体調 安倍晋三に関するニュース

安倍首相の「医師団緊迫」「恥ずかしい過去」露見し永田町騒然

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

新聞やテレビはこの異常事態を黙殺し、週刊誌などは金銭疑惑や“下着ドロ”の過去が取り沙汰される新閣僚たちの疑惑封印が狙いではないかと推測しているが、永田町で囁かれる本当の理由は安倍晋三・首相の体調不安だ。消化器内科を専門とする都内大学病院医師が語る。 「最近の総理の風貌は明らかに変わってきた。ムーンフェイスと呼ばれる頬の肉の膨らみや、バッファロー・ハンプと呼 [全文を読む]

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(3)体調悪化で“解散カード”はいつ切るか?

アサ芸プラス / 2014年11月13日09時56分

『危機管理能力として、こんなに顔色と体調の悪い人に総理が務まるのか。この際、病状について説明を求めよう』との声が上がりました」 袋叩きにあい、体調も悪化。安倍総理の焦りっぷりは、拉致被害者家族会の反対を押し切って、北朝鮮に政府訪朝団を派遣したことに表れた。10月28日、29日に訪朝団は北朝鮮特別調査委員会幹部との交渉に臨んだ。拉致問題は内閣支持率に直結し [全文を読む]

大橋巨泉の遺言「安倍晋三に一泡吹かせて下さい」がテレビの追悼特集でことごとくカットに! その政権批判を改めて聞け

リテラ / 2016年07月21日07時30分

以前より体調の悪化を心配されていたタレント・司会者の大橋巨泉氏が、今月12日に急性呼吸不全で亡くなっていたことが明らかになった。82歳だった。 本サイトでも以前、紹介したように、巨泉氏は「週刊現代」(講談社)7月9日号掲載の連載コラム「今週の遺言」最終回で、すでに病が身体を蝕んでいることを綴っていた。だが、それでも巨泉氏は〈このままでは死んでも死にきれない [全文を読む]

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(2)側近も初めて見る“憔悴”ぶり

アサ芸プラス / 2014年11月12日09時56分

閣僚スキャンダル続出のストレスとイライラ感で持病の潰瘍性大腸炎の症状が悪化し、体調は激変しています」 潰瘍性大腸炎は、第一次安倍政権で佐田玄一郎元行革担当相、松岡利勝元農水相、赤城徳彦元農水相らの事務所費不正問題などによる辞任ドミノで窮地に追い込まれ、政権を放り出して入院したことで明らかになった病名である。症状悪化の「兆候」は、10月3日の衆院予算委員会で [全文を読む]

中曽根氏 安倍氏の前回の首相退陣は国政に対する責任感による

NEWSポストセブン / 2012年10月12日16時00分

だが、首相時代には体調不良を理由に途中で職をなげうった。 中曽根:安倍君の祖父である岸(信介)さんは一念を持って愛国に徹していた。その背中を見ていたからだろう、安倍君にその信念は受け継がれている。本格派の政治家だと期待していたし、今も期待している。あのときは体調も考えて、国の政治に対する責任感から身を引いたのだと思う。その後も志を変えないで歯を食いしばって [全文を読む]

潰瘍性大腸炎に苦しんだ安倍総裁 1日トイレ30回以上証言も

NEWSポストセブン / 2012年10月04日16時00分

当選後の記者会見では、自信に満ち溢れた表情で、不安視される体調について、こう語っていた。 安倍氏は、これで2度目の自民党の総裁となるが、1度目は自民党が与党だった2006年9月のとき。51才と戦後最年少の若さで総裁に選ばれて、内閣総理大臣に就任した。だが、わずか1年後の2007年9月に突然の退陣表明。辞任会見ではその理由を、「テロとの戦いを進めていくには、 [全文を読む]

自民総裁選 石破茂氏、ネトウヨによる落選運動に悩まされた

NEWSポストセブン / 2012年10月02日07時00分

総裁選さなかに体調を崩して入院した町村信孝氏が、最後まで断念せずに戦ったのも、スキャンダル合戦を仕掛けた安倍陣営への対抗意識からだった。 「安倍陣営からは『町村派は安倍に一本化することになった』というニセ情報がさかんに流された。町村さんは安倍に票を渡さないために意地を見せた」(町村派ベテラン議員) 決選投票では、長老グループが乗った安倍氏の圧勝と見られて [全文を読む]

緊急アンケート『モバイル・ジャッジ』 野田 VS 安倍 日本の総理にふさわしいのはどっち?~若者たちが右傾化!? 46%が安倍支持。強行外交に期待!

PR TIMES / 2012年09月28日10時15分

体調が治ったのだから政治家として認めるべきだと思う。(20代女性) *今は隣国に対して、日本の主張をはっきり言える総理が必要。弱腰では日本は浸食されるばかり。 安倍氏にぜひとも総理になって頂きたいです。(20代女性) *挫折を経験して強くなっただろうから(30代男性) *勝負前にカツカレーを食べても大丈夫なほど体調も回復したようですし、サラ金対策の法改正な [全文を読む]

安倍氏、石原氏ほか 自民総裁選4候補の手相を島田秀平鑑定

NEWSポストセブン / 2012年09月26日07時00分

気になる体調面は生命線を見ればわかります。上部に乱れがあります。下部に乱れはないので胃腸は治ったようですが、上部、つまり呼吸器や食道あたりに今度は問題を抱える恐れがありますね」 ■石原伸晃氏の手相 「運命線が非常に長く人気を集められるが、総理になっても短命かも。感情線が短いので気が短いのが特徴。頑固な人に多い通称“あやまりま線”、過去に囚われる“未練タラ [全文を読む]

甦った森喜朗氏 小池都知事と五輪めぐって「首都決戦」

NEWSポストセブン / 2017年04月24日07時00分

(中略)「遺言」のつもりで書いた手記だけど、昨年2月に新薬を投与したら体調が回復してね。まだ死なないのに「遺言」はどうかなと思って「遺書」に変えたんです〉 肺がんを克服し、文字通り“死地”から甦った森氏は、改めて小池氏との対決姿勢を鮮明にする。 産経のインタビューでも、〈普通は「都に代わって、ここまでやって下さってありがとうございます」と言うのが礼儀だろう [全文を読む]

フォーカス