自宅 安倍晋三に関するニュース

場所・時間にとらわれない柔軟な働き方

プレジデントオンライン / 2017年06月06日08時15分

つまり、自宅やカフェ、サテライトオフィスなど、会社と離れた場所で仕事をする働き方を指す。今年に入り、三菱東京UFJ銀行、三井物産など、日本を代表する大企業が相次いで導入。なぜ、急速に機運が高まっているのか。 一般社団法人日本テレワーク協会会長の宇治則孝氏は、その理由を3つ挙げる。 1つはICTの進歩だ。近年、インターネットを使うためのインフラや端末、そのた [全文を読む]

すでに与党になると予測か 財務省幹部が安倍晋三氏自宅訪問

NEWSポストセブン / 2012年10月23日16時00分

※週刊ポスト2012年11月2日号 【関連ニュース】自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと自民総裁選 野党の立場を忘れたかのようなバカ騒ぎとの指摘中川秀直氏 与党に戻りたいという発想で連立すべきでない尖閣上陸問題 2004年自民党政権時も今回同様弱腰対応の過去安倍晋三氏 2004年の中国人尖閣上陸事件で長時間の上陸許す [全文を読む]

安倍晋三の名が消された寄付金振込票に続き、籠池長女による100万円受取り直後の目撃証言が!

リテラ / 2017年03月17日23時45分

「Yahoo!個人」にアップされた菅野氏の記事によれば、自宅で籠池理事長に取材を行った一昨日、安倍首相からの寄付受け取りの話を聞いた菅野氏は、その際に何か証拠はないかと尋ねた。すると籠池理事長は、「あるんちゃうかな。寄付者名簿、その日付のあるしね」「振込票、残っとるんちゃうか?」と返答。その寄付者名簿と振込票の画像を、菅野氏は記事内で公開したのだ。 籠池理 [全文を読む]

虐待による自宅軟禁、保護者の介護、ホームレス生活...学校や行政も把握していない「消えた子ども」が急増中!

リテラ / 2016年04月04日08時00分

なかでも幼少期から18歳まで自宅で監禁状態にあったナミさん(28)のケースは様々な問題を投げかけるものだ。 ナミさんは保育園時代、隣の友だちの給食を食べたこという些細な出来事がきっかけで母親によって事実上"監禁"された。両親に加えきょうだいの5人家族だったが、なぜかナミさんだけが母親から虐待を受け続けたという。「隣には監視を続ける母親がいて、本当に気が抜け [全文を読む]

安倍晋三氏後継候補の一人 将来は弁護士になると家人が否定

NEWSポストセブン / 2016年01月13日11時00分

温厚で優しく、責任感も強いから、家の期待もあって迷ったのかもしれませんが、3月にロースクールを卒業したら司法試験(5月)を受験するはずです」 寛人氏を自宅に訪ねると、母親らしき女性がこう語った。 「本人は政治家になるつもりはないようです。(ロースクールで)勉強中の身ですから」 ──将来は弁護士になる? 「そうです」 ──弁護士になった後、政治家になるつもり [全文を読む]

ロッキード選挙でも圧勝当選の田中角栄 自宅に近隣住民招く

NEWSポストセブン / 2015年07月05日07時00分

※週刊ポスト2015年7月10日号 [全文を読む]

パチンコメーカー“銃弾事件”会長自宅付近に不審な人気俳優の影、国会議員やカジノ利権も……

日刊サイゾー / 2015年03月03日21時00分

すぐ近くでは1月14日、パチンコメーカー、セガサミーホールディングスのトップ・里見治会長の自宅に銃弾が撃ち込まれるという事件が起きたばかりだ。俳優はこの事件に関することを運転手に質問し、一度は車を降りて付近を歩きまわって写真を撮っていたというのだ。 運転手によると、俳優を乗せた場所は現場から最も近い駅で、タクシーに乗る際「いつもこのあたりをまわっているタク [全文を読む]

南相馬の避難勧奨地点解除も…住民は「国の測定はデタラメ」

WEB女性自身 / 2014年12月29日11時00分

現在仮設住まいの林さんの自宅も、じつはその勧奨地点の一つ。指定解除となれば、やっと自宅に帰れると喜んでいるのかと思ったら、意外な言葉が返ってきた。 「解除なんて絶対だめですよ。線量が下がった?とんでもない。国の測定そのものもいい加減だし、除染していったんは下がったとしても、家のすぐ後ろ、西側が山ですから。西風が吹けば、そのつど山から汚染物質が飛んで来て、 [全文を読む]

安倍晋三、麻生太郎等、歴代首相が通う名店はホテル内が多い

NEWSポストセブン / 2014年11月13日11時00分

また、河口湖に別荘がある安倍首相は、その近辺のレストラン『異彩中国菜館湖宮』に7回顔を出し、自宅のある渋谷区にある焼肉店『可禮亜』(カレア)を3回訪れるなど、昔からの常連店を忘れていないようだ。 一方、いわゆる料亭の利用も少なくない。ミシュランの二つ星を獲得している『福田家』(東京・紀尾井町)や、『青山浅田』(東京・青山)、『赤坂浅田』(東京・赤坂)、『 [全文を読む]

悪乗りが過ぎる安倍晋三氏 財務省の“お墨付き”得たからか

NEWSポストセブン / 2012年12月12日16時00分

※SAPIO2013年1月号 【関連ニュース】自民へシフト 安倍氏籠絡で財務省狙う“天下りの頂点”復活安倍政権誕生で批判の口火切るのは朝日ではなく読売、日経か自民総裁選 野党の立場を忘れたかのようなバカ騒ぎとの指摘石原新党結成に自民党ベテラン議員「話が違う」と怒り心頭すでに与党になると予測か 財務省幹部が安倍晋三氏自宅訪問 [全文を読む]

かつて日本に捨てられた日本人。いま朝鮮半島有事ならどうなるか

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日01時15分

その時、駐イラン公使の高橋雅二は自宅にいた。 3月12日未明のことですが、私は寝ていました。家族も寝ていました。爆心地からは、1キロか2キロはありましたが、それでもすごい音がして、グラグラッと揺れたんです。(『日本、遥かなり エルトゥールルの「奇跡」と邦人救出の「迷走」』門田隆将・著/PHP研究所) 高橋一家は、こういう事態に対して、備えをしていた。 実は [全文を読む]

安倍総理が宣言! 「『男性産休』で日本を変えます」

プレジデントオンライン / 2017年02月14日09時15分

ただ、いまは家事の合間に自宅で仕事ができる。働き方が変わったのだ」と、テクノロジーの進歩が、より柔軟で効率よい働き方を実現していると話した。 レヴィーンさんはこのほか、インスタグラムに作品を載せたことがきっかけで会社員からイラストレーターに転身した日本人女性や、インターネットで情報を発信し、サウジアラビアでボクシングトレーナーになった女性の例も紹介。「テク [全文を読む]

脅迫訴えた吉松育美氏が全面謝罪 支援した昭恵夫人の責任は

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

〈私、吉松育美は、私が管理するブログ及びFacebook本文において、【1】A氏(※ブログでは実名)から、日本テレビ放送網株式会社内において暴行を働いたこと、【2】A氏が、私のスポンサー候補企業に対して圧力をかけて業務を妨害したこと、【3】A氏が私の家族に連絡をして脅迫した事、【4】A氏が、ミス・インターナショナルの主催者に連絡をして私が世界大会に出席でき [全文を読む]

「つ、強すぎる……」日本ダービー“断然候補”サトノダイヤモンドが抱える「大きすぎる不安」とは

日刊サイゾー / 2016年02月15日23時30分

総資産は500億円以上で年収は20億円ともいわれており、東日本大震災では個人で2億円を寄付、さらに総額17億円の自宅に銃弾が撃ち込まれたこともあってか、愛車は特注の防弾仕様。次女の結婚式には安倍晋三内閣総理大臣、菅義偉官房長官、小泉純一郎といった超大物政治関係者、プロ野球界からは長島茂雄、王貞治といった大物が列席するほどの人物だ。 昨年のセレクトセールでも [全文を読む]

サザンファン辞めた!SNS・まとめサイトの影響でサザン叩きが加速

秒刊SUNDAY / 2015年01月09日17時41分

「サザン桑田佳祐が天皇陛下を揶揄!紫綬褒章は8000円?桑田の自宅への抗議デモはいつですか?」 ⇒ http://t.co/IhAfnToA23 好きだったのに‼サザンのCD廃棄しました❗ — こてちゃん (@tetuwankotetu) 2015, 1月 6 さてまとめサイトなどで拡散している「サザンは反日である」という内容についてはおおまかに以下のよ [全文を読む]

内田樹が語る「戦争について真剣に考えていない国が『戦争のできる国』になろうとしている現実」

週プレNEWS / 2014年12月09日06時00分

フランス現代思想の研究者で武道家としての顔も持つ内田氏は、昨年末から今秋にかけて10冊以上という驚異的なペースで著書を刊行するが、なぜ今、「戦争論」をテーマに選んだのか? 神戸にある自宅兼道場「凱風館(がいふうかん)」で話を聞いた。 ■黙して語らぬ戦中派と断絶された歴史の罠 ―『街場の…』シリーズや、憲法論など、このところ立て続けに新刊を出されている内田 [全文を読む]

雪で電車が止まっても問題なし! 安倍総理の肝入り戦略“在宅勤務”で企業は変わるか

Business Journal / 2014年02月12日16時00分

一人で自宅作業をすることによる孤独感が、業務の生産性や労働者の健康にどう影響するかも慎重に考えるべきだろう。 [全文を読む]

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「ナベツネが持ちかけたW受賞」

アサ芸プラス / 2013年04月16日09時59分

松井は今でもニューヨークの自宅に隣接するスポーツジムに欠かさず通って体力の維持を図っている。松井本人は親しい知人に対し「日常のルーティンの一つ」と語っているように、引退しても自分らしさを保つことをずっと課している。 それと松井にはこんなモットーがある、 「よき指導者になるためには、よき社会人に‥‥」 つまり、将来の指導者という目標に向けて準備に入りつつも [全文を読む]

辻希美 平日に子供を夢の国に連れて行きネット上で非難殺到

NEWSポストセブン / 2012年11月27日07時00分

「ウインナーが多い」とか自宅のベランダでプールに入れてあげたら「区営プールくらい入れてやれ」とか。 寛容性がますます失われていく社会になるんですかね。つーか、他人の人生にイチイチ構うよりもお前とお前の周囲を幸せにしろ、と思いますね。 ※参考ページ 辻希美オフィシャルブログ『のんピース』の当該のブログエントリー ※『メルマガNEWSポストセブンVol.41』 [全文を読む]

自民へシフト 安倍氏籠絡で財務省狙う“天下りの頂点”復活

NEWSポストセブン / 2012年11月14日16時00分

※SAPIO2012年12月号 【関連ニュース】自民総裁選 野党の立場を忘れたかのようなバカ騒ぎとの指摘石原新党結成に自民党ベテラン議員「話が違う」と怒り心頭すでに与党になると予測か 財務省幹部が安倍晋三氏自宅訪問自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと財務省の隠語「ピッタシパンツ」「霊安室」「ざぶとん」の意 [全文を読む]

フォーカス