成績 井川慶に関するニュース

【プロ野球】2003年にはW受賞も。菅野智之(巨人)vs.菊池雄星(西武)、沢村賞に輝くのはどっちだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年08月26日16時05分

沢村賞の選考基準と2人の成績を照らし合わせてみたい。 (成績は8月22日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■沢村賞の選考基準と菅野、菊池の今季成績 沢村賞の選考基準と、2人のここまでの成績は以下の通りだ。 ■沢村賞の選考基準 登板試合数:25試合以上 完投試合数:10試合以上 勝利数:15勝以上 勝率:6割以上 投球 [全文を読む]

【プロ野球】菊池雄星はメジャーで通用するのか!? 日本人左腕メジャーリーガーの成績を総ざらい!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日16時05分

そこで今回は、菊池のメジャー行きの参考になるように、過去にメジャーリーグに挑戦した日本人左腕徒手の成績とエピソードをおさらいしてみたい。 ※成績はメジャーリーグでの通算成績 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■留学生から飛び級でメジャーリーガーに ■村上雅則(南海→ジャイアンツ) メジャーでの実働期間:2年(1964~19 [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

日本より野球のレベルが高いメジャーである以上、日本での成績よりメジャーのそれが上回ることは考えにくい。井川慶(阪神・ヤンキースなど)や中村紀洋(近鉄・ドジャースなど)のように、メジャーではサッパリだった選手も少なくない。 しかし個人個人の日米成績を比較すると、「日本よりもメジャーでもてる力を発揮した」選手が散見される。 たとえば岡島秀樹(巨人・レッドソッ [全文を読む]

松井裕樹、田口麗斗が躍動!歴代高卒4年目サウスポーの成績を振り返る

ベースボールキング / 2017年05月23日06時45分

今回はそんな魅力溢れる90年代以降の「高卒左腕プロ4年目」の成績を振り返ってみよう。今中慎二(中日88年1位)92年 11試 8勝2敗 防御率1.77☆骨折で離脱も翌93年17勝で最多勝獲得石井一久(ヤクルト91年1位)95年 26試 13勝4敗1S 防御率2.76☆自身初の二桁、153回で159奪三振を記録井川慶(阪神97年2位)01年 29試 9勝13 [全文を読む]

MLBへのエース流出球団 翌年の成績が悪化しなくなった背景

NEWSポストセブン / 2014年03月16日16時00分

いよいよ、3月28日にプロ野球が開幕する。さまざまな見どころがあるなか、昨シーズン24勝0敗1Sと無双の活躍をしたエース・田中将大の抜けた東北楽天ゴールデンイーグルスがどのような戦い方をするのかも、注目のひとつだ。 1995年の野茂英雄(近鉄→ドジャース)を皮切りに、メジャーに挑戦する日本人エースが増えている。ここでは、エースの定義を、移籍前の過去5年で3 [全文を読む]

松中、福留、金本らプロ野球「逆シリーズ男」が生まれる理由

NEWSポストセブン / 2013年10月12日07時00分

プロ野球のCS(クライマックスシリーズ)や日本シリーズを勝ち抜いたチームには、期待以上の成績を上げる「シリーズ男」と呼ばれる選手が必ず登場するが、これとは反対に、“戦犯”として敗北の責任を背負われるのが「逆シリーズ男」だ。今年、その汚名を着せられるのは誰になるのか。 まだ日本シリーズ出場チームは決まっていないため、可能性のある6チームを対象に検証。過去に行 [全文を読む]

甲子園歴史館 8月29日(火)から企画展を開催!「タイガース2017年の足跡と虎を支えたエースたち」

@Press / 2017年08月28日16時45分

今回の企画展では、2017年シーズンにおいて、阪神タイガースが繰り広げてきた戦いの足跡を、スポーツ新聞の一面や試合成績で振り返ります。また、球団創設時から現在に至るまで、タイガースを支えてきた歴代エースの中から19選手を特集し、球団公式戦初の勝利投手や球団初のノーヒットノーランなど、投手の記録にまつわるエピソードにスポットを当て、その活躍や名シーンを写真 [全文を読む]

甲子園歴史館 8月29日(火)から企画展を開催! 「タイガース2017年の足跡と虎を支えたエースたち」

PR TIMES / 2017年08月28日16時10分

今回の企画展では、2017年シーズンにおいて、阪神タイガースが繰り広げてきた戦いの足跡を、スポーツ新聞の一面や試合成績で振り返ります。また、球団創設時から現在に至るまで、タイガースを支えてきた歴代エースの中から19選手を特集し、球団公式戦初の勝利投手や球団初のノーヒットノーランなど、投手の記録にまつわるエピソードにスポットを当て、その活躍や名シーンを写真 [全文を読む]

【プロ野球】日本シリーズ前後にネット上で散見したナゾの数字「334」とは?

デイリーニュースオンライン / 2015年11月12日11時00分

一方のパ・リーグは、84勝49敗3分、貯金25という成績でレギュラーシーズンを2位で通過したロッテが当時行われていたプレーオフでソフトバンクに勝ち、リーグ優勝&日本シリーズへの出場権を手にした。 阪神にとっては、2003年、ダイエーに3勝4敗で日本一をかっさらわれて以来、2年ぶりとなる日本シリーズ。1985年から20年のときを経て、「今度こそは日本一」と親 [全文を読む]

MLB帰りの投手 中継ぎはうまくいくが先発希望の松坂は不安

NEWSポストセブン / 2014年11月14日07時00分

成績が落ちて日本へ出戻りする選手も多く、しかも野手は日本復帰でさらに悪くなるパターンが大半だ。井口資仁、松井稼頭央は例外的な存在はあるものの、中村紀洋、岩村明憲など内野手に顕著な傾向だ。出戻り投手も精彩を欠く。 「石井一久、井川慶、川上憲伸など、先発陣は軒並みダメ。ただし、薮田安彦、岡島秀樹、五十嵐亮太といったセットアッパーは、メジャーでの限定的な起用法の [全文を読む]

プロ野球“ストーブリーグ”突入で「お荷物&嫌われ者」は一挙大粛清か?(3)秋山VS松中の確執が表面化

アサ芸プラス / 2014年10月16日09時57分

打率は1割1分1厘、本塁打0という、プロ最低成績に終わった。球団関係者がさらに言う。 「舌禍が原因で王貞治球団会長(73)からも見放されているため、引退後はソフトバンクに残って指導者になる道も厳しい。そこで松中は福岡のテレビ局にアプローチをかけるなど、水面下で解説者としての『就職活動』をしていますが、高額のギャラを要求してどこからも相手にされていない」 球 [全文を読む]

田中将大 「161億円エース」を短命に追い込んだ“3つの人災”

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時57分

12勝4敗、防御率2.51という抜群の成績で、ヤンキースのエースに上り詰めた田中将大(25)に落とし穴が待っていた。右肘靭帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入り。「選手生命」すら危ぶまれているのだ。 田中は7月11日(日本時間12日)に戦線離脱。現段階では「トミー・ジョン手術(靭帯移植手術)」を回避し、「PRP」と呼ばれる注射による治療法とリハビリで回復を [全文を読む]

ヤンキース・田中将大の最大の敵はニューヨークのメディアとファン

週プレNEWS / 2014年01月27日14時00分

ただ、ここまでの大型契約となれば、もし成績が振るわなかったときには全米一厳しいといわれるニューヨークのメディアやファンが黙っていない。メジャー評論家の福島良一氏はこう語る。 「彼を“新人”と思うニューヨークのメディア、ファンは皆無でしょう。当然、開幕から大車輪の活躍……いや、ニューヨークのテレビ局が放映するフロリダでのオープン戦でさえ、年俸に見合ったピッ [全文を読む]

マー君ヤンキース成功の鍵は女性スキャンダル対策か? 球界の野良犬・愛甲猛が吠える

東京ブレイキングニュース / 2014年01月24日11時38分

大型契約しただけに成績が悪ければ、すぐにかつての井川慶投手(34=現オリックス・バファローズ)を引き合いに出して、「無駄金を使った」などと叩きにかかるだろう。 それだけにマー君には内容よりも結果を残すことが何よりも求められている。そう考えると、マー君に課せられたノルマは最低でも15勝といったラインだ。 ヤンキースに移籍決定したマー君には、グラウンド外でも2 [全文を読む]

12球団の「火種キャンプ」・最終回

アサ芸プラス / 2012年03月08日10時59分

着々と来季以降も自分の支配が及ぶよう青写真を描いているようだが、それが可能となるかは今季の成績しだいである [全文を読む]

日本人メジャー屈辱の「土下座交渉」現場(3)岩隈の右肩に関するデマも…

アサ芸プラス / 2012年01月26日10時59分

自己ワーストの成績だった。アスレチックスからFAとなった今、所属先探しは難航を極めている。 昨季年俸425万ドル(約3億2000万円)からの大幅ダウンは確実と言われる中、松井に対する正式オファーはどの球団からも届かない状態だ。前出・米スポーツマスコミ関係者は、その舞台裏をこう明かす。 「アスレチックスは当初から、年俸200万ドル(約1億5000万円)のオフ [全文を読む]

フォーカス