作品 綾野剛に関するニュース

タブーではなく人間を描く―白石和彌が初ロマンポルノで込めたエール

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月12日20時00分

若松孝二監督の弟子でもある白石監督の作品は、かつての日本映画のように、社会の暗部に生きる人間をタブー視せず、ありのままに描くのが特徴だ。さて、“かつての日本映画の象徴の一つ”でもある日活ロマンポルノが、2016年に45周年を迎えるにあたり、今をときめく5人の監督によって、28年ぶりに新作が撮り下ろされることとなった。白石監督は「10分に1度の絡み」のルール [全文を読む]

意外!?江口洋介、過酷な撮影中、妻に電話した内容は…

Woman Insight / 2015年08月21日17時00分

この作品は「とにかく面白い」。 皆さん存分に楽しんでください。 やべきょうすけさん 観てくださった方々がいろいろなとらえ方ができる作品です。 また、たくさんのキャラクターが出てきますが、いろいろな話が盛り込まれています。 その中で人と人との絆も描かれている作品だと思います。 松島花さん 私はこの作品が初めての映画出演で、かなりプレッシャーもありワクワク感も [全文を読む]

『カルテット』ロスのママにおすすめ! 脚本家・坂元裕二のドラマ4選

Woman.excite / 2017年03月21日22時50分

毎週楽しみにしていた作品が終わってしまうと、心にぽっかり穴があいてしまいそう…なんて、心配してしまうかも!?そんなときは、同作の脚本を手掛けた坂元裕二さんの作品をチェック! テンポのよいかけあいなど、カルテットにハマった人なら共感できるツボが満載です。© furtseff - Fotolia.com■『Mother』(2010年春・日本テレビ系)キャスト: [全文を読む]

春の桜は日本人の心!?桜ソングだけじゃない!桜(さくら)絡みの日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年05月12日10時45分

私たちの大好きなドラマにも「桜」絡みの作品はたくさんあります。 そこで今回は、数ある日本の名作ドラマの中から「桜」に関連する作品を5本ピックアップしてみました。映画作品まで入れてしまうとなかなかのボリュームになってしまいますので、今回はあくまでドラマかつ、タイトルに「さくら」のワードが入っている作品のみに絞らせて頂きました。もう5月に入り、若干桜の季節とは [全文を読む]

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月11日12時15分

1話を観て既にどっぷりハマってしまった方もいれば、まだどの作品を継続視聴するか決めきれずに迷っている方もたくさんいると思います。 今回は、ドラマ大好きな筆者がこの夏に視聴したいドラマを、絞りに絞って5作品選んでみました。もちろんここで紹介させて頂く作品以外にも素敵な作品は多数ありますが、中でも特にお薦めの作品となります。1話を見忘れてしまった!なんて方も、 [全文を読む]

原作ありきの映画に決別宣言…園子温監督「その時代は終わった」

まぐまぐニュース! / 2015年11月01日01時00分

映画監督として数多くの作品を手掛け、さらにはアーティストとしても活躍する園子温。そんな彼が「純粋にただの映画として観て、楽しんでもらいたい」と語る映画「新宿スワン」。 今作は、和久井健による同名マンガを原作に園監督が映画化。今年5月に公開され見事大ヒットとなったわけだが、そんな作品が早くもDVD&Blu-rayとなって11月3日に登場する。そこで、今回は改 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

一応、おさらいしておくと、これ、21世紀の16年間にオンエアされた連ドラの中から、好きな作品を3つ選んで応募してもらい、それを集計したもの。年末年始のお忙しい時にも関わらず、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。では早速、発表します。――おっと、前回の「あなたの2016テレビの記憶」の発表と違い、今回はいきなり1位からの発表です。■21世紀連ドラ [全文を読む]

話題騒然『日本で一番悪い奴ら』白石監督インタビュー「こういう映画を学校の教材にして欲しい(笑)」

ガジェット通信 / 2016年07月05日11時00分

作品拝見しまして、大変面白かったのですが、実際に起きた犯罪をベースにしている映画なだけに“面白い!”と思うのは不謹慎かな? とも思ったりして。でも面白いと思っていいんですよね……? 白石監督:もちろん! 全く不謹慎では無いですよ。 ―こういった実録モノを、この様に面白く撮ろうと思った理由はありますか? 白石監督:この映画は北海道警察で実際に起きた事件を [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月1日付)

ガジェット通信 / 2017年06月01日20時00分

本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです 【6月 1日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:5月29日(月)~6月 4日(日)劇場公開作品 『X-MEN』のウルヴァリンを描くシリーズ最新作『LOGAN/ローガン』が第1 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(1月19日付)

ガジェット通信 / 2017年01月20日13時00分

本ランキングは週ごとにその週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計をとっているもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【1月19日】今週末みたい映画ランキング 対象:1月16日(月)~1月22日(日)劇場公開作品 窪塚洋介、浅野忠信、加瀬亮ら日本人キャスト多数出演で話題。巨匠マーティン・ス [全文を読む]

「いまの日本で『花とアリス』は撮れない」 3.11に岩井俊二監督が思うこと

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月11日20時09分

海外でのロケ作品やアニメーション映画はあったものの、日本での実写長編映画は『花とアリス』以降、12年間撮影していなかった。そんな岩井俊二監督の最新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』が3月26日(土)に公開される。本作の舞台は現代の日本。黒木華演じる派遣教員の七海(黒木華)は、SNS上で知り合った恋人と結婚する。親戚の少ない彼女が、結婚式に代理出席サービスを [全文を読む]

無謀すぎる!?松島花を困惑させた、監督からの“むちゃぶり”って?

Woman Insight / 2015年09月12日21時30分

作家・東野圭吾 最大の勝負作『天空の蜂』を『20世紀少年』シリーズなど様々な作品を手がけてきた堤幸彦監督がメガホンをとり、完全映画化! 20年に渡り “映像化は絶対不可能” と言われ続けた圧倒的なスケールで描かれるサスペンス・アクション超大作、映画『天空の蜂』が 、いよいよ 9月12日(土)より全国公開となりました。 主人公である超巨大ヘリ<ビッグB>の設 [全文を読む]

3,200点を超える作品が最大50%OFF!幻冬舎“電本フェス”9/15スタート!

PR TIMES / 2017年09月15日13時00分

人気著者に会える抽選プレゼントキャンペーンも実施中! 株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城 徹)は、秋の電子書籍キャンペーンとして「電本フェス~幻冬舎の書籍ほぼ全作品最大50%OFFキャンペーン~」を、2017年9月15日(金)から2017年9月28日(木)までの計2週間、国内主要電子書店にて実施いたします。合計で3200冊を超えるタイ [全文を読む]

『武曲 MUKOKU』綾野剛&村上虹郎 インタビュー

dmenu映画 / 2017年06月07日07時00分

先輩後輩の垣根を越えて Q:重厚な作品でしたが、どんな課題を持って撮影に臨んだのでしょうか? 綾野剛(以下、綾野):全体を通しての課題は意外となかったです。大きな課題を作ってしまうと、演技も固まってしまうので、柔軟性を持って臨もうというのが僕の考えです。「自分はこれしかやりたくない!」という決めつけで行動すると負けてしまいます。あと、作品というよりは個人 [全文を読む]

「ロマンポルノ出演で子役の幻影が消えた」井端珠里が語る18年

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月12日20時00分

脱がずに合格したというオーディションの話から、演じた風俗嬢と女優という仕事の共通点、そして今回の作品を経て、井端さんが到達した境地まで……涙ながらに、熱く語ってもらった。■ロマンポルノはフランス映画のようなオシャレな感覚――まず、井端さんはロマンポルノというものに馴染みはあったのでしょうか?「私、出身が日大藝術学部の映画学科なんですけど、高校生の頃から映画 [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

こんなときは、温かい部屋でゆっくりと読書なんていかがでしょうか? 今回は、ぜひ原作を読んで欲しい日本のドラマ作品を5本ピックアップして紹介させて頂きます。既にドラマを観て内容や結末を知っていたとしても、より深く楽しめる原作を選んでみました。もちろん、ドラマを知らなくても十分に楽しめる名作ばかりです。 空飛ぶ広報室(有川浩)2013年にTBSでドラマ化された [全文を読む]

綾野剛&YOUNG DAIS&植野行雄、“警察史上最大の不祥事”に挑む覚悟を語る

Movie Walker / 2016年06月25日08時00分

「衝撃作であり問題作として、きちんとエンタテインメントシーンに評価される作品になったと自負している」。映画『日本で一番悪い奴ら』(6月25日公開)に主演した綾野剛は、こう胸を張る。実際に起きた“日本警察史上最大の不祥事”をもとに、あらゆる悪事に手を汚す刑事・諸星(綾野)と彼を取り巻く人間たちの波乱万丈の四半世紀を描く本作。“本気”の衝撃作にどのように向き合 [全文を読む]

綾野剛に手錠が…!本当に悪そうな新作映画ビジュアルが解禁

ソーシャルトレンドニュース / 2016年01月13日20時01分

©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会2016年公開作品の中で、早くも話題を読んでいる映画『日本で一番悪い奴ら』。2013年公開の『凶悪』で国内の各映画賞を総ナメにした白石和彌監督と、今もっとも多忙を極める俳優、綾野剛が初タッグを組む本作。<日本警察史上の最大の不祥事>と呼ばれる「稲葉事件」をモチーフに描かれるエンターテイメント作品である。綾野剛は<黒 [全文を読む]

映画『ピース オブ ケイク」多部未華子&綾野剛インタビュー

NeoL / 2015年09月01日12時00分

それまでトモロヲさんが撮られた作品を観ていた印象から、今回もすごく熱い撮影現場になるのかなと思っていたのですが、そうではなく、とても繊細でナイーブな方だという印象を受けました。」 綾野「僕も多部さんと同じ印象です。役者をやられている時のトモロヲさんを出して現場にいらっしゃることはまったくなくて。今回は監督に徹せられてたと思うんですが、細かいところまでこだわ [全文を読む]

綾野剛が産婦人科医&ピアニスト役で連ドラ単独初主演

Smartザテレビジョン / 2015年08月10日06時00分

同作は鈴ノ木ユウ原作の同名漫画をドラマ化した作品。産婦人科医・サクラを中心に、産婦人科医と同僚、患者、病院外のスタッフなど“命が誕生する現場”に関わる人たちを丁寧に描くヒューマンドラマ。 ほか出演者に、サクラ率いるチームの下で奮闘する産婦人科研修医・下屋加江を松岡茉優、ベテラン助産師・小松留美子を吉田羊、新生児科の研修医・白川領を坂口健太郎、救命医・加瀬 [全文を読む]

フォーカス