事務所 阿部寛に関するニュース

【ウラ芸能】仲間由紀恵、「原点回帰」の事情

NewsCafe / 2013年12月19日15時00分

しかし、彼女の事務所は、『色がついたら困るから』とこれら2つのヒット作のシリーズ化を拒み続けました。多様な演技を経験させたいから、と人気シリーズを捨てる作戦に出たわけです」デスク「そういう戦略をとった時期もあったね」記者「ところが、それが裏目に出て、だんだん印象に残らない女優になってしまいました。例えば『ごくせん』だったら7シリーズはできる可能性はあったの [全文を読む]

【TBSオンデマンド】“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」1月7日(火)深夜0:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年01月07日12時07分

その公演を主催する名門・高柳バレエ団の事務所で、ある男が殺された。居合わせたバレリーナ・斎藤葉瑠子(木南晴夏)が被疑者とされ事情聴取を受けるが、被害者・風間利之(内田朝陽)と面識はない。プリマである高柳亜希子(音月桂)を中心に、バレエ団側は葉瑠子の正当防衛を主張する。捜査にあたる石神井北署の太田刑事(柄本明)は、やたらと首をつっこんでくる加賀に対して冷たい [全文を読む]

【ウラ芸能】仲間由紀恵、プライド捨てた事情

NewsCafe / 2013年07月23日12時00分

人気シリーズなのに、「仲間の事務所が出演を拒否し、新作が作れなくなっている…と言われていたのが、ここにきて映画制作が解禁されたのには理由があります」と解説するのは映画ライター。 どういうことか? 「2010年に『TRICK』劇場3作目が制作された時、事務所のプロダクション尾木は『仲間のイメージがコミカルな役に固定されてしまう』と、それ以降は新作出演を断っ [全文を読む]

続編オファーを断り続けていたのに…仲間由紀恵が『TRICK』新作出演を決めたワケ

メンズサイゾー / 2013年07月03日19時00分

一部では「仲間の事務所が出演を拒否し、新作が頓挫している」との情報も流れていたが、何とか完結編の制作にこぎ着けたようだ。このウラには、どのような“心変り”があったのだろうか。 同作は、仲間演じる自称売れっ子のマジシャンで“貧乳”の山田奈緒子と、阿部演じる自称天才物理学者で“巨根”の上田次郎が、ギャグを散りばめながら超常現象や怪事件に隠されたトリックを暴いて [全文を読む]

語っていいとも! 第38回ゲスト・IVAN「男のコって、突起物がなくなった瞬間にめっちゃくるから(笑)」

週プレNEWS / 2017年03月12日12時00分

で、売れなくなったら服屋やったり、雑誌の編集いくとか、自分の事務所を作ったり。 ―なんか起業するとかありますよね。 IVAN そう。モデルエージェント作るとか。私、たぶんすっごい見る目あるから、そういうのやったらすっごい儲かるんですよ。でも、そこじゃない。私はやっぱりTV出てたいし、キラキラしてたい側だから。「あ、パリコレまできた。うん、終わり」みたいな。 [全文を読む]

川口春奈の病み具合と二面性に心配の声。事務所の早急なケア望まれる?

messy / 2017年02月17日22時00分

2月14日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に女優の川口春奈(22)が出演し、プライベートな一面にネット上では「病んでいる」と心配の声が上がっている。 彼女は長崎県の島育ちだ。九州・大分出身の指原莉乃が「東京に染まった人は豆乳でカスタマイズしたのを頼み、インスタに必ず豆乳のシールが写るように載せる。そ [全文を読む]

坂口健太郎 強みは幅広い役柄を演じられる「顔の薄さ」

NEWSポストセブン / 2016年05月22日07時00分

「同じ事務所には小栗旬さんや綾野剛さん、手塚とおるさんなど、個性的な俳優さんがたくさんいます。坂口さんもその中で個性が引き出されていくと思いますし、映画にも強い事務所だと思うので、これからさらに出番が増えると思います。王子役もオタク役もできるので、いろいろな役をやってほしいですね」 しかし先述の「無色透明さ」が強みになるのは、今のうちだけではないだろうか [全文を読む]

映画『海よりもまだ深く』公開! 監督 是枝裕和インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日11時00分

「小説のための取材」と称して探偵事務所で働いているが、ギャンブル好きで息子の養育費も払えない男だ。「僕が思う阿部さんの魅力はカッコ悪いところ。もちろん褒め言葉ですよ。黙って立ってるとカッコいいんだけど、しゃべったり動いたりすると、ふっと笑っちゃうような人間の小ささとか情けなさをちゃんと出せる。しかもチャーミングに。珍しいですよね、モデル出身なのに」 最初に [全文を読む]

波瑠、土屋太鳳らブレーク女優のウラで……消えた“朝ドラヒロイン”たちはいま

サイゾーウーマン / 2016年03月07日12時45分

セブンス・アヴェニューは、所帯は小さいながらも、“大御所”白川由美、松嶋菜々子、井上真央らを擁する有力事務所で、「事務所の力で勝ち取ったヒロイン」との疑念も。『天花』には、今をときめく香川照之や木村佳乃らも出演していたが、平均視聴率は16.2%で、朝ドラスタート以降、当時のワースト視聴率を更新する不振だった。 朝ドラ後、藤澤は05年公開の『奇談』に、阿部寛 [全文を読む]

安倍なつみ結婚で元アイドル同士のママタレ戦争勃発か…ゴマキとのライバル関係再燃も

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日08時00分

安倍なつみと山崎育三郎は4年ほど前から交際の噂が出ていたが、双方の事務所は報道を受けて「プライベートは任せています」と干渉なし。安倍なつみのクラシックコンサート終了後、年内の入籍が濃厚とされている。 出会いは舞台──堀北真希と山本耕史と一緒 ここで二人の出会いや経歴を振り返ってみよう。 安倍と山崎の出会いは、2011年7月に共演した舞台「嵐が丘」である。2 [全文を読む]

フォーカス