舞台 稲垣吾郎に関するニュース

AKB指原莉乃が大島優子を“格下扱い”…立場逆転にファン騒然

デイリーニュースオンライン / 2015年10月21日17時00分

AKB48・指原莉乃(22)が自身のTwiiter上で10月20日、同グループの元メンバーで女優・大島優子(27)の出演舞台『No.9 不滅の旋律』について、ファンに対し「ゆうこちゃんにさっしーに席あげて!とかツイートしないでね」と呼び掛けた。この指原の発言に、一部ネット上では「あれだけ絶大な勢力を誇った大島優子が既に格下扱い」と、両者の立場逆転が指摘され [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大島優子の舞台を増田有華が観劇「相変わらずキラキラしていた」

TechinsightJapan / 2015年10月21日19時45分

大島優子が出演する舞台『No.9-不滅の旋律-』をAKB48のメンバーやOGの増田有華が観劇した。大島が楽屋に訪れた彼女たちとの1枚をツイッターに投稿して、喜びを伝えている。また舞台経験のある増田有華は、自身のブログで大島優子の存在感を改めて知らされたと絶賛した。 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』東京公演が25日まで赤坂ACTシアターで上演され [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

それは、かの田宮二郎の遺作となった『白い巨塔』の時代からそうで、同ドラマは大学病院を舞台にしながら、そこに描かれたのは医者という“人間”だった。主人公も医療ミスをするし、人間的な弱さもある。その意味で、同じく医療ドラマの初回にキムタクに失敗させた橋部敦子サンの脚本は見事だったし、それを受け入れたキムタクも素晴らしかった。 僕は、キムタクドラマが成功する鍵は [全文を読む]

中居正広「キス好きだから」稲垣吾郎の性格を暴露!?

日刊大衆 / 2016年10月14日21時00分

過去に舞台で演じた、SMAPの稲垣吾郎(42)とのキスシーンが紹介され、中居正広(44)が引く場面が見られた。 この日は“知られざる舞台あるある”というテーマで、多くの舞台に出演してきた高岡が、さまざまなウラ事情を明かした。その中で舞台で行われるキスシーンについて、“どうやるかはすべて演出家に決めてもらう”と高岡が発言すると、中居は「でもさ、人間だからちょ [全文を読む]

紅白リハ総まとめ!これを読めば本番がもっと面白くなる!<出演歌手&曲順も掲載>

モデルプレス / 2015年12月31日15時06分

◆NMB48 NMB48は紅白の舞台で連続テレビ小説「あさが来た」の舞台で主題歌「365日の紙飛行機」を歌う。同曲はAKB48の楽曲だが、NMB48兼AKB48の山本彩がセンターを務めている。薮下柊は、NMB48の楽曲ではないことに触れ「皆さんが注目している曲。有名な楽曲をやれて『よっしゃー!』って思っている」と明かし、渋谷凪咲も「AKB48で彩さんがセ [全文を読む]

紅白リハ総まとめ!西野カナ、AAA、大原櫻子、乃木坂46、SMAP、嵐…

モデルプレス / 2015年12月29日13時09分

◆NMB48 NMB48は紅白の舞台で連続テレビ小説「あさが来た」の舞台で主題歌「365日の紙飛行機」を歌う。同曲はAKB48の楽曲だが、NMB48兼AKB48の山本彩がセンターを務めている。薮下柊は、NMB48の楽曲ではないことに触れ「皆さんが注目している曲。有名な楽曲をやれて『よっしゃー!』って思っている」と明かし、渋谷凪咲も「AKB48で彩さんがセ [全文を読む]

大島優子、初舞台で“先輩”川栄李奈にライバル心むき出し? 身長の低さがネックとなり「存在感が無い」と指摘する声も

おたぽる / 2015年10月17日12時00分

初の本格的舞台出演となる『No.9 -不滅の旋律-』が10日から公演開始され、大島優子は自身のTwitterに「初日無事に終えました!! 私の新しい人生の幕開け。。。気持ち強くもってがんばる」とコメントを投稿。観客からは「ネットで演技力を酷評されているわりに、悪くない演技だった」と、上々の評価を得ているようだ。 「AKB48出身の後輩・川栄李奈が先月、大島 [全文を読む]

そんなことあったの!? 2位海老蔵「過去に謹慎したことに驚く芸能人」1位の芸人は

VenusTap / 2017年05月02日20時40分

2016年12月に交通事故を起こし、謹慎処分を受けていたお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が3月30日、舞台で仕事復帰を果たした。事件や騒動を起こし、謹慎していた芸能人は意外と多いもの。タレント・ベッキーのゲス不倫による謹慎も記憶に新しいことだろう。そこで今回は、『venusTap』が男女500名を対象に「謹慎していたことに驚く芸能人は?」というア [全文を読む]

【業界ウォッチ】SMAP独立派で生き残るのは意外すぎる”あの男”

デイリーニュースオンライン / 2016年10月01日18時06分

デンゼル・ワシントン(61)は、なぜ、この作品に出演したんだろうか」(『ザ・ウォーカー』について) 「三谷幸喜(55)さんは、映画も舞台と同じ感覚で演出されている。そこがダメなんだと思うんですよ」(『ラヂオの時間』について) この辛辣な映画批評の数々は、稲垣吾郎が『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)中の映画コーナー(注2)で発言したもの。当代の人気 [全文を読む]

【トリビア】国民的アイドルSMAPの知られざるトリビア9選

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年07月30日06時00分

3. 聖闘士星矢の舞台をしたことがある 車田正美の大人気漫画『聖闘士星矢』が1991年に舞台化されましたが、その主要人物たちはSMAPのメンバーが担当しました。そのときの配役は以下のとおり。 ペガサス星矢…中居正広 フェニックス一輝…稲垣吾郎 キグナス氷河…森且行 ドラゴン紫龍…草なぎ剛 アンドロメダ輝…香取慎吾 海皇ポセイドン…木村拓哉 また、長瀬智也 [全文を読む]

フォーカス