお前がドラマ『未成年』やってた時だよな。あれはよかった。お前が初めて役者やりたいって言った時は本当にビックリしたけど、お前のきれいなお母さんの素質もあったし」と語りかけると、場内からは大きなざわめきが起こった。「95年放送のドラマ『未成年』(TBS系)はかねてより多くの視聴者から再放送を熱望さ [全文を読む]

白髪やハゲ… 美男子だったのに急激におっさん化した有名人4選!

tocana / 2016年04月30日09時00分

『ひとつ屋根の下で』(フジテレビ系)や『未成年』(TBS系)などの野島伸司ドラマで時代を席巻した。だが、2001年に大麻取締法で逮捕され、2年間の謹慎の後に復帰。2003年に現・谷原章介夫人の三宅えみと結婚したが2006年に離婚した。2014年に11歳年下の一般女性と再婚した。 波乱万丈の人生を送っているが40過ぎにもなると、このように穏やかな表情を浮かべ [全文を読む]

ツッコめるのはローラだけ!?「アルジャーノン」俳優の生え際が後退中

アサ芸プラス / 2015年05月19日09時59分

現在放送中である、高度な知能を手に入れた青年の孤独と葛藤を描いた山下智久主演のテレビドラマ「アルジャーノンに花束を」(TBS系)。その出演者の中で、ある有名俳優の髪型が、一部視聴者の間で注目を集めているという。「ドラマを見た視聴者の間で生え際が話題となっているのが、山下の父親役として出演しているいしだ壱成です。彼は『未成年』や『聖者の行進』など全盛期の野島 [全文を読む]

山下智久主演ドラマに栗山千明、窪田正孝らが出演!

Smartザテレビジョン / 2015年02月24日05時00分

山下智久主演のドラマ「アルジャーノンに花束を」(4月スタート毎週金曜夜10:00、TBS系)の追加キャストが発表された。 脳生理科学研究センターに勤務し、咲人(山下)と運命的な出会いをする遥香に栗山千明、咲人の働く花の運送会社の同僚の柳川に窪田正孝、檜山に工藤阿須加、遥香の同僚・小久保に菊池風磨、咲人に引かれる女子大学生・梨央に谷村美月、その同級生・舞に大 [全文を読む]

『ひとつ屋根の下』小梅、当時の思い出は「下ネタ」

WEB女性自身 / 2013年12月09日07時00分

「そこに愛はあるのかい?」という江口洋介のキメゼリフが流行語にもなったドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)。’93年放送の第1シリーズ第11話で視聴率37・8%を記録、’90年代民放ドラマのナンバーワンとなった。 大路恵美(38)が演じたのは、柏木家の次女・小梅。大学進学資金を稼ぐためにキャバクラでバイトする努力家の役だが、17歳の誕生日にレイプされると [全文を読む]

野島伸司が総合監修を務める俳優養成校から、続々と新人がドラマデビュー 朝ドラ出演者も輩出

ORICON NEWS / 2017年09月15日11時38分

脚本家・野島伸司が総合監修を務めるアクターズスクール『ポーラスター東京アカデミー』が、開校から約1年半で、ドラマへの出演を果たす生徒を多数輩出している。特待生の奈緒(22)が、平成30年度前期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』にて、ヒロイン・永野芽郁演じる楡野鈴愛の親友・木田原菜生役に抜擢。また、野島がその個性的な演技に着目した生徒・佐々木このみ(18) [全文を読む]

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃1>小島可奈子・泪壺

アサ芸プラス / 2017年08月22日05時57分

抜群のプロポーションを誇った小島可奈子(41)が、生々しいシーンに挑んだのは08年のこと。渡辺淳一原作の「泪壺」(アートポート)で、3人の男を相手にする熱演を見せた。──映画の撮影が今からちょうど10年前。すでに評価の高い一糸まとわぬ姿の写真集も出していたけど。小島 グラビアは小人数の撮影ですけど、映画は何十人ものスタッフの前で、しかも、まだ親しくなってい [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(5)あの傑作の最終回を厳選プレイバック

アサ芸プラス / 2016年03月09日01時57分

どんな時代にも胸を熱くさせる傑作ドラマがあった。そして、夢中で観ていながら、意外に思い出せない「最終回」の展開を、ここに厳選して再生する。「太陽にほえろ!」(72~86年、日本テレビ系)は、マカロニ(萩原健一)やジーパン(松田優作)など、若手刑事の殉職シーンがあまりにも有名。では、番組そのもののラストはどうだったのか? 86年11月14日、七曲署にボス(石 [全文を読む]

『毛皮のマリー』大抜擢の勧修寺保都 美輪明宏との舞台裏秘話

WEB女性自身 / 2016年01月13日18時00分

映画やドラマだけでなく、お笑いからも芝居のヒントを得ていると勧修寺は話す。 「もともとお笑いが好き。お芝居とは違う分野に思えますが、お笑い芸人さんたちが役者としてドラマに出ても演技が自然で上手なんですよね。日頃から台本を書いて、ネタを合わせてお客さんに見せる。そういったところが俳優と近いものがあるのかな、と。コントを見ながら勉強しています」こうして歴代の欣 [全文を読む]

『学校へ行こう!』はヤラセの温床だった!? 復活で囁かれる黒い過去

tocana / 2015年11月20日09時00分

「人気コーナーのひとつであった『未成年の主張』は、いしだ壱成が主演したドラマ『未成年』のラストで、学校の屋上から思いのたけを叫ぶ場面から作られたコーナーです。学校生活への不満や、未来への抱負、愛の告白など、学生らしい主張がありましたが、これには台本があるのではという疑惑が根強くありました。何より、素人があそこまで明瞭に話せるのか、という疑問はありますし、 [全文を読む]

「福山雅治結婚」で振り返るドラマ「ひとつ屋根の下」とそれぞれの人生

アサジョ / 2015年10月01日09時59分

福山と山本と聞いて、あの名作ドラマを思い出さずにはいられないアラフォー世代は少なくないだろう。「93年にパート1、97年にパート2が放送された『ひとつ屋根の下』ですね。フジテレビ月9の代表作で、どちらも最終回が35%前後を記録する人気ドラマでした。福山は二男を、山本は四男の役を演じていました」(芸能ライター) 人気と実力を兼ねそろえた俳優が大勢出演したこ [全文を読む]

夏の夜に思いきり泣こう!改めて観たい“泣きドラマ”10選・・・+2

日本タレント名鑑 / 2015年08月13日11時55分

実生活において我慢に我慢を重ね、ストレスをためてしまう人こそ、感情を噴出する機会が少なかったため、ドラマなどで大泣きしてしまうそうです。日頃、我慢しているあなたこそ、思いきり泣くことが必要。今回は、「これは泣ける!」と思われる名作ドラマを10本セレクト・・・しようと思ったのですが絞りきれずに12本に・・・。ぜひ感動の泣きドラマでたっぷり泣いて、心の掃除をし [全文を読む]

フォーカス