事務所 阿部寛に関するニュース

【ウラ芸能】仲間由紀恵、「原点回帰」の事情

NewsCafe / 2013年12月19日15時00分

しかし、彼女の事務所は、『色がついたら困るから』とこれら2つのヒット作のシリーズ化を拒み続けました。多様な演技を経験させたいから、と人気シリーズを捨てる作戦に出たわけです」デスク「そういう戦略をとった時期もあったね」記者「ところが、それが裏目に出て、だんだん印象に残らない女優になってしまいました。例えば『ごくせん』だったら7シリーズはできる可能性はあったの [全文を読む]

【TBSオンデマンド】“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」1月7日(火)深夜0:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年01月07日12時07分

その公演を主催する名門・高柳バレエ団の事務所で、ある男が殺された。居合わせたバレリーナ・斎藤葉瑠子(木南晴夏)が被疑者とされ事情聴取を受けるが、被害者・風間利之(内田朝陽)と面識はない。プリマである高柳亜希子(音月桂)を中心に、バレエ団側は葉瑠子の正当防衛を主張する。捜査にあたる石神井北署の太田刑事(柄本明)は、やたらと首をつっこんでくる加賀に対して冷たい [全文を読む]

【ウラ芸能】仲間由紀恵、プライド捨てた事情

NewsCafe / 2013年07月23日12時00分

人気シリーズなのに、「仲間の事務所が出演を拒否し、新作が作れなくなっている…と言われていたのが、ここにきて映画制作が解禁されたのには理由があります」と解説するのは映画ライター。 どういうことか? 「2010年に『TRICK』劇場3作目が制作された時、事務所のプロダクション尾木は『仲間のイメージがコミカルな役に固定されてしまう』と、それ以降は新作出演を断っ [全文を読む]

続編オファーを断り続けていたのに…仲間由紀恵が『TRICK』新作出演を決めたワケ

メンズサイゾー / 2013年07月03日19時00分

一部では「仲間の事務所が出演を拒否し、新作が頓挫している」との情報も流れていたが、何とか完結編の制作にこぎ着けたようだ。このウラには、どのような“心変り”があったのだろうか。 同作は、仲間演じる自称売れっ子のマジシャンで“貧乳”の山田奈緒子と、阿部演じる自称天才物理学者で“巨根”の上田次郎が、ギャグを散りばめながら超常現象や怪事件に隠されたトリックを暴いて [全文を読む]

あの名作ドラマからカットされた「封印シーン」(4)<不祥事編>高畑裕太はオープニングタイトルも撮り直し

アサ芸プラス / 2017年09月14日09時57分

こちらは主演のため、今後放送されるメドが立っていない」 事務所は無期限活動停止を決めたものの、解雇には至っていない。被害者女性とは示談が成立しているだけに、いずれ事件が忘れられた頃にBSなどでコッソリ放送されるかも!? 同じく、6月に覚醒剤所持で逮捕されたのが橋爪遼(30)。昼ドラ「やすらぎの郷」(テレ朝系)に介護士役で出演したが、事件後の放送から、編集で [全文を読む]

語っていいとも! 第38回ゲスト・IVAN「男のコって、突起物がなくなった瞬間にめっちゃくるから(笑)」

週プレNEWS / 2017年03月12日12時00分

で、売れなくなったら服屋やったり、雑誌の編集いくとか、自分の事務所を作ったり。 ―なんか起業するとかありますよね。 IVAN そう。モデルエージェント作るとか。私、たぶんすっごい見る目あるから、そういうのやったらすっごい儲かるんですよ。でも、そこじゃない。私はやっぱりTV出てたいし、キラキラしてたい側だから。「あ、パリコレまできた。うん、終わり」みたいな。 [全文を読む]

川口春奈の病み具合と二面性に心配の声。事務所の早急なケア望まれる?

messy / 2017年02月17日22時00分

2月14日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に女優の川口春奈(22)が出演し、プライベートな一面にネット上では「病んでいる」と心配の声が上がっている。 彼女は長崎県の島育ちだ。九州・大分出身の指原莉乃が「東京に染まった人は豆乳でカスタマイズしたのを頼み、インスタに必ず豆乳のシールが写るように載せる。そ [全文を読む]

坂口健太郎 強みは幅広い役柄を演じられる「顔の薄さ」

NEWSポストセブン / 2016年05月22日07時00分

「同じ事務所には小栗旬さんや綾野剛さん、手塚とおるさんなど、個性的な俳優さんがたくさんいます。坂口さんもその中で個性が引き出されていくと思いますし、映画にも強い事務所だと思うので、これからさらに出番が増えると思います。王子役もオタク役もできるので、いろいろな役をやってほしいですね」 しかし先述の「無色透明さ」が強みになるのは、今のうちだけではないだろうか [全文を読む]

映画『海よりもまだ深く』公開! 監督 是枝裕和インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日11時00分

「小説のための取材」と称して探偵事務所で働いているが、ギャンブル好きで息子の養育費も払えない男だ。「僕が思う阿部さんの魅力はカッコ悪いところ。もちろん褒め言葉ですよ。黙って立ってるとカッコいいんだけど、しゃべったり動いたりすると、ふっと笑っちゃうような人間の小ささとか情けなさをちゃんと出せる。しかもチャーミングに。珍しいですよね、モデル出身なのに」 最初に [全文を読む]

波瑠、土屋太鳳らブレーク女優のウラで……消えた“朝ドラヒロイン”たちはいま

サイゾーウーマン / 2016年03月07日12時45分

セブンス・アヴェニューは、所帯は小さいながらも、“大御所”白川由美、松嶋菜々子、井上真央らを擁する有力事務所で、「事務所の力で勝ち取ったヒロイン」との疑念も。『天花』には、今をときめく香川照之や木村佳乃らも出演していたが、平均視聴率は16.2%で、朝ドラスタート以降、当時のワースト視聴率を更新する不振だった。 朝ドラ後、藤澤は05年公開の『奇談』に、阿部寛 [全文を読む]

安倍なつみ結婚で元アイドル同士のママタレ戦争勃発か…ゴマキとのライバル関係再燃も

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日08時00分

安倍なつみと山崎育三郎は4年ほど前から交際の噂が出ていたが、双方の事務所は報道を受けて「プライベートは任せています」と干渉なし。安倍なつみのクラシックコンサート終了後、年内の入籍が濃厚とされている。 出会いは舞台──堀北真希と山本耕史と一緒 ここで二人の出会いや経歴を振り返ってみよう。 安倍と山崎の出会いは、2011年7月に共演した舞台「嵐が丘」である。2 [全文を読む]

『下町ロケット』の紅一点、エンジニア・加納アキ役の朝倉あき、作業着姿でも光る美女っぷりで人気急上昇中

AOLニュース / 2015年12月13日12時00分

今年に入り、所属タレント2人のコニイという事務所から活動を再開。ホラー映画『ハロウィンナイトメア』に主演し、小田急電鉄のCMなどに出演した。偶然同じ名前の"アキ"を演じている『下町ロケット』では、少々おっちょこちょいだが粘り強さはピカイチという役どころで、劇中の切羽詰まった工場にもテレビ前の視聴者にも清涼感をもたらしている。休業について詳しい経緯は本人から [全文を読む]

妻は堀北真希似でスタイル抜群!「下町ロケット」吉川晃司の親バカ私生活

アサ芸プラス / 2015年11月12日09時58分

「個人事務所を起こしてから世間の荒波にももまれ、ずいぶん丸くなりましたね。また東日本大震災をきっかけに、2年間秘密にしていた妻子を公表。『家庭を持ったりすると自分の中のナイフが錆びる』なんてうそぶいていた吉川が、すっかり子煩悩なパパ。こうした私生活の充実ぶりが、演技の幅を広げているのではないでしょうか」(ドラマ関係者) 表に出ることのない妻について、吉川を [全文を読む]

【ウラ芸能】土屋太鳳、朝ドラ卒業後の「不安」

NewsCafe / 2015年09月08日15時00分

ちなみに山崎とは『まれ』を含めて3回目の共演になります」デスク「ふ~ん…、なんか健全なイメージが強くて面白くねぇな」記者「実際、彼女は女優をやりながら、日本女子体育大の付属高校から同大の体育学部運動科学科舞踊学専攻に進んでおり、まじめ一本って感じですね」デスク「そうそう、『まれ』のオープニングでもダンスを披露してたけど、まさに体育会なんだよな」記者「山崎と [全文を読む]

華原朋美が“クビ”回避!復帰ステージでの生歌披露に感動コメントが殺到

アサジョ / 2016年12月08日18時15分

これで完全復調となればいいんですが」(芸能ライター) 幸い今回の一件は、事務所からのおとがめはなし。「今度、問題を起こしたらクビ」と言い渡されているという華原だが、どうにか崖っぷちで踏みとどまったようだ。(塩勢知央) [全文を読む]

“視聴率女王”の座から、すっかり陥落! 「持ってない」天海祐希の主演映画は大丈夫か

日刊サイゾー / 2016年11月13日09時00分

その江角が独立した事務所の看板女優が天海で、なんとも奇妙な巡り合わせになってしまった」(テレビ誌編集者) 天海といえば、かつてはシリーズ化された『離婚弁護士』『BOSS』(ともにフジテレビ系)、過激な内容から賛否両論を巻き起こした『女王の教室』(日本テレビ系)など、主演ドラマがことごとく大当たりし“視聴率女王”の座に君臨。しかし、いまやその座は、同じ木曜に [全文を読む]

必要なの?友近、木村祐一、たんぽぽ白鳥…吉本芸人のドラマ進出に賛否の声

アサジョ / 2016年10月19日09時58分

ドラマ界への進出は、多くの芸人を抱える事務所にとっての新たな戦略だと思います」(芸能ジャーナリスト) 今後、芸人から名優に脱皮する人が出てくるかどうか、注目されるところだ。 [全文を読む]

彼氏は実在するの?華原朋美、年下実業家との交際発表は全国ツアーの宣伝!?

アサ芸プラス / 2016年08月25日09時58分

「華原の交際は、18日にスポーツ紙で報道されたのと同日に、所属事務所がマスコミ各社に交際を認めるファックスを送りました。なんでも阿部寛似のイケメンらしいです」(女性誌記者) お相手は医療関係の事業を展開している男性で、昨年の11月に知人を通じて出会ったという。さらに結婚も視野に入れているとか。「7月には、一緒にハワイに出掛けたようです。交際は順調で、共通の [全文を読む]

織田裕二がディーン・フジオカに見せつけた「芸能界のヒエラルキー」

アサジョ / 2016年08月05日09時59分

ところが織田の事務所がそれをゴネてディーンは降格。織田を陥れる犯人役に変更されたと聞いています」(芸能関係者) 俳優としての賞味期限切れがささやかれている織田だが、芸能界のヒエラルキーではいまだにディーンより上位に君臨していると言えそうだ。 [全文を読む]

コメディは荷が重い?向井理『神の舌を持つ男』で俳優評価が急落

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日12時05分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

フォーカス