大学 羽鳥慎一に関するニュース

小倉優子「よく改札で泣いていた」過去の苦悩明かす

モデルプレス / 2017年05月08日12時21分

◆「こりん星なんて言っている自分と仲良くなりたいと思う人なんていない」孤独だった過去明かす 大学進学に合わせ、地元から上京した小倉。当時、すでに芸能活動をしていたが学生生活で友達を作ることはなかったそうで当時、大学に“友人はゼロ”。 「こりん星なんて言ってるような子と、きっと友達になりたくないだろうな、私のこときっと変な子だと思ってるだろうな」と思っていた [全文を読む]

【プロ野球】意外と多かった?野球部出身のニュースキャスターたち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月23日16時04分

大学は東京大学に進学し、東京六大学リーグでプレー。サイドスローに転向し、通算8勝27敗。同校史上初の日米大学野球選手権の代表メンバーに選出される活躍をみせた。 大学卒業後、社会人野球の道をケガのために断念し、NHKに入局。政治部記者を経て、2010〜2015年まで『ニュースウオッチ9』のキャスターを担当。現在は「ニュースウオッチ9番組編集長」として関わっ [全文を読む]

綾野剛、「USJ」を堪能!「ぐるナイ2時間SP」今夜

CinemaCafe.net / 2017年03月30日17時02分

綾野さんが120年前、ある事件をきっかけに生み出された“怪物”を演じ、その怪物が恋してしまう、大学の農学部で“菌”を研究する理系女子・津軽継実を二階堂さんが演じる。 主人公は怪物として生を受けた男。ある秘密を抱えた危険な肉体を持つ怪物は人間とは一緒に生きてはゆけないと姿を消した。それから約100年後の2017年。怪物は森の奥でひっそりと生きていた。「人間」 [全文を読む]

コメンテーター長嶋一茂の“迷言”「初めて国会中継見た」

文春オンライン / 2017年03月30日11時00分

今年2月の放送では、大学センター試験で受験生が天候に毎年悩まされるという話のなかで、『夏にやればいいのに』と大真面目に言っていた」(前出・記者) まるで“おバカタレント”並の発言の数々だが、評価もされているという。 「おバカタレントは台本通りに演じている人も少なくないが、一茂は思いのままに話す天然。自宅に『バカ息子』と落書きされた時も、周囲に『ウチには娘し [全文を読む]

水トアナ「フリー転身」で、田中みな実とガチンコバトル?

日刊大衆 / 2016年12月04日10時00分

大学では同じ英米文学を専攻し、誕生日はわずか4か月違いの才女が2人。激しい火花が散っている理由とは――? ほんわかポッチャリ・水ト(みうら)麻美アナ(29)と、キュートな小悪魔・田中みな実(30)。対照的な美女アナ2人が現在、バチバチの関係になっているという。「水トアナのフリー転身が濃厚になってきたんです。日本テレビの看板で、オリコン『好きな女子アナランキ [全文を読む]

玉川徹、「何様?」と言われる男の評判

NewsCafe / 2016年10月05日11時30分

日替わりでなく、毎日レギュラーコメンテーターとして出演しています」 デスク「確かに使い勝手のいい男なんだろうけど、発売中の週刊誌が『何様? 態度悪すぎ』って悪評を書いてたのにうなずいたよ」 記者「顔は、ほんこんみたいですが、結構上から目線の発言が、僕も気にはなっていました」 デスク「例の東京・築地市場の豊洲移転問題なんかでも、出演する大学教授とかの専門家に [全文を読む]

橋下徹のテレビ復帰に暗雲?”過激キャラ”消えてタレント価値激減

デイリーニュースオンライン / 2016年04月15日12時06分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

「敵」なしではきつい!? タレント・橋下徹氏の新番組が「ぬるま湯」のままで終わりそうな深刻すぎる内情とリスク

Business Journal / 2016年03月27日17時00分

早稲田大学を訪れたり、ゲストと話す橋下氏に対し、ネットユーザーの多くは「やっぱり頭いいな」「魅力あるわ」と好意的な様子。終始ニコニコして久々のタレント活動を楽しんでいるように映った。 ただ、番組そのものに関しては「ぬるい」「橋下のよさが出てない」と不評だった様子。番組企画をはじめ、ゲストなどの質問やMCでタッグを組む羽鳥慎一があまりにも橋下に気を使ってい [全文を読む]

フォーカス