大学 加藤綾子に関するニュース

加藤綾子、音楽教師を目指した過去を回顧

モデルプレス / 2017年01月11日16時15分

国立音楽大学の音楽教育学科を卒業し、かつて音楽教師を目指して教員免許も取得した経歴を持つ加藤は、同作を見た感想を聞かれると「静かな中にも沸々と湧いてくるような情熱があって、すごく感動しました」と伝え「思春期ならではの葛藤と向き合いながらも音楽に支えられていて、音楽で人との結びつきが深くなっていくのがすごく分かりましたし、学生時代のことを思い出しましたね」 [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(4)“はれもの”扱いから徐々に周りの信頼が…

アサ芸プラス / 2016年04月14日05時57分

お嬢様大学として知られる東洋英和女学院大学時代はミス・キャンパスに輝くなど、華々しい大学生活を謳歌している。「大学では『HUNTER』というグループを組んでいたそうです。“いい男をゲットする肉食系女子”を連想してしまいますよね。当時の彼氏とは入社後に別れたという情報もある。局からは『まっすぐ帰宅するように』とキツく釘を刺され、真面目に守っている。どれだけ調 [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

なかには、河野景子や永井美奈子のように、大学のミスキャンパスに輝いていた人もいたが、決して多数派ではなかった。90年代は手垢のついていない、つまりセミプロではないことが、女子アナ志望者に求められていたのだ。その傾向は、00年代に入ると一変する。「ミス慶應」出場者から中野美奈子(フジテレビ)、鈴江奈々(日本テレビ)、青木裕子(TBS)など、「ミス青学」出場者 [全文を読む]

加藤綾子、映画イベント“初登壇”!「婚活頑張らないと」

Movie Walker / 2017年01月11日15時49分

同イベントには、国立音楽大学室内合唱団カンマ―コールのメンバーも出席し、合唱を披露した。実は彼らは、国立音楽大学の音楽教育学科を卒業し、かつて音楽教師を目指して教員免許も取得していた加藤の後輩たち。 「私は大学では、ピアノと声楽を必修でしていました。学生時代は家と学校の往復しかしていなかったですね。今日は直接の後輩たちと夢のコラボができて嬉しいです」と笑 [全文を読む]

4位は加藤綾子!「音大出身と知って驚く芸能人」1位の大物司会者は

VenusTap / 2016年10月13日20時40分

その影響もあって、自身も東洋音楽学校(現:東京音楽大学)の声楽科を卒業しています。83歳にして現役バリバリで饒舌なため「私生活の想像がつかない」、「宇宙人なのでは?」などとよく言われる人物ですが、「まさか音大出身者だったとは思わなかった……」と思う人が多く1位になったようです。■国立出身のかなりの実力派!「野村萬斎」2位には、能楽狂言方和泉流野村万蔵家の名 [全文を読む]

ゲッターズ飯田さんが分析! カトパンに学ぶ好感度アップのコツ

ハピプラニュース / 2016年08月05日05時00分

主婦→CA→ホテル社長室長を経て現在は大学教授。モテ仕草術がメディアで話題に。リアクションも表情も、キーワードは”共感力”「普段の加藤アナはテレビ出演時のまま元気で明るくて、丁寧な言葉使いが印象的なとても感じの良い方。裏表がなく相手を緊張させない天才だと思います。男気にも似たサバサバ感があって、気さくなところも魅力。媚を売っている感じが一切ないんです。こう [全文を読む]

加藤綾子、歌&ダンスを披露「夢が叶いました」

モデルプレス / 2016年07月29日18時34分

幼稚園の頃からピアノを習い、大学時代は音楽教育学科に所属、音楽教師を目指していた彼女は「ピアノの先生にすごく憧れていて、ピアノや何かを人に教える仕事に就きたいなぁと思っていました」と当時を振り返りつつ、「教育実習は中学校に行ったので、これだけ小さい子どもたちと歌ったり踊ったりするのは初めて。先生になりたいという夢が叶いました」と満足そうな表情を浮かべた。人 [全文を読む]

人気職業ランキング常連【アナウンサー】になるためのテレビ局別インターン特集

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年07月07日12時00分

これに有利になるのが、旧帝大以上、早慶上智、MARCH以上の難関大学と言われる大学に通う学生です。事実現在活躍しているアナウンサーの卒業大学は、男性は東大・慶応・早稲田・法政・青学・学習院が多く、女性では慶応・早稲田・上智・法政・青学・フェリス・成城・聖心となっています。そして原則「新卒」のみ採用するため、一回目の就活でうまく行かなかった人は就職留年を決め [全文を読む]

加藤綾子アナは「最高のアナウンサー像」と大学教授が絶賛

NEWSポストセブン / 2016年04月21日16時00分

アナウンサーとしてのカトパンの強みを、メディア文化論が専門の稲増龍夫・法政大学教授はこう語る。 「出過ぎず、かといって引き過ぎず、どの点を取っても目立ち過ぎない。でもいなくては困る空気のような存在。本来求められている最高のアナウンサー像といえます」 親しみやすく品のある口調で話し、華はあるがかつての河野景子や有賀さつきほど強烈すぎるわけでもない。実に絶妙な [全文を読む]

カトパン×水卜の2強時代を崩す、ふたりの新世代女子アナに注目!

週プレNEWS / 2016年01月17日06時00分

大学まで関西で育ったこともあって、出演者とのかけ合いも言い回しが面白かったりする。TBSの次代を担う女子アナなのは間違いない」 そして、もうひとつのキーワードが「人気芸人との共演」だとか。 「それまで無名の存在だったテレビ東京の狩野恵里アナが『モヤモヤさまぁ~ず2』のアシスタントに抜擢(ばってき)されて大ブレイクした。さまぁ~ずは女子アナいじりがうまく、共 [全文を読む]

フォーカス