自宅 安倍晋三に関するニュース

すでに与党になると予測か 財務省幹部が安倍晋三氏自宅訪問

NEWSポストセブン / 2012年10月23日16時00分

※週刊ポスト2012年11月2日号 【関連ニュース】自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと自民総裁選 野党の立場を忘れたかのようなバカ騒ぎとの指摘中川秀直氏 与党に戻りたいという発想で連立すべきでない尖閣上陸問題 2004年自民党政権時も今回同様弱腰対応の過去安倍晋三氏 2004年の中国人尖閣上陸事件で長時間の上陸許す [全文を読む]

「がん」「キノコ」「愛人」 安倍内閣“今週の失言”を総チェック!

文春オンライン / 2017年04月22日11時00分

いざこざと中川氏の執着に呆れた女性から破局を告げられ、「週刊誌に全部話す」と言われた中川氏は「そんなことされたら僕は死んじゃう」と女性の自宅に突撃。ドアの前で土下座して号泣していたため、女性の通報によって渋谷署から警官が駆け付けた。さらに女性は警官からの提案に従って、渋谷警察署で「ストーカー登録」を行ったとのこと。なお、『週刊新潮』にはハワイでのウェディ [全文を読む]

安倍晋三の名が消された寄付金振込票に続き、籠池長女による100万円受取り直後の目撃証言が!

リテラ / 2017年03月17日23時45分

「Yahoo!個人」にアップされた菅野氏の記事によれば、自宅で籠池理事長に取材を行った一昨日、安倍首相からの寄付受け取りの話を聞いた菅野氏は、その際に何か証拠はないかと尋ねた。すると籠池理事長は、「あるんちゃうかな。寄付者名簿、その日付のあるしね」「振込票、残っとるんちゃうか?」と返答。その寄付者名簿と振込票の画像を、菅野氏は記事内で公開したのだ。 籠池理 [全文を読む]

虐待による自宅軟禁、保護者の介護、ホームレス生活...学校や行政も把握していない「消えた子ども」が急増中!

リテラ / 2016年04月04日08時00分

なかでも幼少期から18歳まで自宅で監禁状態にあったナミさん(28)のケースは様々な問題を投げかけるものだ。 ナミさんは保育園時代、隣の友だちの給食を食べたこという些細な出来事がきっかけで母親によって事実上"監禁"された。両親に加えきょうだいの5人家族だったが、なぜかナミさんだけが母親から虐待を受け続けたという。「隣には監視を続ける母親がいて、本当に気が抜け [全文を読む]

安倍晋三氏後継候補の一人 将来は弁護士になると家人が否定

NEWSポストセブン / 2016年01月13日11時00分

温厚で優しく、責任感も強いから、家の期待もあって迷ったのかもしれませんが、3月にロースクールを卒業したら司法試験(5月)を受験するはずです」 寛人氏を自宅に訪ねると、母親らしき女性がこう語った。 「本人は政治家になるつもりはないようです。(ロースクールで)勉強中の身ですから」 ──将来は弁護士になる? 「そうです」 ──弁護士になった後、政治家になるつもり [全文を読む]

ロッキード選挙でも圧勝当選の田中角栄 自宅に近隣住民招く

NEWSポストセブン / 2015年07月05日07時00分

※週刊ポスト2015年7月10日号 [全文を読む]

パチンコメーカー“銃弾事件”会長自宅付近に不審な人気俳優の影、国会議員やカジノ利権も……

日刊サイゾー / 2015年03月03日21時00分

すぐ近くでは1月14日、パチンコメーカー、セガサミーホールディングスのトップ・里見治会長の自宅に銃弾が撃ち込まれるという事件が起きたばかりだ。俳優はこの事件に関することを運転手に質問し、一度は車を降りて付近を歩きまわって写真を撮っていたというのだ。 運転手によると、俳優を乗せた場所は現場から最も近い駅で、タクシーに乗る際「いつもこのあたりをまわっているタク [全文を読む]

南相馬の避難勧奨地点解除も…住民は「国の測定はデタラメ」

WEB女性自身 / 2014年12月29日11時00分

現在仮設住まいの林さんの自宅も、じつはその勧奨地点の一つ。指定解除となれば、やっと自宅に帰れると喜んでいるのかと思ったら、意外な言葉が返ってきた。 「解除なんて絶対だめですよ。線量が下がった?とんでもない。国の測定そのものもいい加減だし、除染していったんは下がったとしても、家のすぐ後ろ、西側が山ですから。西風が吹けば、そのつど山から汚染物質が飛んで来て、 [全文を読む]

安倍晋三、麻生太郎等、歴代首相が通う名店はホテル内が多い

NEWSポストセブン / 2014年11月13日11時00分

また、河口湖に別荘がある安倍首相は、その近辺のレストラン『異彩中国菜館湖宮』に7回顔を出し、自宅のある渋谷区にある焼肉店『可禮亜』(カレア)を3回訪れるなど、昔からの常連店を忘れていないようだ。 一方、いわゆる料亭の利用も少なくない。ミシュランの二つ星を獲得している『福田家』(東京・紀尾井町)や、『青山浅田』(東京・青山)、『赤坂浅田』(東京・赤坂)、『 [全文を読む]

悪乗りが過ぎる安倍晋三氏 財務省の“お墨付き”得たからか

NEWSポストセブン / 2012年12月12日16時00分

※SAPIO2013年1月号 【関連ニュース】自民へシフト 安倍氏籠絡で財務省狙う“天下りの頂点”復活安倍政権誕生で批判の口火切るのは朝日ではなく読売、日経か自民総裁選 野党の立場を忘れたかのようなバカ騒ぎとの指摘石原新党結成に自民党ベテラン議員「話が違う」と怒り心頭すでに与党になると予測か 財務省幹部が安倍晋三氏自宅訪問 [全文を読む]

フォーカス