ベスト 井上陽水に関するニュース

井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場!!

okmusic UP's / 2017年09月13日16時30分

井上陽水のパフォーマンス映像のベスト盤『GOLDEN BEST VIEW ~SUPER LIVE SELECTION~』が10月4日にリリースされる。2019年にデビュー50周年を迎える井上陽水。近年は、全国ツアーを毎年のように精力的に行ない、全国津々浦々のファンから好評を得ている。約半世紀にわたる年月の中でも色褪せることない名曲の数々を、日本のトップミュ [全文を読む]

ユーミン×井上陽水 “色気”談義!~こんな出会いがしたい!井上陽水の妄想が止まらない!?

PR TIMES / 2015年07月22日17時21分

さらにユーミンが選ぶ“ベスト陽水ソング”もオンエア。どうぞご期待下さい。 [画像1: http://prtimes.jp/i/4829/668/resize/d4829-668-104295-2.jpg ] ◆恋愛妄想から、知られざる交友関係まで・・・井上陽水のプライベートにユーミンが迫る! ユーミンと井上陽水の対談は、公の場としては、2011年8月以来、 [全文を読む]

まさかiTunesにあると思いませんでしたベスト 〜女性アーティスト編〜

okmusic UP's / 2017年06月12日18時00分

■3. 「Canary Canary」(’04)/ジェーン・バーキン & 井上陽水 [全文を読む]

ミスチル、20周年ベスト<macro>がミリオンセラー達成

リッスンジャパン / 2012年06月05日19時00分

Mr.Childrenのデビュー20周年記念ベストアルバム『Mr.Children 2005-2010 <macro>』が、ミリオンセラーを達成したことが明らかになった。Mr.Children - アーティスト情報6/11付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:5/28~6/3)では、5月10日に発売された『- <macro>』の累積売上が登場4週目で [全文を読む]

中森明菜、デビュー30周年記念ベスト発売 音源をブラッシュアップし全34曲収録

リッスンジャパン / 2012年05月01日12時00分

1982年5月1日にシングル「スローモーション」でデビューしてから、今年で30周年を迎える中森明菜のベストアルバム『ベスト・コレクション ~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~』が7月11日にリリースされることが決定した。今回のベストアルバムは、彼女の「静」と「動」の2つの側面をコンセプトにして、2枚のディスクに代表曲の数々が網羅されるほか、2枚組で2,50 [全文を読む]

至高の名ギタリスト、大村憲司のすべて。レア・トラックス収録のCD付き書籍『大村憲司のギターが聴こえる』、2月1日発売

PR TIMES / 2017年01月13日14時32分

死後、ソロ・アルバムの再発、ベスト・ライヴ・トラックス・シリーズ全7タイトルの発売などリリースも相次ぎ、日本が生んだ世界的名手としてその名前はますますクローズアップされています。本書は、大村の功績と魅力を伝える集大成的な一冊。レア・トラックスを収録したCD付きです。【CD収録曲】「Georgia On My Mind」PONTA BOX(1997年11月3 [全文を読む]

<更地ベスト~SAKURA~>大森カンパニーの舞台で体感「劇場が波打つ笑い」

メディアゴン / 2016年03月31日07時20分

大森カンパニー公演「更地ベスト~SAKURA~」(3月29日〜4月3日)。同カンパニーのこれまで11回の公演は、笑い好きの間で熱く支持されてきたが、「更地ベスト~SAKURA~」その中から、文字通りベストを選んでの再演である。波打つ押し寄せる笑い、渦巻く笑い、そして、彼らの笑いを形容すれば「海底火山の噴火の笑い」だ。ところで、演出を務める大森ヒロシに提案し [全文を読む]

lecca“最新作が一番だって思える自分でありたい。そう思えなくなったら辞める”

Entame Plex / 2016年01月28日20時12分

“ここで出さないと一生出さないんじゃないかと……”自身初のベスト・アルバムをリリースするにあたって、そう答えてくれたlecca。レゲエを軸に、オリジナリティ溢れるサウンドを展開してきた彼女のいわば集大成とも言える今作『BEST POSITIVE』。そこには、数々の代表曲とともにleccaが歩んできた人生そのものがパッケージされている。アーティスト人生10周 [全文を読む]

清春、バースデーライヴで25曲を披露&ツアー前に新作の解禁も?

okmusic UP's / 2015年10月30日12時00分

しかも両ギタリストは黒いベスト、リズム・セクションのふたりは黒いタイを身につけており、白地に黒いストライプの入ったスーツ姿で登場した清春が中央に立つと、まさに彼を中心軸としたシンメトリーな構図ができあがった。すると、聴こえてきたのは「JUDIE」。こうして記念すべき夜は幕を開けた。新作リリースに伴うライヴではないだけに、演奏プログラムは斬新というよりは定番 [全文を読む]

【紅白歌合戦】中森明菜、復活!神曲ばかりの歌姫「ベスト・オブ・中森明菜」(前編)

AOLニュース / 2014年12月31日20時05分

先日放送された『SONGS』でも特に反響が大きかった中森明菜、80年代のベストアルバムも凄い売れました。ということでちょっとベストを絞るのは厳しいながら「ベスト・オブ・中森明菜」前編です。 ■「スローモーション(1982)」「少女A(1982)」 【動画】https://www.youtube.com/watch?v=AMCRPkAiflY <関連動画はこ [全文を読む]

中森明菜 孤高の歌姫の「光と影」(4)この子はスターになるよ!

アサ芸プラス / 2014年08月26日09時58分

発売されたばかりのベスト盤が大ヒットして根強い人気を見せつけたが、それでも、そこに彼女の姿はない。新たな歌声が届くことはない。時計の針は、昭和から平成に移行した頃から、ゆるやかに動きを止めた‥‥。 中森明菜が最後に姿を見せたのは、10年7月13日のこと。パチンコ台のキャラクターとなって発表会に出席したが、その直後に「体調不良により無期限活動休止」をアナウン [全文を読む]

キノコホテルのkeme、“私の青春のひとつが音になった”と語る2ndソロアルバムを7月に発売

okmusic UP's / 2013年06月19日19時00分

また、アートディレクションにもこだわりが随所に表れており、フラワープリントのキャップにギターストラップ、トロイ・ブロス製の赤いベストを身につけた本人を、吉田拓郎、かぐや姫、中島みゆき、井上陽水を手がけた名カメラマン田村仁の息子の田村ヒロが撮影している。ジャケットはLP時代の名物であるオビをそのままにプリントした紙スリーブ仕様。 7月14日には、矢沢洋子& [全文を読む]

フォーカス